今月ワールド・クルーズにご乗船していただいているのは、
プロ・スキーヤー、冒険家・登山家としてご活躍の三浦雄一郎さんです。

三浦さんは今年の5月に世界最高齢の80歳でエベレスト登頂を果たした方です。
20代後半から、「世界プロスキー選手権」に出場し、世界の一流選手と肩を並べてこられた三浦さん。

その後もスピード・スキーや、エベレスト山頂からのパラシュート直滑降など、たくさんの記録を打ち立てています。
三浦さんが見て来た世界の風景、旅のエピソードを伺っていきます。



ー 人類は常に不可能と思う事にチャレンジしてきた、ひょっとしたらあんたなら
                   出来るかもしれないと、彼は言ったんですよね(笑) ー


干場「三浦さんは、スピードスキーの世界選手権に出られて世界新記録を出された後に、新しいチャレンジをされますよね。それがパラシュートを使っての富士山の直滑降。まず、スキーとパラシュートを結びつけるというのは、普通は思いつかないですよね」

三浦「自動車スピードレースの世界記録を作ってるようなものでは、ブレーキにパラシュートを使ってますよね。空から飛び降りるスカイダイビングもそう、それをスキーに応用したら面白いと思ったんですよ(笑)」

干場「その発想の斬新さというのは、すごいですよね」

三浦「パラシュートを5種類くらい作ってもらって、この富士山での直滑降のチャレンジの時に1時間のドキュメンタリー番組を作ってくれたんですよ。それで、僕が滑った翌日にはロンドン、パリ、ニューヨークと、世界中にニュースが流れたんです。それを見て、「これは何だ?」と、なったわけなんですよ。これがパラグライダーのルーツになってるんです」

干場「という事は、パラグライダーの元祖を作られたんですね。その後1970年になるとエベレストでそれをやったんですね」

三浦「はい、そうですね(笑)。富士山の直滑降が成功して、それがニュースになって、オーストラリアとニュージーランド政府に招かれて、観光局が世界中のスキーヤーを呼びたいと、ニュージーランドで映画を撮ると、それがまた話題になったんですよ。それからニュージーランドで会いたい人がいたら、会わせてもらえるという事でエドモンド・ヒラリーに会ったんですね」

干場「エドモンド・ヒラリーさんは、初めてエベレストを登った人ですよね」

三浦「彼は運良く自宅にいられて、遊びに行かせてもらいました。朝、10時頃に行って、話に夢中になっているうちに夕方になってましたよ(笑)帰り際、エベレストの大きな写真を見て、あなたは初めて登ったけど、僕はここからスキーで滑ってみたいと言うと、ビックリしてましたよ(笑)」

干場「それはそうですよね、エベレストを登るだけでも大変なのに、それを滑るという発想は中々出ないですからね」

三浦「彼は「歩いて行って、帰るだけで何人も死んでるのにとんでもない」と、言いかけたけど、人類は常に不可能と思う事にチャレンジしてきた、ひょっとしたらあんたなら出来るかもしれないと、彼は言ったんですよね(笑)」



「2歳の子供がいるのですが、小さい子供もクルーズを楽しめるのでしょうか?」

クルーズというと、お年寄りの旅と思われてる方も多いと思いますが、そんな事はありません。

実はお子さんをクルーズに連れて行くのは、意外に楽なんです。
子供の遊び場所もたくさんあり、ベビーシッターも頼む事が出来るクルーズ。

大人が食事をしている間に、お子さんを預けたり、子供が遊べる施設も豊富なんですよ。

保木さん一押しなのが、ディズニーのクルーズライン!
船にはミッキーやドナルドが歩いてるので、お子さんもとっても喜びますよ。

ぜひ、お子様を連れてクルーズの旅に出かけてみてくださいね。


【イベントインフォメーション】
干場義雅と保木久美子が出演 「SEIKO presents WAKO GENTLEMEN'S CLUB」


大人の男性にふさわしい街・銀座。その中心にある和光で、上質なお酒や音楽に酔いしれながら、
最高級のアイテムを気軽にお試しいただけるイベントです。





【開催日時】2013年12月9日(月)・10日(火) 18:30〜21:00(最終入場)
【会場】和光本館

<詳細やご応募はこちらから!>