今月ご乗船いただいているのは、シンガーソングライターの尾崎裕哉さんです。

第4回目の旅先は、「アメリカ・ボストン」についてお話を伺いました。


ー ”こんなかっこいい音楽があるんだ!絶対にギターを弾いてやる!”と思って始めたんですよ ー



干場「尾崎さんが5歳から15歳まで住んでいたボストンのお話を伺いたいと思います。
尾崎さんのお気に入りの場所はどこですか?」

尾崎「僕が住んでいたのがケンブリッジという、MITがあるところの近くで…そこに、ケンブリッジ・サイド・ギャラリアモールっていうのがあるんですよ。僕、ショッピングモール好きなんですよ(笑)」

干場「意外ですね(笑)」

尾崎「そのきっかけになったのが、ケンブリッジ・サイド・ギャラリアモールというところで。暇があればそこに遊びに行ってたんですよ」

干場「ショッピングモール好きになったのはなぜですか?」

尾崎「何でも揃っているあの空間が、たまらなく心を揺さぶられるというか…楽しくなっちゃうんですよ。
食事もできるし、スポーツ用品も、服も、靴も買える…で、ゲームも買えるんですよ。何でも揃っているんですよ」

干場「そうですね」

尾崎「”同じところでまとまっちゃっていいの?”みたいな、それがたまらないんですよね。
日本でも、モールとかアウトレットが大好きでしょっちゅう行っちゃいます」

干場「その発端となったのが、ギャラリーアモールなんですね」

尾崎「あと、僕がバークリーという音楽大学のサマープログラムに参加していたことがあって。
その時に住んでいたのが、コモンウェルスアベニューというところの寮だったんですけど、ひとつ挟んだところにニューベリーストリートっていうショッピングストリートがあって、ファッションのお店とかカフェとか並んでいるんですよ」

干場「はい」

尾崎「そこを通ってから学校に行くっていう」

干場「それ、寄り道しちゃう場所じゃないですか(笑)」

尾崎「寄り道しちゃって、『Urban Outfitters』というセレクトショップがあって」

干場「ありますね」

尾崎「いろんな面白いおもちゃとかTシャツが売ってるので、よく寄ってましたね」

干場「ファッションって、音楽からくるものもあるんですか?」

尾崎「ありますね。それこそカート・コバーンのニットの感じとかすごい好きなんですけど。
向こうの人見てると、Tシャツにそのままダウンを着るっていうのが、けっこうかっこいいんですよね」

干場「彼らは音楽をやりつつも、ファッションにこだわってないように見せますもんね」

尾崎「ただのTシャツ着ててもカッコよく見えちゃう、あれはずるいですよね(笑)」

干場「当時から楽器や歌はやっていたんですか?」

尾崎「14歳の時にギターを始めたんですけど。寮に住んでいて、隣の部屋の友達が、『ギターを始めようよ!』って言ってくれたんですよ。憧れはあったけど、きっかけがなかったんですよ。
それで彼から渡されたのが、AC/DCというロックバンドの『Back In Black』というアルバムと、タブ譜だったんですよね。
”こんなかっこいい音楽があるんだ!絶対にギターを弾いてやる!”と思って始めたんですよ」

干場「最初はエレキからだったんですか?」

尾崎「と思いきや、持っているのがアコースティックギターだけだったので、アコースティックギターでエレキの真似をするっていうのにハマってました。それが、かっこいいと思っていたんですよ(笑)」

「クルーズ内はどういった職業の方がいるのでしょうか?」

保木「船って限られた空間の中で、不思議な世界なんですけど。
大きな船1000人乗りだと、ラグジュアリー船で700人くらいの人が働いているんですけど。
皆さんが目にするスタッフの人たちよりも、船底で日々働いている方は多いんですよ。

実は船底の方で、クリーニング屋さん、お花屋さん、水道屋さん……大工さんもいますね。
もちろん、キッチンにはシェフもいますし、ダンサーもいますし、お医者様も、看護婦さんも乗っていますから。

船の中にもテレビ局のようなところがあるんですよ。船内のテレビの番組を撮っているんですよ。
翌日寄港する港の情報を流したり、船長さんのお話や寄港地のお話だったり…いろいろありますよね。
街が動いている感じですね」

今月ご乗船いただいているのは、シンガーソングライターの尾崎裕哉さんです。

第3回目の旅先は、「新潟」についてお話を伺いました。


ー 僕は”360度ソングライティング”と呼んでいるんですけど、何でも自分の曲の種にしちゃうんですよ ー



干場「今回はツアーで行かれた新潟のお話を伺いたいと思います。いつ頃行かれたんですか?」

尾崎「初めて行ったのは夏の時期で、日米の大学生が集まって新潟で会議を開くというもので学生団体に入っていたんですよ」

干場「すごい真面目な学生だったんですね!」

尾崎「僕は歴史文化会というのに所属していたので、日米の歴史認識の違いとか…」

干場「例えば、戦争みたいなこととかですか?」

尾崎「そうですね。日本と韓国でどういう認識の違いがあるかということを、いろんな文献を読みながら議論するということをやっていて。それで訪れたのが初めてでした。
そして、今回ツアーで行ったのが初春だったのでけっこう寒くて」

