取材日記

TOKYO FMが誇る報道スポーツチームが総力を挙げて取材します。
ラジオならではのハートフルなスポーツ報道をお送りします。

1万人で壮行会!

リオオリンピックに出場する選手ら
およそ300人が出席して、
日本選手団の結団式と壮行会が開かれました!

選手たちは、オリンピックの開会式などで着る公式服装、
赤のジャケットに白のズボンという
日本選手団おなじみともいえるスタイルで登場。

結団式では、選手団で主将を務める
レスリング女子の吉田沙保里選手が
「最高のオリンピックとなるよう臨む」と
決意を示しました。

吉田選手は、
夏のオリンピックの日本選手団で
女性初の主将ですよね。
「自分が4連覇を達成することで、
 明るく元気になってくれたり、
感動してくれたら嬉しい」とも話していました。

結団式に続いての壮行会には、
代表選手を見ようと、1万人が集まって、
選手にエールを送りました!
さまざまな競技の選手がそろうので大歓声!

壮行会では「ゆず」のミニライブで盛り上がる場面も。
「栄光の架け橋」と「夏色」をパフォーマンス。
主将の吉田選手や体操の内村航平選手をはじめ、
選手団のほとんどをステージにひっぱりあげ、
マイクを向けて一緒に歌うシーンも。
歌声を披露した内村選手は
「まさかの無茶ブリでびっくりした」と
笑いながら振り返っていました。

壮行会で選手たちは、
普段なかなか一緒にならない他の競技の選手と
会えたこともあって楽しそう!

陸上のケンブリッジ飛鳥選手と桐生祥秀選手、
そして、体操の白井健三選手、
競泳の池江璃花子選手の
オリンピック初出場組が顔をあわせて、
「誰が本番に強い?」なんていう話になっていました!!

「【飛鳥選手】
 えっ、白井君ですかね(笑)
 いろいろ一番経験してそうなんで、はい。
【桐生選手】
 じゃあ、ボクも白井君で、はい(笑)
 いっぱい世界経験しているんで。
【白井選手】
 ボクは陸上の2人だと思います。やっぱその一発本番で、
 メンタル的な問題がすごく関係してくるスポーツの中で
 オリンピック代表っていう結果を得ているので、
 陸上のほうがよっぽどメンタルは強いと思います。
【池江選手】
 私も白井さんで(笑)
【白井選手】
 嬉しいですけど、代表という立場はみんな同じなので、
 もう日本選手団として一つでも多くのメダルを
 とれるように、みんなでがんばりたいと思います」

ということで、4人の「投票結果」だと
白井選手が本番に強いということに(笑)

その白井選手から出た「メダル」の話でいえば、
壮行会後の会見で、
日本選手団の高田裕司総監督は、
「金(メダル)14個、総数で30以上を
目指してがんばりたい」とコメント。

壮行会でエールを受けとった選手たちは
事前合宿などで調整を続けて、
来月5日の開幕を迎えます!!!


■鈴木晶久
  • 20:30

注目度上昇中☆7人制ラグビー

リオオリンピックから初めて行われる競技、
それが7人制ラグビー!
7人で戦い、7分ハーフという短い試合時間のため、
ドラマがうまれやすい競技です!

このほど男女の日本代表選手団が発表されました。
男子では、桑水流裕策主将をはじめ、
去年の15人制ワールドカップ代表の
山田章仁選手ら14人が選ばれましたよ。



山田選手は、選考の最終合宿中に
ふくらはぎを痛めて離脱しましたが、
抜群のトライセンスが評価されての代表選手団入り。
7人制で初めて代表として出たドーハ・アジア大会で
トライを決めてから10年で、
オリンピックへの切符をつかみました。

選手たちが、リオへの意気込みを聞かせてくれました。
桑水流主将と山田選手です!


