15:00

Voice of Tokyo

 

Voice収集隊が集めた最新の街の意見を毎日お届けします。

私たちが声を集めています

東京の街のリアルな声を集めるために集結。毎日録音機材片手に東京中を歩き回り街の声を「収集」!

ジャイアント麗子ちゃん

イラストを描きつつ様々な東京で街の人の人生を少し覗かせてもらっています。初対面なのにグッとくる瞬間が最高です!

サニー

「いつも心に太陽を!」明るく元気に東京の街に繰り出します。よろしくお願いします。

2018.4.25

Q今いっちばん奢ってあげたい人

のんさん 35歳 会社員 押上

(今、いっちばん奢ってあげたい人って誰ですか?)
お母さんです!田舎に住んでるお母さんで何だかんだ気を使ってもらっているので~それで(笑)佐渡島出身です~。
(佐渡島!)

(佐渡島ってどんな所?)
自然と海しかないです~(笑)たらい舟とか、民謡とかですかね~佐渡おけさっていう唄と踊りがあります!下からの素材です。海産物が全般なんですけど、鰤とかイカとか~アワビとかはよく食べてましたけど。

(お母さんに何を奢りたいですか~?)
地元では食べられない美味しい洋食とか~はい。お馴染みの感じのメニューを食べさせてあげたいです!オムライスとか分かりやすいものを~。

(メジャーでいい?笑)
そうですね、田舎の人なので分かり易い方が喜んでくれそうなので~(笑)

(いまだに心配かけてる部分や迷惑かけてるな~ってどんな事ですか?)
金銭的なところが~ハハ(笑)

(じゃぁ余計収入があった時は奢りたいな~と!笑)
そうですね~ボーナス出た時とか~はい。給料が上がると良いんですけどー(笑)

(お母さんってどんな方?)
優しいですね、本当普通のオバさんっていうか~(笑)世話好きな感じです。

(できるだけたまには奢りたいな~って感覚ありますか?)
ありますね~親には。友達とかは自分より収入が高かったりするので逆に奢ってもらっちゃったりしてます~(笑)でも奢ってもらったら返してあげたいな~と気持ちはありますね。

チャコさん 30代 主婦 押上

(今、いっちばん奢ってあげたい方ってどなたですか~?)
弟です!この春新しい部署に移動したので励ましたいなって思って~(笑)

(イイお姉ちゃんですね~どんな弟さんなんですか?)
すごく素朴で~6つ下なんですけど、私の言う事には絶対逆らわない様な素直なカワイイ弟です!(笑)実家に帰ると弟の方がよく喋ります。私は聞いてない事が多いんですけど~(笑)

(心機一転のタイミングだったんですね)
そうですね、移動が激しい所なんですけど、色んな農家さんとやり取りするから地域ごとに特色とか分かれるみたいで~。今まで勉強した事とか使えなかったりキツい事言われたりするので~めげずに頑張ってほしい!

(弟さんもお姉さんに話したりって、いい関係ですね)
そうですね、凄く嬉しいですよね言ってもらえるのは~ね!ね!(笑)「なんかんさ~」みたいな感じで言われます。相談というか、まぁ愚痴というか、「こんな事してるんだよ~」って話してます。

(それで応援したいみたいな~)
そうですね、呑む事食べる事が好きな子なんで、東京連れて来てあげて美味しい所をご馳走してあげたいです!

(弟さん地方に~?)
茨城…イバラキ!です~アハハ~(笑)

(何をご馳走しましょう?)
日本酒の美味しいお店で、お寿司!!お寿司奢りたいですね!!カウンターとかでね~ね!(笑)

(弟さんの好きなネタってー?)
大トロ、穴子とか~うんうんうん!あと、お寿司屋のおつまみ系でイカの塩辛や西京漬けとかシシャモ焼いたやつとか~!

(ちゃんとアテも考えてね~笑)
そうですね~家族皆お酒好きだから~。

(お酒はどこがイイ?)
えっと~新潟の越乃寒梅とか~。いつか十四代とか呑んでみたいですけどね~ウフフ(笑)ねーいつかね~弟にとっても憧れみたいで~w

(十四代つけてお寿司奢ってあげたい~か!)
ね~でも本当に頑張ってほしいです、頑張り屋さんだから。

(奢るとか奢られるって感覚はどうですか?)
想ってもらえてるな~って気持ちで凄く嬉しいです。で、頑張ってね!って遠まわしじゃないけどプレゼントの様になればな~って!美味しいものでも食べてながら話をしてお互いに元気になれば良いですよね~。
(イイお姉ちゃんだな~!笑)

(ちなみに何て呼んで~?)
ターちゃん!

トウジョウさん 51歳 建築業:親方 豊洲

(今、いっちばん奢ってあげたい方ってどなたですか~?)
ウチの若い衆で、ヨシハルに奢りたいですね。

(鳶の若い衆!ヨシハルさんってどんな方で~?)
ちょっと内気なんですけど、真面目で頑張り屋みたいな。去年9月に入ってきたばかりで今上に上がって頑張ってますよ~。

(今、どういったものを造られて~?)
豊洲の再開発でマンションとかオフィスビルをやってますね~。

(ヨシハルさんってお幾つで?)
37歳!!前は違う会社で建築をやってて誘いました~ウチに来い!…と(笑)元々スポーツで知り合って良いな~と思って、誘ったんですよね。そこから半年くらい考えてウチに来てくれました。

(何を奢りたいですか?)
やっぱり焼き肉!

(ガテン糸と焼き肉はやっぱ合いますねー!笑)
最近、ハマっているのが町屋のマスターキッチン!インド人みたいな店主で、「3秒ロース」って3秒焼いて食べるロースにハマッてて~(笑)
(いいですね~笑)

(肉体労働、ガテン系って先輩は奢る!ってイメージありますけど~)
まさにそうですね!(笑)僕の場合は、大体いつも7人くらいで~でもそこは安いんで5万はしないですよ!

(親方さんも奢られてきた?)
そうですね、なのでそれは僕も下のもんが頑張っていれば奢ってあげるよ~って感じで!言った事には一生懸命やっている所とか見ますよね~。汗水垂らしてヘトヘトな姿を見ると食わせてやりたくなりますよね(笑)

キキさん 40代 事務系 豊洲

(今、いっちばん奢ってあげたい方誰でしょうか~?)
会社の後輩ですね~。私が転勤したばかりなので、転勤先の後輩なんですけど社歴が私の方が上なので後輩って形になってます(笑)今、色々と教えてもらっているんですけど~後輩であり先輩みたいな~。社歴が下って事で苦労してるので奢ってあげたいなって思います。
(なんだか複雑ですね~笑)

(お歳も近い?)
いえ、全然私の方が母の様な気持ちで~20代後半だったと思います。

(社歴が…その子の意見は通らない?)
そうですね~私にはそう見えるので頑張ってほしいな~って応援の意味も込めて。。今の営業所ではそういう雰囲気になってます~経験値って事なんですかね~私はそうは思わないんですけど…。
(会社全体がそうだとそうなっちゃいますもんね~)

(そんな中どこに連れて行きたいですか~!)
そうですね~和食ですかね!私の得意分野で(笑)お魚料理とか美味しい所に行きたいですね~。上野の【韻松亭(いんしょうてい)】さん好きですね。建物の雰囲気も良いし、お食事も美味しいので良いかな~と思うんですけど、場所は稲荷神社のある方ですね。私も最初は連れて行ってもらったいました。

(そこに連れて行ってもらえたら嬉しいですね~!)
行った事無い所へ誘ってあげられたらと思います~。

(会社の方とご飯って仕事の話をしたい?それとも気楽な話をしたいですか?)
どちらもしたいんですけど、仕事の方が多いですね~。出来れば聞き役にまわってあげたいな~と思います。自分がしてもらってきた事を次の世代にもしてあげるって感じですかね~。

(先輩の立場も考えてますね~)
そうですね~(笑)ちょっと考えます~。

(奢ったり奢られたりって関係は良いですか?)
ん~悪くは無いと思いますけど、今の時代は難しいかもしれないですね。以前はそんな事無かったんですけど、奢るのも奢られるのもパワハラチックになると思うので~その加減が難しいですね!

(たしかに耳にしますよね~)
以前の方がコミュニケーションとしてはいいなと思っています。

(今、後輩さんとの関係は良好ですか!?)
はい、良好です~!

