Report

[ 2013/02/28 update ]

ゲストは・・・KREVAさん

今日も、昨日に引き続きKREVAさんにお越しいただきました。

昨日、NEW ALBUM「SPACE」がリリースになったKREVAさん。昨日は「楽しい」とか「おもしろい」部分を追求してみた、とおっしゃっていましたが・・・その詳細は、
「今までだと、かっこよくかっこよくという気持ちが結構強かったけど、それがちょっと抜けた、余裕があったほうが自分的にはかっこいいと思えるようになった。
前のアルバムですっごい早口だったりとか「俺ラップうまいだろ!」みたいなのをやった後だったから、もうそれはわかってもらえたかなという気持ちもちょっと芽生え、今度はむしろそういうとこよりもラップの面白さとか、変な声だったり面白いところが出せたらいいなと思って少し入れてみた。」ということでした。

さて、そんなKREVAさん、アルバムを引っさげてのツアーも始まります!
“KREVA CONCERT 2013 SPACE TOUR”!来月・・・明日から来月ですが・・・来月の埼玉公演からはじまり、6月16日の福岡まで、約3ヶ月続きます!!
KREVAさんのファンの方にはお馴染みでしょうか、KREVAさんがサングラスをはずす速度、いや、もしかしたらサングラスメイクかも?!なKREVAさんの登場シーンもお見逃し無く!
そして、今回のツアーは“半生”スタイル?!
「完全バンドはもうやっているし、バンドと分けてやるっていうのもやったことある。DJがしっかり出すものもあれば、バンドに振り切ったものもあるし、混ざってるものもある、半生のスタイルでやるのが今自分が一番楽しめるスタイルだと思うので。それをみんなと一緒に楽しめたらいいなと思います。」とおっしゃっていました〜。

昨日発売されたNEW ALBUM「SPACE」、来月から始まるツアー「KREVA CONCERT 2013 SPACE TOUR」の詳細は、KREVAさんの公式HPをチェックしてみてくださいね。

KREVAさん、2日間ありがとうございました!!

Report

[ 2013/02/27 update ]

ゲストは・・・KREVAさん

今日はKREVAさんをお迎えしました。3回目!木村拓哉さん超えですよ〜。

本日、2月27日にNEW ALBUM「SPACE」をリリースされました。
今までのアルバムの中で一番時間をかけて作ったかもしれないという今回のアルバム。
シングルの曲たちがあったからこそ、アルバムの曲はアルバムらしく目的をもって出来た。前回のアルバムが出来て最初に思った“次のアルバムは何が作りたいか”というのは「明るくて楽しいアルバム」を作りたい、ということと、もうひとつ、面白いことを入れる、もっと言うと変な声を出したりしてクスッと皆が笑えてしまうような抜けっていうか、それを“SPACE”って言ってもいいと思うんだけど、それを曲の中にいれるっていうのを、そういうのをしっかりやったつもりです。とおっしゃっていましたが、アルバムのタイトル「SPACE」は、宇宙よりは「余裕」のイメージだったんですね〜。

そんなKREVAさんのLoveなもの!伺いましたよ〜。
KREVAさんのLoveなものは・・・野菜スープ!
「野菜スープさえあれば生きていけるんじゃないかと思っちゃったくらい食べてたね、あまりにも食べ過ぎて最近は減らしたけど(笑)小さく刻んでもらったやつを全部入れてもらって、全部入ってるんだけど、一個必ずリクエストしてるのは、セロリだけはお願いだから入れてくれと。ある時期まで、セロリが嫌いだったんだけど、嫌いなものは全部、目標を持って食べられるように、年齢を設定して、5年ぐらいの長いスパンで計画立てて食べてるうちにすごい好きになって。そしたらセロリを食べてなかった二十数年間があったわけじゃないですか、それを取り戻すべくものすごい食べてます。
娘たちも、どうかなっちゃうんじゃないかってくらい食べてる。野菜スープだと食べてくれるんだよね。」
というお話をしていただきました!水泳も始めたというお話もされていて、健康的なKREVAさん。

全然話し足りない!!ということで、KREVAさんには明日もお越しいただけることになりました〜。お楽しみに!!

Report

[ 2013/02/26 update ]

ゲストは・・・電気グルーヴのお二人

今日も、昨日に引き続き電気グルーヴの石野卓球さんとピエール瀧さんをお迎えしました!

明日、NEW ALBUM「人間と動物」をリリースされる電気グルーヴ。
いつものアルバム制作時は、ずっとスタジオに篭って作業をすることが多かったということなんですが、のめり込みすぎると、細かいところまでこだわってしまい、最終的には何をやってるのかわからなくなることもあったという事で、今回はなるべく作品との距離を置いてやってみた、とおっしゃっていました。