干場「最初は夏だったんですもんね」

尾崎「そのイメージがあったんですけど、海鮮がものすごく美味しい時期に行けてよかったです(笑)」

干場「新潟の印象はどういう印象ですか?」

尾崎「最初、新潟のショッピングモールで歌ったことがあって。
たくさん人が集まってくれて、ものすごく熱いんですよ。新潟の人の視線とか熱気というか…それが意外だったんです。落ちついてるのかと思ったら、熱い人がいるイメージなんですよね」

干場「じゃあ、パワーもらった感じだったんですね」

尾崎「背中を押してもらえる感じがしましたね」

干場「旅先で曲作りというのもあるんですか?」

尾崎「ありますね。僕は”360度ソングライティング”と呼んでいるんですけど、音楽を構成するものってメロディとかリズム、歌詞とか色んなものがあると思うんですけど。何でも自分の曲の種にしちゃうんですよ」

干場「自分の種にしちゃう?」

尾崎「自分の曲のきっかけになる、例えば道を歩いてるだけでも、”いま歩いてるテンポ、このテンポに合うリズム、このテンポに合うピアノのフレーズはなんだろうな?”とか、考えながら歩いたりするんですよ」

干場「面白いですね」

尾崎「日常にあるものすべてを音楽に変換できるっていうのが僕の持論で、たぶん、みんなそうだと思うんですけど。
その時に、けっこういろいろ思いつくんですよね」

「クルーズお得情報」

保木「日本近海やアジアのあたりで、多くの方に楽しまれているスタークルーズというクルーズラインがあるんですけど。
これの『スーパースター ヴァーゴ』という船が、7月から11月のあいだ日本発着クルーズを始めるんですね。
大きさ的には中型の大くらいの大きさ、4月いっぱいにお申し込みになるとお一人3万円の割引があるんですね。

ご興味ある方は、大阪発着、横浜発着で、鹿児島とか上海に寄ったりもしますし。
7泊8日、リーズナブルなお部屋で128,000円〜なんですけど、4月30日までにお申し込みいただくと98,000円なんですよ。
お食事も楽しいし、プール、シアター、ラウンジ、カジノもカラオケも楽しめます。遠くまで行けないけど、船の上を楽しもうという方にはオススメですね」

今月ご乗船いただいているのは、シンガーソングライターの尾崎裕哉さんです。

第2回目の旅先は、「大阪」についてお話を伺いました。


ー それに出会ったら、僕の歪みの旅は完成したんですよ ー



干場「大阪は、一言で言うとどんな印象の街なんでしょうか?」

尾崎「熱い街ですかね。初めて行ったのは音楽の仕事だったんです。
『MINAMI WHEEL』っていう音楽フェスがあって、その時に来てたお客さんが熱くて、かけ声くれるし」

干場「はい」

尾崎「今回のツアーでもライブしたんですけど、どの会場よりも話すんですよ。
『ひろやー!』とか、『こっちむいてー!』とか言うんですよ(笑)、”盛り上がりたい!”っていう気持ちがどこよりも感じられる場所ですね」

干場「普通に歩いてるおばちゃんとかも『お兄ちゃん、かっこいいサングラスやな〜』って言われるぐらい、人との距離が近いですよね。
行く度に必ず寄っていく場所はあるんですか?」

尾崎「アメリカ村ですかね、楽器屋が多いんですよ。僕がいつも行くのは、イケベ楽器というところなんですけど。
楽器のエフェクターの種類が豊富で、よく中古のエフェクターとか掘り出しに行くんです」

干場「それによってギターサウンドが変わるんですか?」

尾崎「全然変わりますね。ロックっぽい音のためのエフェクターもあれば、メタル寄りの速弾きの音を出すためのエフェクターがあったりとか。
それを駆使しながら、いろんな音を奏でるんですけど」

干場「エフェクターをきかせることで、全然変わってきちゃうんですね。面白い!」

尾崎「僕がハマりだしたのは、高校生の時なんですよ」

干場「なんでハマったんですか?」

尾崎「バンドをやってて。マーシャルっていうアンプがあるんですけど、真空管アンプなんですね。
そのアンプを通すと、最初からかっこいいロックな音になるんですよ。
それを他のギタリストに譲ってて、僕はジャズコーラスというアンプを使ってて、すごく綺麗な音を出すんですけど歪み系が得意じゃないアンプなんですね」

干場「なるほど」

尾崎「”俺はこのアンプで綺麗な歪みを出したい”と思っていたんですね。
そのアンプでいい歪みを出すためには、どんなエフェクターをかませばいいんだと研究してたんですよ。
お年玉を全部エフェクターに投入して、買っては売って、買っては売って……を繰り返して」

