ーー総チャンネル登録者数400万人!総再生回数25億!

シルク:編集は基本的に僕がやるんですけど、時間がない時はンダホくんやマサイくんに作ってもらったりしてますね。アスレチックの時はすごく編集に時間がかかるんですよ。撮影も1日かけます。
だいたい午前中や深夜に撮って、撮影が終わった後に5時間くらい集中して編集することもありますね。


ーーYouTubeをを始めたきっかけ

シルク:僕たちは中学校の同級生だったんですけど、もともと仲良くはなかったんです。
小学生みたいに土手で遊ぼうって言って集まったのがきっかけで、その1回で終わるつもりだったんですけど、
その時に記録として動画に録っていたら面白いなってなって上げ始めたんです。最初は人に見せるためじゃなくて、自分たちが見るためだったんですよ。
その時はまだ「YouTuber」っていう言葉はなくて、「動画投稿系男子」って言われていたんです。
HIKAKINさんや、PDS株式会社のダンテくんとかを見て、やってみようって思ったのがきっかけですね。でも、最初はメンバーからは猛反対受けました!(笑)
マサイは、動画編集とか撮影とかをこだわっているタイプで、映画並みのものを作りたいって言っていたんです。
わちゃわちゃしているのは嫌だって言っていたんですけど、面白そうだからやってみようよって言ったら、じゃあ一人でやれって言われて(笑)。
最初は僕一人でやっていました。それが高校生後半から大学生くらいまででしたね。

ンダホ:部活が終わってから一人でずっとやっていたよね。


ーーンダホさんは初期に比べてかなり太りましたが…。

ンダホ:100キロチャレンジっていう企画をやったんですけど、(フィッシャーズのメンバー)みんないろんな能力を持っていて、”天才”って言われているのが羨ましいなって思っていて。
そんな時に100キロ超える人は天才だ、っていうのを聞いて太ろうと思って太ったのがきっかけです!

シルク:キャラが定着したよね。

ンダホ:そうですね。画面幅を圧倒的に圧迫してます(笑)。

シルク:ンダホが僕の真反対みたいな感じなんですよね。僕がどちらかというと尖っているキャラなので、丸みを帯びてるンダホがいるのは僕的にも助かってます(笑)。

○ゲスト情報

「詳しい情報は「Fischer's-フィッシャーズ- - YouTube」へアクセス!」