さて、今日はピエール瀧さんのLoveなものについてお聞きしました!
瀧さんのLoveなモノは…草野球
「高校時代野球部で、そこから今まで割りと続いてますね。自分の草野球チームを作りまして…“ピエール学園”っていうんですけど(笑)、作って20年くらい経つんじゃないかな。なんか運動部っぽくてめんどくさそうなイメージがあるじゃないですか、なんですけど、うちのチームはまず練習をしない、試合に突然集まる、その日に来るどんな人でも試合に出すっていうポリシーで、みんな打席に立てるしみんな守れるっていう感じなんですけど、そのおかげで毎回戦力が違うんですよ。一番ひどいときは、センター守ってたヤツが手にギプスしてましたもん。あと、ライトをピンヒール履いた女の子、レフトを現地調達した小学生っていうときもありましたから。
めちゃくちゃな感じもしますけど、草野球のおもしろいところって、戦力が読めないので、それはそれで、相手チームと勝ち負けを決めるじゃないですか。だからその日初めて会った人たちだったりとか、よくわかんないへたくそな子でも、なんとかして一つになる瞬間があるんですよね。良いプレーしたりとかしてみんなで集まってハイタッチとかなると、なんかわかんないけどそういうものでしか味わえない共有感が有って、それが嵌ると非常に面白いですね。去年は月に3回くらいやってましたね。ただ、平日の午前中にやるんですよ。で、そこに来る人間って言ったら基本碌な人間じゃないというか(笑)平日の野球に来れちゃうわけですからね。またそれで僕らもやってるんですけど、その試合を見に来てるおじさんとかいるんですよね。公園で午前中は名も知らぬ草野球チームの試合をボーっと2,3試合眺める、みたいな趣味のおじさんがいるんですよ。渋すぎるでしょ!」
と熱く語っていただきました〜。

明日発売になるNEW ALBUM「人間と動物」を引っさげてのツアーも始まります!
なんとこちらも明日から!
詳細は電気グルーヴの公式HPをチェック!!してみてくださいね。

電気グルーヴのお二人、二日間ありがとうございました!

Report

[ 2013/02/25 update ]

ゲストは・・・電気グルーヴのお二人

今日は、電気グルーヴの石野卓球さんとピエール瀧さんにお越しいただきました。

明後日、2月27日に3年半ぶりとなるNEW ALBUM「人間と動物」がリリースとなる電気グルーヴ。
気になるタイトルですが・・・これまでの作品も含め、タイトルがその中身を表しているものはなくて、タイトルを聞いて、曲との関連性があるのかなぁと考えてもらったらいいな、という事でいつも考えているそうですよ。

そしてなんと、今回のアルバムのジャケットは電気グルーヴの元メンバーでもある砂原良徳さんがてがけられているんです!
パンダが魚を銜えているという木彫りの熊が・・・モチーフ?の絵ですが、元々はツアーグッズ用に砂原さんにお願いしたそう。しかし、上がってきたものが非常にすばらしいものだったので「ジャケットにしちゃえ」ということで、今回採用された、というお話をしていただきました〜。

今日は石野卓球さんのLoveなものについて伺いましたよ〜。
卓球さんのLoveなものは・・・ラジオ。
「聞くのも好きなんですけど、ラジオのマテリアル自体が好きっていう。で、僕、いろんなのを集めてまして、特にヴィンテージとかってわけじゃないんですけど、気に入ったラジオがあるとついつい買ってしまうクセがあって。今家に30台くらいあるんですけど。
FM用・AM用っていうのと、全部の部屋のラジオをつけて、その移動中に聞く用の携帯ラジオとか、いいんですよね、落ち着くんですよね、何か。
全部の部屋と全部のトイレと、階段と廊下と…。ただ、今、新しい家に引っ越したんですけど、そこがなんか鉄筋の関係でAMラジオが全然入らないんですね。なので、AM聞くときはラジコで聞いてるんです(笑)
僕、やっぱりモノラルラジオが好きなんですよ。チボリとか良くて。デジタルじゃなくてつまみでダイヤル回す感じのヤツ。あと、昭和のラジカセ。それこそ自分が中学生のころに使ってた戦艦みたいな色んな機能が載ったやつ。あぁいうのが好きなんです。トランシーバーついてたりとか。そういうの見るとたまんないですね。」
とラジオ談義に花を咲かせてくれました〜。

ピエール瀧さんのLoveなものも気になる!ということで、明日も電気グルーヴのお二人にお越しいただけることになりました〜!

お楽しみに!!

Report

[ 2013/02/21 update ]

ゲストは・・・阿部寛さん

今週は、坂本美雨が会いたい男性(イケメン)WEEK!と題してお送りしてきました。

“イケメン”WEEK最終日の今日も、昨日に引き続き阿部寛さんにお越しいただきました!

阿部さんが俳優になったのは「はいからさんが通る」という作品での伊集院少尉の役がきっかけ!当時、雑誌のモデルをされていた阿部さん。ちょうど阿部さんが表紙になっていた雑誌を見た監督が「この人でいこう!」と思ったことからオファーされたそう。
元々南野陽子さんのファンだった阿部さんですが、この役をやってみたらおもしろそうだ、ということで、ちょうど就職の時期も控えていたこともあり、
「兄弟の中で末っ子なんですけど、一人くらい普通の職業につかなくてもいいのかなって思って親父に相談したら“やってみろ”と言われたので、無謀にも飛び込んだっていう感じです。」とおっしゃっていました。