「【桑水流主将】
 このメンバー14名でオリンピックで戦うことを
 とても楽しみにしています。
 オリンピックでは、このメンバーに選ばれなかった
 選手のぶん、そして日本で応援していただけるファンの方の
 ためにもメダルを取って帰ってきたいと思います。
 皆さん、応援よろしくお願いします。

【山田選手】
 ちょっと今ケガしてしまいましたけど、
 10年間の想いがありますから、その想いを背負って、
 もうシンプルにやっぱりトライをとるということが
 チームを勢いづけるプレーになると思うので、
 トライをとるということにこだわって、
 オリンピックはプレーしていきたいなと思います」


予選リーグの組み合わせも決まりました!
日本男子は、優勝候補のニュージーランドのほか、
イギリスやケニアと強豪がそろうグループに入りました。

男子チームの瀬川ヘッドコーチは
「いいグループに入った。
 ニュージーランドは強いがオーソドックス。
 対策は練りやすい。
 イングランドと引き分け、
 スコットランドには勝ったことがあり、
 ウエールズとは相性が悪くない。
 ケニアには勝ったことがあるし、ムラがあるチーム」と
コメントしていました。

代表メンバーは1チーム12人で、
今後の合宿などをへて、
7月中旬に最終メンバーが決まります。

7人制ラグビーは
リオから始まる競技ということで注目度があがっています。
一緒に応援していきましょう!!


■鈴木晶久
  • 19:15

リオに向けた熾烈なメンバー争いの最終章を迎える
サッカー・U−23チーム!

昨夜行われた国際親善試合・南アフリカ戦は、
国内で行われる最終戦!
そして、オリンピックメンバー発表前のラストとなる試合!
ということで、メンバーへの生き残りをかけた
最後のテストマッチになったんですよね。

リオの代表選手枠はOA枠を含めて全18人。
その中でオーバーエイジの3人&久保・南野の海外組は当確。
つまり、実質的な代表枠は、あと「13」ということになります!

そこで今回注目を集めていたのが長期離脱組・5人の復帰!

FW・中島&鈴木 
DF(右SB)室屋&松原 
サイドハーフ・豊川

いずれも1月の最終予選突破に貢献した功労者たですよね。

「ケガから戻ってきてくれた選手にチャンスを与えるのが
私のやり方」と倉森監督。
リオ五輪での中2日の連戦に耐えられるのか、
この試合で見極める!ということだったようです。
そして今回の試合では、チーム発足以来つけてきた「背番号10」を
矢島選手に明け渡した中島選手ですが、
この試合で「10番に戻す力」を表現してほしい、とも
手倉森監督は話していました。

そんな中での中島選手の完全復活を印象付けた2得点。
10番に戻ってくるのは間違いないでしょう!

今回、代表入りするのか注目してほしいのが・・・
FC東京の橋本拳人選手!22歳。

現在はDF登録なのですが、本職はボランチ!
所属しているFC東京でも、今シーズン、
MF→DF登録へ変更されています。

俊足を生かして、DFなのにどんどん前へ上がり、ゴールも決める。
点取り屋でもあります!!
そして、実はGKも含めてすべてのポジションを
こなしたことがあるというユーティリティ選手!

そんな橋本選手に、ポジションの事や今夜の試合について
聴いてみました!

「なかなか複数ボジションやる選手は少ないと思うし、
そうやって使って貰えることに関して自分は嬉しい気持ちもあるし
その期待に応えたいという気持ちが凄く強いし。
どっち(SB・ボランチ)に出ても
途中で(ポジションを)移動しても
常に良いプレーをしたいというポジティブにプレーできている」

また、試合前、テンションが上がるテンポの速い曲を
聴いている選手が多い中、気持ちを落ち着かせるという意味で、
わりとしっとりしたバラード系の曲を聴くことが多いという橋本選手。
秦基博さんのRainをチアアップソングに挙げてくれました!

普段からチームで一緒にプレーをしている中島選手とは
連携もばっちり!
橋本選手のアシストで中島選手がゴール!なんて瞬間を
リオで期待したいのですが・・・。

はたして過酷な最終サバイバルを勝ち抜くのはどの選手なのか・・・
リオ五輪のメンバー発表はすいに明日です!

■柴田幸子
  • 20:47

フェアリージャパンのメイクと大技に注目!

今回は新体操日本代表「フェアリージャパン」に注目!

新体操は、リボンやフープなどをつかって
音楽に合わせながら演技を行い、
芸術性や美しさを競う採点競技。
個人種目と、一チーム五人で行う団体種目があるのですが、
このうち団体種目で大切になってくるのが「一体感」。

演技中の一糸乱れぬ動作はもちろんのこと、
「外見の統一感」も重要な要素なんです。

そうしたこともあり、フェアリージャパンには、
その年毎に「メイク戦略」が立てられています。
リオ五輪が開催される今年のメイクテーマは
「パッショネイト ビューティー」!
他国に追随を許さない美しさで勝利を掴んでほしい、
という想いがこもっています。

このメイク戦略の一環で、団体戦の5人全員が
15メートル先にいる審判員からみて
「五つ子」にみえるように、
選手たちは「ダブルアイライン」というものを引きます!

