──岩田剛典さん主演映画「去年の冬、きみと別れ」が、明日公開です!

【映画「去年の冬、きみと別れ」】
最愛の女性との結婚を控える記者・耶雲が狙う大物は、1年前、世間を騒がせた猟奇殺人事件の容疑者 天才カメラマンの木原坂。真相に近づく耶雲だったが、木原坂の危険な罠は婚約者の百合子にまで及んでしまう。愛する人をこの手に取り戻すため、木原坂の罠にはまっていく耶雲の運命は…。


この小説、実は映像化は難しいと言われていた作品だそうですが、脚本を読んだ際、岩田さんはシンプルに”めちゃくちゃ面白い脚本!これは是非やらせていただきたい”と思ったそうです。
”こんなに重厚な作品は初めて”ということもあったようです。
”自分の芝居のさじ加減で、話が面白くなくなっちゃうので”というように、慎重に、監督と話し合いながら作り上げていったそう。

初号試写では、岩田さんは主人公として演じてきたということもあり、客観視ができず「手をずっと握っていて、終わったら手汗びっしょりでした(笑)」と、いろいろな思いがあったようです。

「関係者の皆さんの反応を聞いて、初めて”面白い映画になったのかな”という自信に繋がりましたね。明日公開されるというので、どんな反響があるか楽しみなんですよね」

岩田剛典さん主演の映画「去年の冬、きみと別れ」は、明日公開です!

「詳しい情報は映画『去年の冬、きみと別れ』オフィシャルサイトへアクセス」