──エッセイ漫画「大家さんと僕」
【内容は、タイトル通り至ってシンプル。
1軒屋の2階を間借りする矢部くんと、87歳の大家さん(女性)との交流を描いた実話漫画。】


矢部太郎さんがこの漫画を描いたきっかけが、前に住んでいたマンションを追い出されてしまった矢部さんが、番組の企画で家を探すことになりました。そこで出てきた物件が、木造の一軒家の2階の間借り、だったそうです。
そこに住んでいたのが、87歳の大家さんでした。

矢部さんが、大家さんと京王プラザホテルでご飯を食べて、お茶をしていた時、そこで会ったのが漫画原作者の倉科遼さん。
「おばあちゃん孝行だね」と勘違いをされて、矢部さんが「大家さんなんです」と言うと、「すごく面白い!孤独の老人と、孤独な青年の話を作品化したいな」と、なったそうです。
「原案書きなよ」と言われた矢部さんは、4コマ漫画にして持っていくと「すごくいいから、僕が出版社探してあげる」ということで、この漫画かに至ったそうなんですね。

○ゲスト情報
カラテカ・矢部太郎さんの「大家さんと僕」は、新潮社より絶賛発売中です!

「詳しい情報は「カラテカ - 吉本興業」公式ホームページへアクセス」