デビュー後、順風満帆に役者人生を歩んできたわけではないという阿部さん。
何も考えずに過ごす時期もあったということなんですが、ある時、誰にも会わずに過ごすのはもったいないと気づき、とにかく人に会って過ごすということを始めたらいろんな知り合いができて、仕事とは関係ない人だったけど、自分に与えられた役割やチャンスみたいなものがどんどん固まっていき、仕事が楽しくなったのが30代。
自分に対するオファーに可能性が無かったので、今、自分に色んな役が来るのが楽しい、
「俺にこれをやらせるのか。これ断ると思ってんな、やる!」というのが好きだとおっしゃっていました。

さて!現在公開中の映画「つやのよる」についてもお話していただきましたよ!
「我武者羅に、自分の愛したものに誠実に生きていく男」を演じられている阿部さんですが、ここまで人を愛せるって幸せだなと思わせてくれる役だそう。
基本的には女性たちで紡がれる、嫉妬や待っている女性など、いろんな“愛のかたち”を追い求める物語となっています。
「今回は本当に生々しい女性のリアルを描き切ったという感じがしますよね。だから、女優さんたちが本当にのびのびやっているというか、こんな表情見せるかというのを監督に引き出されているというか。」とおっしゃっていたので、こちらも見どころですね〜。

「メモリーズコナー」は23日から全国ロードショーです!そして、「つやのよる」は絶賛公開中となっています!

Report

[ 2013/02/20 update ]

ゲストは・・・阿部寛さん

今週は、坂本美雨が会いたい男性(イケメン)WEEK!と題してお送りしています。

3日目の今日は、阿部寛さんをお迎えしました。
先日、「麒麟の翼」「テルマエ・ロマエ」「カラスの親指」でブルーリボン賞、主演男優賞を受賞された阿部さんなんですが、特に、テルマエ・ロマエは印象的でしたよね〜。

台本をもらった時、古代ローマ人の役で、しかも全編裸!ということで、阿部さんのマネージャーさんはすぐに断るだろうと思ったそうなんですが、阿部さんはその作品が日本で人気だという事をテレビで見て知っていて「これを日本人でやって、俺にその話が来たんだったら、やってみたら面白いだろうな。やりすぎなきゃ面白いことになるだろう。」と思って引き受けたんだとか。撮影は3月から始まったため、非常に寒かった、というお話も。
発表されたばかりの「テルマエ・ロマエ2」のお話も少し伺う事ができましたね。出来上がりが楽しみ!
第一回国民的平たい顔コンテスト、優勝者の方は10万円の賞金とテルマエ・ロマエへの出演権が獲得できるということですので、60歳以上の味わいのある日本人顔の男性、気になった方は公式サイトをチェックしてみてください。締め切りは22日!だそうですよ!

そして、今週末に公開となる「メモリーズコーナー」のお話も伺いました。
フランス映画なんですが、阪神淡路大震災から15年経った神戸を舞台に描かれている作品です。主人公のフランス人記者をデボラ・フランソワさん、通訳を西島秀俊さん、そして震災で家族を亡くした孤独な男性を阿部寛さんが演じられています。
フランス映画らしく、抽象的な表現で、観終わった後に各自いろいろ考えられる作品となっています。
こちらの作品の監督は新人の方なんですが、フランスには、輪廻転生という考え方、人が亡くなった後も、みんなの心の中に生きているという考え方があまりないそうで、そこに監督は興味を惹かれ、今回、神戸をテーマに人の想いは現在・過去・未来、永久にに続いていくという事を表現したかったとおっしゃっていたんだとか。
今回の映画で阿部さんは英語、西島さんはフランス語に挑戦されています。これも見どころの一つ・・・!

もっともっと阿部さんのお話を伺いたい!という事で、阿部さんには明日もお越しいただくことになりました!!明日もいろいろ伺いますよ〜。お楽しみに!

Report

[ 2013/02/19 update ]

ゲストは・・・浅野忠信さん

今週は、坂本美雨が会いたい男性(イケメン)WEEK!!と題してお送りしています。

二日目の今日も、昨日に引き続き俳優の浅野忠信さんにお越しいただきました。
某ブログで4コマ漫画の連載をされている浅野さん。ヘタうまというか・・・味のある4コマ漫画ですよね〜。元々4コマ漫画も好きで、雑誌などで「1P書いてください」と言われた時などに書いていたそうなんですが、ある時、ブログをやってほしいと提案され、ブログは書けないけど4コマなら・・・ということで始めたのがきっかけで、現在まで続いているということでした。

実は以前、浅野さんはNHKの「ファミリーヒストリー」という番組に出演されているんです。会ったことのないおじいさんの足跡を辿るという内容なんですが、おばあさんが覚えていた名前と、軍の認識番号くらいしか手掛かりが無かったものの、浅野さんや周りの人が一生懸命探してくれた、というお話をしていただきました。

作品に臨む時はまず台本を理解することが一番だとおっしゃった浅野さん。
「読んでも読んでも理解できない時もありますし、一回読んだだけで完全に自分の中に役が入ってくる時もありますし…。
ホントだから、ちょっとしたことだと思うんですよね。全部を読めばいいってことでもなかったり、意外と自分が出てないシーンを読んだ時にその世界観がわかったりとか。そのポイントを見つける作業というか……」というお話もしていただきましたよ。

浅野忠信さんが出演されている映画『47RONIN』は、今年公開予定となっています。

浅野さん出演作品などの詳しい情報は、公式HPをチェックしてみてくださいね。


浅野さんが描いてくれました!4コマ漫画風坂本美雨でございます!サイン入りです!貴重!!

