──小説「月の炎」が話題、インパルスの板倉さん!

【皆既日食をきっかけに、小学校周辺で謎の連続放火事件が発生します。この犯人を見つけるため、消防士の父が殉職した過去を背負う主人公・弦太が友人達と犯人捜しをスタート。主人公たちの前で「真実」が二転三転し、あっと驚く「真相」が明るみになるというミステリー。】

今作で4作目となる小説「月の炎」を出版した、板倉さん。
第1作目の、「トリガー」という作品から書き続けて、板倉さんは小説の執筆は”孤独な作業”とおっしゃいます。
「すごい孤独じゃないですか?出前をとって、夜明けを1人で何回も迎えて、いよいよ引っ込みがつかなくなっちゃった。やめたら全部無駄になっちゃうような気がして」と、板倉さん。

最初に思いついた原案が「本当に胸糞悪い話」と表現する板倉さんですが、書き続けている間に”びっくりさせるために、こんなことしていいのかな?”と思い、書きたくなくなってしまいやめてしまったそうなんです。
しかしある日、「あの話、全然違う話になるな」と思いたち、登場人物を変えずに今作へと変化したそうなんです。
「初めて、姪っ子とかにも読ませられる本になるなと思いました(笑)」と、語る板倉さんでした。

そんな、板倉俊之さんの新刊「月の炎」は、新潮社から発売中です!

「詳しい情報は「インパルス - 吉本興業」公式ホームページへアクセス」

「詳しい情報は「月の炎」新潮社公式ホームページへアクセス」