ヨコヤマさん 49歳 飲食業 三ノ輪

(今、いっちばん奢りたい人、誰ですか?)
会社の後輩の子です。

(奢りたいことがあったんですか?)
今日、すごく具合が悪くなっちゃって。。いつも頑張ってる子なんですけど、具合が悪くって皆で「病院に行きな〜」って言ってたんですけど、病院が大嫌いな子で、泣きながらしくしくしながら行って、、帰って来て特に問題はなかったみたいなんですけど、皆で「よく頑張ったね」って。娘ぐらい離れてる子なんですけど、頑張ったので、ごちそうしてあげたいなって思いました。

(おいくつぐらいの方?)
25くらいですね。

(どのようなお仕事で一緒なんですか?)
レストランのお仕事で一緒なんです。とっても元気がよくって、気遣いもすごくできる子で、いつも本当に頑張ってるんですね。なので、今日は、ちょっとかわいそうだったなって思って。

(そうやって弱音を吐くことも少ないんですかね)
「こんなことあったんです〜」とは、よく相談してくれるんですけど、さすがに今日は辛かったみたいです。頑張ってる姿見ると、お菓子ひとつでも「食べなさい〜」って、言いたくなっちゃいますよね。サービス業みたいなことなので、お客さんに明るい笑顔でいられるには、体調管理が大事だなと思いました。

(そんな彼女に何を奢りたいですか?)
好きなものなんでも!(笑)ははははは(笑)

(太っ腹ですね)
「食べな〜」って言って(笑)私がよく行ってるお店とかで、連れて行きたい場所があるので、そこもいいかなと思ってます。こぎれいなカフェなんですけど、カクテルとかも綺麗に出してくれるので、見栄えもいいし。ふふ。うちの娘達もよく行ってるんです。

(娘さんのようにかわいがってるんですね)
そうですね。本当にかわいいんです!ふふふ。娘達が喜んでくれる所は、きっと喜んでくれるかなっていう。

(普段は、奢られることと奢ること、どっちが多いですか?)
同じくらいだと思います。主婦なので、奢られるということはあまりないですけど、ママ友とかだとみんなで割ってという方が、多いですね。年下の子だと、「今日は、いいよ」とか、言うこともあります。

(奢るのは、好きですか?)
好きです(笑)あはははははは(笑)誘う方なので、「行こうよ行こうよ」って。あんまり奢ると、向こうも恐縮しちゃうので、少なめに言ったり、切りのいいところでとか。

(会計の仕方難しくないですか?)
ごちそうするって決めてる時は、トイレに行くふりして、会計全部済ませて「帰ろうか」ってしますし。時と場合によりますね。

(「奢る」って、どういう気持ちの表れですか?)
「お疲れさん」って感じの。あとは、いつも頑張ってる姿を見たりとか、こっちが元気をもらってるので、「ありがとう」っていう気持ちですね。

(後輩の女の子に何と声を掛けて奢りたいですか?)
「お疲れさん!ご飯食べに行こ♪」って。ふふふ。

オカモトヒデユキさん 45歳 会社経営 上野

(今、いっちばん奢りたい人、誰ですか?)
実家が名古屋なんですけど、そちらから電話がありまして、友達のタカダさんから黄金柑っていうみかんがたくさん送られて来たという話で、「お礼を言っておいて」って言われたんですけど。タカダさんとその親戚が作ってる蜜柑だと思います。そう聞いてます。わざわざ名古屋まで送ってくれて、「美味しい美味しい」って、食べてる訳ですよ。彼には、奢りたいですよね!

(友達のタカダさんに今、いっちばん奢りたい?!)
奢りたいです!すごく奢りたいですね!

(どういう繋がりの友達?)
伊豆に住んでるんですけど、伊豆で僕、キャンプ場を作ってるんですけど、ログハウスを造るのに、地元の方が手伝いに来てくれてるんですよね。その友達ですね。一回いただいて、そのキャンプ場でおふくろ、親父が食べたみたいなんですよね。それで「すっごい美味しい」って言ってて。それをタカダさんは覚えてくれてて、送ってくれたんじゃないかなと思ってます。ラインが来て、「タカダさんから送ってもらっちゃったよ〜」って、来たので。

(さりげなさ感じますね)
かっこいいですよね。奢りたいですよね(笑)

(やっぱりお礼を兼ねて奢りたい?)
そうですね。自分の両親を大切にしてくれた人には、奢りたいですよね。

(どういうものを奢りたいですか?)
タカダさん、今、糖質制限ダイエットをしてるので、思う存分、パスタやご飯を食べてもらいたいと思いますね。その日だけは。一日ぐらいはね。。パスタやご飯、ラーメンを並べて一緒に食べたいですよね。

(連れて行きたいお店は?)
タカダさんね、安い感じのが好きなんですよ。ナポリタンとか好きなので、昔からの喫茶店で、ナポリタン、オムライス、ボロネーゼとかずらっと並べてビールと一緒にバクバクっと。

(豪快に振る舞いたい?)
そりゃそうですよ。テーブルの色は見えないくらい並べたいですね。奢るんならテーブルの色なんてわかっちゃだめですよ〜!ずらーっと並べて、「来たね〜」「楽しいね〜」って、やりたいですよね。

(酷な気も。。。)
一日くらいいいじゃないですか。そういう一日があればまた続けられるかもしれない。糖質が大好きなので、喜んでるタカダさんの爆発した笑顔が見たいですよね。

(どういう言葉と一緒に奢りたいですか?)
お母さんに名古屋まで気持ちを届けてくれてありがとうと、糖質制限お疲れさまの二つの意味ですね。感謝とお祝いじゃないですかね。

(よく奢りますか?)
お祝い事とか、奢り奢られの機会は多い方だと思います。一年通じて、割り勘になってる感じですかね(笑)

(奢る時に細かいことは気にしない?)
それは、、限度があります!(笑)あはははははは(笑)予算内でパッと行こうぜ!って(笑)

イイダタカシさん 28歳 会社員 上野

(今、いっちばん奢りたい人、誰ですか?)
彼女に奢りたいと思ってます。

(つき合って長いんですか?)
6〜7年は経ってますね。改まって奢ることが減ってるので。今、同棲してますから。仕事から帰って来て、いつも晩ご飯を用意してくれて、洗濯や家事も、彼女も仕事をしながらやってくれてるので、感謝を込めて奢りたいなって思いました。

(年齢は?)
2つ下ですね。

(お名前は?)
サヤですね。

(どういう所に連れて行きたいですか?)
月並みですけど。。夜景の綺麗なレストラン。そういった所で食事をしたいですね。ステーキとか。。すきやきが好きって言ってたんで、好きなものを奢りたいですね。奢るってことを言わないで、「美味しい所があるんだけど行ってみない?」って、いう風に誘いたいですね。

(そこには、どういう思いが)
日頃の感謝と、つき合って長いので、付き合い初めの楽しい感じを思い出してほしいな〜っていうのは、ありますね。

(ちなみに付き合い当初はよく奢ってた?)
当時は、奢ろうとしても、「半分出します」って、奢られることになれてなかった感じで。お互い、学生だったので、折半してやってたので。改めて奢りたいですね。できれば、、ゴールデンウイークの時にでも奢ってみたいなって今、思いましたね。ふふふふふ。喜んでくれたら嬉しいですね。

2018.4.24

Qハッカーズバーに潜入!

オガタさん 34歳 ハッカーズBar:店長 六本木

(ハッカーなんですか?)
私は店長なんですがハッカーではないです~。

(ハッカーズBarって珍しいですね!)
やはりハッカーと言えば、ハッキング、不正アクセス、進入、破壊…などあまり良くない言葉が連想されてしまうので…ただ、当店の定義では違うもので、コンピューターサイエンスに長けた技術を持っていたり、プログラミングにおいて新しいやり方を作るとか、圧倒的な技術と知識を持ったプログラマー、エンジニアを、【ハッカー】と呼んでいます。なのでそれを広げたい意味合いが強いです。

(何をやったらハッカーですか?)
決められた事を実行するだけではなくて、より良い方法を見つけるとか時間が掛かっていた事を一瞬で終わらす新しいやり方を見つけたりとか、そういった0~1を生み出せる人をハッカーと呼んでいます。

(やっぱり中にはそんだけ能力に長けていると、ハッカーのイメージが持つ内部に入り込んだり、パスワード解読したりとか出来る方もいらっしゃったりしますよね~?)
人が造ったものなので絶対に破られないって事は無いと思うんですよね…。悪い事には使ってほしく無いとは思いますけど~(笑)他のお客さんにもお話しする事が多いんですけど、実はパスワード、ログイン情報が漏れてしまうって事は、技術的に盗み出すという事よりも推測される事が大きいんですよ!例えば、自分の名前と生年月日の数字4つのパスワードにしていると今のSNS時代で完全に隠すのは難しいです。そして、もっと古い質問だと「母親の旧姓は~?」とか見た事ありますよね?

(あります、忘れた時に思い出すやつ~)
これって例えば、SNSで「母方の祖母の葬儀に〜」なんて上げるとそこの情報から旧姓がバレる!…なんて事もあるんです。

(ある意味ハッカーは情報収集能力に長けていて些細な事も繋げて解いてしまう能力がありますね~!)
これって、『ソーシャルハッキング』って言うんですけど、部分的な情報の断片から、絞り込んでいくとあっという間に解ってしまうって事なんです。

(お店をされていてハッカーのイメージこうだな~とか何かありますか?)
はい。IT業界の方々にはハッカーの定義は伝わるんですけど、そうじゃない方達には、「ハッキングって?」とか「このサイトは入れる?」とかあるんですけど(笑) でもこれはイメージの側面なので~…。

(ハッカー業界最新の流行はあります~?)
去年の後半くらいから仮想通貨ってものが世界中、日本中でブームがあったと思うんですけど私共の場合は、そこの技術的な面において興味が強いので~暗号化技術とか情報共有しながら熱い議論が交わされています(笑)

(東京にはハッカーが多いんですか?)
多いか多く無いかで言うと~もっと増えて欲しいなと思います。あまりハッカーは自分で名乗りませんので…(笑)

(そこはベールに包まれているんですね!笑)
ハッカーと言うのは特別な飛び抜けた人材なので~!!

