Report

[ 2013/05/30 update ]

ゲストは・・・宍戸大裕監督

今日は、今週末、6月1日から公開のドキュメンタリー映画「犬と猫と人間と2」の監督、宍戸大裕さんをお迎えしました。
先日、「犬と猫と人間と」の監督・飯田基晴さんをお迎えした際は動物達の殺処分についてお話を伺いましたが、今回の映画はサブタイトルが“動物達の大震災”となっていて、被災動物をテーマに撮影されています。

撮影が始まったのは2011年3月19日、震災直後からなんですが、最初は地元の人の生き抜く姿を映したいと思っていたという宍戸監督。実際に宮城県名取市のゆりあげ地区に行ってみると、誰にも話を聞くことができず、何も撮れなかったんだそう。
そんな中、前作の「犬と猫と人間と」を石巻で上映する企画がその年の5月に有り、その主催をしている動物愛護団体「アニマルクラブ石巻」の代表・阿部智子さんと連絡が取れない、と前作の監督の飯田基晴さんから聞いた宍戸さんが現地に行ってみると、阿部さんは無事だったけど被災した動物達が過酷な状況に置かれている、ということを知ったことがきっかけで動物にカメラを回すようになったんだとか。

映画の中では犬や猫だけでなく、牛の事も取り上げています。
原発事故後、避難出来なかった犬や猫、牛をはじめとした家畜達も取り残されていると報道されていましたが、
「活動されている方から家畜が取り残されているっていうのを聞いてもなかなか興味が持てなくて。また、犬と猫の映画に牛を入れるという事がイメージが出来なかったんですけど、その活動をしている人から「牛たちの惨状を記録しておいてほしい」と頼まれて、それならばって家畜の様子を見に行ったんですね。そしたら、すごい悲惨な状況に取り残されていて。家畜やペットっていう分け方じゃないんだなって事をすごく感じて、取り残された命っていうもので衝撃を受けてしまって。これは、取り残された一つの牛の命として伝えたい、と思いました。」とおっしゃっていましたが、この取り残された牛たちの命を繋ごうと活動している福島県浪江町にある“希望の牧場”と“やまゆりファーム”のお話も映画に出てきます。
「僕はそれまで牛たちの悲惨な姿しか見てなかったので、そこで生きている牛がのどかに草を食んでる姿を見て「生きてるっていいな」って、ほんとにほっとして嬉しくなって、みんなの姿を撮り続けたいな、これを伝えたいなと思いましたね。」というお話もしていただきました。

宍戸大裕監督のドキュメンタリー映画「犬と猫と人間と2 動物達の大震災」は、明後日6月1日、渋谷のユーロスペースから順次公開となりますが、実は! 6月15日、ユーロスペース・14時の回に行われるトークショーには坂本美雨も参加いたします。
劇場など詳しい情報は「犬と猫と人間と2 動物達の大震災」公式HPをチェックしてみてくださいね。

Report

[ 2013/05/29 update ]

ゲストは・・・ハナレグミの永積崇さん

今日も、昨日に引き続きハナレグミの永積崇さんをお迎えしました!

先週リリースされたハナレグミ初のカバーアルバム、タイトルは「だれそかれそ」。
“たそがれ”という言葉の原型が“誰そ彼”なんですが、これは夕方の時間帯を表す言葉。この時間帯が段々と遠くの人がうすぼんやりしてきて「あれ誰かな、あいつかな、彼かな」となったことから“誰そ彼”→“黄昏”となったんだとか。
永積さんはこの時間帯がお好きだということなんですが、
「黄昏時ってドラマチックだなと思ったし、思い返してみると、自分の住んでる街とか、生まれ育った時間の中で、黄昏時って自分の中で大事にしてると思った。あと、今回の選曲が今まで好きだった曲を歌って、自分の中の長い時間のサントラのような気がして、そのサントラはどの時間も黄昏時って感じがして。」とおっしゃっていました。

今回のアルバムの中で坂本美雨がどうしても気になったのが「エイリアンズ」なんですが・・・
「エレキギターで弾き語りっていうのを完成させたいなと思ってて…この曲大好きで…キリンジの曲って、コードがすごく細かく展開してて、俺の技術ではパッとは弾けないっていうか(笑)それを、ディレイを使って伸ばして、その上で朗読風に歌いたいなと思って。
そうやってアレンジしていって…でも、このアレンジになって、より詞の世界の意味が自分の中で深まって。。。一見異様なものと自然が一緒になってるところで帰る場所を見失ってる俺らなのかなって。でも、そういう俺らも愛しいなっていうか。」というお話を聞いた後に聴くと注目するところも変わって印象も違うかもしれませんね〜。

9月には、カバーアルバムを引っ提げてのツアーも始まるハナレグミ。
夏はいろんなフェスにも出演予定となっているということですので、最新情報はハナレグミの公式HPをチェックしてみてくださいね。
永積崇さん、2日間ありがとうございました!!