これは、アイホールにも
アイラインを入れるというもので
瞳がくっきり見えて、
目の大きさを2倍に見せられるというもの!

このダブルアイラインで、
一人ひとり違う目の大きさを調整することで
5人が「五つ子」に見えるような
シンクロした美しさをアピールします!

その他にも、アイカラーにはゴールドを取り入れて、
金メダル獲得への意気込みを表現。
また口元は、日の丸をイメージした
深紅のリップを取り入れるなど
「日本女性らしい美しさ」を
メイクからも発信します!

そんなフェアリージャパン団体の大技は
リボンの「四本投げ」!
四人が、中心の一人にリボンを投げて一人がキャッチ、
そのあとその一人が四本のリボンを投げ返し、
残りの四人がキャッチするという技。
日本以外の国がやっていない大技で、
これが成功した、去年の世界選手権では種目別リボンで
40年ぶりの銅メダルを獲得しています!

大技「四本投げ」と五つ子メイクで、
フェアリージャパン、
リオで初の表彰台を目指してほしいですね!

■中村
  • 19:56

日本最速の男を決める戦い

陸上の熱い戦いが繰り広げられました!



名古屋で行われた陸上の日本選手権での
男子100メートル決勝。
9秒台が出るかもと注目された日本最速を決める戦いは、
降りしきる雨の中、
向かい風0.3メートルでのレースとなり、
この結果で、リオ出場選手が決まりました!

印象ぶかいのは、
会場全体が
スタート前の静寂からゴール後の興奮へと
ガラッと変わったこと。

男子100メートル決勝。
スタートを待つ選手に全観客の目がいき、
会場アナウンスも、話し声も、
カメラのシャッター音も、フラッシュも止まり、
静寂のあまり雨の降る音だけが聞こえる会場。
スタートの合図があり、その10秒後、
選手がゴールすると、沸きたつスタンド。
静けさから一転の大歓声、すごかったです!!

トップでゴールしたのは、ケンブリッジ飛鳥選手!
タイムは10秒16で初優勝を果たし、
リオ代表に。
そして、わずか0秒01差の2位には
山縣亮太選手が入り、代表入りを引き寄せました。
オリンピック派遣設定記録をすでにクリアしている
桐生祥秀選手は10秒31で3位に終わり、
初めてオリンピックへの切符を手に。

大舞台に臨むことが決まった
ケンブリッジ飛鳥選手と桐生祥秀選手は、
注目の一戦を終えて、こう話しました。

「【ケンブリッジ飛鳥選手】
 いや、素直に嬉しいなと思ってます、はい。
 今回は絶対勝つというふうに自分の中で決めてたんで、
 そのとおり結果を残せてよかったなと思ってます。
 ホントは9秒台で、っていうのが一番の目標
 だったんですけど、いまの状態だと
 まだ戦うには足りないかなっていうふうに思うんで、
 またここから準備していきたいな
 というふうに思ってます。
 初めてのオリンピックなんですけど、
 しっかり楽しんで、一つでも多くのラウンドを
 走れるようにしたいと思ってます。
【桐生選手】
 悔しいですね、はい。
 小さいころからオリンピック目指して
 いろいろやってきたんですけど、
 こんなかたちでちょっと内定するとは思わなかったですね。
 ≪涙をみせる≫
 次、負けないようにしたいです。
 すんません。
 (リオでは)しっかりホントに
 勝ちにいくレースをしたいと思います」

同じオリンピックへ行けるとなった2人でも、
笑顔と悔し涙の両極端な様子が印象的でした。
ケンブリッジ飛鳥選手のときは頼もしさに
期待がふくらみ、
桐生選手のときは
その悔しさにぐっと高まるものがありました
(レース後に涙を見せるのは珍しいことです)。

桐生選手は、レース中、足にけいれんが起きたようで
本人はくわしくは語りませんでしたが、
大事にはいたらなかったようです。

今回の日本トップを決める戦いで得られたものをもって、
リオの大きな舞台で活躍してほしいです!!


■鈴木晶久
  • 19:30
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 18 | 19 | 20 || Next»