ホークさん 22歳 大学院生 六本木

(ハッカーですか?)
…はい。ハッカーと呼ばれています。

(ハンドルネームもありますか?)
…そうですね、自分の場合は【ホーク】と名付けてますけど。

(ホークさん、今日は何をされていたんですか?)
今は、いわゆるAI(人工知能)をプログラミングしていました。

(ノートパソコン広げて数字が並んでますね~)
プログラムを書く時にエディターってツールを使うんですけど、今はゲームのAIを作っていたので、「敵に当たらない」とか「死なない様に」…と書いてました。

(ハッカーって何なんですか?)
日本でハッカーっていうのは、セキュリティー関係でクラッキングしたりってイメージがあると思うんですけど、世界的にはハッカーって優秀なエンジニアとか新しい方法で効率良く実行できるプログラマーを【ハッカー】と呼んだりしています。

(ハッカーは職業ですか?)
職業ではないです。そもそもハッカーは自分の事ハッカーと呼ばないんですよ。(笑)隠してんのか恥しいのか解らないですけど~。
(そういう感覚あるんですね~)

(よくハッカー集団って聞くんですけど存在するんですか?)
そうですね、存在するんですけどその殆どが『Script Kiddy(スクリプトキディ)』って言われる人達で、自分ではプログラミングを書かずに人が造ったツールを使ってハッキングするんです。なのでそこまで優秀ではないんです。

(スクリプトキディって言うんですね~)
あとは本当に優秀だけど悪さをするハッカーがスクリプトキディを利用して大量に信号を某会社に送ったりしてサーバーダウンを狙うって事もあると思います。

(どこまでやれるんですか?)
どこまでもやれると思います。(笑)今、ITの時代なので何でも出来ちゃうと思います。イタチごっこなんですけど、セキュリティーを守る側と攻める側で争っている状態ですね!

(どちらもハッカーなんですよね?笑)
そうですね!ホワイトハッカーはどちらかと言うと守る側。クラッカーと言うのは攻める側ですね!

(お兄さんは…どっち?笑)
自分はノーマルハッカーです(笑)

(自分の可能性を先の世界に感じることありますか?これ覚えたら出来そうとか~)
例えば、仮想通貨がもっと広がって物理的な通貨が無くなった時には、色々考えられるかな~って思いますね。今はDASH(ダッシュ)とかMonero(モネロ)とか話題になってますね~。

(今の時代、ITに強いとどうですか?)
職を失わないかな~と思いますね。

(東京はハッカーの需要が多いですか?)
そうですね、データ分析とか需要が凄く高まっていますね!

(単純に聞いても収入高そうですね~!)
会社にも寄りますけど高収入なエンジニアは出始めてますね!

(日頃はどうやってスキルを磨くんですか?)
自分で本を読んだり、ネットのリソースがあるので自分で勉強する感じですね。最近だと、YouTubeで動画を上げているエンジニアもいるので、それを観ながらとかもありますね。

(えー発信してるんですか~ハッカーが!笑。ハッカーの概念がいい意味で崩れてきました~笑。たまにニュースでハッキングとかあると興味惹かれます?笑)
そうですね。一昔前に、高校生がiPhoneのクラッキングに世界で始めて成功したってやつは感動しました。天才ですね~!

(どうやって完成された物から隙間を見つけるんですか?)
システムを弄ったりしてセキュリティー上の穴を探すんですけど地味な作業ですよ~(笑)

(時代もネット社会ですけど、どこを気をつけた方が良いですか?)
パスワードは全部同じにしない事!今一番流行っているのが、分かりやすい文を4~5回連続で使います。パスワードは長くなるんですけど、なるべく英単語で忘れないものがイイです!This is a PENでも良いし~そうするとクラッキングしづらいです。。

(それは1つポイントかな~と!)
はい。

(お兄さん、学生の時数学の成績『5』でした?笑)
まぁ、そうですね~はい。
(やっぱりー!!そこも気になっちゃいました笑)

タニサカさん 34歳 SE 六本木

(今日はこちらに何しにいらしてる?)
ハッカーズバーってことで、面白いバーがあるって友達に聞いてたまたま東京に用事があったので来ました。長野から来ました。

(ハッカーなんですか?!)
ふふふ。私は、ハッカーではないです。恐れ多くてそんな事は言えないです。

(恐れ多い?!)
恐れ多いですね〜(笑)私は、普通のプログラマーですんで。。とてもとてもハッカーとは言えないです。

(プログラマーとハッカーは大きく違う?)
私のイメージのハッカーは、もっと色々なことが出来る。僕は、プログラムをかいて、仕事をするだけなので、僕は、ハッカーではないのかなと思います。

(てっきりハッカーと思っちゃいました)
ハッカーズバーにいますからね(笑)全然違うんですよ(笑)

(どういうことが出来る人がハッカー?)
知識が広く、深い方。ネットワークやプログラミングを組み合わせて新しいことができることがハッカーなのかなと思います。

(パスワードが解けたりも?)
そういうハッカーもいると思います。日本だと、ハッカーはあまり良いイメージを持たない人も多いけど、日本以外だと良い意味で使われることが多い。

(良いハッキングとは)
敵から身を守るためには、敵がどういうことをしてるか知らないといけないと思うので、攻撃に対してどういう風に守るかというのを知ることも大事ですよね。

(一回もハッキングはしたことない?)
できないですね。私にはその知識がないです。
(そうなんですね)

(プログラミングに詳しくてもそこは違う知識が必要)
私は、ソフトウエアの開発しかしてないので、ハッキングはできないですね。難しいですね〜。

(皆さん独学で?)
そうですね。ハッカーの方は、そういうのが好きなんだと思います。仕事で得られる知識は一部なので、家の中で新しいことをどんどんやっていける方が、色んな知識をつけていけると思います。

(近くにハッカーは何人くらいいる?)
身の回りには、、2、3人ですね。

(正体が分かってるハッカーですよね)
やっぱりこの人はすごいなっていう人がいるんですよ。攻撃から身を守ることが出来たりとか、そういう方はすごいと思いますね。

(ハッカーの方は公言してるんですか?)
(笑)「私はハッカーです」って、言ってる人は聞いたことないですね(笑)

(その2、3人の人は)
この人は、すごいなって言う人ですね。

(そういう人をハッカーって言っていいんですね?!)
色んなことが出来てすごい人は、そういう風に言ってもいいと思います。

(想像よりもぐっと窓口が広がりました!ハッカーの(笑))
僕も話してて広がってきました(笑)ははははははは(笑)

(ハッカーズバーに来て、何がやりたかったですか?)
一番は、ハッカーがしてることを見たかったんですね。仕事の中だと、限られたものしか見ることができないのと、先生となるような方が多くはないので、その中で、このように目の前で見れるというのがすごく貴重で。。。それを期待してきました。

(今、正面にある大きい画面で。。何をやってるところですか?)
オーナー:超高速にパスワードを解き明かすことを、実行しようとしています。例えば、4桁のパスワードだったら1秒ぐらいで解けちゃうんですよ。最新のマシンでやったら何桁くらいまで解けるかって実験でやってみようという感じですね。
(そうなんですね!)

(今、オーナーさんからそういう話がありましたが!)
まさにハッカーですよね!(笑)ははははははは。

(画面見てるだけでは、何をやってるか分からないです。。上からずっと同じような数字と英語が羅列されてて)
オーナー:仮のパスワードが解けるかやってみてます。
タニサカ:すごいですね!うんうんうんうん。。コマンドライン上で叩いてるのって、素人の方にとっては、全然意味が分からないと思うんですけど、すごいんですよね。こういうのが、すごいんですよ!知らないと何やってんだか。。という。ふふ。

(そうですね。画面見ながら皆さんが「おお!」とか、「わぁ!」って言ってる感じが。。)
伝わらない(笑)ははははははは(笑)
(何とか分かりたいと思いながらも(笑))

(これを見るのが快感!?これを見るのが良いんですよね?お酒飲みながら)
やっぱり楽しいですよ!(笑)なかなか見れるものではないので。

(実際、この技術を持って帰りたいという気持ち?)
まるまる同じことができるとは思ってないですけど、実際やられてることを見ると、こういうこともできるんだなってわかるので、自分の知識になりますよね。視野が広がればいいなって。

(リクエストも出来るんですか?)
出来るって聞きました。以前、友達が作ったものを直してもらったと聞きました。高齢者の方が色んな所に言ってしまう場合、どこにいるか突き止めるアプリ。スマホに対応できるように直してくれたと聞きました。

(今日は、来てどのくらい経ってる?)
6時から来てるので、3時間いますね。パソコン持ってくる方もいますが、僕は、見てるだけなんですけど。

(絶対にここに来たかったんですね)
喜んで来させて頂きました。楽しいですね。自分の場合で言うと、家庭があって、子どもがいて、なかなか自分の時間を作れないので、スキルを持ってる方が目の前でやってくれると、すぐわかるんですよね。

