• mixi
  • Facebook
  • ツイッター
  • Google
  • TOKYO FM
  • TOYOTA
Home>Legend Story
Legend Story
17.10.14
平山ユージ
null

己の肉体を駆使しして切り立った岩の壁を登るフリークライミング。
使う道具は、命綱と安全を確保するための最小限の器具だけ、全身の筋力やバランス、そして精神力が試されるこの競技で、世界が認めた1人の日本人がいる。

平山ユージ、東京に生まれながら木登りが大好きだった少年は、15歳の時、埼玉で体験したフリークライミングに魅了された。
自宅の梁にぶら下がり、懸垂運動を1日200回。
高校卒業後は、アルバイトでお金を貯め、フリークライミングの先進国フランスへ渡った。
プロとして本格的な競技生活をスタート。
世界を転戦しながら国際大会で上位入賞を果たし、数年で世界のトップクライマーとしての地位を確立した。

そして、1997年、平山は、世界のクライマー達から注目されることとなる。
アメリカ・カリフォルニア州、ヨセミテ渓谷にそびえる、標高およそ1100メートルの垂直の岩「エル・キャピタン」。
その難コース「サラテ・ルート」を下見なしで挑み、38時間という世界最短記録で登り切った。

ヨセミテでの完登を自信に、平山は翌年、フリークライミングのワールドカップで、日本人として初の総合優勝、2000年にも2度目の頂点に立った。

まだ、クライミングが日本で知られていない時代から世界を舞台に活躍した平山ユージ。
今や日本のクライミングのレベルは世界トップクラスとなった。
2020年、東京オリンピックで初めて採用されたスポーツクライミングでは、彼の後輩たちの活躍が期待される。


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

10月14日(土)OA分の放送はこちら

Message

Circle of Friendsや藤木直人さん、伊藤友里さんへのメッセージはこちらから。あなたのスポーツ体験と気分を盛り上げるためには欠かせないリクエスト曲をお待ちしています。