今月ご乗船いただいているのは、ヴァイオリニストの千住真理子さんです。

千住さんは2歳の頃からヴァイオリンの英才教育を受け、日本音楽コンクールでは最年少の15歳で優勝をされています。
その後も数多くのコンクールで入賞され、これまでに海外のオーケストラやアーティストとのコラボレートも数多く実現させています

ラストのご登場となる本日は、岩手県・陸前高田市についてお話をお聞きしていきます。


ー 誰にも汚す事の出来ない永遠に日本の美しい景色があると、
             ずっと演奏をすればそこにあるんだと思ったら、演奏したいと思ったんです ー



干場「2011年の秋に『日本のうた』と『アヴェ・マリア』というアルバムを発表されていますが、制作のきっかけの一つになったのが、東日本大震災があったと伺いました」

千住「私は日本あらゆる所に演奏して回っていますが、2011年の大震災の直前まで、東北を含めて色々なところに行っていたんです。震災の1週間前くらいも東北に行っていましたし。その一つに陸前高田市があったわけです。毎年の様にリサイタルをして、その土地のスタッフの方達と仲良くさせていただいて。聴衆の皆さんとも、"また来年ね"という事を言いながら別れたんです。その陸前高田市が大変な被害があったという事で、2011年の夏に行きました」

干場「その時の様子はどうでしたか?」

千住「私が行っていた場所の、あまりの変わりように驚きました。目の前にあった市役所も、ショッピングセンターも、私がふらふら歩いてた街も、全てが無く、見れば見るほど、あり得ない光景が目の前にありました。言葉にならないショックを感じて、何か出来ないかと考えた時に、「日本のうた」というものを思い出したんです。日本の歌の中には、誰にも汚す事の出来ない永遠に日本の美しい景色があると、ずっと演奏をすればそこにあるんだと思ったら、演奏したいと思ったんです」

干場「日本の歌の一番印象に残っている歌はどんな曲ですか?」

千住「その時、何を真っ先に曲にしようと思って手掛けたのが、「浜辺の歌」なんですね。それは東北の浜辺、皆さんが宝の様にしていた浜辺、それが非常に被害を受けてしまった。でも、歌の中にはそのままあるよと、これを大切に弾いていこう、演奏していこうと思い、その曲を兄が書いてくれました。必ずと言っていいほど、東北では演奏していますね」

ー クルーズは色んな意味で、とてもいい時間を持てると思うんです ー


干場「千住さんはクルーズアンバサダーに任命されているんですよね。具体的にクルーズアンバサダーの活動はどういうものですか?」

千住「簡単に言えば、「クルーズって素敵よ」という事を、皆さんにお伝えするという事ですね」

干場「それは、何故、素敵だと思われたんですか?」

千住「やっぱり、クルーズを体験した事の無い方は一度体験なさると、世界観、人生観が変わりますね。自分の今までの人生を振り返る時間にもなるし、これからの人生を落ち着いて考える時間にもなる、今自分がどういう状態かなというのを客観的に見る時間にもなる。クルーズは色んな意味で、とてもいい時間を持てると思うんです」

干場「最後に、旅とは千住さんの人生においてどんなインスピレーションを与えてくれるものでしょうか?」

千住「旅は人生をどうやって生きるかということを教えてくれます。旅をする度に、こうやって生きていきたいというインスピレーションが、毎回生まれますね」

干場「インスピレーションの源という事ですね」

千住「そうですね。自分の人生に対して色々なひらめきがあったりします。こうやって生きてみたいとか、こうやって生きるより、こう生きる方がいいなとか、そういうきっかになります。それを感じるのは必ず旅ですね。軌道修正ですかね」

干場「人生の軌道修正、すごい言葉ですね(笑)。確かに、そうかもしれませんね」


「日本には何種類のクルーズがあるのでしょうか?」

保木「日本には「飛鳥供廖屬僂靴佞っくびいなす」「にっぽん丸」という三隻の客船があります。

「飛鳥供廚詫名な船ですね。五万トンくらいあって、お客さんの数は900人くらい。
お食事もビュッフェスタイルからダイニング、和食もありますし、大浴場もあるんですよ。