(自分の気が済むまでやれますね)
(笑)そうですね。思う存分、見ていきたいなと思います。

(ご自身もゆくゆくは、ハッカーになりたい?)
あわよくば(笑)はははははは(笑)皆さんに認められたらハッカーになれると思います。

タカタさん 33歳 ハードエンジニア 六本木

(タニサカさんのお友達もいらっしゃいますが。こんにちは!お話を伺ってもいいですか?)
久しぶりに会って、彼がここに来たいというので、来ました。

(それで来たのが、ハッカーズバー!どうですか?)
こういうバーがある事自体、知らなかったので。ワクワクしながら来ました。

(ハッカーってどういうイメージで来ましたか?)
日本人的に言うと、パスワードを解けるとか、サイトを乗っ取れるとか、そういうイメージだと思うんですけど、世界的にみると、新しいことができるというイメージです。

(ハッカーに対して興味が湧きました?今日は)
ソフトウエアで色んなことができるというのは、電気エンジニアであっても、身につけておくべき技術なのかなと思いました。

(今日は連れて来てもらってよかったですね)
(笑)基礎のキも分からないので(笑)こんなことができるんだ〜って、感想が大きいですけど、エンジニアは今、何でも出来ないといけない職業なので、自分が出来なくても、こういうことができる人がいるというのは、知っておいた方が良いのかなと思います。なかなか自分がハッカーだと言えるほど、精通してる方は少ないのかなと。企業のプログラムを書く人で終わるのか、あの人に頼めば、いちから何でも作ってくれるっていうハッカーになれるのかという、違いなのかなと思います。

(ん、、作る人もハッカー。。。うーん。。)
分からなくなりますよね(笑)ははははははは(笑)日本では、パスワードを解いたり、サイトを乗っ取ったりするのが、いじわるするのがハッキングやハッカーのイメージだと思うんですけど、実際には、そういう技術があって、何かが出来る人がハッカーで、日本では、良くない側面がピックアップされるので、そういうイメージがついたのかなと思います。

(そうですよね。だから、ハッカーズバーって聞くと、こわいのかなという印象がありましたけど、全然違うんだなって思いました)
そういう意味では、今、目の前でどこかのサイトを乗っ取ってくれた方が分かりやすいのかなと思いますけどね(笑)

中尾彰宏さん 36歳 ハッカー、ハッカーズバーオーナー 六本木

ナカオ アキヒロです。ハッカーズバーのオーナーです。よろしくお願いします。

(こちらはどのくらい前にオープンしたんですか?)
約4年前にオープンしました。

(どうしてハッカーのバーをしようと思ったんですか?)
プログラミングを人に見せるのが好きで、たくさんの人に見てもらいたくて、こういう場を作りました。

(実際、ここでオーナーさんがずっとプログラミングされてましたもんね)
そうですね。

(じゃあ、オーナーさん自身がハッカーですよね?!)
はい、そうです!

(ハッカーになったのはいつ?)
初めてそう言われたなと思ったのは、27歳の時で、僕が書いたブログをアメリカ人の方が、日本のハッカーのこの記事がおもしろいと、取り上げてくれた時に、ハッカーと思ってくれてるんだと思ったのはありますね。たくさんのプログラマーさんに認められれば、ハッカーって言う風に言われるんじゃないかなと思いますね。

(そのブログは、どんな?)
簡単なゲームの作り方とかだったと思います。

(こちらに来るのは、ハッカーばかり?)
そうでもなくて、パソコンが壊れたからやり方教えてほしいとか、大学の宿題を教えてほしいとか、携帯が誰かに見られてる気がするとか、相談しにくる方もいますね。自分のスキルアップをしたいという方が多いですね。技術を盗みたかったり、自分がどのようなレベルにあるか知りたい。自分のレベルとハッカーとの距離がどれくらいあるか知って、キャッチアップして行く。そういう人が多いですね。

(ここでは、技術の磨き合いを)
はい、技術の磨き合いをやってるそういう場所だと思いますね。

(ハッカーは仕事になるんですか?)
ハッカーは仕事になると思いますよ。

(ハッカーとして仕事をしてる人は、一握り?)
とても難しいんですが。。。ハッカーと呼ばれている人がとても少ないのは、事実ですね。なんだろうな。。魔法使いの学校みたいなのを想像してもらえればよくて、「あの魔法が使えるようになったら、ハッカーって呼ばれるよ」って。そんな感じかな。

(なるほど〜)
色んな魔法が使える子がいるんだけど、ある一定レベルにならないとあれだけは使えないみたいな。そんな世界かなと、思ってます。

(ハッカーとはなんでしょう?)
優れた技術者。特に、技術を社会のため、人のために役立てられる人だと思います。

(例えば、どういうことができるんですか?)
ハックは、使い倒すという意味に近いかなと思うんですね。だから、ハッカーは、コンピュータやソフトウエアを使い倒す、、そんなイメージが強いですね。そのためには、技術が必要なので、プログラマーさん達がハッカーと呼ばれることが多いのは仕方ないのかなって思いますね。もの作りをしてる人と、守ってる人がいると思いますね。守ってるというのは、セキュリティーを守ってるということですけど。

(色んなレベルで)
そうですね。HPが改ざんされないように守るとか、パソコンがウイルスに感染しないように守るとかのハッカーさんもたくさんいらっしゃいますし、我々みたいにもの作りを中心にやってるハッカーもいます。私は、病院で使われているソフトウエアをたくさん作ってます。AIを作っていたり、患者さんの管理とかですね。

(今、実際に何をしてたんですか?)
パスワードはどれくらい難しいものを設定した方が良いのか?というのをテーマにお客さんと話してたんですね。4桁のパスワードだと、1秒かからずに破れちゃうんですけど、5桁7桁に増えていくとなるとどれくらいになるか確かめていたんです。8桁とか10桁とか長いやつは、GPUと言って、超高速に計算することが出来る機械があるんですね。8桁のパスワードでも2、3分で解けるんです。

(えー!そうなんですね!)
今、見てる画面は、このパソコンの中じゃなくて、オフィスにあるコンピュータの画面を見てるんですよ。

(遠隔操作してるんですか?!ここで)
そうです!遠隔操作をしてるんです。

(そんなことも出来るんですね!)
このコンピュータには、地球シミュレータ2個分。少し前のスーパーコンピュータ2つ分の機械がのってるんですね。それを使ってパスワードを解くと、8桁が2分で解けたよっていう。

(すごい!なんでもできちゃうんですね!)
はい。。まあ、ハッカーですから。ふふふ。

(逆に出来ないことってあるんですか?)
侵入したりは出来ないですよ。やろうと思っても出来ないと思います。攻撃と守ることだと、守ることの方が圧倒的に有利なんですよ。同じ知識量だと、守る方が、簡単。攻める方は、全ての守りパターンを熟知して、一個でも間違ってたらその穴を見つけなきゃいけないじゃないですか。守る方だったら、それを塞げば良いだけなので。だから、出来るよっていうのは嘘になると思いますね。

(攻撃と守りだったらどちらが難易度が高い?)
難しいのは攻撃のほうです。でも、すべての守りを知らないと、攻撃も出来ないので、守りも難しいですよね。攻撃は、まぐれがよくあります。守りにまぐれはない。網羅性が必要なので、そう意味では、守りもきついですよね。

(ここまで何でもできちゃうと、パスワードって意味ないなとか思ったりは)
長いパスワード作ろうって思いますし、短いパスワードの人には気をつけてって言いますね。

(解かれにくいパスワードの設定は?)
英語と数字、記号を必ず混ぜること。8桁だとちょっと少ないので、10桁ぐらいは作った方が、より破られにくいかなって。記号を入れた方が圧倒的に難しくなります。

(今、ご自身がハッキングでやりたいことは?)
とても難しいことにチャレンジしようと思ってます。目の奥の写真っていうのが撮れる技術があるんですけど、網膜より後ろの写真です。その血の流れで、その人の病気が分かるんじゃないかと思ってて、それがAIで発見できるんじゃないかと思って、興味があります。

(そういうこともハッキングのひとつ?)
技術の最先端、研究の最先端なので、そういう所をやっていくのもハッカーのひとつの使命なのかなって思いますね。

(やっぱり一般的なハッカーのイメージと全然違いますね。ここに来ても明るい雰囲気で皆しゃべっているのでもっと隠れてやらなくちゃいけないことのかなと思ってました)
恥ずかしい仕事をしてる人もいますが、そういうことじゃないんですね、大半はね。堂々と見せていいし。。と、思いますよ。
(よくわかりました)

(情報交換をしながら技術を磨いて。そこがお店の一番の目的ですか?)
技術に困ったら、ひょこひょこって来てくれれば解決できます。

(これからハッカーはどうなっていくと思いますか?)
人材不足が著しいんですね。今。きっとこれからもですね。出来るだけたくさんの、若い人に興味を持って頂いて、僕たちを追い抜いていってほしいですよね。それでも、人は足りないかな。。。という。それくらい、技術の進化が激しくて、AIの進化も速いので、なかなかついて行けてる人がいないので、たくさんの人にこのお店に来て頂いて、勉強して、それぞれの職場でがんばってほしいなと思いますね。

(ハッカーズバーはハッカーを育てる場所でもあるんですね)
そういう場所にしたいと思ってます。これからハッカーになる人、なった人が、自分とそれ以外の人達との距離感を確かめあって、もっと高みを目指して、お互いに高めあえる場所になればいいなと思います。

(ハッカーの素質がある人)
必ず理数系が得意である必要はないです。でもね、問題解決をしたいという気持ちがあるかということが大事になってくると思っています。相手のためや自分の問題を心から解決したいと思えるか。それが本気で思える人は、ハッカーに向いてるんじゃないかなと思います。

(実際、ハッカーと呼ばれる立場になって、どうですか?)
日々、鍛錬をしていかなきゃと思ってます。お客様に教えられることもたくさんあるので、自分ももっと高い所を目指して行きたいですね。世界のどこかで新しい技術は、生まれている訳ですよね。インターネットを通して割と速く我々にも届くので、そこを出来るだけ早くキャッチして、ここでたくさんのハッカーさんたちと情報交換できると、僕らも学べるチャンスになるので。

(終わりはないんですね!)
ハッカーに終わりは全くないですね!

