今月ご乗船いただいているのは、元スキーノルディック複合選手で
現在はスポーツキャスターとして活躍中の荻原次晴さんです。

今週は「フィンランド」の旅について伺いました。

ー 今の自分を見つめ直すことでしょうか ー


null
干場「フィンランドの北部、ロヴァニエミに行かれたそうですが、どんなきっかけで行かれたんですか?」

萩原「スキーの大会や合宿で何度も行きました。この街にはスキー場があって、ジャンプ台もあって。冬になると早くから雪があって、日本人スキー選手もたくさん合宿に行く場所なんですよ」

干場「そうなんですか!」

萩原「冬の時期はロヴァニエミあたりは白夜の反対、極夜なんですよ。
日中のほとんど太陽が昇らないという、日本では経験できない不思議な地球のサイクルを経験できるんです」

干場「そんなところがあるんですね」

萩原「ずっと日が昇らないので、日焼けしないのでかなり白くなります」

干場「夜、練習してるということですか?」

萩原「基本的には日本と同じ時間帯、午前、午後練習してるんですけど。感覚的には太陽が昇ってないので、ずっと夜練習してる感じです」

干場「それはどのように過ごされたんですか?」

萩原「ほとんどが合宿と大会ですけどね、ロヴァニエミはサンタクロースハウスというところがあって
フィンランド政府公認の本物のサンタクロースがいるところなんですよ」

干場「え、いるんですか!?」

萩原「私も会いました。フィンランド政府公認のサンタクロースさんなので本物なんです」

干場「それは知りませんでした(笑)」

萩原「サンタクロースハウスの方に、『あのおじさん、何歳ですか?』って聞いたら
『そういうのは聞くもんじゃないよ、あの人は何百年も生きてるんだから』としか言ってくれませんでした(笑)」

干場「荻原さんは、選手時代にフェリーによく乗る機会があったということなんですが?」

萩原「スキー選手はとにかく荷物が多いんですよ。
特にノルディック複合の選手は、ジャンプのスキー板、そしてクロスカントリーのスキー板を持ってないといけません」

null
干場「確かに違いますもんね、カントリーのやつだと短いってことですか?」

萩原「だいたい、1メートル90センチくらいです。スキージャンプの板だと2メートル50センチくらい」

干場「そんなに長いんですか!」

萩原「そうなんです。だからスキージャンプの板を担いで山手線には乗れません(笑)。
しかも、1台ずつ持ってるわけじゃなくて、ジャンプ専用の板を2〜3台、クロスカントリーの板を10台くらい持っているんですよ」

干場「なんでクロスカントリーの板を10台持っているんですか?」

萩原「それは日本国内、海外に出て行った時に、大会競技場の気温、雪温、湿度などに合わせたスキーを選ぶので、最低でも10台くらい持っていきます」

干場「めちゃくちゃ大変な荷物じゃないですか」

萩原「そうですね、現地の雪に合わせたスキー選びっていうのも勝負のポイントなので道具がすごく多いんですね」

干場「荻原次晴さんの人生において、旅とはどんなインスピレーションを与えてくれるものでしょうか?」

萩原「今の自分を見つめ直すことでしょうか。見たことのない景色、感じたことのない気持ち、触れ合ったことのない文化を体験した時に、今の自分の生き方や考え方でいいのかなって思うことが多々あると思うんですね。
特に歴史のあるヨーロッパをあちこち行って感じたのは、家族の皆さんの絆を強く感じました」

干場「なるほど」

萩原「ヨーロッパのアルプス地方に行くと、素敵なペンションを、家族の皆さんで力を合わせて経営されているところが多いんですね。
そういう姿を見て、家族がいつも一緒いるっていいなと感じましたし、古い家具をずっと大事に使っていて。恵まれた日本で生活してると、家具なども手頃な値段で買える時代になって。本当に大切に使っているかどうかって、たまにヨーロッパの暮らしと重ね合わせてしまうこともあるんですね。
旅をして、今の自分を見つめ直してる感じがします。僕は大層なことはできませんけど、一家の主として、荻原家ではそういったことを大切にして家庭を築いていきたいと思います。」

null

「先日ドバイに行ったのですが、停泊していた豪華客船から
お揃いのウェアと自転車で下船する一行に出会いました。
クルージングとサイクリングという発想がなかったので、とても新鮮な印象を受けました。
他にも、クルーズのオプションで面白いものがあれば教えて下さい」


お休み中のクルーズコンシェルジュ・保木久美子さんに代わって、雑誌「クルーズ」の編集長を経て、クルーズジャーナリストとしてご活躍の、藤原暢子さんに代打をつとめていただきます。