日本の方は日本の船が便利かもしれないですね。「飛鳥供廚呂食事もそうなんですけど、
もともとは、クリスタル・クルーズというアメリカの船会社の
クリスタル・ハーモニーを日本に持って来て、「飛鳥供廚吠僂┐燭發里覆鵑任垢諭
なので、ショーの会場があったり、映画のシアターがあったり、施設がアメリカ人の方向けで豪華ですね。

「ぱしふぃっくびいなす」は、「飛鳥供廚鉾罎戮鴇さめの二万六千トンくらいで、
お客様が620名、関西のマーケットを中心に運行している船会社です。それでも世界一周にも出てるんですよ。

もう一隻は、商船三井客船株式会社というところがやっている、「にっぽん丸」これも良い船なんです。
フライ&クルーズで、外国に飛んでいくのではなく地方、北海道とか九州、沖縄まで、
そこから乗るというクルーズをやっているんです。

最近聞いたのは、オベラだとかテーマを決めて、そういうことを充実させているそうなので、
日本近海で一泊から、少し長いクルーズまで、週末だけでも行こうというのも良いかもしれないですね」

【お詫びと訂正】
放送では、「ぱしふぃっくびいなす」を誤って「ハッピービーナス」とお伝えしておりました。リスナーの皆さまならびに関係各位にご迷惑をお掛けしましたことをお詫びするとともに、ここに訂正させて頂きます。

今月ご乗船いただいているのは、ヴァイオリニストの千住真理子さんです。

千住さんは2歳の頃からヴァイオリンの英才教育を受け、日本音楽コンクールでは最年少の15歳で優勝をされています。
その後も数多くのコンクールで入賞され、これまでに海外のオーケストラやアーティストとのコラボレートも数多く実現させています

今日おうかがいするのはイタリア・ナポリでの旅先のエピソードをお聞きしていきます。


ー いかにして、「無」になるかなんですね ー



干場「音楽家や画家、あるいはアーティストから愛されるナポリですが、千住さんの思うナポリはどんな場所ですか?」

千住「映画の世界という感じですかね、ナポリはよく映画の舞台になっていて、クラシック演奏家として行くような場所じゃないかもしれないと思いながら、魅力を感じる世界です。イタリアと言ったらオペラ。ナポリと言ったらナポリ民謡、開放的な音楽というイメージがありますね。仕事で行った時、オーケストラの方達と、兄の編曲した「オペラアリア」をヴァイオリンで弾いちゃおうというものでした。バイオリンで弾く度に兄が編曲をして、その編曲したものを、私がオーケストラを伴奏にして弾くんです」

干場「人間の声をバイオリンの音と捉えて演奏すると、面白い企画ですね」

千住「一度やってみたかったんですよ。ナポリの昔からある劇場で、雰囲気がすごくあるんです。オーケストラの人達が集まってくれて、きちんと弾いてほしいので、真面目に弾いてくださいと言うんですけど、みんな朝からワインを飲んじゃってるんですよ(笑)」

干場「イタリア人らしいですね(笑)」

千住「しかも悪びれずに、座ってる椅子の横にワインの瓶を置いて。飲みながら真っ赤な顔をしながら弾いてるんです(笑)」

干場「僕も昔、ピアノをやっていた事があって、お酒飲みながら弾くと上手い気がするじゃないですか(笑)。それはしないですか?」

千住「それはしないですね、バイオリンに失礼な気がして(笑)。みんな、とってもご機嫌で歌い出しちゃうんですよ。私が弾いてるのに、どこからか声がすると思うと歌ってるの(笑)。しかも、上手なんですよね。朗々と歌って録音にならないし、カメラもストップになっちゃうし(笑)。兄が出てきて、「わかったから、皆さん歌わないでください」と、お願いしていました(笑)」

