──全国の書店員の投票で選ぶ「2018年本屋大賞」は、辻村深月さんの「かがみの孤城」(ポプラ社)に!
2位は「盤上の向日葵」柚月裕子さん。3位は「屍人荘の殺人」今村昌弘さんでした。


「本屋大賞」は、書店員の小さな飲み会で「いいものを発掘して見つけたいよね」ということから生まれたそうなんです!そこからどんどん大きくなって、今に至っているんだとか。

そして、新井見枝香さんに今回の「本屋大賞」の総評をしていただきました!

「想像通りですかね、本屋大賞になるとめちゃくちゃ売れるんですよ。
店頭に立っていると、普段、本を買ったことない人が『本屋大賞の本は?』って。普段、単行本を買ったことないから(どこに置いてあるか)分からないんですよね。続々レジに出されていきますね」

しかも、本屋大賞は順位が出ているぶん1位〜3位までがとても売れるそうなんですJね。

小説「かがみの孤城」(ポプラ社)公式ホームページ

「盤上の向日葵|単行本|中央公論新社」公式ホームページ

「屍人荘の殺人 - 今村昌弘|東京創元社」公式ホームページ

ぜひ、チェックしてみてください!