藤原暢子:これは、たぶん自転車愛好家の方がグループを組んでクルーズに乗ってきたと思うんですが。自転車って意外とクルーズと相性が良くて、実際にロードとかされている方が自転車を持ち込んで、港に着いたら自転車で出かけるという方がいらっしゃいますね。
お部屋に置けますし、客船で預かったりすることもできますので、港に着いたら出してもらうっていう感じで、お出かけしてる方を見受けます。

最近増えてきていて私も好きなのが、シェフと行くマーケット巡りというツアーが入っているものが多くて。違う国のお魚とか、野菜とかチーズとか、ワインや調味料。シェフを介してお店の方が説明してくださって、シェフがいるので試食もさせてくれますし、皆さんけっこう買ったりとかして。
小さい船だと、みんなが気に入ったら「ディナーに出します」と言って、買っていくこともあるんですよ。

今月ご乗船いただいているのは、元スキーノルディック複合選手で
現在はスポーツキャスターとして活躍中の荻原次晴さんです。

今週は「ノルウェー」の旅について伺いました。

ー 勝手に背負っていた肩の荷がすっと下りて、どこへ行っても楽しく仕事できるように変わりました ー


null
干場「ノルウェーの首都、オスロの旅について伺っていきたいと思います。荻原さんがオスロに行かれたのはワールドカップ出場のためだったんですか?」

萩原「そうです」

干場「1995年には準優勝に輝かれているんですが、その後1998年にオスロで開催されたワールドカップにも出場されてますよね。
大変思い出深い街ですよね」

萩原「95年に準優勝した時は兄の健司が優勝した大会でもあるんですよ。
私たち兄弟でワンツーフィニッシュを決めることができた思い出の場所なんですよ。そのとき優勝した健司は、ノルウェー国王から祝福されていて、すごく羨ましかったですね」

干場「すごいですね!」

萩原「ノルディックはノルウェーで生まれたスポーツですから、世界の一等賞には国王自らが出てきてメダルを授与してましたね。
98年のワールドカップにも行ったんですが、その大会が私の競技人生最後の大会でした」

干場「なるほど」

萩原「前半のジャンプはすごく良かったんですが、後半のクロスカントリー、スキーが全然滑らなくて。
これは上位争いはできないと思って、どうせこの大会で引退するんだから、最後くらいは順位関係なくレース自体を楽しんでやろうという気持ちになったんですね」

干場「はい」

萩原「それからは、後ろから追いかけてくる選手たちの顔をそれぞれじっくり見ながらレースをして”みんな苦しそうに走ってるな〜”とか、”競技人生、およそ20年間長かったな〜”とか、いろんなことを考えながら走って、結果ほとんどビリだったんですけど。
すごく楽しい最後のレースとして思い出に残ってます」

干場「そういう時はどういう心境なんですか?」

萩原「すごく複雑でしたね。”これが最後のレースなんだ、ちょっとさみしいな”とか、”やっぱり来シーズンもやろうかな”とか、”でも十分やったな”とか、いろんなことを考えてしまいましたね」

干場「我々がテレビ番組の中で見てるのって、その瞬間瞬間だけしか見ていないじゃないですか?
それまで過酷なトレーニングを散々してきてるわけじゃないですか?そこから逃れられるっていうこともありましたか?」

萩原「ありました。その苦しみからいよいよ解放されるんだっていう気持ちもありました。でも、”逃れられる、嬉しい”って思っててもいいのかなっていう感じもありますね。
”苦しんでるのが人間いいんじゃなかったのか?”みたいな、楽になっていいのかな?っていう不思議な不安感がありましたね」

干場「そうなんですね」

萩原「これまで続けてきた生活が一変するわけですからね、成績も何も求められない、プレッシャーも何もない生活になっていくわけですから。
嬉しい反面、これでいいのかな?っていう不安がありましたね」

null
干場「今は全然違う職業じゃないですか?そのへんはどうお感じなりましたか?」

萩原「引退直後にメディアの世界に飛び込んだんですけど、最初は”無理だな”と思いましたね」

干場「なぜですか?」

萩原「テレビなどに出て共演者の方と一緒になっても、皆さんよどみなく言葉が出てきますよね。
僕はスポーツではあるところまではいきましたけど、勉強の”べ”の字もしなかったし、ボキャブラリーも無かったし、何も喋ることができずに収録が終わるみたいなことが度々あって、カメラの前に立つ事にすごくストレスを感じていました」

干場「そうだったんですね」

萩原「ある時、スポーツキャスターかもしれないけど、わからないものはわからない、実力以上のことはできない、かといって実力以下のこともしない。というように、割り切れる時があったんですよ」

