あなたのキレイと元気を磨く!「植物の力」で美しいライフスタイルを!

5000年以上の歴史を持ち、クレオパトラも愛した植物との暮らし。ボタニカル・フードのとっておきレシピ。植物と向き合い、植物の声を聞くボタニストたち。そして、世界の人気植物園への旅、ボタニカル・ジャーニー!
	植物の世界からあなたに届く「美しい贈り物」です。

2017.10.13

Botanical Goods11
花や草木、自然の色を身近に。草木染めの魅力

  • BotanicalGoods
植物の葉、樹皮、実、花など自然の素材を使用した草木染め。やわらかでふんわりとしたその色合いは、持っているだけで心を和ませてくれます。

null
草木染め絹二重羽衣スカーフ


植物に関しての名著や、写真集、そしてグッズなどをご紹介するボタニカルブックス&グッズ。今回は、やさしい自然の色合いの草木染めアイテムをご紹介します。


草木染めのやさしい色合いの秘密
自然の素材で染め上げる草木染めの色合いは、合成染料にはないやさしさとあたたかみが特徴です。草木染めに使う染料には、古くから多くの植物が使われてきました。それは、「日本古来の青を生み出すタデ藍」、「日の丸の赤を染めるのに使用された茜」、「紫草の根 紫根」、「桑の木や葉」、「古くから黒染めに使われてきた矢車ブシ」、そして「栗のイガや渋皮」、「ソメイヨシノや山桜の枝先」など。私たちになじみ深いものから、意外なものまでありますが、これら植物のちからで自然の色合いを楽しむことができるのです。

null店内にディスプレイされた染料の数々

null染料のマリーゴールドと桜の枝先



東京・蔵前「MAITO/真糸」に溢れる自然の色
東京・蔵前にある「MAITO/真糸」は、草木染めを手がける小室真以人さんのアトリエとショップ。染めに使う染料は100%天然素材にこだわり、自身で山に採りに行ったり、農家の方に分けていただいたり、時には捨てられる木の枝や花を貰い受けて大切に使っています。その染料から色を取り出す工程で大切なのは、染料を煮出す水。井戸水や山水を使い、すべてにこだわり抜いて、自然の恵みの色を取り出してゆきます。

染料の原材料になる植物も乾燥したものや採取したばかりのものなど様々。その植物が最も生き生きとした色を生み出す状態にこだわり、隠れた色を引き出してゆくのです。「草木染めは生きている自然と向き合って行うもの。毎回同じものはできません。同じ桜でもその年の天候や育った場所で色が違ってきます。でも、予想を裏切る色が出てきたとしても、それは新しい色と出会えた喜びの瞬間です。上手に植物の中に眠る色を引き出し、それを素直に生地に移すことが、僕たちにできる仕事のすべてなんです」。「MAITO/真糸」の中にある色ひとつひとつに、改めて自然界の色彩の豊かさを教えられるようです。

null
原綿から染めた草木染め糸


この秋のおすすめ草木染めアイテム
「MAITO/真糸」がこの秋におすすめする草木染めアイテムの一つがニットです。草木染めとは思えない鮮やかな色から、自然のあたたかみを感じさせる色まで多彩にそろっています。草木染めは、洗濯や手入れが大変というイメージがありますが、綿の種類にこだわり、その原綿の状態から染めることで色落ちや色褪せを防ぐ工夫がされています。もう一つのおすすめは「栗」染め。ベージュやグレイ、そして、他にはない黒を表現することができるため、深まる秋にぴったりです。また、紅葉した樹々の葉も大切な染料になるそうです。

null
草木染めニット


小室真以人さんが草木染めに込めるメッセージは自然復帰。天然素材にこだわることで、自然に触れる喜びを伝え、実感していただきたいという思いで草木染めに携わっています。 植物から生まれた色があって初めて、その色を活かすデザインが浮かび、アイテムが生まれてくる。すべては植物ありき。そこには四季に移ろう自然の色が、時間が止まったかのように鮮やかに閉じ込められています。

null
草木染め靴下


「明治以降、合成染料が日本に入ってきて各地の草木染めの工房はほとんど姿を消してしまいました。一度失った技や技術は簡単には取り戻すことができません。そんな日本が失った自然の色、植物の色を取り戻したいのです」。小室さんのもの作りの原点ともいえる、草木染めへの思いです。