Report

[ 2013/02/18 update ]

ゲストは・・・浅野忠信さん

今週は、坂本美雨が会いたい男性(イケメン)WEEK!と題してお送りします!

今日は、海外でも活躍されている俳優の浅野忠信さんをお迎えしました!
動画投稿サイトYOUTUBEには浅野さんのチャンネルも有って、そこで短編映画なども公開されていたり、バンド活動をしたりと様々な活動をされていますね〜。

海外でもたくさんの作品に出演されている浅野さんですが、海外の人たちの取り組み方がしっくりくる、要求されるものもはっきりしているし、自分も意見をしっかり言うし、刺激も多い、というお話をしていただきました。

そして今日は浅野さんのLoveなこと、うかがいました!
浅野さんのLoveなことは・・・照明?!
「最近引越しをして、部屋を片付けたりするなかで、大分落ち着いてきたので・・・照明に凝りだしたというか。部屋ってやっぱ光によって見え方が違うじゃないですか、だから、電球買いに行ったりとか、そういうことばっかりやってて。暗くしてることが多いですけど、明るいのもすごい好きなんです。だから、明るいときも照明のカバーを変えたりして・・・何やってもうまくいかないときってあるじゃないですか、何で一回一回ぶつかるんだろうなってなることが多くて、電球のカバーとか買って、こうガシャっとつければいいだけなんですけど、合わなかったりするんですよね。なんでこうなるんだろうと思って。照明付いてるやつをネジからはずしたりして、どうすれば付くんだろうって考えたら、金具みたいな出てるやつを折ればいいってことに気が付いて。で、つくなって思ったらまたつかなかったり。これを電気屋にたのんだら幾らくらいかなとか、自分だったら幾らくらい取るかなとか、考えてますね。」
というエピソードをお話いただきました〜。

ちょっと・・・浅野さんのお話をもっと聞きたい。。。ということで、明日も、お越しいただくことになりました!!

お楽しみに!!!

Report

[ 2013/02/15 update ]

来週のディアフレンズは・・・

来週は、坂本美雨がお会いしたい、憧れの「男性」。。。。。と書いて「イケメン」WEEK!!!

2月18日(月)・19日(火)のゲストは・・・

浅野忠信さん!

2月20日(水)・19日(木)のゲストは・・・

阿部寛さん!



Report

[ 2013/02/14 update ]

ゲストは・・・AIさん

バレンタインデーですね!今日は、シンガーソングライターのAIさんにお越しいただきました〜。

昨日、2月13日にNEW SINGLE「VOICE」がリリースとなったAIさん。
現在放送中のドラマ「夜行観覧車」の主題歌となっていますが、
「何かあった時に人に崩れてほしくない、いろんな人がいて、毎日いろんなことが有って疲れてる人もたくさんいるけど、その中でも日々頑張って仕事をしていかないといけない人もたくさんいるじゃないですか。子供の為、親の為、自分の向かってる事の為・・・だから、どんなことがあっても進めるような力を持ってて欲しいと思う。そういう自分の人生だけでも大変なのに、他の、例えば国同士の争いだったり、いじめだったり、そういうのはホントにいらないと思うんです。ちょっと愛があったら違うんじゃないかなっていうところが、今回の曲に入れ込みたくて。」とおっしゃっていました。

そして、NEW SINGLE「VOICE」のスペシャル盤には9曲も収録されているんです!
海外から呼んだクワイヤーの方と共演したディナーショーの公演を収録したものなんですが、AIさんの歌のルーツも実はゴスペルなんですね。
高校生の頃アメリカに留学して、その時に教会に入ってゴスペルを聞いて、涙も出てきてウワッてきて、「私もあそこで歌いたい!」と思ったのがきっかけだったそうですよ。
鹿児島で生まれて鹿児島で育ったのでそんなに思ってなかったけど、教会に行くようになって、何かあるかもなぁ・・・と思うようになったというAIさん。
今、ご自身が書く歌詞にもそのころに習ったこと、そこで感じたことが通じている、教会で歌ってきた曲と自分の言う事が何かある・・・というお話もしていただきました。

昨日発売されたAIさんのNEW SINGLE「VOICE」、リリースに合わせて特別企画がある!ということですので、チェックしてみてくださいね。
詳細は、AIさんの公式HPをご覧ください。

Report

[ 2013/02/13 update ]

ゲストは・・・JUN SKY WALKER(S)の宮田和弥さん

今日は、JUN SKY WALKER(S)のボーカル・宮田和弥さんをお迎えしました。

昨年完全復活を宣言し、16年ぶりのオリジナルアルバム「LOST&FOUND」をリリース、全国ツアーも行ったジュンスカですが、その後わずか半年という短い期間でNEW ALBUM「FLAGSHIP」が完成!今日はそのアルバムの記念すべきリリース日!なんですね〜。