干場「千手さんは17歳の頃に、パガニーニ国際コンクールで最年少で入賞をされましたが、実際に惹かれた曲は何だったんですか?」

千住「パガニーニが中心です。その時はイタリアに興味があったので、コンクールの緊張よりも母とイタリア旅行出来るのが嬉しかったですね」

干場「緊張はしないんですか?」

千住「当時は緊張を知らなかったです。大人になるにしたがって、緊張することは覚えていきましたね」

干場「それは、何故ですか?」

千住「大人になるにしたがって、こういう演奏をしないといけないんじゃないかとか、色んなことを考えるようになったんですね。子供って何も考えないから、大きな舞台で色んなことを考えちゃダメなんですね。いかにして、「無」になるかなんですね」

干場「なるほど、それはいつも弾かれている時は、なるべく「無」になるようにしているんですね」

千住「子供の純粋無垢な心と言うけれども、それは本当にその通りだなと思いますね」


「今でもクルーズ船の中には、理容室・美容室はありますか?」

保木「船って、小さな街のようなものなので、100日間クルーズに出る方もいますからね。
理容室・美容室と分かれてはいないかもしれませんが、男性の方にご利用いただける美容室もあります。
ヒゲの手入れやネイルサロン、スパ、色々なものが揃っています。

「飛鳥II」とかだと、展望大浴場もあったり、楽しいかもしれないですね。
なんでも揃ってるとお考えいただいて良いと思います。

私もスパには時々行きますね、気持ちいいですよー(笑)。
メニューも思ったほど高くないんですよ。

欧米の船の中には、すごい有名なスパと提携していて、入ってる船もあります。
スパ専用のジャグジーがあったり、サウナとかジムは無料で使っていただけるんですけど、
スパに関しては費用が別にかかりますね。
ぜひ、試してみてください」

今月ご乗船いただくのは、ヴァイオリニストの千住真理子さんです。

千住さんは2歳の頃からヴァイオリンの英才教育を受け、日本音楽コンクールでは最年少の15歳で優勝をされています。
その後も数多くのコンクールで入賞され、これまでに海外のオーケストラやアーティストとのコラボレートも数多く実現させています

今日おうかがいする旅先は南米、そしてインド。ヴァイオリンを持ってまわった旅先のエピソードをお聞きしていきます。


ー ビックリしたのは客席の方を見ると"おしくらまんじゅう"状態だったんですよ ー



干場「千住さんは世界各国、色々な所に行かれてると思うのですが、パッと思い浮かべるとしたらどこですか?」

千住「色々な所を思い浮かべますけど、自分でふっと笑ってしまう経験をしたのが南米なんですよ」

干場「南米は、大体どのあたりなんですか?」

千住「ブラジル、チリあたりですね。そのあたりを次々に回りました」

干場「その当時演奏されたのは、どんな曲目ですか?」

千住「クラシックをあまり聞いた事のない所を回って、コンサートホールというよりは劇場みたいなところで弾きましたね。それこそ「チゴイネルワイゼン」とか「タイースの瞑想曲」とか「愛の喜び」など、日本でも人気のある曲を弾いたんです。とっても湧いてくださって嬉しかったのですが、ビックリしたのは客席の方を見ると"おしくらまんじゅう"状態だったんですよ(笑)」

干場「意味がわからないですね、クラシックですよね(笑)」

千住「そんな状態を初めて見たんですど、ヴァイオリンを弾いてる途中なのに「サイン!サイン!」と、ステージまで上がって来ちゃったんですよ(笑)。あれはビックリしましたね〜」

干場「面白いですね(笑)。カルチャーの違いというのが、ラテンの国でも全然違いますね。続いては、インドを旅されたお話をうかがいたいのですが、何故インドに行かれたのですか?」

千住「インドへ演奏家として行く事は、ほぼないだろうと思うんですね。その時はテレビの取材で行ったんです。最初お話があった時に、良いチャンスだから、ぜひ行かせて下さいと言ったんです。あらゆる事がカルチャーショックでしたね」

