今月ワールド・クルーズにご乗船していただいただくのは、タレントで実業家、エッセイストとしてもご活躍。
男性ファッション誌「LEON」でもおなじみの、パンツェッタ・ジローラモさんです。

ジローラモさんは、雑誌「LEON」で『セレブなバカンス』という連載もされており、世界各地を旅されています。
粋なイタリア男の旅のお話を、伺っていきます。

ー 教えてもらっても、同じ様には出来ないですね ー


干場「ジローさんが、旅先で出逢った"カッコいい男性"というと、思いつくのはどんな方でしょう?」

ジローラモ「キューバに行った時に、葉巻の会社コイーバのおじさんがかっこ良かったね。彼が80歳で、コイーバが特別に葉巻を作ったんですよタバコ畑の中に古い家があって、そのおじさんがベランダで椅子の上に座って、葉巻を吸ってる、かっこ良かったですね〜。並んで写真を撮ったんだけど、私が物足りなかったんですね。その人には雰囲気があるんですよ。洋服をぱっと見ると、農家だからきれいじゃないんだけど、かっこいいんですよね」

干場「絵になる男という事ですね、ゴッドファーザーの映画のシーンみたいですね」

ジローラモ「すごい、良い思い出になりました」

干場「葉巻の吸い方も教えてもらったんですか?どんな風に吸うものなんですか?」

ジローラモ「軽く噛みながら吸うらしいんですよ。口の中で香りを楽しむ、外に出す時も楽しむ、両方楽しむんですよ。その人は、昔からかっこつけて来てるから、きまってるんですよ(笑)」

干場「出来上がって来たという事なんでしょうね(笑)」

ジローラモ「教えてもらっても同じ様には出来ないですね、すごいなと思いましたよ」

干場「それは素敵な情景が浮かんできますね。綺麗だなと思う女性はいましたか?」

ジローラモ「それもキューバなんですけど、クルーズの船の上でレストランとか行くじゃないですか。みなさんお洒落して、タキシード姿で男性が現れる、そうすると、もっと派手な女の子が一緒にいて、彼女は彼より年が若い。ピチピチのロングドレスで背中が丸見え、胸のラインが見えるか見えないかくらい(笑)ハリウッドに出て来るような感じですよ」

干場「それはすごいですね(笑)、レッドカーペットを歩く感じですね」

ジローラモ「みんなが注目してて、僕がカジノに行った時、彼女が隣に立っているんですよ。彼氏は別のテーブルに行ってて、僕は話をするじゃないですか。彼氏にはお酒を持たせて、どっかに行かせて、僕と話をする。女の人は恐いねと思った、狙われたらいいけどね(笑)」

干場「その女性とは何も無かったんですか?」

ジローラモ「結果色々あったけど、話が長くなるからね(笑)」

「この冬、暖かい国のおすすめクルーズは?」

一段と寒い今年の冬、暖かい国へと行きたくなりますよね。
おすすめのクルーズは「メキシカンリビエラクルーズ」

朝ロサンゼルスの空港に着いて、30〜40分で港へ。
1週間でプエルト・バヤルタ、カボサン ルーカス等、およそ3ヶ所の
寄港地を楽しんでいただけるんだそう!

特に保木さんがおすすめするのが、サンセット!
とても綺麗だそうですよ。

期間は、日本を経ってから乗船、およそ9日間のお休みで行けるクルーズなんです。
しかも、お値段は5万円からとリーズナブル!
アメリカでは、クルーズは安いというイメージだそうなんです。

ぜひ、おすすめです!