TOKYO FM「クロノス」では、毎週金曜日、8時38分から、毎週週替わりのテーマでボタニカルな暮らしをご紹介するノエビア「BOTANICAL LIFE」をオンエアしています。

また、TOKYO FMで毎週土曜日、9時から放送しているノエビア「Color of Life」。10月は103歳の報道写真家、笹本恒子さんのお話をお届けしています。どうぞ、お聞き逃しなく。



null
MAITO 蔵前本店

東京都台東区蔵前4-14-12 1F
TEL 03-3863-1128
OPEN 11:30〜18:30
月曜定休
毎月、草木染めの体験ができるワークショップを開催。(HPより要事前予約)
maitokomuro.com




2017.09.08

Botanical Goods10
木のおもちゃで楽しむ癒しのインテリア

  • BotanicalGoods
誕生のお祝いやお子さまへの贈りものとして人気の木のおもちゃ。あたたかな木の風合いや優しい肌触りは、子供たちと一緒に楽しんでも癒されますが、インテリアとして飾っても、自然の森の空気をお部屋に運んで来てくれます。

null
植物に関しての名著や、写真集、そしてグッズなどをご紹介するボタニカルブックス&グッズ。今回は、木のぬくもりが感じられる木製のおもちゃをご紹介します。


素朴でかわいい木の動物たち
木のおもちゃの定番が白木で作られたかわいい動物たちです。 木を加工して作られるからこそ表現できる、動物たちのユニークで優しい表情や形は、大人でも思わず手に取ってみたくなります。マストロジェペットの作る「動物積み木noe ノエ」 はヒノキで作られていて、動物のかわいらしさだけでなく、木の香りも楽しめるようになっています。ゾウ、ワニ、キリン、ペンギン、カバ、カンガルーなど、動物園でも人気の12種類の動物がパッケージされていますので、お部屋に置く場合は、月ごとに違う動物を飾ったり、いくつかを組み合わせることもできます。

null
マストロジェペット「動物積み木noe ノエ」


また、子供たちが実際に乗って楽しむことができるのが、わかふじクラフトの「木馬」です。北海道に多く自生しているセンの木を使い、シンプルで木目がとても美しいため、子供たちが成長した後でも、お部屋に癒しのオブジェとして飾っておくこともできそうです。

null
わかふじクラフト「木馬」



思わず笑みがこぼれる木製パズル
木のやさしさに触れる楽しさに、ゲームの楽しさを加えたのが、木製パズルです。高知県産の良質な土佐ヒノキで作られる、山のくじら舎の「たまご恐竜パズル」は、大人も子供も思わず笑みがこぼれる木製パズル。卵を割ると中からかわいい恐竜が生まれます。使われている原料の土佐ヒノキは丸太の状態で仕入れられ、地元の製材所で形を整え、約1年間自然乾燥させたもの。じっくり自然乾燥することで、木の細胞を痛めることなく、独特の色や手触り、香りを引き出すことができるそうです。優しくて丈夫な木のおもちゃ作りへの愛情やこだわりが、触れているだけで伝わってきそうですね。

null
山のくじら舎「たまご恐竜パズル」



日本の森の音が聞こえる木琴
木で作られたおもちゃの中には、音を楽しむおもちゃもあります。その一つがオークヴィレッジの木琴「森の合唱団」です。子供のおもちゃとはいえ、しっかり一つ一つの音程を合わせて作られています。普通の木琴は音板の長さで音程を変えていますが、この音板はすべて同じ長さ。実は音板の木の種類を変えることで、同じ長さでも違う音程が出るように工夫されているのです。 ブナ、カバ、サクラ、ヒノキ、ナラ、トチなどが使われていて、木の個性である堅さや密度の違いが、そのまま音に反映されています。森や自然の多様性を、目と耳の両方で実感できますね。