干場「例えばどんなことですか?」

千住「現地の食べ物に対して体の耐性が出来ていないから、ふらっとレストランに入ってもお腹を壊すかもしれないと、アルコールを日本から持って行ったんです。それでお皿とか拭いて、食べたりしたんですね。それでもお腹を壊しましたね(笑)」

干場「例えば、行く先々でヴァイオリンの音色って変わったりするんですか?」

千住「ヴァイオリンは木で出来てますから、木の中の細胞が音の響きという刺激によって、向きが多少変わったりするらしいんですね。顕微鏡でしか見れない様な世界で話をすれば、音という振動の刺激を常に与え続けるわけです。振動によって、細胞が一方向を向いてきます、それがどんどん変わるわけですよね。そうすると湿度によってとか、すごく響くホールで弾くとか、温度のすごく高い時は木の質も変わって来るし、状態は全然違います」



「海外では当たり前の様にチップ制度がありますが、クルーズの客船でもチップは必要でしょうか?」

保木「日本はチップの制度がなく、そういう習慣が無いので戸惑われる方が多いですね。
船の中でも、基本外国船なのでチップは必要になりますね。

船の中は基本ドルなんですけど、乗船する時にクレジットカードを登録するので、
現金が必要になる事はまずありませんね。

カジュアル船、プレミアム船、船によって含まれているものが違うので、
カジュアル船やプレミアム船は、チップは含まれていないので必要になります。

ラグジュアリー船の場合ですと、最近はオールインクルーシブ制を採用しているので
チップは必要ないんですね。便利と言えば便利ですよね。

チップは大体10%〜15%、1000円のものだったら100円か150円のチップが目安ですね」

今月ご乗船いただくのは、ヴァイオリニストの千住真理子さんです。

千住さんは2歳の頃からヴァイオリンの英才教育を受け、日本音楽コンクールでは最年少の15歳で優勝をされています。
その後も数多くのコンクールで入賞され、これまでに海外のオーケストラやアーティストとのコラボレートも数多く実現させています

今日は、ヴァイオリンの名器「ストラディバリウス」との出会い、そして、どうやって千住真理子さんの手に渡ったのかをお伺いしていきます。


ー 本当に嬉しくて涙が流れました ー



干場「名器と言われている「ストラディバリウス」ですが、名前があるんですか?」

千住「いくつかの「ストラディバリウス」には名前がついています。状態の良い物に対して名前がついていますね。私の「ストラディバリウス」には「デュランティ」という名前が付けられています。それは何故かと言うと、この「ストラディバリウス」が作られたのが1716年なんですけど、一人目の所有者がその時代のローマ法王だったんです。法王が亡くなって「ストラディバリウス」は、側近がそのまま故郷のフランスに持って帰り、その当時フランスで栄えていた貴族のもとに隠したんですね。その貴族の名前が「デュランティ」という名前、そのデュランティ家のお城の中に200年間隠れていたんです」

干場「何でそんなのが見付かっちゃうんですか?」

千住「隠れてる時代は、「あのローマ法王が持っていたはずの「ストラディバリウス」はどこに行ったんだ?」と、大騒ぎになったんです。しかし、結局その時代では、あれは幻だったんだと「幻のストラディバリウス」と言われていたんです。ところが、デュランティ家が滅びるちょっと前に、スイスの栄えていた貴族のもとに渡って、そこで約80年間、家宝の様にされて隠されていたんです」

干場「楽器じゃないですか、箱に入れてしまいっぱなしなんですか?」

千住「ヨーロッパでは「ストラディバリウス」は水晶の様に扱われていたんです。楽器を持っていること自体にパワーがあり家を守ると、そういう風に言われて持っている人が多いんですね。そのようにして誰にも見せずに、弾かせずに持っているんです」

干場「200年間デュランティ家が持っていて、その後にスイスで80年、それだけで280年ですよ!」

千住「スイスの貴族の方が亡くなる時に、「ストラディバリウス」というのは、本来ヴァイオリニストが奏でるためのものなので、自分が亡くなった後はヴァイオリニストに渡る様にしてもらいたいと言われて、その時に4、5人のヴァイオリニストに声がかかったんです。その中の一人が私だったんです」

