今月ご乗船いただいているのは、片岡鶴太郎さんです。

今週は、「スペイン・マラガ」について伺いました。


ー 日本で言うと小田原の…プライベートで泳げるような小さい浜辺ですよ ー



null
干場「スペインのマラガは、なぜ行かれたんですか?」

片岡「ピカソの取材で、ピカソの一生を訪ねる旅だったものですから最高に楽しかったですね。
僕はピカソを尊敬してて、作品、生き方も好きでしたから」

干場「どんな印象なんですか?」

片岡「チャーミングな男の子のまんまなんですよね。いつも半ズボンを穿いて、横チンずっと出してるようなね(笑)。
エッチで色っぽいし、”これはモテるよな”って思いますよね(笑)」

干場「そうですね(笑)」

片岡「若い時もハンサムだったんですけど、晩年の禿げ上がって、絵を描いてる時の少年のような目で綺麗だし。
あの姿がセクシーで、チャーミングで素敵だなと思いますね」

null
干場「いい顔してますよね」

片岡「彼の中の、数多名作ありますけど、彼自身の顔は、彼の彫刻作品の中で絶品の作品だと思ってます。最高にいい顔してますね」

干場「マラガは小さい港町ということですがどんな印象ですか?」

片岡「日本で言うと小田原の…プライベートで泳げるような小さい浜辺ですよ。大きな建物もなく、港で漁をして生業を立てているおうちがパラパラとあるくらいの。小田原行った時に”マラガに似てるな〜”って思って、雰囲気はあんな感じですよ」

干場「なるほど」

片岡「いろいろなレストラン連れて行ってもらって、美味しい物もいただいたんですけど。
その中でも一番美味しいスペイン料理が、マラガの浜辺で食べたいわしの塩焼きでした」

干場「いわしの塩焼きですか?」

片岡「漁師の人たちが炭火で焼いているんですよ。”これ、いわしじゃん?”と思って、レモンをぎゅっとしぼって、これを食べた時は最高に美味かったですね」

null

「紅葉を楽しむクルーズ」

保木「秋ということで、紅葉を楽しむクルーズを紹介しようと思います。
日本の客船『ぱしふぃっくびいなす』。この船は関西が中心なんですけど、11月14日〜16日の2泊3日、横浜を出て四日市、伊勢を巡ります。東京近郊にお住いの方は便利なツアーじゃないかと思います。
紅葉も楽しめますし、お料理も工夫していて、伊勢に行くので伊勢海老とか松茸…伊勢神宮に行ける、限定60名様ということで特別なツアーも用意されているんですよ。

海から入る四日市も素敵だと思います。お食事も楽しめますし、アフターヌーンショーとか、アーリーモーニングティーとかモーニングウォークとか、いわゆる船のアクティビティーも楽しめるので。もしかしたら、ちょっとお手軽なクルーズになるかなと思います」