干場「はい」

萩原「それから、勝手に背負っていた肩の荷がすっと下りて、どこへ行っても楽しく仕事できるように変わりました。
引退からですから、およそ20年続けることができました」

null

「ラグジュアリー船、スイートルームを予約するとついてくるバトラーサービスについて」

お休み中のクルーズコンシェルジュ・保木久美子さんに代わって、雑誌「クルーズ」の編集長を経て、クルーズジャーナリストとしてご活躍の、藤原暢子さんに代打をつとめていただきます。

藤原暢子:バトラーサービス、よく言われるのがクルーズ船に乗り込んできた時の荷ほどきから、便利だと思うのは寄港地ツアーの申し込み、船上のスペシャリティレストランの申し込み、バトラーさんに来ていただいて申し込みをお願いするとやってくれるんですよ。

私は、1回お願いしたらバトラーさんなくちゃ無理!みたいな感じで(笑)。寄港地から帰って靴が汚れていると、「磨いておきますね」と磨いてくれたり、何も言わずにサングラスを磨いてくれたりとか。
お聞きしたのが、バトラーさんに降りる前のパッキングを頼んだら、素晴らしい畳み方で入れてくれたので、これからは絶対にバトラーさんに積み替えをしてもらうっていう方がいらっしゃったくらい素晴らしいですね。

今月ご乗船いただいているのは、元スキーノルディック複合選手で
現在はスポーツキャスターとして活躍中の荻原次晴さんです。

今週は「カナダ・バンクーバー」の旅について伺いました。

ー 始まってみれば世界のライバルは同じ条件で戦うわけですから ー


null
干場「カナダのバンクーバーには、2010年の冬季オリンピックで3週間滞在されたそうですが、解説のお仕事で行かれたんですか?」

萩原「キャスターとして現地に行ってまいりました、滞在してて楽しい街で、オリンピックに行った頃は”早く日本に帰りたいな〜”と思っていたんですけど。いよいよバンクーバーを離れるとなった時は、”帰りたくないな〜”っていう気持ちが大きかったですね」

干場「なぜなんでしょう?」

萩原「とても綺麗な街並みで、世界の中でも住み良い街として人気のある街ですけど。あとは気候がいいですよね。わりと東京の気候と似ていると思うんですよ」

干場「そうなんですね」

萩原「街の中に雪があるわけではないので、ポカポカ暖かい日もありますし、非常に快適に過ごせました」

干場「どんなスケジュールで過ごされていたんですか?」

萩原「午前中はわりとゆっくりしていて、昼から夜にかけて競技が行われましたので取材に出かけて行きました」

null
干場「午後から競技というのはずっと決まってるんですか?」

萩原「だいたいそうですね。オリンピックの試合時間というのは、オリンピックの放送の権利を持ってる一番の会社が都合のいいように決めていくんですね」

干場「そうなんですね」

萩原「今回の平昌オリンピック、フィギュアスケートが今まで聞いたことの無い、午前中の早い時間にやるんですよ。
これはアメリカの見やすい時間に合わせていると聞いています」

干場「そういうことなんですね!」

萩原「選手も戸惑いがあるんじゃないかと思います。そのへんの調整も難しくなってくるかもしれませんね」

干場「それって、選手としてはどうなんでしょう?」

萩原「決められたスケジュールなので仕方なく、それに合わせて。その日だけ早起きするわけではなくて、本番の2〜3週間前から早起きをして、そのリズムを作っていくんだと思います」

干場「そこに合わせてコンディションを作っていくということなんですね、大変ですね」

萩原「始まってみれば世界のライバルは同じ条件で戦うわけですから、”午前中だから嫌だな”とかも言ってられないですからね」

干場「そういったところも見どころということですよね」

萩原「そこも勝負のひとつになってきていますね」

null

「この時期だからこそのおすすめクルーズ」

お休み中のクルーズコンシェルジュ・保木久美子さんに代わって、雑誌「クルーズ」の編集長を経て、クルーズジャーナリストとしてご活躍の、藤原暢子さんに代打をつとめていただきます。

藤原さんは20年間で、100隻以上の船に乗船されて、クルーズで世界半周をされている方です。
そんな藤原さんにクルーズの魅力、注目のクルーズについて伺いました。

藤原暢子:クルーズのいいところは、寒いときは暖かいところに行けるのがいいところで。
よく言われるのが、カリブ海クルーズだと常夏の島々を味わえます。
もっと短く行けるおすすめのクルーズを紹介させていただくと、シンガポール発着のクルーズで「マリナー・オブ・ザ・シーズ」「ボイジャー・オブ・ザ・シーズ」など、大きめの船が4泊とか短めのクルーズをやっています。
プーケットやペナンに寄るので、船の上と島を楽しめるという短めのクルーズですね。シンガポールは航空券もそんなに高くないのでおすすめです。