干場「すごい話ですね!鳥肌が立ちますね(笑)」

千住「自分でも人生、運命というのは分からないなと思いましたね」

干場「先ほどのお話からすると5人選ばれているわけですよね。その中に千住真理子さんがいらっしゃって、5人に渡ってしまう可能性もあるんですよね?」

千住「私は4番目だったんですけど、その前に決まっちゃったら私のところには来ないわけです。ヨーロッパの上層階級の方が非常にエレガントなゲームの様な感じで、一人ずつに条件が与えられてクリア出来ればその人が買えるという事だったんです。皆が同じ条件かどうかは、私にはわからないけど、1人目、2人目までは駄目だったんですね。ただ、3人目の時に決まりそうだと聞いて。それで、実は喜んだんですよ(笑)。3人目の方にはパトロンの様な人がいて、今すぐ現金で出すから安くしろと言ったそうなんですよね。そうしたら、そのスイスの方が「なんという、品のない事を言うんだ」と、そんな人には渡したくないと、日本に来る事になっちゃったんです(笑)」

干場「そして、ヴァイオリンを見て、3時間弾きっぱなしになって、どうなっちゃったんですか?」

千住「何としてでも欲しいと(笑)母も、「これは何としてもうちでもらうべきよ」と、言われて。本当に嬉しくて涙が流れました」



「お正月、素晴らしい初日の出のクルージングがあったら教えて下さい」

保木「間に合うかどうかは分からないんですけど、お正月ということなので日本船がいいかと思います。
日本船の「飛鳥II」は、12月26日に出て10日間サイパンとグアムに行くクルーズがあるんです。

初日の出と言ったら、まさしくこの番組ですよね(笑)。
遮るものは何も無い、大海原で迎えるというクルーズ。

「飛鳥II」のお正月クルーズでは、船内でカウントダウンパーティがあったり、餅つきもやるそうですよ。
書き初めにビンゴ大会、お子さんを連れていらっしゃる方も多いと思いますが、
お得な子供料金があったり、べビ−シッターが乗っていたり、キッズプログラムも用意されているそうです。

10日間で495000円ですけど、お正月の飛行機ってけっこう高いじゃないですか。
ホテル代とお食事が全部が入ってますので、料金的には高いんですけど「飛鳥II」の、
お正月を迎える船の旅もありかなと思います」

今月ご乗船いただくのは、ヴァイオリニストの千住真理子さんです。

千住さんは2歳の頃からヴァイオリンの英才教育を受け、日本音楽コンクールでは最年少の15歳で優勝をされています。
その後も数多くのコンクールで入賞され、これまでに海外のオーケストラやアーティストとのコラボレートも数多く実現させています。

パートナーのヴァイオリンと共に、世界中で演奏されている国際人である千住さんに1ヶ月間旅のお話をおうかがいしていきます。


ー 音を出した瞬間から自分に記憶が無いほど夢中になって、3時間くらい弾き続けたんですよ ー



干場「千住さんと世界で活躍されているヴァイオリニストの方ですね、2歳の頃からヴァイオリンを始めたんですか?」

千住「覚えていないんですけど、母に聞いたら2歳3ヶ月だと言っていました」

干場「それはお母様からの影響なんですか?」

千住「兄が2人ともヴァイオリンを習っていたんですね。それは何故かと言うと、たまたま母がテレビを見ていてヴァイオリンのお稽古というのをやっていて、これをやらせたいというインスピレーションからです」

干場「まずはお兄さん達の影響なんですね。千住さんというとヴァイオリンの中でも名器の「ストラディヴァリウス」との出会いは何だったんですか?」

千住「よく聞かれるんですけど、自分でも不思議な出会いで運命としか思えない事でした。一本の電話から始まって、その電話もかかってくる事のない所からだったんです」

干場「それはどこからだったんですか?」

千住「スイスのあるディーラーからかかって来たんです。街を散歩してる時に携帯電話で受けたました、それがもともとのきっかけです。電話に出ると、今目の前にすごいのがあるよと言われて、その方は超一流のディーラーなんですけど、自分が何十台も見て来た中でも見た事のないものだから、ぜひあなたに見てほしいと言われました。しかし、見てほしいと言っても、くれるというわけではないですから(笑)」