2018.4.23

Q「勢いでやってよかったな〜」と思っていること

マルさん 21歳 大学生 仙川

(勢いでやってよかったな〜と、思うことありますか?)
今も続けているスポーツですね。バレーボールです。もともと小学生の時に違うスポーツをやっていて、中学に入る時に、違うスポーツをやろうって考えた時に、父親に薦められたことがきっかけで、始めました。もともとは、ソフトボールをやってたんですけど、男性のソフトボールってなかなかなくて、迷ってました。父に薦められて。。「やってみようかな!」っていう気持ちでやってみました。勢いは、すごいあったと思います。

(お父さんにどういう風に言われた?)
「俺も中学のとき、バレーやってたから、お前もやってみたらどう?」って軽い感じで言われました。ふふふ。

(その一言だけですか)
そうですね。その一言だけでやりましたね。「やってみようかな」って迷いなくできました。

(それから中学でバレーを始めて)
はい。今、大学生なんですけど、今も続けてがんばっています。10年ぐらい続いてます。バレーが楽しかったんで、のめり込んでいきました。

(どこにハマった?)
ソフトボールとは全然違うので、やったことないものを経験するというのは、すごい楽しくて。協力プレイが多いので、そういう所は楽しいです。

(どのようなポジション?)
ポジションは、トスをあげるセッターというポジションをやってます。自分が決めることはほとんどないですけど、楽しいです!皆が気持ちよくスパイクを打てるようにがんばってます。

(ジャージ姿で、、試合の帰りだったり?)
そうですね。

(どうでした?!)
今日は、ぼこぼこでした!(笑)強豪ですね。。。

(やっててよかったと思うこと)
協力して、ボールを繋ぎあって点を取るということが、、、やっててよかった!と、思える瞬間。毎回、楽しい試合なので、忘れられないですね。

(バレーボールの世界に飛び込んで、変わったこと)
コミュニケーションの大事さはすごい痛感しましたね。チームプレイなので、連携を大事にしてて、そういうところでもコミュニケーションは大事にしてます。バレーは特にチームプレイが大事だと思うので、そういった面でもコミュニケーション能力が大事かなって。バレーを今でも続けられてるので、そういった意味でもバレーがなかったらどうなってたんだろうって不思議ですね。。

(そういうものってなかなか出会えませんよね)
こんなにのめり込めるものは、あまりないですからね。バレーをとったらな何も残んないんじゃないかなって感じです。やってよかったなって思います。

ミキコさん 49歳 会社員(人材紹介) 仙川

(勢いでやってよかったな〜と、思うことありますか?)
ふふふ、結婚ですかね。

(結婚といったら大きな決断のような気がしますが。。勢いで?!)
なんとなく、、、「じゃ!しょうかな!」って、感じです。お付き合いしてた人と別れて、残業した帰り道に男性の後輩とご飯を食べていて、「この会社をやめようかな。。」って時に、「結婚したらいい」と言われたので。仲良くはしてて、よく一緒に帰ったりはしてたんですけど。。

(突然?!)
そうですね。「結婚って誰と?!」って、聞きました。「僕と」って言われたので。「そうだね!」みたいな感じで(笑)

(そこからトントン拍子?!)
それが12月だったので、年末で退職をして、3月に入籍をしました。

(3ヶ月の間に色んなことが)
勢いですよね〜!!!(笑)

(勢いでやってるな!って感じありました?)
親とか、お友達とかは、急過ぎたのでついていけない。。という感じはありました(笑)すっごい驚かれて、、、でも、そこは、楽しんでました(笑)

(勢いも楽しんでたんですね)
はい(笑)

(不安はなかった)
今思えば、不安になるはずなんですけど、、その時は考えてなかった。

(結婚して何年?)
19年ですね。

(あの時、勢いに乗ってよかったなと)
よかったですね。好きなようにできてるので、よかったです。ふたり娘がいて、二人とも元気に大きくなってくれて、仕事もできてるし、よかったなって思います。普通なことがしあわせ。普通にしていて続いているので良かったと思います(笑)無理しないでいられるので、よかったと思いますね。
(そういうきっかけもあるんですね)

(ご自身は、何事も勢いでトライしてみるタイプですか?)
違います(笑)こんな大きな決断をするとは思ってもいなかったです(笑)ふふふ。

(勢いでやるのもいいもんだなって)
違う自分とか、自分が考えてなかった未来には出会えると思います。

(それにしても大きい決断)
そうですね(笑)

(旦那さんにもお話聞いてみたいですね)
(笑)聞いたことないですね(笑)でも、聞いて、自分もあの時、あんなこと言うつもりはなかったって言われると、決着がつかないので、、、(笑)これは、聞かないようにしようと思ってます(笑)このままがいいなって思ってます(笑)

カタオカエイジさん 50歳 会社員(車関係) 仙川

(勢いでやってよかったな〜と思うことはありますか?)
前に務めていた会社の社長とケンカして、その日でやめました。溜め込んでいた自分が悪かったのかなというのは、ありました。4年目で衝突がありました。その社長さんは、自分の思い通りに社員を動かしたいっていう。。

(勢いがないと言えなかった)
勢いも自分次第ですよね。

(言ってしまったとか、後悔はなかった?)
全然なかったです。これがきっかけだったんだなって思いました。そういうすっきりはありました。

(普段から納得できない部分があったんですね)
そうですね。

(ちゃんと話し合いが出来た?)
びちっと文章を書いて、辞めました。だらしない辞め方は絶対したくなかったので。社長と似てる部分はあったんでしょうね。それが、ぶつかったんだとは思うんですけど、新しいものと古いものはぶつかりますよね。

(おいくつの時にやめた?)
2010年。。。結構、勇気いりますよね。40中盤で会社やめるって。

(勢いでやめてよかったと、今、思える所は?)
色んな人と仲良くなれた。人脈作りです。あのまま、ずるずる我慢してたら、つまらない人生になってたと思います。飛び出してよかったと思います。例え40代でも。

(そこからどうやって新しいお仕事に?)
同僚の人がすごいかわいがってくれたんですよ。その時の人脈ですよね。すごく助けられました。

(今、やりたいことをやれてる)
すごくやれています。今は、本当に自分の好きなことを。車が大好きだったんですけど、その仕事につけてて。自分が本当に好きなものは何なのかな?って、探求したら、そこに行き着きました。自分を潰しちゃいけないと思います。

(あの時勢いで)
闘ってよかったと思います。

(前の会社を辞めたということが)
大きな転換期になりました。副業をやったり、マルチな日本人が増えていくことは、とても重要だと思います。

(これからも時には勢いで?)
勢いは必要です。自分の意志に素直になること、それが人生を楽しむこと。後悔より、やってよかったという達成感の方があります。後悔の方がつらい。あの時に勢いでできなかったら、ずっと後悔してたと思います。その一歩がものすごく大きい。何歳になってもその時のことがよぎるんですよね。

SHIZUKA KOMUROさん 60代 4298 Shizuka Komuro代表取締役:デザイナー 代官山

(勢いでやってよかったことありますか~?)
ん~たくさんあるけどね~自宅を建ててる時に、土地が購入できてビルを同時に建築して完成させたのが勢いかな~! 自宅が成城学園でビルが代官山です~。

(一等地ですね~!)
スペシャルが好きなの(笑)自宅が360㎡、鉄筋で地上2階、地下1階。自宅全部デザインして、家具はパリのBastilleでオーダー、それからCassinaでオーダー! フフフ~(笑)外観はなるべくシンプルに、中はすべてMixで~!

(~で、勢いでビルも建てちゃったと~!)
そうそうそう!やはり空間が大切で、アパレルをやっているので中々既存の建っている中から選ぶのは難しかったんです。なので自分で2年間ぐらい探して~運よく恵まれたので1秒で決めた!物件が出ないのでギリギリの勢いですね(笑)

(それでも自分の中でブレーキはかからなかった?)
あまりかからないですね、凄く大きなハズレな事も無いし、バランスは常に仕事している中で考えてるから~決断早く決めました。

(勢いで失敗しちゃったな~って事は無いですか?)
失敗はね~話したくないんだけど~。前しか見てないんで!

(勉強になります~笑)
失敗はね、血液の中に入っちゃうから言葉にする必要性も無いし~前しかないの!

(あとはやっちゃっえば良いのよ~と!)
そうね!すべてじゃないけど。勢いをやるには助走が大切だから~日常の助走をどうやるか!って事ですけど~、それでチャンスがあったら大空に飛ぶ!って事をお伝えしたいですけど。
(成功を裏付けるには助走があるんですね!)

