あなたのキレイと元気を磨く!「植物の力」で美しいライフスタイルを!

5000年以上の歴史を持ち、クレオパトラも愛した植物との暮らし。ボタニカル・フードのとっておきレシピ。植物と向き合い、植物の声を聞くボタニストたち。そして、世界の人気植物園への旅、ボタニカル・ジャーニー!
	植物の世界からあなたに届く「美しい贈り物」です。

2017.09.29

Botanical Journey6
苔の緑に癒される初秋の京都の1日

  • BotanicalJourney
夏も終わり初秋の季節を迎えた京都。古都京都の神社仏閣の森や日本庭園で見られる苔の風景は、悠久の時の流れを感じさせ、柔らかな空気感を漂わせます。その自然の緑の絨毯には誰もが思わず心癒されることでしょう。

null
国指定名勝 東福寺本坊庭園 北庭

9月のボタニカルジャーニーは、ゆっくりと巡る古都の苔の風景をご紹介します。


苔は悠久の時を伝える植物
苔は約4億年前、海から最初に陸にあがった植物として知られています。原始的ながら独特の構造を持っているため、厳しい環境にあっても、長く滅びることなく生き続けてきたといわれ、生命の先駆けともいえる植物です。日本では約1800種の苔の種類が確認されていますが、苔が好むのは適度な雨や清らかな水に恵まれた森、そして湿気を含んだ清らかな空気のある環境。苔は日本の気候風土にもっとも適した植物の一つであり、その景色は日本人の心の中の原風景と言えるかもしれません。


東福寺で楽しむ苔の庭との対話
苔が醸し出す風景を、様々な場所で楽しめるのが京都。その中でも苔の豊かな表情を、独特の景色の中で見せてくれるのが臨済宗大本山・東福寺です。創建は鎌倉時代。火災により何度か再建されますが、京都五山の一つにふさわしい偉容を持つ寺です。

null
国宝 東福寺三門


境内にある通天橋は京都の紅葉の名所として有名で、晩秋の頃には多くの人で賑わいます。しかし、この時期に是非訪れたいのが昭和の作庭家、重森三玲による印象的な本坊庭園「八相の庭」です。完成は昭和14年。東福寺の創建年代にふさわしい鎌倉時代の質実剛健な風格が特徴ですが、苔の緑が随所に印象的に配置され、庭に描かれた禅宗の世界観と静かな対話を楽しむことができます。

庭園は東西南北に四つの名庭をもっていますが、苔を印象的に楽しむことが出来るのは西、東、そして北の庭です。まず西は、直線的なサツキの刈り込みと砂地の白に、柔らかな曲線の苔の緑の盛り上がりが配置され、まるで空から私たちの住む世界を見るようです。

null国指定名勝 東福寺本坊庭園 西庭(井田の庭)


東は円柱で北斗七星を表現した「北斗の庭」と呼ばれ、宇宙の広がりを鮮やかな苔の緑で感じさせてくれます。

null国指定名勝 東福寺本坊庭園 東庭


そして、北は市松模様の敷石の白さにウマスギゴケの深く厚い緑が映えて、無機質なデザイン空間にも関わらず自然の生命力を強く感じさせてくれます。四つの庭は廊下で繋がっており、まるで美術館で絵画を楽しむように、回廊を巡りながら多様な苔の景色を楽しむことができます。


心洗われる苔の景色が広がる法然院
秋の雨の中で特に趣があるのが、浄土宗捨世派の本山、法然院です。京都の人気エリアである銀閣寺や哲学の道の近くにありながら、静かな佇まいを持っています。深い森の緑に囲まれた石の階段と坂道を登ると苔むした山門があり、境内には水を表す2つの砂盛りが作られ、この間を通ることは、心身を清めて浄域に入ることを意味しています。

null
法然院 山門と白砂壇(びゃくさだん)


また「善気水」と呼ばれる名水の泉があり、池の水辺を囲む瑞々しい苔の緑は時が止まったような感覚さえ感じさせてくれます。こちらも紅葉の人気スポットですが、この時期は比較的ゆっくりと静かに、苔むした緑の景色を味わうことができます。京都旅行でもし雨の1日となったら、最優先で法然院を訪れてはいかがでしょう。

null
法然院 境内の池と苔


苔の深い緑と穏やかな雰囲気は、長い歴史を持つ京の風情には欠かすことのできないもの。苔のある景色を訪ねて、秋の古都を巡ってみませんか。


臨済宗大本山 東福寺(りんざいしゅうだいほんざん とうふくじ)
京都市東山区本町15丁目778
http://www.tofukuji.jp

法然院(ほうねんいん)
京都市左京区鹿ヶ谷御所ノ段町30
http://www.honen-in.jp


TOKYO FM「クロノス」では、毎週金曜日、8時38分から、毎週週替わりのテーマでボタニカルな暮らしをご紹介するノエビア「BOTANICAL LIFE」をオンエアしています。

また、TOKYO FMで毎週土曜日、9時から放送しているノエビア「Color of Life」。9月は歌手の森山良子さんを迎えてお届けしています。どうぞ、お聞き逃しなく。

番組へのメッセージ・感想を募集中

栗むき器

今週は、秋の味覚「栗」の皮が簡単にむける、貝印の「栗むき器」をプレゼントいたします。
あなたも、栗レシピにチャレンジしてみませんか?

【応募〆切】2017年10月26日

Recent Entries

Archive

  • NOEVIR 「植物の力」のスキンケアはこちら
  • NOEVIR Color of Life EVERY SAT / 09:00〜09:30
  • 秋に大事な美肌ケアって? NOEVIR
  • TOKYO FM

TOP