干場「そうなんですね」

尾崎「最終的には、すごいレアなランドグラフというエフェクターに…ハンドメイドで、ハンドペイントがされているんですよ」

干場「そんなのがあるんですね」

尾崎「どうにか見つけてやろうと思って、いろんな人に聞いたり、頼んだりして。
最終的には誕生日プレゼントに買ってもらうという(笑)、それに出会ったら、僕の歪みの旅は完成したんですよ。
今もずっと使ってます、僕のギターサウンドの要はランドグラフっていうペダルなので」

「80歳を過ぎた両親、金婚式にプレゼントする国内近場のおすすめクルーズ」

保木「埼玉県にお住まいということですが、ご両親も東京近郊にお住まいということであれば、
やはり横浜発着のダイヤモンドプリンセスとか、飛鳥II、日本丸も、気軽に宅急便で横浜まで荷物を送ってしまえばそのまま乗船できますし、降りてからも楽ですね。

お船の中は基本的にバリアフリーで、車椅子とかも対応できるようになっていて、お食事もお箸の方が食べやすい方にも対応できると思います。
日本丸でお食事したことあるんですけど、”食の日本丸”と言われるくらい、美味しいんですよ。
船も小さめなので、船内の移動も楽なんじゃないかと思います。

英語が喋れなくて、それでも外国船ということでしたらダイヤモンドプリンセスですね。
雰囲気が外国なので、プレゼントされた感が強いかもしれないですね」

今月ご乗船いただくのは、シンガーソングライターの尾崎裕哉さんです。

第1回目の旅先は、「福岡」についてお話を伺いました。


ー そこから、お手紙友達をやっていましたね ー



干場「今日は福岡を旅された時の話を伺っていきたいと思います」

尾崎「はい、よろしくお願いします」

干場「尾崎さんは、5歳から15歳までアメリカのボストンで暮らしていたそうですが
国内の旅行は新鮮な発見が多いんじゃないですか?」

尾崎「そうですね。東京も新鮮だったんですけど、戻ってきてから高校を卒業する時に一人旅に行ったんです。
その初めての場所が福岡でした。そこから佐賀を回って長崎に行って、宮崎と鹿児島以外は回りました」

干場「どう感じましたか?」

尾崎「1週間しなくて、1日おきに県をまたぐ感じだったのであっという間で
それぞれのご当地の食べ物だけ、何があるんだと調べましたね(笑)」

干場「最初に何を食べたんですか?」

尾崎「携帯で、福岡の一蘭のラーメンを調べて、本店に行こうと思って。”こんなラーメン食べた事ない!”と、美味しさに感動しました」

干場「とんこつにやられちゃったんですね(笑)」

尾崎「それ以来、一番好きなラーメンはとんこつラーメンになりましたね(笑)」

干場「ツアーとかでも行かれた事はあるんですか?」

尾崎「実は2月にツアーで行ったんですよ。
知り合いのハセガワさんという、お世話になっている母の友人がいて。『焼きラーメン』というのがあって、彼が『福岡に来たら食べないとダメだ』と言って」

干場「焼きラーメンに行って?」

尾崎「屋台で食べて、そこがいまいちだったので、別のお店に食べに行くというのもあって(笑)」

干場「もう一軒違うところに行ったんですか!けっこう食べてますね(笑)」

尾崎「けっこう食べるんですよ(笑)」

干場「旅先で出会った方とかいらっしゃるんですか?」

尾崎「僕が初めて福岡に行った時、飛行機の中で知り合ったおばあさんがいたんですよ。
その方と話して、おすすめスポットを教えてもらったり。そこから、お手紙友達をやっていましたね」

干場「そうなんですね」

尾崎「湘南に住んでいる方で、”息子がミュージシャンを目指してる”みたいな事を言ってて
僕もミュージシャン目指してるんですっていう話をして」

干場「いま聞いてらっしゃるんですかね」

尾崎「しばらく連絡をとっていないので、元気にしているといいなと思いますね」

干場「素敵なお話ですね」

尾崎「そうですね。僕も初めての一人旅で不安だったんですよ。その時話せた事が、気持ちを落ち着かせてくれました」


「美味しい料理が食べられるクルーズ」

保木「クルーズって、本当にお食事が美味しいんですよ。
ビュッフェで、いつも同じものばかりで飽きちゃうんじゃないかと思ってらっしゃる方多いと思うんですけど。
最近の船のお料理はクオリティが高いですね。

ラグジュアリー船などは、舌が肥えた方が乗っている事もあり星をとるようなシェフが乗っていますし。
そのレストランがプロデュースしている、スペシャリティレストランがいくつも入っている船もあるのでお食事で飽きる事はないと思います。

おすすめしたいのが、シルバーシー・クルーズからミューズという新しい船がモンテカルロから就航されます。
お食事も美味しいし、サービスもパーフェクトですし、ぜひぜひ検討していただきたいですね」