カズさん 40代 アパレル業 代官山

そうですね、上司に誘われてやったゴルフですね~!10年くらい前になるんですけど、隣にいた上司に急に、「今週土曜日ヒマか?」って言われて~「じゃぁ決まり!」ってゴルフ誘われて~(笑)

(入社は何年目の時でした?)
10年目くらいですね~。当時、上司がゴルフ大好きで会社でもコンペとかやってたんで、半ば強制というか~ハハ(笑)

(マジかー!とか思いました?笑)
めちゃめちゃ思いました!(笑)1週間しかないのにどうしようって…で、父親からクラブ借りて平日1日練習行って、土曜日に本番!…みたいな感じでした(笑)

(お父さんがやっててよかったですね~笑)
まぁ、なんとかです(笑)ほぼ独学みたいな感じでやってて~。間違いなく頭数合わせって感じですね(笑)
(でも飛び込んだんですねー!)

(ゴルフをしながらどうコミュニケーションするんですか?)
正直ゴルフ中はゴルフの会話ばかりですね。逆にその後に商談する時とか顔知ってればし易くなった~とかです。あと、ゴルフは人間性が出るので、それも面白いなと思います!

(どんな人間性が見えてくるんですか?)
短気な人とか~細かかったり、大雑把だったり~逆に自分も気をつけると言うか~!あとは同級生が意外と皆やっていたりするので、集まれば飲み会だったのが昼ゴルフとかになってそこも良くて本当、そういった意味でやって良かったと思います。

(そもそも勢いでやるタイプなんですか?)
いや、じっくり考えて始める方ですけど~。

(やってみたら良いかも~!って考えはシフトしました?)
いや、あんまり変わらない(笑)ただ、やらないよりもやった方が良いなとは思う様になりました。

ナオミさん 34歳 イラストレーター 渋谷

(勢いでやってよかったこと何でしょうか~?)
23歳の時に行ったニューヨークの1人旅です!「そうだ、ニューヨークへ1人で行きたい!」って急に思い立ってすぐにそこから手配して1週間後にそのまま行きました(笑)
(凄い勢いですねー笑)

(何拍くらいで?)
1週間くらい行ってましたね~向こう行ってからは地図見てフラフラしてました。海外旅行は結構行っていたので軽い気持ちで行きました~ハハハ(笑)
(淡々と話してくれてますけど凄いですよ~笑)

(どんなホテルだったとか覚えてます?)
お金が無かったのでボロボロのカギがかかるか?かからないか?な所にずっと泊まってました(笑)

(向こうで一番印象的だった事とか覚えている事ありますか?)
マンハッタン北のハーレム街のスタバでお茶しながら周りの人達や風景を観察してスケッチしたのが良い思い出です~!気になるお爺さんや女性や親子とか~持っている物や服装とかもスケッチしたのが今も有るので大切に残っています。

(良い時間ですね~!)
けっこう現地の人とか話しかけてくれたり~日本と違ってフレンドリーに声を掛けてくれたりしましたね!

(それでもこれは失敗した~とか無かったですか?)
やっぱり外国の方って優しいと思っていたし、何だかんだ何とかしてくれるって気持ちで話しかけたりニコニコしていたんですけど~、黒人のオバさんに怒られたり色んな人に冷たい言葉をかけられたりって事もありましたね~(笑)なんか、スーパーマーケットでカゴをレールに置いちゃいけないっていうのを、「…出来ないんならあっち行け!!」ってもの凄く冷たく言われて~恐かったです(笑)

(ドキッとしますねー)
でもそれに負けちゃいけないと思って強い態度で向かったんですけど~アハハ(笑)さすがに負けますね~現地のオバさんには(笑)
(ハハ~そこ1つ取ってもイイ話になりますね~笑)

(やっぱり勢いで行ってみて良かったですか?)
そうですね、良かったですね~トータル的には。こうしたいな~!って思っても実行できなかったり、失敗したらどうしよう…って気持ちが強くて動けなかったんですけどダメでもイイからやってみるってスタイルが大事だなって感じましたね。若さと、勢いと、無謀なチャレンジ精神がたぶんそうなったんだと思いますね~(笑)

2018.4.19

Q東京バイク女子

井形ともさん 50代 チームマリ:代表 青山

~まずはチームマリについて伺いました~
チームマリの井形ともと申します。チームマリというのは姉の井形マリが作り、そこからのマリの名を取ったんですけど元々ロードレースの方を行なっていまして、速度を競う女性だけのロードレーサーのチームとして作りました。で、そこで数年間活動した後に今度は一般ライダーがどんな走りをしているのか?と周りを見た時に、「このままでは危ない…」と思い女性だけに特化した普及活動をしなければいけないと思いスタートしました。一般道路で一般の女性ライダーを見た時にあまりにも男女の差があって、男性の中で混ざってレッスンしても上達しにくくて効率が悪かったんで、女性だけのレッスンにシフトしていったんです。やっぱりオートバイって重たいですから押したり引いたりする乗るだけじゃない降りた後の動きだったり、「…恐い!」との恐怖感も上達するのにはストッパーになってるな~と感じたんです。教習所ではしっかり操作を教えてくれるんですけど、実際の一般道ではそうではなくて、もっとキチンとした練習が必要なんです。

(チームマリさんでの年齢層ってどんな感じでしょうか?)
だんだん年齢が上がってきていて、全体で受講生が40代、50~60代でも初めてとの方も増えて珍しくなくなって来ています。インストラクターも大きい人ばかりじゃなくて、小さい人も多いんですけど、そういう中で【チビテク】って手足が短くても大きなバイクを操れるテクニックがあるので、そういうのを見せて自信を持ってもらっています。

(例えばどの様な~?)
普段のオートバイに乗っている時にお尻を大きくズラすと片足の地面への設置面が大きくなり安定してキープ出来るって技があります。右足はギアブレーキを踏んで~。

(身長、体格に関係無く?制限も無いんですか?)
ないです、ないです。やっぱりバランスなんですね。ただね、身の丈に合ったって事があるので、無理して乗る事は無いんですよ。大きいのが偉いって事ではないので~(笑)

(女性ライダーはどんな悩みが多いですか?)
Uターン出来ない…とか足が地面に着かないから立ちゴケしちゃいそう~とかですね。

(チームマリさん30周年って事ですけど、30年女性ライダーを見てこられて何か変わった部分ってありますか?)
あまり変わらない。昔も今ももの凄くパワフルですよね!何かやりたいと思ったら突き進む力があるし!!

(バイクの性能も上がってますけど、必要なスキルってありますか?)
たしかに仰る通り、車体、タイヤの性能は年々上がっていますので技術はそんなに無くても乗れる様になってます。但し、ちゃんとしたライディング技術は必要なんですよ~。バイクはスピードが出ますから、そこら辺は人間のコントロールを超えますから自覚して、しっかりとアクセルをコントロール出来るマインドを持つ事が大事だと思います。

(最後に東京の女性ライダーに一言いただけますか!)
バイクは男性だけのものじゃなくて、女性にもどんどんチャレンジして乗ってもらって、ライディングスキルを付けて長く楽しく乗って欲しいと思います!

チームマリ

ルミさん 50代 会社員 青山

(立派なバイクですね!)
これはHONDAのシャドウで750ccです!

(バイクに乗ろうと思ったきっかけって~?)
たまたま家の近所に赤い大きなスクーターが停まっていて、「乗ってみたい!」と思ったのがきっかけでした。MAJESTYだったと思います~!

(ビッグスクーターですね~)
はい、本当にそれだけなんです~(笑)

(そのきっかけで~今何台目ですか?)
これが初めてのバイクです、どうしても欲しくて~(笑)

(この愛車は何年くらい乗ってます?)
14年くらいですね~無くてはならない相棒なんです~!まずは脚着きが良いアメリカンタイプを希望していたので、それから選んでこのバイクにしました。

(跨ぐとハーレーみたいな形になりますね!)
そうですね!私は年に1度海外でハーレーのツーリングするんですけどよく似ています(笑)私があまり身長高くないのでバイクが大きく見えるとよく言われます~。

(お姉さん身長いくつですか?)
152cmです~。

(傍から見ると重そうで、大変そうですけど実際はどうですか?)
そうですね~重量が下にあるので、わりと安定しています。230kgくらいだったと思います~。私達体が非力な人たちはテコの原理を利用してます!ハンドルを持って背中でタンクを押しながら上げていく方法があります~。
(コツを掴めば操れるんですね~!)

(エンジン音聴かせてもらってもよろしいですか~!)
はい!

(はい、ありがとうございますー!良い音ですね~重厚感あってうるさくなくて~!)
マフラーはあえてノーマルにしてあるので静かかなと思います~!

(今はどこを走ることが多いですか?)
東京で言えば渋滞が多いので、あえて夜のナイトツーリングが多いですね。東京タワーの下とかスカイツリーの周りとか~綺麗な場所を目指して行きますね~!
(いいですね~!)

(その辺りは走りやすいんですか?笑)
いえ、わりと込み入った所もあるんですけど、夜は人が少ないので~(笑)日中は乗り難いかなって感じですね!