干場「いや、「ストラディヴァリウス」と言ったら、すごい金額ですよね(笑)」

千住「私には不可能だから初めからお断りした方が良いと思いましたし、その時に持っていたヴァイオリンを大切に可愛がっていましたから」

干場「そうれはそうですよね。それまでにも色々ヴァイオリンは買って来てこられてるわけですよね?」

千住「客観的に良いかどうかは別にして、私にとってはその楽器と一生を共にして行こうと思っていた楽器でした。それで満足だったし、それ以上のものをその時に要求はしていなかったんです。「そんなに忙しいなら」という事で、日本に持って来てしまったんです(笑)」

干場「大変じゃないですか!(笑)」

千住「大変な物なので、何人かの恰幅のいい男性が2〜3人ついて持ってくるんですよ(笑)」

干場「預けるわけにもいかないですから、飛行機の中ですよね?」

千住「もちろん預けないで、そういう場合は楽器の為に一席買うんです。人間と同じ様にシートベルトでくくって、振動が薄くなる様にクッションを周りに詰めるんです。それは今も飛行機に乗る時にやっていますね」

干場「そうやって日本にやってきたわけですね」

千住「やって来たからには見なくちゃならない、でも、見てお返しをしようと決心をしたんです」

干場「ちなみに、普通の「ストラディヴァリウス」でどのくらいですか?」

千住「やっぱり数億円という事になってきますね。ピンからキリまでありますけど、すごいと言われてるものであれば数億円ですね」

干場「それはどこで見たんですか?」

千住「家で見ちゃうと響きがわからないから、大きなコンサートホールをお貸りして、そこで鳴らしました。コンサートホールによって響きも違うので、3つか4つ、はしごしました。持って来ていただいて、ステージの上で開けました」

干場「その対面の時の感じはどうだったんですか?」

千住「蓋を開けてみた瞬間に何とも言えないオーラと言うか、強い気のようなものがガーッと来て、ドキドキして、欲しくなっちゃたらどうしようと思って(笑)。音を出した瞬間から自分に記憶が無いほど夢中になって、3時間くらい弾き続けたんですよ」

干場「ええー!すごいですね(笑)」

千住「弾き終えた時に、どうしようですよね(笑)。自分の人生が音を立てて変わっていくのが分かりました。何が何でもこれは欲しいと、なんだったら持って逃げたいと思うくらい(笑)。どうにかならないだろうかと思いましたね(笑)」




「船によってドレスコードは大きく違うのでしょうか?」

保木「洋服が心配というご質問はよく聞かれるんですけど、
カジュアル船、プレミアム船、ラグジュアリー船と、大体3つに分かれています。

カジュアル船は、基本的に毎日カジュアルなお洋服で大丈夫だと思います。
ちゃんとしたレストランもあるので、簡単なジャケットを持っていった方が良いですね。

ラグジュアリー船は7日間に一度くらいの割合で、「フォーマルナイト」が設けられているんです。
最近はオプショナルで、せっかくなのでタキシードとイブニングでお食事したいという方もありですしね。

船の中ではフォーマルが合います。デッキに出て、タキシードとロングドレスで風を浴びながらシャンパンを飲んだりなんて良いですね。
中にはオプショナルじゃなくて、クイーンエリザベスなどはきちんとしたイギリスの船なので、「フォーマルナイト」が設けられています。
今は、長いイブニングドレスを着る必要は無くて、お手持ちの少しやわらかい生地のドレスとかで対応していただいて、
男性はダークスーツ、基本はネイビーやミッドナイトネイビーブルーのスーツなどが良いですね。

7日間くらいのクルーズでしたら、一度くらいお洒落な時間があってもいいのかなと思います。
なので、今は船によってさほど差はないですね」