「2枚で一つじゃないんですけど、「LOST&FOUND」で入れなかった曲が「FLAGSHIP」に入ってたり・・・それこそ、この中に入ってる「マザー」っていう曲は「LOST&FOUND」より前に歌録りとかもしてたりするような感じで。2枚出そうというような、なんとなく青写真みたいなものが有って、ですね。」とおっしゃっていた宮田さん。
アルバムのコンセプトについて、ジュンスカのファンの方も30代後半〜40代になり、会社でも中堅になり、自分たちもバンドの中でそういう位置にいて、という等身大を歌えれば、という形で全体がある、というお話をしていただきました。

さて、2012年に完全復活したジュンスカですが、なんと今年、2013年はメジャーデビュー25周年というアニバーサリーイヤー!
解散した時は絶対2度とやらない、と思っていたんだそうですが、5年前、ドラムの小林さんの呼びかけでメンバーが集まり、20周年ということで色んなフェスやイベントに出演したところ、ファンの皆さんから「ありがとう!」と言われたり、熱狂ぶりを見て、自分たちの気持ちも一つになり、今のジュンスカ世代をJUN SKY WALKER(S)という音楽で支えていかなきゃな、という思いで25周年を迎えることになったとか。

「今回、虹っていう曲が有って、これはトリコっていうアニメに使われてる曲なんですけど、そういうのに使われると子供たちがワイワイ言うじゃないですか。そうすると親が「これはお母さんが昔聞いてたバンドなのよ」じゃないけど、そういう時にガチャっと繋がっていくというか。子供たちのために作ったわけじゃなくて、僕らはいつものジュンスカ節を書いてるだけなんだけど、なんかそれがアニメを通してだったり、どっかで繋がっていくのかなって、面白いなって思うんですけどね。この不変的なものって伝わっていくし、僕らが遡ってローリングストーンズやビートルズを聞いたように、若い人たちが掘り起こしていってくれて、聞いてくれたら嬉しいなと思うし。でも、若い人に合わせて作っちゃうとこけちゃうというか、メッセージも媚びたものになってしまう。」
とおっしゃっていた宮田さん。

今のJUN SKY WALKER(S)がたっぷり詰まったNEW ALBUM「FLAGSHIP」は本日リリースです。
そして、今年も3月からツアーが始まります!
東京公演は4月5日(金)、Zepp DiverCityとなっています。詳細はJUN SKY WALKERSの公式HPをチェックしてみてくださいね。

Report

[ 2013/02/12 update ]

ゲストは・・・安齋肇さん

今日も、昨日に引き続きイラストレーターの安齋肇さんにお越しいただきました!

実は坂本美雨とスタッフ一同、安齋さんが時間通りに来るかがちょっと不安だったんです・・・が、昨日も今日もちゃんとオンタイムでお越しいただけました!
最近はちゃんと時間に行けるようになったという安齋さん。心理カウンセラーの方に相談をされたそうで、
「遅刻をする人は、完全主義者的な傾向がある。一つのことがやめられなくて、それを最後までやってしまうから、次の仕事に遅れてしまう。」と言われたんだとか。
そこで、ちゃんと時間に来れた日は自分にご褒美を与えなさい、ということを教えてもらってから、遅刻は減ったということですよ。

昨日伺ったLoveなことは「Love」!だった安齋さんですが、今日も伺いました〜。
今日お聞きしたLoveなことは・・・シール!
「僕、シールが好きなんですけど、デザイナーだったりするので、シール1個のデザインとかもすごく一生懸命気を使ってやってたりとかしたっていう思いもあり、ある時からシールが捨てられなくなったんですよ。何か買うと、そのシールを剥がしてアドレス帳に貼ってたんです。そしたらそのうちにアドレス帳が埋まっちゃって、アドレスがわかんなくなっちゃったんです。もういいやと思って、シールブックにしようと思って貼りだしたんです。
考えたら、日記なんですよね。僕が食べたり買ったり使ったりしたものに貼ってあったシールを貼ってあるだけなので・・・
今、シールバブルなんですよ。今コンビニとかが、すんげぇ量のシールが貼ってあるんです。たとえば、ホントに飲み物とか買おうとすると半分下がシールになってるようなもので貼ってあるでしょ?あと何とかの賞もらいました、とか、お早めにお召し上がりください、とか。
こう、剥がすじゃないですか、剥がす時間がすげぇ長いんですよ。1時間くらいかかるときもある。その間に、どこに貼ろうかなって眺めてウィスキーのお湯割とか飲んでるんですよ。ワインのラベルも最近はシールなんです。あまりに世の中にシールが氾濫していて、今実は困ってるんです。
で、これをこういう番組とかで言うと、知り合いから送られてくるんですけど、それは要りませんから。日記なんで、基本的に。食べたもののシールとかを貼らないと意味が無いわけです。20%OFFとかのシールも、20%で何のパンツ買ったかなぁとかを思い出すっていうのが楽しいの。色々今やたら貼ってますから。楽しいですよ。CDなんか絶対貼ってるから、毎週2個は集まります。」
というお話をしていただきました〜。

安齋肇さんが絵を担当されたWASIMOの絵本、応募締め切りは本日です!
こちらのトップにある応募フォームから、番組の感想も添えてご応募ください。
「WASIMO」は小学館から発売されていますよ〜。

安齋肇さん、二日間ありがとうございました!

Report

[ 2013/02/11 update ]

ゲストは・・・安齋肇さん

今日は、イラストレーターの安齋肇さんをお迎えしてお送りしました!

