奥華子が「Room No.875」から、部屋をテーマに、「楽しみ方」や「充実したライフスタイル」を、時にはゲストをお招きして、探していきます!。 TOKYO FM 奥 華子「Room No.875」 MAST 奥 華子

先週に引き続き「秋葉原」を紹介します。

今夜、紹介したのはまず・・・・



外国人観光客には、模造刀が人気らしく、人気商品らしいです。



その他にも何故かマネキンの頭部が売れているそうです。



やはり秋葉原といえば・・・メイドカフェ

様々なカフェがある中向かった先は・・・




飲み物・食べ物、1品1品こだわりがあるとおっしゃっていた
店長の松風雅也サン。

声優の松風雅也サン本人が出迎えて頂きました。



声優カフェというからには実際、松風雅也サンに
声のオーダーし、やはりプロです。

迫力が伝わり、声だけでこんなにも聞こえ方が違うのかと・・・ビックリしました。

そして、特別に奥華子も朗読に挑戦してみましたが、如何だったでしょうか???


来週から、番組がパワーアップしてお送りしていきます。

お楽しみにっ!


スタッフ更新




今週から2週に渡ってお送りするのは、「秋葉原」

"日本の最先端文化から、いにしえの文化まで残る街"!
他の街にはない独特の活気がビシビシ伝ってきました。




最初は秋葉原の老舗!ラジオセンターに行ってきました。



高架下には無数の電化製品屋さんがひしめき合っていました!
そのなかでも、目を引いたのが高性能小型カメラ!



もう、どこでどう撮られているか分からない程、
小さく、そして可愛かったです!


そして、秋葉原で知る人ぞ知るテラ盛りの店、
ごはん処 あだちへ向かいました。



このボリューム感が伝わりますでしょうか(笑)

普通盛りのご飯で、1升!!大盛りで2升!!
驚愕のごはんの量です・・・

奥華子一同は一番少ない10軽でチャレンジ!
それでも、1升の寿司桶の10分の1サイズなので、
約お茶碗3杯分!!

苦戦致しました・・・



ご主人曰く、大盛りにしたのは話題づくりなんかではなく、
もともと、秋葉原の市場の人達に対してごはん屋を営んでいたので、
この量はその時の名残だそうです。

ごはん好きの人は要チェックのお店ですよ!



古き良き文化も残っている、そんな秋葉原の後編は来週です!

お楽しみに!

スタッフ更新
先週に引き続き千葉県千葉市をお送りしていきまたが・・・

いよいよ来週、18日に「 千葉市民会館 」でLIVEが行われます。
多くの皆さんにLIVEを観てもらいたく・・・
フライヤーを千葉市内で配りました。

まずは、お世話になる「 千葉市民会館 」へ事前に挨拶してきました。

「千葉市民会館」を出てフライヤーを配るべく、イロイロな方に配り

その中で女子高生から千葉市のオススメのお店を教えていただきました。

そのお店の名前は・・・「 くつろぎ処 cafeまとい亭 」
話を聞いていたらとっても魅力的な場所だと伺い向かうことに・・・


向かっている途中に「 MAST の千葉営業所 」



ここは、テレビCMで使われた場所。
スタッフの皆さんと1枚。



千葉営業所を過ぎた40〜50mぐらい先にある「 くつろぎ処 cafeまとい亭 」

店内の飾り付けは、和紙などで飾り付けていました。



そして、「 くつろぎ処 cafeまとい亭 」の人気ケーキを食べ比べしてみました。


マンゴーのティラミス


黒糖プリン


桃のゼリーとミルクプリングァバクラッシュアイス添え


1日何回も焼くという・・・ホットアップルパイ

ハッキリ言って、お世辞抜きに食べたケーキは、甲乙つけ難いケーキでしたね!
全部、魅力的なケーキでした。

ケーキを食べた後に店主、石川 敦子サン(いしかわ あつこ)にお店の事を伺ってみました。




ケーキの事をお店の事を考えていたら、
11年という歳月は、あっという間だと言っていました。

食べたチョコレートケーキに感動し、「自分も作ってみたい!」という流れから
ケーキが美味しい店を開くため開店。

お店には弟さんも「まとい亭」で働いていました。
弟さんは、パスタなどを作っているそうです。
 
そして 「 まとい亭 」という名前の由来は、
お父さんのお店、看板を受け継いだらしいです。


来週行われる「 千葉市民会館 」の前に「 まとい亭 」でお腹いっぱいにするのをオススメします!


| Next»