2018.3.18

元F1レーサー・鈴木亜久里が明かす“バブル期”のF1事情

プロゴルファーの丸山茂樹がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「五洋ホールディングス presents SUNDAY BACK NINE」。3月18日(日)の放送は、元F1ドライバーの鈴木亜久里さんが登場。
バブル時代に全盛期を迎えていたF1の裏側や、鈴木さんの現役時代の強さの秘密などの話で大いに盛り上がりました!

鈴木亜久里さん(左)と、パーソナリティの丸山茂樹



◆“走るJISマーク”

丸山:亜久里さんといえば、日本人で初めて表彰台に上がったF1プレイヤー。ドライバーとしての強さもさることながら、日本人離れした顔立ちでモテモテでした。

鈴木:30年も前の話だけどね(笑)。

丸山:ちなみに現役中のニックネームはアイルトン・セナの“音速の貴公子”に対して、亜久里さんは“走るJISマーク”。古舘(伊知郎)さんが命名したんですよね。F1の人気は今でもすごいですが、1990年前後は今以上の盛り上がりでした。

鈴木:あの頃はバブルだったからね。エンジンメーカーとか、日本から参戦しているスポンサーも多かった。

丸山:そこら中に日本企業の名前が出ていましたよね。

鈴木:鈴鹿サーキットなんて、お金持ちのおじさんたちがヘリコプターで来ていた。普通の人はサーキットから1時間くらい歩いたってバスもタクシーも捕まらないほど混雑していたからね。

丸山:今はヘリコプターで来る人はいないんですか?

鈴木:今は歩きで来る人ばっかりだね(笑)。

◆時代を背負っていた、アイルトン・セナ

丸山:そんなF1全盛期の時代に、亜久里さんはあのアイルトン・セナのライバルでした。

鈴木:いや、ライバルじゃない。一緒に走っていただけ(笑)。

丸山:セナは時代を背負っている感じがありましたよね。実際のところ、どんなタイプの人間だったんですか?

鈴木:1978年にフランスであったゴーカートの世界選手権で初めて会ったんだけど、オーラがあったよね。「この人はF1に行くんだろうな」って思っていました。

丸山:体格はいいんですか?

鈴木:いや、(身長は)175(cm)くらいじゃないかな。レーシングカーって、あんまり大きいと乗れないのよ。走りはもちろん、私生活もあんまり明かしていなかったから魅力のあるドライバーだったよね。

丸山:たしかに、秘密が多い感じでした。セナに対して、印象に残っていることってあります?

鈴木:彼はレースのことを考えている時間が長いよね。24時間、365日レースで勝つことが生活の軸になっているのを感じた。そういう部分のストイックさはすごかったよね。

丸山:当時のセナって、全世界の女性からモテてたじゃないですか。それでもストイックを貫いていたんですか?

鈴木:女性関連の噂は立ったことないね。実は彼、F1をやる前の18歳とか19歳くらいに結婚していたんだけど、それもあんまり報道されてないでしょ?

丸山:でも離婚されているんですね。F1は座席がひとつだから、助手席はいらないってことですかね。

鈴木:(笑)。チームメイトにゲルハルト・ベルガーがいたんだけど、逆に彼は遊んでばっかりだったね。

◆スーパースターが誕生しやすかった

丸山:当時セナのライバルのひとりだったアラン・プロストは、亜久里さんから見てどうでした?

鈴木:彼らはタイプが全く違ったけど、ふたりとも強かった。プロストが引退した後はセナの一強時代だったけど、そのあと(ミハエル・)シューマッハがでてきて、セナとシューマッハがかつてのセナとプロストみたいな関係になっていくわけ。時代の移り変わりを感じたよね。

丸山:今度はセナがシューマッハに対して「すげー奴がきたな」って思うわけですね。もちろん今もいろんなスーパースターがいるんでしょうけど、昔ほどの注目選手は少なくなっている気がします。

鈴木:なぜかというと、昔の車ってすごく乗りにくいわけ。ハンドルも重たいし、ギアも手で動かしていた。だから選手の力量によって、同じ車に乗っても2秒くらいの差がついちゃうの。ただ、今の車ってコンピューターに制御されているから、そこそこのドライバーならほとんど同じタイムが出ちゃう。だからとびぬけてすごい選手っていうのが出てきづらいんだよね。

丸山:そんななか、スーパースターのレーサーになる条件ってあるんですか?

鈴木:いくらオートマチック化されていようと、才能がある人はやっぱり技術力があるわけ。ただ、昔ほど大きな差としては見えなくなってきたけど。

◆鈴木亜久里のセールスポイント

丸山:亜久里さんの「セールスポイント」ってあります?

鈴木:一番は応援してくれるスポンサーの多さだね(笑)。

丸山:そこですか(笑)。ドライバーテクニックの話じゃないんだ(笑)。

鈴木:でも正直な話、応援してくれる企業が多いってことはマシンが良くなったりするんだよ。良いエンジンが積まれたりさ。ブリヂストンが「これがあれば勝てるだろう」っていうタイヤを装備してくれたり。

丸山:めちゃくちゃ生々しいけど、我々の知らない話ですね。


次回、3月25日(日)の放送も、引き続き鈴木亜久里さんをゲストに迎え、お届けします。お楽しみに!

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2018年3月26日(月) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

【番組概要】
番組名:五洋ホールディングス presents SUNDAY BACK NINE
放送日時:毎週日曜 7:30~7:55
パーソナリティ:丸山茂樹
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/backnine/
番組Instagram:@sundaybacknine_tfm/

Message & Present

プレゼント

番組の感想、メッセージをお待ちしています。送っていただいた方には、月替わりでプレゼントをご用意しています。

今月はキャロウェイの、新素材「グラフェン」で飛びが変わる!進化した、ソフトなのにぶっ飛ぶツアーボール「CHROME SOFT ボール」1ダースです。こちらを10名の方にプレゼントします。

※応募締切:2018年4月30日

Recent Entries