盛岡絶景とわんこそばを堪能できる街
盛岡絶景とわんこそばを堪能できる街
盛岡絶景とわんこそばを堪能できる街
盛岡絶景とわんこそばを堪能できる街

ON AIR REPORT

盛岡絶景とわんこそばを堪能できる街

雄大で美しい自然

バスに乗り、辿りついた先は、雲ひとつない青天の下。
カップルや親子連れに混じって、
私は一人、ダムを見上げていた。

空の青、森の緑。
壮観な大自然の中にそびえ建つ、巨大なコンクリートの壁。
この何とも言えないコントラストに、心を揺さぶられる。
無骨で、雄大で、何事にも動じない。
昔から、こんな男になりたかった。

そんな「憧れの男」に見とれていると、後ろから声をかけられた。
「すみません、写真、撮ってもらえますか?」
振り返ると、そこにいたのは若い男女のグループ。

「あぁ…、いいですよ。」
もう少しだけ自分の世界に浸っていたかったのに…。
作り笑顔をしながら、渋々シャッターを切る。

近頃、テレビやラジオ、雑誌なんかの影響で、観光客が一気に増えた。
ブームになるずっと前から、私はその魅力を知っていたのに。
応援していた売れない歌手が、急に人気者になった時のような、
嬉しさと寂しさが入り混じる。

何事にも動じない理想の男になるには、もう少し時間がかかりそうだ。

INFORMATION

東北・岩手県の内陸部に位置する、みちのくの都・盛岡市。およそ30万人が暮らす県庁所在地です。
その一方で、中心地から少し離れると、「富士山にも負けず劣らない」と言われる岩手山や、東北最大の流域面積を誇る北上川など、美しい自然が広がっています。
そんな「人」と「自然」とが共存する盛岡市。その象徴ともいえるのが「御所ダム」、そして、その貯水湖となっている「御所湖」です。
かつて「御所村」と呼ばれる村があったことから名付けられた、ダムと湖。人工物であるダムと、その周囲一帯を包み込むように広がる絶景のコントラストに、訪れた人は思わず足を止めて、カメラを構えてしまいます。
周囲には温泉やスキー場といったリゾート施設も多く点在し、人々の生活を支えると同時に、一大観光名所となっています。
雄大で美しい自然が感じられるこの街も、国際興業のバスは走る。

盛岡の代表的な郷土料理

昼下がりのお蕎麦屋さんで、周囲の注目を一点に集めた私は、
わんこそばに挑戦していた。

「どんどん」「じゃんじゃん」「どんどん」「じゃんじゃん」…。
気持ちのいい掛け声にのせられるように、箸が進んでいく。
私が戦っている相手は、お椀の中の蕎麦でも、それを入れる給仕さんでもない。
あの日の自分だ。

いまより、もう少し暑かった夏の日。
もともと引っ込み思案の私は、就職した会社の同僚となかなか打ち解けられずにいた。
そんな中、社員旅行で訪れた盛岡で挑戦したのが、わんこそばだった。
男性陣が次々とギブアップしていく中、最後まで残ったのは…、なんと私。
あの日、私は一躍ヒーローになった。
大げさではない。
わんこそばが、私を救ってくれたのだ。

あの日の自分を超えるため、「もう一杯」「もう一杯」と、ひたすら蕎麦をすする…。
「勝った!」
限界に達した私は、そう確信して蓋を閉じる。

「只今の記録…、103杯!」

どよめきと拍手が沸いたその数は…、あの日とまったく一緒だった。

INFORMATION

全国にその名を知られる、盛岡の代表的な郷土料理「わんこそば」。小さなお椀に次々と入れられる蕎麦を、満腹になり、蓋を閉めるまで食べ続けるという、独特なスタイルです。
その起源は諸説ありますが、一説によると、お客さんをもてなす気遣いが始まりといわれています。
かつて岩手には、宴会の最後に蕎麦を振る舞う習慣がありました。その際、同時に多くの人に食べてもらうため、蕎麦を少しずつ分け、後からお代わりをしてもらうという工夫をするように。お椀が空になれば、次々とお代わりを入れていく…。それが現在の「わんこそば」になったとされています。
「わんこそば」は、100杯で1つの区切りとされており、記録を目指す人が多いのですが、元々はよく味わって食べるもの。急がず慌てず、ゆっくりとその味を堪能するのも、また一つの楽しみ方です。
かつてのおもてなしの心が、いまなお残るこの街も、JRバス東北と岩手県交通のバスは走る。

Podcastを聴く

ARCHIVE

もっと見る

podcast

  • PODCAST登録
  • iTunesをインストール済みの方はクリックすると
    iTunesが起動し、簡単に番組を登録出来ます
  • PODCAST RSS
  • iTunesなどのPodcastingアプリケーションに
    ドラッグ&ドロップしてください。

mail

みなさんからのメッセージ募集

番組への感想やメッセージをお待ちしています。

メッセージを送る