今月は、4週にわたって、銀座三越で行われた公開収録の模様をお届けしています。

ゲストにお迎えしたのは、デビュー30周年を迎えた、アーティストの石井竜也さんです。


ー 僕は、逃げ出すような旅をした時の方が人は大きくなると思うんですよ ー



干場「石井竜也さんは、クルーズもされたことがあるんですか?」

石井「2、3回ファンクラブで企画しまして、中でコンサートをやったり、ディスコタイムをやったり…」

干場「それは。どこに行かれたんですか?」

石井「1日旅で、小笠原諸島の突端まで行って戻って来る、丸一日回りました。いろんなところに船で行ってみたいというのは、すごい贅沢だと思いますね。クルーズは一生に一回くらい、いいと思いますね」

干場「フリータイムがあったら、どこに行きたいですか?」

石井「地中海のクルーズはしてみたいですね。街がとにかく綺麗で、地中海をポルトガルの先っちょの方から回る旅は行ってみたいです。船の旅って、移動を楽しむ感じですよね」

干場「毎回、ゲストの方にお聞きしているのですが、旅とは石井さんの人生において、どんなインスピレーションを与えてくれるものでしょうか?」

石井「旅って、好奇心に駆られていく旅っていうのはあるよね。”あそこに行きたい”という、目的に向かっていく旅があるよね。もう一つは現実逃避。”窮屈な日本にいられない、どこでもいいから行ってみたい”という、逃げ出すような気持ちで行く旅と、2つあると思うんですよ。僕は、逃げ出すような旅をした時の方が人は大きくなると思うんですよ」

干場「それはなぜですか?」

石井「人間は、窮屈なところに、ずっとはいられないんですよ。服でも、自分のサイズに合ってない服をずっと着てたら、肩も凝るし、背中も痛くなってくる。やっぱり、ちょうどいい服があると思うんですよ。仕事でも家庭でもそうだけど、窮屈な所にいるのは難しいよね」

干場「ちょうどいい場所を求めていくと?」

石井「ちょうどいい場所を求めるために、それこそ、世界地図に向かってダーツやって、そこに行っちゃうみたいな。そういうのが、時々はあってもいいのかなと思いますね」



「クルーズ最新情報」

保木「12月10日、日本の客船の『飛鳥II』が、100日間のワールドクルーズに横浜港から出航するんですよ。今回は、なかなか行かない南極に行くんですよね。お客様もたくさん乗っていますし、横浜を出て、ニュージーランドから南米に移って、それから南極に下りていきます。そして、リオのカーニバルに向けて、ブラジルに寄るんですよ。

『飛鳥II』が、100日間のワールドクルーズに、横浜から出るので、お近くにいらっしゃる方などは、出航の場面を見られるので行かれたらいかがかなと思います。

いわゆる船旅なので、テープを投げたりっていうのがあるんですよ。もし、横浜に行かれるお時間があれば、赤レンガ倉庫をぶらぶらしながら、出航する船の景色をみるといいと思います」