ーーヌード撮影する上で心がけた事とは?

学生の時からヌードを撮っていたんですけど、仕事で写真を撮るようになってからは撮ってなかったんです。原点に戻りたいなって思って、3年くらい前から撮り始めました。
素人の女の子を撮影するときは、会って挨拶をしたら「ほな脱ごか」って言ってすぐに脱いでもらっていましたね(笑)。
余計に緊張しちゃうから、服を着た状態であまり話したくないんですよ。
脱いでからはその子のことを知りたいからいっぱい喋るけど、最初はブラをつけたまま喋ったりしますね。
撮影の時は私とモデルさんの2人きりになるんですけど、私も一応薄着になってます。暑いから(笑)。
一番大事にしているのは緊張させないっていうことと、脱いでるってことを意識させたくないので、ずっと喋りながらまるで脱いでいるのがおかしくない雰囲気作りをしていますね。


ーーパットやワイヤーの入ったブラはNGな理由は?

個人的な趣味なんですけど、パットやワイヤーの入った下着が好きじゃなくて。盛って寄せるとか、不自然な身体の見せ方な気がして、男の人のためなんかなぁって思ってしまうんです。
ブラを着けていても胸の形が分かるような、ナチュラルな下着が好きですね。

このヌードの撮影はずっとやっていきたいと思っているんですけど、今は「寝起き女子」とか「寝起き男子」っていうのをやっていて、
朝、女子の家に行って起きたてを撮るっていうのを再販出来たらなぁと思っています。


○書籍情報

フォトグラファー・花盛友里さんの著書「花盛友里『脱いでみた。』」はワニブックスより発売中です!!

「詳しい情報は「花盛友里『脱いでみた。』 | ワニブックスオフィシャルサイト」へアクセス!」

null