2018.1.7

青木功、ゴルフ界のエース・松山&石川選手への期待を語る

プロゴルファーの丸山茂樹がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「五洋ホールディングス presents SUNDAY BACK NINE」。1月7日(日)の放送は、プロゴルファーの青木功さんが登場。新年1発目の放送ということもあり、「2018年のゴルフ界」をテーマにトークを展開しました。

プロゴルファーの青木功さん(左)と、パーソナリティの丸山茂樹



◆青木功、新年の抱負

丸山:JGTO会長として、青木さんの今年の抱負を聞かせてください。

青木:去年からいい方向に向かっているので、今まで以上にファンを大事にする年にしたいね。「試合に来てくれた人をいかに満足させて帰すか」それがモットー。

丸山:「生涯現役」を掲げる青木さん個人の目標は?

青木:現役と言っても、年相応に考えないといけないことは出てきた。自分のゴルフができるように、健康管理をしたいね。

丸山:右肩の痛みはどうですか?

青木:痛みは減ってきた。年も明けたことだし、打ちたいね。医者にも「1月半ばになったらゴルフをやっていいですよ」って言われているから。

丸山:青木さんって、ゴルフ場にいるときはすごく楽しそうなんですよ。年がら年中クラブをいじっていて。でもそういうことをやっている青木さんが一番輝いている。JGTO会長っていう重職は、青木さんの気持ちいい場所を奪ってしまったような気がするんですよ。

青木:自分が思うままにゴルフを60年やってきて、こういう役職に推されたってことは、ゴルフ界に多少なりとも何かを返さないといけないかなって考えている。年相応に「みんなのために働きたい」っていう気持ちも生まれてきたかな。

丸山:今の話、若手に聞かせて青木さんの想いをみんなで盛り上げていきたいですね。

◆青木功の強さの秘密

丸山:青木さんが新潮新書から出版している「勝負論」に、「勝つほど面白いものはない」って書いてありますけど。そりゃあそうですよ、これだけ勝っているんですから(笑)。

青木:常に「負けても明日勝てばいいんだ」って思っている。負けず嫌いだから。

丸山:青木さんにとって、勝ちへのこだわりはかなり大きかった?

青木:「太平洋マスターズ」「ダンロップフェニックス」「カシオワールドオープン」で、外国人が勝ったっていう話を聞いたら「米ドルを取り返してやろう」って気持ちだった。

丸山:その執着心を自分のエネルギーに変えていたわけですね。

青木:あとはジャック・ニクラスに1回も勝っていないこと。「いつか絶対勝ってやろう」と思っていた。私の憧れは攻撃的なスタイルのアーノルド・パーマーなんだけど、ジャックはどっちかって言うと計算ずく。こっちが焦れば焦るほど向こうの思うつぼなんだけど、わかっていながらハマっちゃうんだよ。

丸山:青木さんが、勝つために準備していたこととか、心がけていたことってあります?

青木:朝起きて、ホテルの窓を開けたら、その日の試合をイメージするんだよ。で、その通りにできたら絶対に勝てる。途中で失敗して木に当てたりしたら、その木がめちゃくちゃ憎らしくて、「この木が枯れるまで当ててやろう」って思うね。

丸山:すごいこと考えますね(笑)。たしかに昔の青木さんは「俺が悪いんじゃねえ、グリーンが悪い」って、負けを自分のせいにしなかったですよね。

青木:自分勝手だったから海外に行けたんだと思うよ。「自分のやりたいようにやってやる」って思っていたから。

丸山:青木さんが目の前でチップインを見せてくれて、優勝カップを持って帰ってきてくれたときのこと、今でも覚えています。我々にすごく勇気を与えてくれました。

◆若手選手への期待

丸山:世界で活躍している松山英樹と、2018年は日本に腰を据える石川遼。2人の若手選手についてはどう見ていますか?

青木:松山は、あれだけの技術があるんだから、もっと自分に自信を持ってほしい。あと切り替えがちょっと下手かな。遼は去年アメリカでぶちのめされたけど、まだ若いんだから30歳まで日本で地位を築きあげて、もう1回アメリカに挑戦したらいいかもね。

丸山:僕も同意見です。英樹はチャンスがあるならどのコースだと思いますか?

青木:クセのあるコースが合いそうだけど。

丸山:そうなるとやっぱり全米オープンですかね。できれば僕らが解説している全英・全米で勝ってもらいたいですけど。

◆青木功「気楽に楽しむのが大事」

丸山:この放送を聴いている人の中にはこの後にゴルフに行くっていう人もいると思うので、青木さんからメッセージをいただけますか?

青木:ゴルフはだんだんエキサイティングしてくるゲームだから、最初にティーショットを打つときは「あの辺に飛んだらいいなあ」ってくらいの気持ちで気楽に打って1日を楽しんで欲しいね。

丸山:僕、本当に1番ホールが嫌いなんですよ。変に期待されている気がして。青木さんはどんな風に打っているんですか?

青木:「俺が一番うまいんだ!」って気持ちでポーンと打つよ。

丸山:むしろ「見てろよ」と思うわけですね。


次回、1月14日(日)の放送は、脳科学者の中野信子さんをゲストに迎え、お届けします。お楽しみに!

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2017年1月15日(月) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

【番組概要】
番組名:五洋ホールディングス presents SUNDAY BACK NINE
放送日時:毎週日曜 7:30~7:55
パーソナリティ:丸山茂樹
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/backnine/
番組Instagram:@ sundaybacknine_tfm/

◆◇120名様に「オリジナルグッズ」が当たる! 感謝キャンペーン実施中◇◆


Message & Present

プレゼント

番組の感想、メッセージをお待ちしています。送っていただいた方には、月替わりでプレゼントをご用意しています。

今月は、「大山式ボディメイクパッド デイリー」です。こちらを10名の方にプレゼントします。

※応募締切:2018年1月31日

Recent Entries