──目が腫れた日、ブラウンのアイシャドウでなかったことになる?

基本的に使うのは、みんな持っていると思うんですけどブラウンのアイシャドウですね。
ちょっと彫りを作っていくようなイメージで、いつもよりすこし高めの位置まで、眉の方までいくといき過ぎですけど。
そうすることで陰影を感じる、遠くで見たときに彫りができてるというか、影になっている印象を与えることができるので。
こういう日にピンクとか、カラフルなものをつけてしまうと、余計腫れぼったく膨張して見えてしまいますので。
ブラウンで、ちょっと高めに入れることで影を入れますから、腫れているのをくぼませて見える、くぼませテクニックです。

──日焼け止めは美容液よりも重要

何は無くともという感じです、これは男性にも言いたいことで。
今って、お子さんでも日焼け止めのことを言ってるように大事なんですよね。
環境も変わってきていますし、化粧品自体も昔より、特に日焼け止め製品は良くなってきているので、安心してお子さんから大人まで使える商品が増えている中で、使わない手はないかなと思います。
日焼け止めは一年中ですね、日常的に当たらない方がいいというか、朝乳液使うじゃないですか?
乳液に日焼け止めがドッキングした商品がいっぱい出ているんですよね。

○ゲスト情報
長井かおりさんの著書「美しくなる判断がどんな時もできる」ダイヤモンド社より発売中です!

「詳しい情報は「KAORI NAGAI | オフィシャルHP」へアクセス」