──溝端淳平主演の映画「破裏拳ポリマー」

ヒーローとしても、銃とかを使うより素手で格闘したり、格闘に特化したヒーローなので。
溝端くんの方にも、撮影に入る4ヶ月前から一緒にトレーニングとかしながら、格闘重視でやった感じですかね。
コミカルな要素もあるんですけど、今回2時間の尺を見た時に、ドラマとして楽しめるようにっていうことで、いろんな仕組みを施してるのでコメディ以外の要素も入っているっていう感じですかね。
今回のポリマーは顔が出てるヒーローなので、ほとんど自分でやらないといけなかったんですよ。あのスーツを着っぱなしで撮影してたので大変だったと思いますけど、本人も楽しんでいただけて、テンション高くずっと現場では楽しくやっていました。

・坂本浩一監督は”破裏拳ポリマー世代”

これって、夢が叶った状態なんですよ。ポリマーもそうですけど、ウルトラマンにしても、仮面ライダーにしてもそうですけど。
自分が子供の頃に憧れたヒーローを、自分の手で演出できるっていう機会がちょこちょこあって。
今回は特に、アニメだったヒーローなので、アニメの動きと実写の動きが違うじゃないですか?
それをどうやっていくのがっていうのが挑戦でしたね。

○ゲスト情報
坂本浩一監督の映画「破裏拳ポリマー」は、絶賛公開中です!

「詳しい情報は映画「破裏拳ポリマー」公式ホームページへアクセス」