null
オークヴィレッジ「森の合唱団」


そして、もう一つ、森の音が聞こえてくるおもちゃが、 ブナ材でできた無垢工房の「カスタネット」です。ユニークな四角いデザインの大小2つのカスタネットがセットになっていて、どちらも音を出して楽しむことができます。「木琴」と「カスタネット」、木の魅力を五感で楽しむことができる、まさに森からの贈りものですね。

null
無垢工房「ツインカスタネット」


日本の森を元気にするために。そんな思いも込めて国産材で作られた木のおもちゃ。子供だけのものととらえず、癒やしのインテリアとして見直してみませんか。


TOKYO FM「クロノス」では、毎週金曜日、8時38分から、毎週週替わりのテーマでボタニカルな暮らしをご紹介するノエビア「BOTANICAL LIFE」をオンエアしています。

また、TOKYO FMで毎週土曜日、9時から放送しているノエビア「Color of Life」。9月9日からは歌手の森山良子さんを迎えてお届けします。どうぞ、お聞き逃しなく。


おもちゃの森sapporo omochanomori.jp
山のくじら舎 yamanokujira.jp
ポプリの森 popuri-no-mori.com

2017.08.11

Botanical Goods9
目の前に浮かぶ不思議な植物たち。自然そのものの姿を創作する『OYAMA』とは?

  • BotanicalGoods
さまざまな木々や草花が生い茂り、美しく魅力的な花を育む山。登ったり、遊んだり、遠くから眺めたり。人それぞれ距離感は違っても、いつも私たちを癒してくれる存在です。

植物に関しての名著や、写真集、そしてグッズなどをご紹介するボタニカルブックス&グッズ。8月11日「山の日」の今回は、お部屋の中やベランダに吊るして、身近に「山」の生命力を感じることのできる、植物のアレンジメント『OYAMA』をご紹介します。

null


四季折々の山の世界を吊るして慈しむ『OYAMA』
フラワーアート&アレンジメントショップ「TSUBAKI」が手がける、『OYAMA』。その名の通り「山」を表現し、“四季折々の山の世界を吊るして慈しむ”植物のアレンジメントです。多く使われる植物は、モミジ、ムシカリ、ナナカマドなどの木や、ユキノシタ、イワヒバ、シダなどの草。日本の山々で普段見られるものばかりです。陽を好むものや日陰向きのもの、植物には様々な個性がありますが、『OYAMA』では、同じ環境下で育ちやすい植物ばかりを集めており、しかも、盆栽や小さな鉢植えと違い、土の量がとても多いので、水やりさえ忘れなければ、簡単に育てることができます。

null
そして、一番の特徴は、吊るして楽しむという形状。“土を吊るす”ことにこだわったのは、坂道や崖、岩場など、様々な土の状態の中で力強く生き抜く植物を、そのまま形にしたいと思ったから。『OYAMA』は、自然界の生命力をそのまま表現したいという思いで作られています。


『OYAMA』シリーズに込めた自然への思い
『OYAMA』シリーズを手がけるのは、「TSUBAKI」でgardener&floristを務める宮原圭史さんです。幼い頃から自然が大好きだった宮原さんは、学生時代には山岳部に所属。全国大会出場を果たすほどの強豪校で、様々な山に登り続け、立ちはだかる山々から自然の脅威を痛感し、圧倒されました。卒業後は園芸ショップに就職し、土や肥料、農薬といった園芸資材の勉強に没頭。土ひとつで植物が変わるという、自然の繊細さと不思議な面白さにのめり込んでいきます。独立後、植物で独自に何かを表現したいと思ったとき、学生時代に没頭していた「山」がテーマとして浮かんできたそうです。