放送内でもご案内しましたが、
安斎肇さんがイラストを書かれている絵本「WASIMO」を
3名様にプレゼントします。
「欲しい!」という方は、番組の感想を添えて、連絡先、ご住所を記入し、上記の応募フォームからご応募ください。
※締め切りは、明日・12日(火)です。たくさんのご応募、お待ちしてます!!
(当選者は、発送をもって変えさせて頂きます)

応募フォームは↑↑↑↑

そして、リスナーさんからお問い合わせのあった
ディアフレンズのオープニングとエンディングで
使っている楽曲は、
★アーティスト/LUSRICA(ラズリカ)
★タイトル/Memory Lane Follows(オープニング)
      Nocturne(エンディング)
★レーベル/Introducing
アーティスト情報など詳しい事は
http://www.myspace.com/introducingproductions

をチェックしてみてください。

さて、安齋肇さん、公式の肩書きはイラストレーターなんですが、“自称”ソラミミストでもあり、様々な活動をしてらっしゃいます。
小学生のみなさんには、小学一年生で連載されていた「WASIMO」の絵でよく知られているかもしれません。
こちら、宮藤官九郎さん作、安齋肇さん絵で構成されている絵本なんですが、実にボリューミー・・・。
タモリさんも「いいね、この本。重たい。」とおっしゃっていたとか。
半年ほど連載されていたこの作品。物語はまず、主人公のおばあちゃんが亡くなってしまうところから始まります。
おばあちゃんが亡くなって、孫のひよりちゃんが悲しんでいたところ、お父さんがおばあちゃんそっくりのロボットを作ってあげて、そのおばあちゃん型のロボットがいろんな事をするということなんですが、おばあちゃんそっくりのロボット・・・イラストレーター泣かせですよねぇ・・・

安齋肇さんのLoveなことも伺いましたよ!
「あんまり何でも3.11以降っていうと意味が違うかもしれませんけど、展覧会とかやるときに、色々思うことがあるじゃないですか。いつもダジャレとか下ネタとかで展覧会やってるから、もうちょっとなぁ・・・って思って。
急に、『Love』っていう字をいっぱい書きたくなった。元々デザイナーなので、文字を作るとか文字を並べるって言うことに興味があったんですけど、それを『Love』っていう文字に絞って書いてみようと思って。一日90枚くらいばーって書いて、それで展覧会やったんです。いろんなLoveを書くのが楽しくなって、今年やった展覧会でも「Love」って書いてみたんですけど。
キャラクター書くのも好きなんですけど、文字も同じようにこんなLとかOとかVとかってなっていって楽しいんです。」
とおっしゃっていたんですが、Tシャツを作るのも好きだという安齋さん、なんと、Tシャツも持ってきてくださいました!こちらのTシャツにもLoveという文字がありますよ〜。

話が全然尽きません!ということで、明日も、ディアフレンズにお越しいただけることになりました!
お楽しみに!!!

Report

[ 2013/02/07 update ]

ゲストは・・・前田隆弘さん

今日は、ライターの前田隆弘さんにお越しいただきました。

普段はフリーランスでライター、編集のお仕事をされている前田さん。
著書として初となるのが昨年12月に発売された「何歳まで生きますか?」という本で、これは元々インターネットで連載されていたんです。
「何歳まで生きますか?」という質問を持って、たくさんの方にインタビューをしているということなんですが、漫画『モテキ』の作者・久保ミツロウさんや、シンガーソングライターの二階堂和美さん、ZAZEN BOYSの向井秀徳さんなどなど・・・お話を聞いてみたい方々ばかり。
このインタビューをすることになったきっかけについて、
「この本は、要は死について語ってる本なんですけど、本屋さんに行けば、死について語ってる本って割とあるんですよ。でもそれは「どうやって人生の終わりを迎えるか」みたいな、中高年向けみたいな感じがしてて、自分の世代の死のリアルさっていうのは全然語られてないなと思ったんですよ。でも、死ぬのって特別なことじゃないっていうか、みんなに与えられてるものだから、ホントはみんなが考えるようなテーマであってもいいはずなのに、僕の世代の死生観がないなと思ったのがきっかけですね。」とおっしゃっていました。
いろいろな人たちにインタビューをしてきた前田さんですが、ご自身は「できるだけ長生きしたい」そう。
久保ミツロウさんが、インタビューの中で不老不死になりたいとおっしゃっていて、前田さんも、不老不死とはいかないまでも生きられるだけ長く生きたい、悲しいこともあったりするけど、それも含めて広い意味でのエンターテイメントだ、みたいなところはある、ということなんですが、
「インタビュアーとしてこの本に関わることで、結果的に自分も向き合う作業になってくるというか、僕がこの本で聞きたかったのは、タイトルは「何歳まで生きますか?」なんですけど、それじゃ60歳まで生きます、って言われてそれで終わりじゃなくて、それはあくまでもきっかけなんですよね。だから、この問いをスタートにいろいろ考えることによって、生きる死ぬとか寿命に限った事じゃなくて、それを考えることによっていろんなことが連鎖的に考えが湧いてくるんですよね。仕事はどうしたらいいかとか、今後どうしたらいいかとか、そういうのをどんどん・・・30代だから、現役でモノを作ってたりする人たちばかりなので、生きる死ぬっていう質問はホントにただのスタートラインで、自分は今どういうスタンスで生きているのか、プラス仕事をしているのか、っていうのを引き摺り出すっていうことに、結果的になったと思いますね。」というお話もしていただきました。

