【クロノス】ギリシア語で<時>を表す言葉 今、僕たち私たちの時代に何が起きているのか? 何が変わろうとしているのか?

宅建協会 presents クロノス住宅セミナー 目からウロコの家選び 最新トレンド2016 東京どこに住む?

会場となったTOKYO FMホールには、首都圏在住の、今まさに「どこに住む?」か悩んでいる方、若いご夫婦、子どもが手を離れた世代の方まで、たくさんの方でにぎわいました。



司会はもちろんこのお2人。クロノスパーソナリティ中西哲生さんと高橋万里恵さん。

そして今回は講師として、クロノス金曜日パーソナリティの速水健朗さんをお迎えしました。速水さんはライター・編集者で都市論や町と人との関係に非常に詳しく、『東京どこに住む?』という著書も出しています。
そしてもうひとりのゲストが、タレントの中山エミリさん。
先日ご結婚された中山さんは、もうすぐ2歳になるお子さんのママとして、「子供の将来を考えた時に、家選びの選択肢は大きく変わりました。家具ひとつとっても、子供用を選んでおけばよかった?って思うことが多いですね。」と、家庭を築く中での家選びの難しさを感じているそうで、「しっかり勉強したい」と意気込んでイベントに臨んでくれました。

そんなわけで始まった今回のイベント。テーマは『東京どこに住む?』
東京でいま一番住みやすい町はどこか、そしてこれから選ぶならどの町か。速水さんからみんなで学ぼう!ということでトークは展開しました。

“西高東低”の“閑静な住宅街”のいま

まずは来場者を対象に行なったアンケート結果からスタート。「東京で住んでみたい町はどこですか」という質問に対する会場のトップ8は、8位「日本橋、谷根千」、7位「葛西/西葛西」、6位「清澄白河/門前仲町」、5位「新宿エリア《神楽坂が圧倒的人気)」、4位「中野/杉並」、そして3位「渋谷エリア(渋谷・原宿・恵比寿など)」、2位「二子玉川/自由が丘」、1位「吉祥寺」という結果でした。

ここで速水さんが目をつけたのが、不動の人気エリアの吉祥寺ではなく、7位の「葛西/西葛西」、そして6位の「清澄白河/門前仲町」。吉祥寺はクルマが必要な生活をしている子育て世代にも対応できるオールマイティな町として人気ですが、ではなぜ葛西/西葛西、清澄白河/門前仲町に人気が集まっているのか。速水さんによれば「東京は通勤通学時間が海外に比べて極めて長い都市でした。これはかつて、東京の西側の郊外にある閑静な住宅街に、一軒家・マイホームを建てるのが東京在住者のライフスタイルの目標だったから。しかし今は空き家活用が注目され新築一戸建てへのこだわりはなくなった。その結果、通勤通学も楽な東京の東側へ居を構えたいという人が増えている」と解説。
さらに東京の引っ越し事情を調査してきた速水さんは、いまのトレンドとして「都心“内”一極集中」が起きていると指摘。「具体的には皇居から5kmにまたがるエリアに人口が集中してる」と、実際の調査結果を元に説明しました。なんでも、ロンドンはじめ世界の都市でも同じ現象が起きているとか。



遠くの恵比寿より近くの横丁!?

続いて話題は「よく飲みに行く町」というテーマに。「強くないけど、お酒を飲むのは好き」という中山エミリさん、食やお酒に対する情熱はプロ級(?)の中西哲生、高橋万里恵、そして色んな町を飲み歩いてきた速水さん、それぞれの好きな「飲みに行く町」でトークは盛り上がりました。中西哲生は「丸の内はお店のクオリティも高いし好き」、高橋万里恵は「大学生時代は吉祥寺のハモニカ横丁に、友達と立ち寄る行きつけのお店があった」、そして速水さんは「いま新宿3丁目に結構よいお店が集中している」とイマドキの飲み屋街のトレンドを紹介。一方、中山エミリさんは「すぐ家に帰れるところに飲食店がある町がいいですよね」とコメント。実はこれが大きなキーワードでした。速水さんによれば、東日本大震災以降に顕著となった現象として、「帰宅難民にならないために自宅のそばでお酒を飲む人が増えた。SNSでツナガリを重視する若い子たちも、横丁のある街に住みたいという声が多い」として、いまは駅前ではなく住宅街にスペイン風のバルがたくさん出来ているという事例を紹介しました。また、中西さんが好きな丸の内についても「実は丸の内のステーションホテルのバーのバーテンは東京駅の終電をすべて把握していて、お客さんが何時までお店に留まれるかちゃんと教えてくれる」なんて情報も教えてくれました。

また速水さんは、HOME'S総研が都市の本当の魅力を測る新しい物差しとして提案している全国主要都市の魅力度ランキング「センシュアス ・シティ・ランキング」を紹介。「匿名性がある」「歩ける」「ロマンスがある」など独自の指標で評価したこのランキングでは、文京区が魅力的な町だという新しいデータを紹介。「匿名性のある町というのは、先程の横丁のお店のような個人経営のお店ではなく、プライバシーが保てるチェーン店がバランスよく存在する町ということ。チェーン店がほどよくあることは、町にとって悪いことではないんですね」と、思わず膝をぽんと叩く新しい町の魅力の測り方を教えてくれました。



東京どこに住む?

では、結局のところこれから東京で暮らすなら、どの町を選べばよいのでしょうか。登壇者それぞれの実際の選び方は、中西哲生が「外食できるお店がたくさんあって、TOKYOFMのある半蔵門と、東京駅と羽田の三角形の中で選んだ」。高橋万里恵は「実家に近いところが安心できる」、中山エミリ「理想とする町はあるんですが、子育てのことも考えないといけないし、クルマが2台あるのでそれを駐車できるところとなると、理想の町からちょっと外れたところになっちゃう」と、それぞれ仕事や生活スタイルなど事情に寄って大きく違うことがわかりました。これを受けて速水さんは、「中山さんのように“条件”で選ぶのは昭和的ですね(笑)」としつつ、今は中古住宅のリフォームなども当たり前になってきていて、通勤時間のかからない町で家探しが出来るようになり、住まい選びも「人間関係に重きをおくのが今の流れ。遊ぶ場所と働く場所と住む場所がいっしょくたにできる町が選ばれ始めている」と、これまでのリサーチから得た結論を語りました。実はこれ、江戸時代の職住一体に戻るような現象で、さらに「食住一体」…つまり食事やお酒を楽しむのも自宅の近所…という新たなトレンドになっているそうです。
そしてイベントの最後は、ポケモンGOの登場以来街歩きのマストアイテムとなった、番組オリジナルのモバイルバッテリーが全員に配られ、終演となりました。「宅建協会presents クロノス住宅セミナー 目からウロコの家選び 最新トレンド2016 東京どこに住む?」みなさんいかがでしたか?
横丁の賑わい、中古住宅のリフォームで可能な快適な住まい、職住一体・食住一体など最新の「東京ぐらしのトレンド」が見えた今回のイベントは、住まい選びの一つの目安になるのではないでしょうか。


  • クロノス ごぶさたリクエスト supported by ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ i 
  • クロノス フロンターレ・リクエスト
  • イオン presents ハートフル・リクエスト
  • ウィークリーパーソン  みなさんの声 投票受付中!
  • 番組携帯サイトはこちらから!

    www.jfn.co.jp/ch/
    (PC/携帯共通)

FEEDS

番組ブログで掲載した内容がRSSリーダーで見ることができます!

データ提供
  • ついっぷるトレンド