「山で生きる植物には、自然界ならではの神秘的な生命の輝きがあります。落葉樹は四季に合わせて芽吹き、茂り、落葉し、また新たな季節に芽吹いてゆく。春の新芽の輝きは、言葉に変えられない美しさがあり、さらに一日の中でも色や形が変わったりなど、繊細な変化があるのです。そんな、四季のある日本ならではの“自然の神秘”を身近に感じてほしい」。そんな思いから、『OYAMA』を手がけるようになったそうです。『OYAMA』は山の景色を部分的に切り取ったものではなく、あくまで「自然」そのもの。自然界や植物の神秘を凝縮して形にしたものだと言います。

null

植物の世界は土が命
園芸ショップで土や肥料の知識を学んだことが、『OYAMA』を創りだす宮原さんの強みです。「植物のアレンジメントの基本は、まず土と根なんです。土は、軽くて清潔であることが第一。そして、普段は見えない根の部分が健康であることが、植物が元気である最も大切な条件。『OYAMA』の土は、水はけも考慮し試行錯誤してブレンドしたものです。枝や幹などの表の部分の見栄えばかりを気にして、根を傷める植え方をしてしまうと、すぐに枯れてしまいます。根を大切に植えてこそ、その植物の個性や良さが輝いて、思った以上の育ち方をしてくれるのです」。宮原さんにとって、自分の思い描いた通りの形に成長した植物を見ることも喜びですが、自分では予想がつかなかった意外な育ち方をした植物を見ることも醍醐味。『OYAMA』は20cmほどの小ぶりなものから、50cm以上の大きなものまであり、形や大きさは一様ではなく様々ですが、その不揃いこそが自然そのものなのかもしれません。

null
「今後は『OYAMA』に、倒木や岩、石など、もっと本物の山に近いものも取り入れていきたい。見た目がかわいい木や草花だけでなく、あくまで“荘厳な山の美しさ、植物の個性的な生命力を生活の中に取り入れる”ことが『OYAMA』の個性だと思うからです」と、宮原さん。神秘的で力強い「山」の生命力を身近に感じて、心豊かな毎日を送ってみてはいかがでしょうか。


TOKYO FM「クロノス」では、毎週金曜日、8時38分から、毎週週替わりのテーマでボタニカルな暮らしをご紹介するノエビア「BOTANICAL LIFE」をオンエアしています。

また、TOKYO FMで毎週土曜日、9時から放送しているノエビア「Color of Life」。8月はファッションデザイナーのコシノジュンコさんを迎えてお届けしています。どうぞ、お聞き逃しなく。


null
FLOWER ART AND ARRANGEMENT TSUBAKI
住所: 東京都目黒区八雲4-3-5
TEL: 03-5726- 8301
日曜定休 ※アトリエは事前予約制
http://tsubaki-tokyo.jp

2017.07.14

Botanical Goods8
楽しいトロピカルアイテムで、夏をボタニカルに爽やかに!

  • BotanicalGoods
フルーツやパームツリー、ハイビスカスなど南国のモチーフをデザインしたトロピカルアイテム。ファッションからインテリアまで、ライフスタイルに取り入れて、夏をボタニカルに楽しく過ごしませんか。

null
植物に関しての名著や、写真集、そしてグッズなどをご紹介するボタニカルブックス&グッズ。今回は、南国気分とリゾート気分が高まる、トロピカルモチーフのアイテムをご紹介します。


