──文化はたまり場から生まれる

キャンティ(イタリア料理店)自体は、川添さんが作ったんだけども。
川添さんのおじいさんが、後藤象二郎という、坂本龍馬と一緒に政府を倒したんだけども、その時の盟友が頭山満だったわけです。
もともと思想家の家だったんだけども、海外に目を開いていったというところで、セルジュゲンズブールとか、シナトラとかが集まっていったんですね。
その系譜の中に、ムッシュが来たり、14歳からユーミンが出入りをしてたんですね。

「文化はたまり場から生まれる」というのが彼の口癖で、分け隔てなく文学とか建築家、美術家を毎晩呼んでいたんですね。そこで花開かせて、そこにムッシュもユーミンもいたということなんです。
高度成長期、戦後が解放された時代であったのと、いわゆる洋風の文化をどんどん入ってきた中で、川添さんが思ったのは、分け隔てなく文化を味わうんだというところ。それから、本物のイタリアンをみんなに食べてほしかったというのが、日本の良さですよね。

○ゲスト情報
延江浩さんの著書「愛国とノーサイド 松任谷家と頭山家」は、講談社より絶賛発売中です!

「詳しい情報は「講談社」公式ホームページへアクセス」