2018.6.18

加山雄三「光進丸の沈没は、生き方を変えるきっかけになった」

プロゴルファーの丸山茂樹がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「五洋ホールディングス presents SUNDAY BACK NINE」。6月17日(日)の放送は、前回に引き続き“若大将”こと加山雄三さんが登場。自身の音楽のルーツや「光進丸」への想いなどを伺いました。

加山雄三さん(右)と、パーソナリティの丸山茂樹



丸山:加山さんの音楽のルーツは何だったんですか?

加山:両親がすごく音楽好きで。おふくろは流行歌や民謡などを聴いていて、おやじはクラシックの一点張り。そんな2人の間で育ったから、今までにないような旋律を作ることに繋がったのかもしれないよね。

丸山:そうなんですね。ジャンルでいうと……。

加山:ポップス系のはじまりだね。

丸山:加山さんの清々しい声に曲調がむちゃくちゃ合っているような。

加山:清々しい声かどうかわからないけど(笑)。

丸山:加山さんの新作、演歌を聴いてもすごいと思いましたよ。

加山:いやいや、演歌に向いていないって思っているよ。でも気持ちは演歌が大好きだから、一生懸命歌っちゃうんだよね。あるとき、お偉いさんに「君の演歌面白いよ。なぜだかわからないけど温かくて、本当の演歌の気持ちを伝えることができる要素がある」と言われてね。(作品として)出していないだけで演歌の曲もたくさん作っていたからさ。

丸山:へぇ~。

加山:それで「いいですね、やりましょう」ということになって。まずは1回誰かに歌ってもらいたいと前川清くんにお願いして、彼が歌ってくれてね。これがまた桁外れにうまいんだよ。それで自分で歌うのを躊躇しちゃってさ(笑)。

丸山:前川さんも演歌も歌うけど、ちょっとポップな感じの曲も歌われるじゃないですか。

加山:そりゃあ、彼もエルヴィス・プレスリーから影響を受けているからね。

丸山:そうなんですね! だからリーゼントなんですかね?

加山:それはどうか知らないけど(笑)。話も意気投合してずっと仲良くさせてもらっているよ。

丸山:音楽ってどのジャンルも根源にあるものは一緒なんですね。志というか。

加山:いいものはいい、好きなものは好き。みんな違ったジャンルでも「この曲いいね」ってなったりするわけ。

◆「光進丸」への想い

丸山:6月27日(水)に発売されるアルバム『演歌の若大将~Club光進丸』のタイトルにもなっていますけど、加山さんがこよなく愛した「光進丸」(加山さんが所有していた船)が不幸なことになって……。

加山:「光進丸」は俺の分身だったからね。非常に長い付き合いだったけれど、見事に自分で散っていったなと思う(※無人で停泊中に出火し沈没)。原因は未だにわからないけど、類焼がない、油漏れがない、人的被害がない……でも自分で燃えたんだよね。だけど、そのとき僕が感謝したのは、地元のみなさんが必死に消火活動をしてくれたこと。不眠不休で2日間ぐらいかかったかな。

丸山:はい……。

加山:で、今度は沈んだ「光進丸」を引き上げなくちゃならない。クレーンの付いたでっかいサルベージ船に残骸を乗せて、解体する場所まで運ばなきゃならない。それを迎えに来た船が“こうしんまる”だったんだよ。

丸山:えっ、同じ名前ですか!?

加山:「幸神丸」と字は違うんだけどね。「光進丸」は神様に抱かれて墓場へ行ったなと思ったら“ジ~ン”ときたね。

丸山:詞ができちゃいますね。

加山:船は女だから……彼女はいろんな人に多くの幸せを与えてくれたと思う。37年の付き合いで、設計も含めると40年近くになるけど、“何でそうなったのかな”と考えたときに「お前はもっと人の役に立つことを考えて、これからの人生を生きろ」と言われたような気がしてね。

丸山:なるほど。

加山:だから沈没したのは残念だけれど、そこで生き方をパッと変える大きなきっかけとなったし、これは与えられた大きな試練だなと。それを乗り越えるためにも、もっと人の役に立つこと、みなさんの喜ぶことをやっていこうと。

丸山:そうなんですね。

加山:ちょうど80歳の節目に「光進丸」が沈んで、その10日後に81歳になって……そういう不思議なことが起きることには何か意味があるんじゃないかと。81歳で“RESTART”というか“ REBORN”かな、生まれ変わるような気持ちになったよ。

◆“夏”と“ゴルフ”が苦手

丸山:体だけはお大事にしていただきたいですけど、加山さんといえば“夏”というイメージがあります。

加山:でもね、僕は夏に弱いってわかった(笑)。「若大将のゆうゆう散歩」(テレビ朝日系)で夏に街なかを歩いたときに、「こんなに夏って暑いのか」って。道路の照り返しで40℃以上のなか1万歩ぐらい歩いてイヤになっちゃった(笑)。ハーフのラウンド回るよりもキツいよね?

丸山:そうですね。真夏はキツいですけど、ぜひどこかでゴルフもご一緒に。

加山:軽井沢とか高台のところって涼しいんじゃないの?

丸山:北海道なんかも夏場のゴルフには涼しくて最高ですよ。

加山:いいね~。ゴルフは4年ぐらいしかやっていないんだけど、みんなに誘われるんだよ。なぜかと思ったら、あまりにも俺が下手だから、それをみんなで見て笑うんだよ。

丸山:加山さんって何をやっても長けていてカッコイイから、加山さんのカッコ悪いところもちょっと見たいんですよ(笑)。

加山:みんな優越感に浸ってね。最後はフォームもぐちゃぐちゃで「盆踊りみたいですね」って(笑)。

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2018年6月25日(月) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

【番組概要】
番組名:五洋ホールディングス presents SUNDAY BACK NINE
放送日時:毎週日曜 7:30~7:55
パーソナリティ:丸山茂樹
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/backnine/
番組Instagram:@ sundaybacknine_tfm/

Message & Present

プレゼント

番組の感想、メッセージをお待ちしています。送っていただいた方には、月替わりでプレゼントをご用意しています。

今月は、6月に行われた世界4大メジャーのひとつ、U.S. OPEN公式グッズを各1名様、合計3名の方にプレゼントします。何が当たるかはお楽しみに!

※応募締切:2018年7月31日

Recent Entries