関根勤さん初監督作品 映画『騒音』!

鈴木:今回の映画『騒音』にも、娘さんである関根麻里さんが出られてまして、あれはどういう感じで演出されるんですか?

関根:演出に関しては、普段の麻里が僕に言うような感じで。出演交渉した時に、本人は『みなさんのご迷惑になるから』と、嫌がったんですよね。でも、プロデューサーが出てくれって言うんですよ。僕も麻里に出てもらうのは、恥ずかしかったんですよね。でも、プロデューサーがどうしてもと言うので、ほとんど台詞もないし、俺に言う様な感じでいいんだからって言ったんですよ。
台本が出来てきたら、けっこう台詞があって、『騙された!』と、怒られましたね(笑)。

鈴木:こんな事を家で言ってるのかな?と、リアルな感じですよね(笑)。

関根:けっこうリアルな感じで、温水さんは、実は僕の分身なんです(笑)。映画ですからオーバーに描いてますけどね。

鈴木:関根さんがどういうものを作るんだろう?と思って。関根さんらしく、くだらなく、すごい良かったですね。

関根:そうなんです、それを狙いました。くだらないのが一番だと思ってね(笑)。

鈴木:色々な物語が進んでいって。途中途中ゲストが出るんですけど、素材の良さをふんだんに活かすというか、さんまさんとのシーンも、すごく素材を活かして撮るじゃないですか、あれは心がけたましたか?

関根:さんまさんは、是非出ていただきたいと思っていたんですよ。さんまさんと温水さんは、10年くらい、ずっとお芝居をやっているわけですよね。僕はずっと観ていて、このやり取り面白いなと思っていたんですよね。さんまさんに出演交渉して、OKいただいた時点で、『さんまさん、舞台での例のあれをやってください』と言ったんですよ。温水さんは、ストレスをかけられる役だから、いろんな所で、家でも会社でも、道を歩いててもひどい目に遭う男なので、摑みとして、エースのさんまさんを頭に出して、温水さんを徹底的に虐げる(笑)。
とにかく、さんまさんと温水さんのやり取りが素晴らしいので、『この映画は、こんな感じで馬鹿馬鹿しいですよっていう』

鈴木:あそこで、一つ説明になりますよね。そこからどんどん物語が進んで。「おじさんが虐げられて、立ち上がっていく」なぜそういう物語にしたんですか?

関根:とにかく、普通の日本映画と違ったものを撮りたくて。日本映画って、若くてハンサムな人とか、おじさんでもカッコいいとか多いじゃないですか。重厚だったり、ラブだったりして、ゴリゴリに笑える映画があまりないので、自分の得意分野だから、常日頃から、ああいう味のある人達が主役にならないんだろうと思っていたんですよ。ぜひ、あの3人で行こうと思ったんですよ。
温水さんと、村松さん、酒井さんの3人の共演が始めてらしいんですよ。それを聞いて嬉しくなっちゃって、僕が『3人の共演、始めてなんですね!』って言ったら、『こんなの普通3人呼びませんよ〜!一人でしょ〜!』って言って(笑)。
キャラが被るから、出たくないと誰かに言われるかと思ったけど、それもなく。
3人が見事に被ってなかったんですよ。微妙にズレてるでしょ?芋で言うと、同じ芋なんだけどジャガイモと、海老芋と、里芋みたいな(笑)。全部、違う美味しさがあるんですよ。

鈴木:くだらなくて、素敵ですよね。なかなか、こんな映画ないですよね。

関根:そう言っていただけると、本当に嬉しいですね。僕は一生懸命、ただ自分の頭の中を描いただけなので。

鈴木:本当に、関根さんの頭の中をずっと覗いてる感じで心地いいですよ(笑)。

○公開情報
関根勤さんが初監督作品を務めた映画『騒音』は明日公開です!

「詳しい情報は映画『騒音』公式ホームページへアクセス!」

「詳しい情報は「関根勤 - 浅井企画」公式ホームページへアクセス!」