ボタニカルな装いで過ごす、トロピカルファッション
南国の定番ファッション、アロハシャツには、ハイビスカスなどの南国の花やパイナップルといった、トロピカルなモチーフが取り入れられています。そんなアロハシャツのモチーフを、より都会的で洗練されたアイテムにしたトップスやボトムで過ごす夏はいかがでしょう。着る人はもちろん、出会った人や街ですれ違った人にも、夏らしい爽やかな印象を与えてくれます。幅広いジャンルのvintage&designers itemを取り揃えたセレクトショップ「Madder vintage」の定番は花柄やボタニカル柄のワンピースですが、この夏はトロピカル柄のワンピースやスカートも人気。特にヴィンテージなテイストのアイテムは、大人のカジュアルスタイルにも取り入れることができ、オンとオフの両方に活躍してくれます。

nullnull
着こなしのコツは、軽やかな色合いのものを選び、上下どちらかは単色で合わせること。より洗練された印象になります。


トロピカルな小物やアクセサリーなら気軽に夏気分
スマートフォンのケースも、夏ならではのデザインに模様替えをしてはいかがでしょう?鮮やかな色を選べば、バッグの中に入れてあっても、手元にあってもウキウキした気分にしてくれます。スマホケース専門ブランド「HAVE A NICE DAY」のケースは、鮮やかなボタニカルプリント。トロピカルな色合いの花やかわいいパイナップルがあしらわれ、ファッションの一部としても楽しめます。独自に文字や文章を入れることもできますので、自分へ元気を贈るメッセージを考えてみませんか。

null

また、陶器のアクセサリーで人気のフランスのブランド「NACH」には、フラミンゴなど南国の鳥モチーフのネックレス、イヤリング、ステーショナリーが。デザイナーはNancy KochとNadia Kochの姉妹チーム。植物モチーフのアイテムと合わせるのも楽しいですね。手にとって眺めているだけで南国気分を高めてくれます。

null


お部屋も夏仕様に!トロピカルインテリアグッズ
ファッションや小物が夏の気分を盛り上げてくれるように、手軽にお部屋の印象をリゾート気分に変えてくれるのがトロピカルプリントのクッションカバーです。オリビアコレクションのクッションカバーは、Made in Hawaii。ストレリチア(極楽鳥花)、ハイビスカス、パームツリーなど、ハワイを連想させるさまざまなデザインがありますが、おすすめは大きな緑の葉が印象的なモンステラ柄のクッション。観葉植物としても愛されているモンステラ。リゾートの風や香りが感じられる人気の植物です。ハワイでは、このモンステラは「希望の光を導く」神聖な植物とされ、ハワイアンキルトのデザインでもよく使われています。ソファーの大きさに合わせてサイズも選べますので、 お気に入りのリゾートホテルのインテリアをイメージしてソファーに飾ってみませんか。

nullnull

梅雨が明けると本格的な夏の到来。ファッション、小物、アクセサリー、そしてインテリアまで、トロピカルなボタニカルグッズと一緒に、暑さに負けない爽やかな毎日を過ごしたいですね。


TOKYO FM「クロノス」では、毎週金曜日、8時38分から、毎週週替わりのテーマでボタニカルな暮らしをご紹介するノエビア「BOTANICAL LIFE」をオンエアしています。

また、TOKYO FMで毎週土曜日、9時から放送しているノエビア「Color of Life」。7月は歌手、女優の薬師丸ひろ子さんを迎えてお届けしています。どうぞ、お聞き逃しなく。


Madder vintage http://maddervintage.com
HAVE A NICE DAY https://haveaniceday.buyshop.jp
NACH http://www.hpfmall.com/shop/hpfmall/item/list/category_id/2607
THE OLIVIA COLLECTION http://hawaiianpillow.com / Clara Hawaiian Select Shop/ LEALEA
Prev [P.1/5] Next

番組へのメッセージ・感想を募集中

栗むき器

今週は、秋の味覚「栗」の皮が簡単にむける、貝印の「栗むき器」をプレゼントいたします。
あなたも、栗レシピにチャレンジしてみませんか?

【応募〆切】2017年10月26日

Recent Entries

Archive

  • NOEVIR 「植物の力」のスキンケアはこちら
  • NOEVIR Color of Life EVERY SAT / 09:00〜09:30
  • 秋に大事な美肌ケアって? NOEVIR
  • TOKYO FM

TOP