──大ヒット作品「漫画 君たちはどう生きるか」

「君たちはどう生きるか」は、1937年の発行から80年ものあいだ読み継がれてきた作品。
雑誌「世界」の初代編集長、吉野源三郎さんによる作品。
内容は「コペル君」と呼ばれる男子中学生と、そのおじさんとのやりとりから「いかに生きるべきか」を問い、それを考え続ける大切さを説いたお話です。

この作品を、マガジンハウスの企画によって羽賀翔一さんが漫画化することになりました。
原作を読み進めた時に、「古い時代の物語という気がしなかった。1人の人間の成長物語と感じた」という羽賀さん。

漫画化する際に気を付けたのは、漫画化することによって説教くさくならないように気を使ったそうです。
「いじめ」を見て見ぬふりをして心を痛める「コぺル君」。
この漫画を読んだ時に、いじめられた側で読む人もいれば、いじめた側、見過ごした側で読む人もいて、今の世の中を表している内容になっています。

実は、この漫画の制作には2年もの月日がかかったそうで、原作つきということもあり、最初の1話目をどういう形で書くかということに時間を要したそうです。
そこには羽賀さんの”原作を台無しにしちゃいけない”という思いがあり、”キャラクターをしっかり描かないと、漫画として面白いものにならない。そこは粘らせてもらった”と、並々ならぬ思いがあったようです。
「辛かったですね、しかも、生き方を問う本なので」と、語る羽賀さん。大ヒットの裏に、相当な苦労があったようです。

○ゲスト情報

「詳しい情報は「羽賀翔一・オフィシャルサイト」へアクセス」