(男性ライダーとの違いって感じますか?)
やはり男性の方はスピードが速いので私は、「お先どうぞ~」ってマイペースに走ってます~。

(高速のPAで女性ライダーって良い意味で目立ったり目を惹きますね~!)
そうですね~観光されているお爺ちゃんとかよく話しかけてくれます!(笑)「これ大きいねー」とか「僕も乗ってたんだよ~」とかのコミュニケーションを取ったりして~。「起こせるの?」…とか(笑)

(跨るとどこに意識をして運転するんですか?)
そうですね、タンクを押しながら重心を左右にやって~方向を変えたりします。セルフステアって言うんですけどそれを利用した走りになります。
(コツがあるんですね~)

(やっぱり愛車に名前付けちゃったり~?笑)
ハハ~いえ(笑)シャドウと呼んでるだけで~!

(アメリカンタイプの良さとは~?)
乗っていて楽です!腰への負担も無いですね。

(バイクに乗る様になって人生観とか何か変わった部分ありますか?)
そうですね、私自身とても強くなったと思います!昔は電車にも乗れなくて方向音痴だったんですけど、バイクに乗り始めて、「やってみよう!」とか「遠出しよう~」とか行動する力が出てきた思います。

(自信にも繋がる感じですね~!)
そうですね!今までの自分では考えられないと思います~。

(ハハ~じゃぁまだこれからそういう場面が増えていくんでしょうね!)
そうですね!私自身それを楽しみにしています~!
(これからも気をつけてバイクライフを楽しんで下さい!)

鈴木万由香さん 50代 放送関係 青山

皆さん、こんにちは!ホーリー久しぶり!スズキマユコです。ホーリーとは、前に一緒に番組をやってたこともあるんですけども、ご無沙汰してる間に、私、バージョンアップしてるんです!と、いうのが、、、バイクの免許を取りまして、腕はまだまだですけど、気分はすっかりライダーで、今、盛り上がってて、ほんっとうに毎日楽しいんですよ。ちょっと時間が空くと、どっか行こうかとか、友達もバイクの仲間が増えて来たので、少し遠出してみよう!とか。バイクに出会ってから足を伸ばす楽しさっていうのに、出会ったっていうのかな。

(バイクに乗るきっかけは)
バイクに興味があったんですけど、年齢的にもどうかな。。。って、諦めてたんですね。

(おいくつぐらいの時?)
50歳になるかならないかの時に年上の方が、免許を取ったと聞いて、「まだいけるの?!」じゃあ、取ってみようかなっていって、挑戦して。中型から取って、その流れで大型も取って、今に至るんですけど。

(めちゃくちゃかっこいいですね!出で立ちも。真っ赤な革ジャンでぴったりとしたデニムで)
キャリアがある人は、ライディングで勝負!ですけど、私はまだキャリアもないので、格好だけはなんとかしたい(笑)ふふふ。

(やはり女性のかっこよさってありますよね)
バイクにと出会うことによって、今までワードローブになかったものが増える。これを着たいから、ここを絞ろうとか。バイクが扉になって、ファッションとか、フィットネスとか、旅とか、グルメとか、世界がすごく広がるんですよ。すごく選択肢は増えると思います。
(素敵ですね。。いいな~)

(どういう時にバイクに乗りたくなりますか?)
自分に向き合いたいときも良いですし、自分のスイッチを入れるというのかな。一回エンジンをかけると、「ブロロロロロ」行こう!って。帰ってくると、すっきりしてて、さっきまで悩んでたのなんだったんだろう。。。みたいな。

(生活の中にバイクが)
そうですね。バイクと寄り添いながら、毎日があるなって。歩くのとも、車に乗ってるのとも、バイクに乗るのは、景色が違って見えるんですよ。目線の高さか、スピード感なのか。。。バイク乗ってる時って、平凡な景色が新しく見えるんですよね。自分の体調だったり、コンディションとも向き合って、自分とのコミュニケーションがうまくなってくるような気がします。

(わぁ。。バイクは、鈴木さんにとってどういう存在ですか?)
いてくれてありがとうな存在。いつも支えられてる。良いパートナーかなっていう気がします。

(トータル何台お持ちなんですか?)
5~6台(笑)

(今、こちらにあるのは)
トライアンフ スラックストンR1200なんですけど、図体でかいけど、気の弱いいいやつ。
(シルバーの色で1200ccで大きさはありますね)

(やさしいんですね)
やさしいですね。

(女性がバイクに乗る上で気をつけないといけないことは?)
力が弱い分、どうやって支えるのかとか、支えなきゃいけない状態に持ち込まないためにはどういしたらいいか考えなきゃいけないと思うし。「止まるなら止まる!」「行くなら行く!」自分がどこに行きたいのか、今、何がしたいのかっていう意思を持って。迷いがあると危ないので、精神的にも鍛えられるし。それって、「東京に暮らす」っていう大きなテーマに似てるような気がするんですよね。流されるのは、簡単。でも、流されるたら危ない。自分の意志と、自分のスタイルを持っていれば、めちゃくちゃ楽しいじゃないですか?わがままとは違う、インディペンデンスかなって。
(今、ずーっんって、心に入ってきました)

(女性が「東京で暮らす」と「バイクに乗る」に一本筋がばーんと。)
なんてね(笑)格好つけていってますけど、楽しく乗るということは、安全に乗るということなのでね。練習も欠かせないし、私、「チームマリ」っていう、グループがあって、その仲間も連れて来たので、その仲間達も紹介したいなって思ってるんですよね。

(「チームマリ」どのようなグループですか?)
「チームマリ」っていうのは、ライダーの皆さんに安全にバイクを楽しんでもらえるように女性ライダーをサポートしてる団体なんですね。今年で、30周年になるんですけど、女性のインストラクターによる女性のためのライディングスクールであったり、ツーリングや色んなバイクイベントを開催したり、色んな意味でサポートしてるチームなんですけど、代表の方は、一昨年、国際モーターサイクリズム連盟(FIM)のウーマンレジェンドとして、表彰もされている元世界GPライダーなんですよ。「井形とも」さんという方なんですけど、頼りにしています。

(女性のみで結成されている?)
そうですね。安全で、楽しく、豊かな方向にいくように、皆でわーわー言いながら楽しんでます。

(女性ライダーの仲間ができたり?)
女性だから困っていることとか、情報共有できて、すごく世界が広がりますよ。チームマリでは、ツーリングイベントも開催してますし、5月に上里の方に皆でランチミーティングを開催して、バイクの話をして、盛り上がろうよ!みたいなイベントもあります。8月には、東北の方にツーリングイベントを予定してるんですよ。バイクって本当に種類があるんですよ。だから、皆さんのライフスタイルに合った大きさ、種類を選べばちゃんとバイクは寄り添ってくれるので。ハードルを勝手にあげないように(笑)

(興味を持ったら自分に合った物を選ぶ)
そうですね。

(バイクに出会って世界は変わりました?) うん、変わった!!若いときでなく、免許取ったのもデビューが遅いので、これから、長く楽しみたいなって思って。おばあちゃんになってもバイクに乗りたい。かっこいいおばあちゃんになってやろう!って思って。ふふふ。

(想像できます)
ふふふふ(笑)嬉しい。

(いつからでも始められるんですね)
そうですね。70代半ばの女性もしょっちゅう乗ってますよ。大きいの。いつでもスタートできるし。

(始めたいなと思ってる女性に)
私もそうですけど、自分のリミットを自分で決めなくてもいいんだっていうことに気付けたら楽しいと思います。自分の選択肢を広げるという意味でも、バイクがあったら何かが変わると思います。

(東京でバイクに乗ってて最高に気持ちいいときは)
浅草に住んでいるんですけど、川がたくさんあって、橋がいっぱいあるんですよね。橋を走ってる時に、知ってる橋でも、橋の向こうに新しいものがあるようなわくわく感を感じるんですよ。葛飾区と墨田区を結んでいるから荒川に掛かっている四ツ木橋(ヨツギバシ)っていうのがあるんだけど、そこを夕陽を浴びて走ってると、ルパン三世のエンディングテーマが頭の中で流れるような(笑)

(そこまでの気持ちよさが)
自分の中にくすぶっていた何かが目覚めるという感じかな。自分の時間を自分の責任でコントロールしている。「世界はわたしのもの!」っていう爽快感が弾けます。自分を開放してあげると、色んな答えが見つけやすくなるかもしれないです。

(バイクライフに興味が)
どうですか?乗ってみませんか?

(私は、運動音痴なんですけど。。めちゃくちゃ興味あります)
(笑)実は、私、自転車に乗れないんですよ~。でも、バイク大丈夫!(笑)

(ちょっと勇気がわきました)
是非、トライしてみて下さい~!ふふふ。

(改めて。。何という車種になりますか?)
トライアンフ スラックストンR1200というバイクです。イギリスの。最初はCBXの125っていうのに乗ってたんですけど、その後に一目惚れして買ってしまいました。ふふふ。

(どういう所が気に入って?)
タンクの形状。

(丸みを帯びて)
カーブがすごくエレガントだなって思ったんですよ。上から見ると、ウエストがくびれてるみたいに見えるでしょ?ここがすごい素敵だなと、思ったのと、レトロな雰囲気を出すためにダミーで昔風にしてるんです。

(全体的に見えるようになっていて)
そうですね。

(早速、エンジン音を聞かせてもらってもいいですか?)
※エンジン音 ブルルルルルル〜
(すごい!)(迫力が!!ぐっときますね)
(エンジン音を聞くとどういう気持ちに?)
「さ!行こうか!」って感じ(笑)はははははは(笑)

乗ってみて下さい。跨いでみると、また感じが違うと思うから。どうぞ!
(わ〜どんな感じなんでしょう。1200cc!両手広げてもいっぱいいっぱいな感じ)
たぶん、サニーさんだったら両手広げても足りないかも(笑)向こう側から回って〜。
(はい。乗る所は、キュッと細くなってるんですね)

(一気に跨いでいいんですか?) はい。後ろから。(よいしょ)
(うわ〜!!高さがありますね!!気持ちいい〜!!!)

