──『年齢を重ねるほど幸せになる生き方』
ファンエイジングとは?


40代こそ大事な時期ですね。40代をわーっと過ごしてしまうと、なかなか50代が見えてこない。
私がアンチエイジングっていうのをやめた方がいいよというのは、それなりに年は重ねていくわけですよ
それをいかに楽しくしていくかっていうことが大事なので、アンチでいろいろ隠していくと、それが見えなくなるんですね。
ファンエイジングというのは楽しく年を重ねる、停滞期もその意味があり、進むときもあると、ライフタイムクロックという考え方があって、人生を24時間で考えると、40代、50代は15時くらいなんですよ。そのときって、ちょっと眠くなったりしますよね。
でも、その眠くなってる時にふっと考えたりする時期なんですよね。立ち止まって考えたりすることは大事ですよね。

私は更年期が早かったので、40代前半から50代前半まででした。気付かないで、それを相手にしないという方も周りでいますよね。
理由もなく悲しくなったり、体が辛くなったり、お医者さんに行っても、何も悪くない。めまいがする、吐き気がする、ネガティブになったりしますね。

軽減されるときは、何かに集中したり、仕事だったり、楽しいことだったり集中できる時ですよね。仕事って、社会の中で認められるっていうことは、どんなに小さくてもいいから、何かをやり続けて発表したり、それを家族が応援して、一緒に楽しんだり、それがすごく大事ですね。だから私は、60代になってもリタイアしない方がいいと思う。
10%のところでもいいから、社会と繋がっている、自分の経験を若い人に話したり、一緒に何かをやったりすることが、すごくファンエイジングにつながると思います。

○新刊情報
ソプラノ歌手・柴田智子さんの著書『年齢を重ねるほど幸せになる生き方』主婦の友社より来週発売です。

「詳しい情報は「柴田智子オフィシャルサイト」へアクセス!」