前田隆弘さんの著書『何歳まで生きますか?』はパルコ出版から好評発売中です。
本屋さんでチェックしてみてくださいね。

Report

[ 2013/02/06 update ]

ゲストは・・・Tiaraさん

今日は、“新世代の恋の伝道師”、Tiaraさんにお越しいただきました〜。
先月、4枚目となるアルバム「Emotion」をリリースされたTiaraさん。
今回のアルバムは“12編のラブストーリー”というコンセプトが決まっていて、Tiaraさん含め12人の女性シンガーソングライターの方がラブソングを書いているんですが、これがまた豪華なラインナップ!
広瀬香美さん、岡本真夜さん、矢井田瞳さん、EPOさん、古内東子さんなどなど。。。恋の伝道師だらけ!グッと来る歌詞の多いこと・・・坂本美雨も思わずトークが止まってしまいました・・・

そんなTiaraさん、Loveなもの、伺いましたよ〜。
TiaraさんのLoveなものは・・・マヨネーズ?!
「ファンの方の中では結構マヨラーって知られてるんですけど、今朝も、白いご飯に納豆を乗せて、マヨネーズをかけるとすごいおいしいんですよ。それをやってきました。
よくびっくりされるのが、日本そばにマヨネーズっていうのが・・・サラダうどんのそばバージョンなんですけど。
ちょうど昨日、豆乳マヨネーズっていうのを見つけて、全部豆乳で出来てるっていう、味も他のとそんな違わないのに、カロリーもオフされてて、これはいいぞと。もう、家に5,6個種類があります。海外の食品を売ってるスーパーとか行くと、マヨネーズが瓶で売ってて、食べたことない味だとついつい買ってみたりとか。」と、マヨネーズに対する熱い思いをお話いただいて坂本美雨も興味深々に聞いていたんですが、実は坂本美雨、マヨネーズが苦手というオチでした〜(笑)

さて、NEW ALBUM「Emotion」リリース記念のイベント、そしてライブも決定しているTiaraさん!イベント会場やライブの日程など、詳しい情報はTiaraさんの公式HPをチェックしてみてくださいね。

Report

[ 2013/02/05 update ]

ゲストは・・・矢野顕子さん


今日は、矢野顕子さんにお越しいただきました。
明日、2月6日にカバーアルバム「矢野顕子、忌野清志郎を歌う」がリリースとなる矢野さん。
「ピアノと歌だけのアルバムっていうのを定期的に出してるんですけど、そろそろその時期になってきたということで、考えてみたら、その時々で歌いたい歌を集めるよりも、一人の人に焦点を当ててその人の歌を全部歌ってみたい、という話をして、始めに忌野清志郎はどうだろうって話をしたら、みなさん大賛成してくださって、という形ですね。選曲は、これはもう私が、矢野顕子が歌いたい曲、というのみですね。自分で選ぶ作業をしてる時って言うのはいろいろ段階があって、まずバアーっと大量の、多作家でいらっしゃるので、その中から20に絞り、15になり・・・みたいな。で、そこから更に歌詞カードを見ながら自分でアレンジ始めて、それからアレンジが決まったものがこの10曲。決まらなかったものもありましたけどね。」とおっしゃっていました。

歌詞というものは、作者は、自分がこの歌詞を書いて、こういう人間だと判断されてもいいという想いで書いてると思うんだけど、つまりはそういう曲を書いた人と同じ思いを、同じ価値観をある種ちゃんと持てるかどうか、ということなんじゃないかというお話もしていらっしゃいました。ちなみに、坂本美雨にとって忌野清志郎さんは“気付いたらお父さんとキスをしている人”だったんですが、そんな忌野さんと矢野さんの出会いは、ルージュマジックのレコーディングの際、音響ハウスだった・・・はず・・・らしいですよ。

今回のアルバムは10曲中8曲が弾き語り、2曲が松本淳一さんのアレンジということなんですが、矢野さんは松本さんに、キーだけ「この辺で」という指定をしたんですが、あとは好きにやって、とお願いされたんだとか。どんな形でも私は歌えるから、とおっしゃったというお話だったんですが、ほんとにすごくかっこいい楽曲となっていましたね〜。

そして、高校生のころからお金をもらってピアノを弾いていた・・・というエピソードもありましたが、その当時からピアノで生きていくとしか思っていなかった、とおっしゃっていた矢野さん。
なんと今年はピアノを弾き始めてから55年!すごい・・・ずっとピアノを引き続けるためにやっていることは、
「健康に気をつけることと、機嫌よくいること。」だそうですよ。

明日、2月6日にカバーアルバム「矢野顕子、忌野清志郎を歌う」をリリースされる矢野顕子さん、4月からはツアーもあります!
詳細は矢野さんの公式HPをチェックしてみてくださいね。

Report

[ 2013/02/04 update ]

