──”SHOWROOM”は、誰でも配信することができるサービス

単純にお金がもらえるということだけじゃなくて、例えば有名な雑誌にモデルとしてデビューできるとか、テレビに出れますとか……そういう夢を叶えつつ、ちゃんと生活の基盤も作っていくことが両方できるんですね。
一番最初は、自分の歌なんてプロと比べたら上手くないけど、プロと同じくらいの金額が欲しかった、というのがあって。1万円が欲しいと思った時に、じゃあ松田聖子のライブにみんな1万円払っているかというと、そのライブでさえ8000円とか5000円じゃないですか?
どうしたらいいか考えた時に、まずオリジナルの歌を歌ったんですね。オリジナルの歌を歌ったら、自分の作った歌詞に価値が生まれるかもしれないから、単にカバーするよりはいいんじゃないかと思ったんですけど。

そこから試行錯誤を経て、人が立ち止まり、コミュニケーションしてくれるようになって、お金を置いてってくれるようになったということがあるんですけど。
オリジナルで立ち止まらないなら、カバーに切り替えてみようかと試してみて、カバーとオリジナルで、どれくらい人が立ち止まる確率を比べてみると、カバーの方が止まることに気付いて、という検証をずっと積み重ねていったという感じですね。

弾き語りやってみるとわかるんですけど、最初の壁が誰も立ち止まってくれないっていう、怖くて近づかないっていうのが最初の壁で。
CDとか置いてあるし、「買え」って言われるんじゃないかと、遠巻きに見る人を自分の話しかけやすい、コミュニケーションできる範囲に近づけるのが大事で。
そのために大事なことが2つあって、ひとつはカバー曲、みんなが知ってる歌を歌う。
もう一つは、僕は小学生からやっていたので、小学生が歌ってなさそうな歌を歌ってギャップを作る。そうすると”なんで?”って言いたくなるじゃないですか?そこで興味が生まれて、会話が生まれるんですよね。
関係性ができたあとに初めてオリジナルの曲を歌うと、そこで初めて投げ銭をしてもらえるんですね。

○ゲスト情報
SHOWROOM代表取締役社長・前田さんが手がけたビジネス本「人生の勝算」は幻冬舎から絶賛発売中です。

「詳しい情報は「SHOWROOM株式会社」公式ホームページへアクセス」