あと、この冬に行っていただきたいのはタヒチですね。日本が冬の時はベストシーズンで、気温が30度ずっと続いているので。
「ポール・ゴーギャン・クルーズ」というクルーズがありまして、その船が1週間かけてタヒチの島々をゆっくり巡るというクルーズなんですね。
見渡す限りの海の青さと、空の青さが一体となっていて、ビーチにテーブルを置いてくれて、足は海に浸かりながらキャビアとかシャンパンをいただくという(笑)。
ボラボラ島に何回行ったかで、人生どれくらい幸せだったかわかると言われるボラボラ島、一押しですね。

今月ご乗船いただくのは、元スキーノルディック複合選手で
現在はスポーツキャスターとして活躍中の荻原次晴さんです。

荻原さんには、オリンピックゆかりのエピソードとともに、旅のお話をしていただきました。
第一回目は「スイス・サンモリッツ」の旅について伺いました。

ー サンモリッツは晴天率が高くて、年間の300日以上が晴れているんですよ ー


null
干場「オリンピック出場の経験がある荻原さんですが、いよいよ、8日から韓国の平昌で冬季オリンピックが開催されます。
今回の大会で、荻原さんが注目されている選手、見どころなどを教えていただきたいと思います」

萩原「日本を代表する選手、全員を応援したいと思います。中でもフィギュアスケート、スピードスケート、スキージャンプ、そして我らがノルディック複合、メダルの可能性は十分あるので、日本の皆さんも期待をしていただければなと思います」

干場「特に”この選手”という方はいるんですか?」

萩原「ノルディック複合ですと、日本のエース・渡部暁斗選手。前回のソチオリンピックでは、ノーマルヒルで銀メダルを獲得しておりまして、”今回こそ金メダル!”と、燃えています」

干場「なるほど」

萩原「スキージャンプ女子の高梨紗羅選手が、前回、期待されながらもメダルに届くことができまませんでした。
”今回の平昌ではどうか?”というところだと思います」

干場「なるほど。そのあたりを注目して見ていただければ、ということですね」

萩原「はい、そうですね」

null
干場「スイス・サンモリッツの旅についてお話を伺っていきたいと思います。
長野オリンピックの直前に、日本チームで合宿されたそうですけど、行かれたのは1998年とかですか?」

萩原「そうです、長野オリンピックの直前に合宿をしていたんですけど。サンモリッツはすごく素敵な街なんですね、標高が1800メートルなんですよ」

干場「どれくらいですか?」

萩原「1800メートルを日本で言えば、スキーロッジとか山小屋、避難小屋というような、標高の高いところですけど。
このサンモリッツは晴天率が高くて、年間の300日以上が晴れているんですよ」

干場「それなのに雪の街ですか?」

萩原「冬もほとんど晴れているんですけど、たまに雪がちらついて、標高が高くて寒く、乾燥してるので降った雪が溶けずに残っているんですよ。
街のシンボルマークが太陽なんですけど、それぐらい晴天率が高い街です」

干場「雪質はどうですか?」

萩原「雪質はいいですね、サラサラ雪のパウダースノーなんですよ。私、故郷が群馬県の草津温泉なんですけど、草津国際スキー場も標高2000メートルくらいのところにあるんです。パウダースノーで、私の故郷の雪とサンモリッツの雪が非常に似ていると思います。そういう点でもすごく好きな街なんですよね」

null

「注目のクルーズ情報」

お休み中のクルーズコンシェルジュ・保木久美子さんに代わって、雑誌「クルーズ」の編集長を経て、クルーズジャーナリストとしてご活躍の、藤原暢子さんに代打をつとめていただきます。

藤原さんは20年間で、100隻以上の船に乗船されて、クルーズで世界半周をされている方です。
そんな藤原さんにクルーズの魅力、注目のクルーズについて伺いました。

藤原暢子:クルーズは人が面白いというか、乗っている人それぞれにストーリーがあって。
乗客の方でも、船乗りだったけど船の上が好きだから寄港地で降りないとか、そういうストーリーが毎回出てくるので、それが面白くて魅了されていますね。

2017年、船上にゴーカートのレース場がついた船ができちゃったんですね(笑)。船は230メートルくらいの二層構造になっているんですけど、10台のゴーカートが走行できるということで……ヘアピンカーブを48キロくらいのスピードで走れるそうなんですけど、それも海上から60メートル以上の高さですからね、すごいと思いますよ。
「ノルウェージャン ジョイ」という船なんですけど、去年の4月にできて、この時は中国人のマーケットの方に持っていってるんですけど。
今年の春ぐらいからアラスカクルーズに就航するので、私たち日本人もその姉妹船には乗ることができます。
アラスカの上をレーシングしながら、氷河を見ながらゴーカートができるんですね(笑)。