ゲストは・・・怒髪天の増子直純さん


今日は、怒髪天のボーカル・増子直純さんにお越しいただきました。

来年、結成30周年を迎える怒髪天。結成当時はパンクバンドとして結成されましたが、現在は“リズム&演歌”という新しいジャンルを作っていますが、
「昔は、格好ばかりこだわっちゃって、だけど自分の色を出していくと元々自分の中に入ってる歌謡曲だったり演歌だったりが滲み出てきちゃうんだよね、特に働けば働くほど。ブルースって、日本で言うと演歌、労働感とかね、でも、それを度外視したところから日本のロックって始まっちゃったから、そこは取り戻したほうが絶対いいだろうということで、俺たちがやる!ということで。。。だいぶ笑われましたけどね。外国の人が見ると、見たこと無いから喜んでくれますね。」とおっしゃっていました。

そんな怒髪天、今年、大きな発表が!ありました。
来年、結成30周年ということで、2014年1月12日、日本武道館でのライブが決定!
結成から、ここまで来るのに30年かかったから、次の30年は無いかもしれない!ということで、大きな武道館、先に発表しておけばみんなが予定をあわせられるだろうと、この時期の発表になったんだとか・・・
そして、今年最初のシングル『日本列島ワッショイ計画』が1月にリリースされたばかりなんですが、初回特典には、怒髪天のメンバーが日本武道館までの道を語った映像が収録されたDVDが付いているんだそう。
カップリング曲の「ニッポン・ワッショイ」は、武道館に向けての盛り上げソングということなんですが・・・最初は演奏をバンドでやっていたんですが、どうしても、音頭はこれじゃないなということで、三波春夫さんの曲などを担当された、アレンジャーの池田先生にお願いしたら、とんでもない良いオケが来てしまったので、4人で演奏やめようぜってなって、歌うだけにした、というお話もしていただきました〜。

怒髪天の日本武道館公演、2月15日から先行予約が始まります!
この公演へ向けての今年のライブスケジュールも発表されました。
詳しい情報は、怒髪天の公式HPをご確認ください。

Report

[ 2013/02/01 update ]

ゲストは・・・安齋肇さん

今日も、昨日に引き続きイラストレーターの安齋肇さんにお越しいただきました!

放送内でもご案内しましたが、
安斎肇さんがイラストを書かれている絵本「WASIMO」を
3名様にプレゼントします。
「欲しい!」という方は、番組の感想を添えて、連絡先、ご住所を記入し、上記の応募フォームからご応募ください。
※締め切りは、本日・12日(火)です。たくさんのご応募、お待ちしてます!!
(当選者は、発送をもって変えさせて頂きます)

応募フォームは↑↑↑↑

実は坂本美雨とスタッフ一同、安齋さんが時間通りに来るかがちょっと不安だったんです・・・が、昨日も今日もちゃんとオンタイムでお越しいただけました!
最近はちゃんと時間に行けるようになったという安齋さん。心理カウンセラーの方に相談をされたそうで、
「遅刻をする人は、完全主義者的な傾向がある。一つのことがやめられなくて、それを最後までやってしまうから、次の仕事に遅れてしまう。」と言われたんだとか。
そこで、ちゃんと時間に来れた日は自分にご褒美を与えなさい、ということを教えてもらってから、遅刻は減ったということですよ。

昨日伺ったLoveなことは「Love」!だった安齋さんですが、今日も伺いました〜。
今日お聞きしたLoveなことは・・・シール!
「僕、シールが好きなんですけど、デザイナーだったりするので、シール1個のデザインとかもすごく一生懸命気を使ってやってたりとかしたっていう思いもあり、ある時からシールが捨てられなくなったんですよ。何か買うと、そのシールを剥がしてアドレス帳に貼ってたんです。そしたらそのうちにアドレス帳が埋まっちゃって、アドレスがわかんなくなっちゃったんです。もういいやと思って、シールブックにしようと思って貼りだしたんです。
考えたら、日記なんですよね。僕が食べたり買ったり使ったりしたものに貼ってあったシールを貼ってあるだけなので・・・
今、シールバブルなんですよ。今コンビニとかが、すんげぇ量のシールが貼ってあるんです。たとえば、ホントに飲み物とか買おうとすると半分下がシールになってるようなもので貼ってあるでしょ?あと何とかの賞もらいました、とか、お早めにお召し上がりください、とか。
こう、剥がすじゃないですか、剥がす時間がすげぇ長いんですよ。1時間くらいかかるときもある。その間に、どこに貼ろうかなって眺めてウィスキーのお湯割とか飲んでるんですよ。ワインのラベルも最近はシールなんです。あまりに世の中にシールが氾濫していて、今実は困ってるんです。
で、これをこういう番組とかで言うと、知り合いから送られてくるんですけど、それは要りませんから。日記なんで、基本的に。食べたもののシールとかを貼らないと意味が無いわけです。20%OFFとかのシールも、20%で何のパンツ買ったかなぁとかを思い出すっていうのが楽しいの。色々今やたら貼ってますから。楽しいですよ。CDなんか絶対貼ってるから、毎週2個は集まります。」
というお話をしていただきました〜。

安齋肇さんが絵を担当されたWASIMOの絵本、応募締め切りは本日です!
こちらのトップにある応募フォームから、番組の感想も添えてご応募ください。
「WASIMO」は小学館から発売されていますよ〜。

安齋肇さん、二日間ありがとうございました!