(ハンドルまでぐっと前屈みにならないと届かない)
かっこいいです!(笑)かっこいいよね!ふふふふふ。
(腰が引けちゃいますけど(笑)この感覚って特別な感じあります)

(ぐっと前に)
あと、足で、タンクを挟むようにすると、バイクに一体になりますよ。

(か〜!どうしよう。。このまま顔を埋めたい(笑))
(笑)風受けるから、加速する時は、ぐっと前に沈んで。
(初めて乗った感覚は、まだバイクに振り回されそう。。(笑))

(これを乗りこなせるようになると、自分が強くなれるような)
そうですね。バイクと仲良くなりたいです。
(そういう気持ちでいれば良いんですね)

(これはこのまま街中走ると違う世界が見えますね)
ちなみに、女の子が乗ってる後ろ姿ってすごい、キュンと来ない?
(そういうポイントもあるんですね!(笑))

コウノさん 27歳 大学生 青山

(バイクに乗り始めてどのくらい?)
もうすぐ4年ぐらいですね。23歳くらいの時に始めました。きっかけは、お仕事をしていて、バイクに乗ってる方がいたので、興味があって、免許を取ろうと思って。教習所でバイクに乗ったらすごい面白くて。そこではまって。

(今はどういうバイクに?)
DUCATIっていうイタリアの大型バイクに乗ってるのと、古いミニバイクの2台持ってます。
(2台持ってるんですね)

(バイク遍歴は?)
私、4年間の間にバイクを7台乗っています。

(そうなんですね!)
色んなバイクに乗りたくなってしまって(笑)入門バイクで250ccのVTR、大型免許を取って、KAWASAKIの600ccくらいのバイク、原付カブを持ってた時期もあって、大型のCVR600WRと、250ccがトリッカー。今のDUCATI MONSTERと、KSRの80ccの30年くらい前のバイクに乗ってます。走ってて楽しいバイクが好きなので、試乗会に必ず行って。

(今までで忘れられない場所は?)
知床まで行って来たんですけども、バイクで走るのにこんなに気持ちいい場所はないなって感じて、景色の一つ一つが今の脳裏に焼き付いて離れないような感じです。知床はなかなか晴れないんですけど、私がいった時は偶然、快晴で、海沿いの道を走ったのが忘れられないですね。男性とツーリングに行くことが多いんですけど、女性と行くと、ペースものんびり楽しく、目的地のひとつひとつを楽しむような味わうような感じで走ることができるので、本当に楽しいですね。私は自然が好きなので、ここの山が見たいな〜とかそういう目的で行くことが多いです。

(普段は、何をされているんですか?)
今、実は、学生をやっていて。ふふ。大学生をやってます。

(大学に通いながら、どういう時にバイクを楽しんでるんですか?)
土日は、晴れだったら必ず乗りますね。「ここに行ってみようかな〜」って、地図を片手にふらふらって行くことが多いですね。日常から離れて、また違う世界に生きてるような感覚がしますね。これから、色んなとこに住んだりすると思うんですけど、必ずバイクを中心に考えて生活していきたいと思ってます。

(バイクがあってよかったこと)
同じ所でも車とバイクとでは全然違う景色なんですよ。風を感じてというのと、においがするので。

(東京の街で走ってて気持ちいいところは?)
朝、東京の街を走ると、昼間の混んでる景色とは違って、こういう東京の空気もあるんだなって感じることがありますね。朝早い時間が好きですね。朝の空気って、少し張りつめてる感じもありますし、ちょっとつゆっぽい。。すごいあまい感じのにおいがして、私はすごく好きですね。

(その中を駆け抜ける)
はい(笑)ふふふふふ。

(特別な時間ですね)
最高ですね〜!

(大学ではどのような勉強を)
医療関係の仕事をしてます。

(ギャップがあるって言われませんか?バイクに乗ってると)
すごいよく言われます(笑)ふふふふふ。今もそこそこ大型バイクではあるので。自分の体より、全然大きいかなって(笑)
(そうですよね)

(もうひとつの世界がある感覚?日常にバイクがある感覚?)
今は、日常の平日は、学校が中心の生活になってるんですけど、もうひとつの世界があって、私が本当に心から楽しめて、安らかな気持ちでいられるというのは、バイクに乗ってる時なのかなって思います。出会えてよかったと思ってます。

(維持するのは、大変?)
やっぱりお金はかかりますね。バイクを維持するっていうのを第一に考えて、金銭的なことも含めてやってます。

(優先順位は一番)
そうですね!それ以外は節約したりしてます(笑)はははははは(笑)一人暮らしなんですけど、自炊100%で、しっかり家計簿を付けてやってます(笑)

(女性がバイクに乗る魅力はどういうところに感じてる?)
普段の日常生活の中で、我慢しなくちゃいけないこととか、多いと思うんですけど、やってみたらこんなに乗れるし、こんなに気持ちよくて楽しい!っていうのを自分でやっていくことができるという達成感や充実感とか、そういう所を感じられるのは女性ならではなんじゃないかなって思ってます。人並みな趣味しか持ってなかったので、こんなに色んな方面に広がって、色んな人に出会える趣味って持ってなかったので、その点でもすごくよかったですね。

(バイクはどういう存在)
私の世界を広げてくれる。相棒。どちらかというと、私をどんどん引っ張っていってくれるような存在かなと、思っています。バイクがあると、どんどん外に行こうとか、遠くへ行こうっていう気持ちにさせてくれるんですね。気持ちを引っ張っていってくれるという感じですね。

ツダ エミコさん 59歳 建築関係 青山

(バイクに乗ってどのくらいですか?)
いつの間にか17年になってます。今年、還暦です〜。去年、初孫が産まれました。
(わぁ。。そうなんですね)

(どうしてバイクに?)
20世紀末に記念になるものを。。というのがきっかけで、今の歳で無理かなと思ってたんですけど、「平気じゃない?」って言葉を友人からもらって。その時はこんなにハマると思ってなかったです。

(ちなみに今、乗ってるバイクは?)
BMWの1200ccなんですが、モデルチェンジした新型なんですが。どんどん進化してますね。コンピュータかされて、今の私のは、クラッチを使わないでもギアチェンジできるとかありますし、オートクルーズとかもついてますし。

(もっと女性ライダーが増えてほしいと思いますか?)
そうですね。女性でもオートバイに乗るっていうのが、特別じゃなくなったらいいなと思うし、危ないと言ったら何でも危ないと思う。危なくならないようにするっていう意味でも、自分の実力を確実な物にしていくのは必要だと思うし、練習を重ねると、謙虚になれるんです。

(かなりの頻度で乗ってますか?)
平日はお仕事なので、難しいんですが、お天気のいい週末は、必ず乗ってますね。

(お仕事もされて。アクティブですね)
はい。

(どのくらい乗ってますか?)
ロングにはあまり行かないので、日帰りで、一回走ると、300越えてないとがっかりしちゃうんで、大体350はコンスタントに走ってますね。

(一日350キロ走る。2日間で700キロですね〜)
本当だ(笑)そうですね。それ毎週やってると。ひと月大変なことになりますね(笑)

(どういうところまで行くんですか?)
あまり遠くまで行かないので、山梨、静岡あたりまでですけど、山道を走るのが好きなので、地図を見てくねくねしてる所を見ると、行ってしまうので、距離が出ちゃうんですけど。

(ご自身に取ってどういう時間?)
乗ってるだけで嬉しい。「やっぱりバイクいいわ〜」って言ってるのが。バイクなかったらどうしたんでしょう。。。っていうくらいバイク漬けなんですけど。バイク乗る前の自分が思い出せないくらいですね。休みの日の朝は環線道路が空いているので、東京湾までたった30キロ走って、羽田の飛行機を眺めて。

(ほんのちょっとの時間でそれだけ気持ちが変われるのはいいですね)
それは、絶対オススメです!さくっと行って、ぼーっと青い空と飛行機と海と眺めながら。オススメです。初めの頃は、10年以上のバイク歴の人を見ると、すごい!と、思ってましたけど、いつの間にかなってましたね(笑)

(これからも更に楽しんで行きたい)
ずっとずっとそうですね。ずっと乗っていきたいですね。いつまでも乗れるというのは、オートバイはスポーツなので、体力、気力が一番。

(バイクライフを始めてよかったですか?)
本当によかったですね。仲間もたくさん出来て、乗っていなかったら出会わなかった人達ばかりですもんね。是非、皆に乗ってほしい。こんなに楽しいよって、本当に思います。

(これからバイクとどういう付き合いをして行きたい)
出来るだけ長く、一緒にいようねっていう感じですかね。私の一部かな。なってくれたら良いなあ(笑)ふふふふふ。そういう風に思います。