映画「新宿スワン」プロデューサー・山本又一郎さん!

鈴木:僕は又さんと呼ばせていただいてます。もとは映画プロデューサーで、現在は芸の事務所「トライストーン・エンタテイメント」の社長です、儲けてます(笑)。
そもそもは映画プロデューサー、珍しいですよね。

山本:っていうかね、映画プロデューサーという職業は生きられないんですよ。失敗作作ったら、反省して数年休めばいいけど、しばらく休んだら食えないんですから。それは職業として成立しないと思ったんですよ。
映画を作っていくうえで、俳優がいないとどうにもならない。俳優と一緒に映画を作るっていう夢を叶えてきたって感じですよね。

鈴木:「新宿スワン」を映画化するという事は、何故又さんはしようと思ったんですか?

山本:これは講談社さんが、「これどうですか?」と言ってくれた作品なんですよ。コミックを映画化するというとこで、持ってきてくれたんですよ。第一話を読んだだけで「俺しかいないでしょ!」って思っちゃったんですよ。

鈴木:それを2年半前くらいに、脚本をコソコソ作りながら、家に行ったり、飲みに行ったり(笑)非常に色んな事を教わりました。又さんがすごいのは、監督も主演も決めないで、本を考えるんですよ。

山本:本の方向の前に、おぼろげながらだけど、どういうキャラクターの雰囲気なのかというのを考えて。今回は、原作があって、物が見えてたので、やや一人俳優がいた方が、龍彦という役は個性的なので、役者が見えていた方が、はっきりした方向がとれるかなと思って、早い時期に綾野剛と決めました。

鈴木:色んな候補がある中で、自分の所のタレントだからというのでは無い感じですよね。

山本:当時、ものすごく女性に人気が出ている最中だったので、ラブロマンスというか、そっち系の作品を綾野ではやりたいという気持ちでしたから。変顔満載?コメディいっぱい?(笑)うちの剛に、これはちょっとやらせられないと(笑)。

鈴木:「新宿スワン」をプロデューサーとして、社長として観て、綾野剛という役者はどうですか?

山本:想定外と言いますか、予想以上というか、剛にはそういう資質を見てたつもりですけど、それにしてもこれだけ彼のやってきたものを見てると、彼にこそ出来た、変幻自在に役を生きていけるタイプなので、それに映画そのものが救われたという気がしてます。

○公開情報
山本又一郎さんがプロデューサーの映画「新宿スワン」は明日公開です!

「詳しい情報は映画「新宿スワン」公式ホームページへアクセス!」