清野さんが最初に台本を読んだとき、すごく面白くて、読みながらも頭の中で絵が動いていくくらい没頭し、即答で「やりたいです」と出演を決めたそうです。

「扱う題材がすごく難しいとは思ったんですけど、単純に話が面白かったのでやりたいと思いました」という清野さん。台本を読んだ時から、主人公のミツになっていたという清野さん、撮影当時、話と同じように落ち込んでいる時は自分も落ち込んだりと、役に引っ張られて生活をしていたそうです。

「コメディ、ラブストーリー、暗い映画って思われがちですけど、バカバカしさもあって、皆さんには構えないで足を運んでいただきたいなと思いますね」