──映画パーソナリティ・襟川クロさんに
オススメの映画を紹介していただきました!

明日公開の映画『はじめてのおもてなし』

●2016年度ドイツ映画興行収入NO.1を記録!
『善き人のためのソナタ』のプロデューサーとサイモン・バーホーベン監督による作品。
難民の青年を家族の一員として迎え入れようとした一家が、さまざまな騒動を経て再生していくさまが描かれる作品。

次にご紹介いただいたのは、2月1日公開の映画『スリー・ビルボード』

●娘を殺害された母親が警察を批判する看板を設置したことから、予期せぬ事件が起こるクライムサスペンス。娘を失った母をオスカー女優のフランシス・マクドーマンドが演じ、『メッセンジャー』などのウディ・ハレルソン、『コンフェッション』などのサム・ロックウェルらが共演。
監督は『セブン・サイコパス』などのマーティン・マクドナー。

そして、邦画のオススメ!
1月20日公開の映画『ピンカートンに会いにいく』

●解散から20年。アイドルグループの元リーダーで売れない女優が、グループを再結成しようと奔走!事務所をクビになり後がない状況で、再起を懸け、元メンバー達を訪ねるさまが描かれている。

ぜひチェックしてみてください!