Report

[ 2013/05/28 update ]

ゲストは・・・ハナレグミの永積崇さん

今日は、ハナレグミの永積崇さんをお迎えしました。

坂本美雨と“おお雨”というユニットを組んでいるおおはた雄一さんが実はハナレグミのツアーメンバーやアルバムのレコーディングなどにも参加しているという意外な繋がりもあるリアルフレンドな永積さんと坂本美雨。かれこれ10年以上の付き合い!

先週、ご自身初となるカバーアルバム「だれそかれそ」をリリースされたハナレグミなんですが、
「今回、自分もカバーアルバム作った時に、自分の今まで聴いてた曲とか、カバーの為に曲を選ぶんじゃなくて、今まで好きで聴いてた曲とかをカバーしてさ。オリジナルの人のを聴く前に、誰かがカバーしてるのを聴いてぐっときて自分もカバーしたくなるとか、そういうのあるよね。(THE BOOMの)“中央線”とかカバーしたけど、それは、高校生の時に友達がよく廊下で弾き語りでやってたんだよね。THE BOOMのカバーバンドをそいつがやってて、その友達が歌ってる中央線がすごい好きで、その時はまだTHE BOOMの音を聴く前に友達のを聴いてて。良い歌だなと思って教わって、練習して弾けるようになってからTHE BOOMのを聴いて。。。「友達のとちょっと違うな」とか、不思議な現象があったけどね(笑)」とおっしゃっていたんですが、そういう選曲だったんですね〜。

カバーというと、オリジナルに寄せるという印象がありますが、永積さんが歌うと永積さんの楽曲になっているという感じが・・・するような・・・気が!
「その世界に浸るのが好きだからかな。その人の歌う風に歌うというか、その人の歌を聴いてて、いっぱい妄想するんだよね。“いっそセレナーデ”だったら「きっと今頃東京のど真ん中で井上陽水が一日に百万とかものすごいお金を使いながら豪遊してるんだきっと!そういうきらびやかな世界カッコいいな!」とか、その曲がかかってる世界がきらびやかで、みんな綺麗なドレスとか着て、夢のような世界の歌なんだとか、そういうのを、カセットをぽちっとしながら寝る前に妄想しながら寝たりしてて。憧れの世界というか。」というお話もしていただきましたが、そのお話を聴いてからアルバムを聴き直すとちょっと印象が変わるかもしれませんね〜。

話が全然尽きない!ということで、永積崇さんには明日もお越しいただくことになりました〜。お楽しみに!

Report

[ 2013/05/27 update ]

ゲストは・・・川平慈英さん

今日は、川平慈英さんにお越しいただきました。
川平さんと言えば。。。サッカー!しかし、坂本美雨、あんまりサッカーに詳しくないんです…というわけで、来る6月4日・11日に行われるワールドカップアジア最終予選について少し教えていただきました〜。

試合のカギとなる海外組の皆さんがほぼぶっつけということで、少々不安も残るということなんですが、
「無条件な信仰、大事です。もちろん、油断は大敵です。相当厳しい戦いになります。オーストラリアも僕らに負ければかなりやばいので、死に物狂いでやってきます。先制点入れられる可能性…相当あります。でも、勝つんです!」
と川平さんに言いきっていただいたので、信じて試合に臨みましょう!
坂本美雨のお気に入りの遠藤選手と本田選手のコンビネーションも期待されますね〜。川平さん、試合の実況もされるということなので、こちらもお楽しみに。

熱くサッカーを語っていただいた川平さん。実は、50代にして劇団を旗揚げされました。
その名も「tABu 東京演者兄弟会」。今回、劇団の旗揚げ公演として新宿二丁目のゲイ社会のアンダーカルチャーを描く物語“オアシス〜僕らのいるべき場所〜”が新宿・SPACE107にて6月12日〜16日に公演予定となっています。
チケットはe+のHPもしくはケイファクトリーで取り扱い中となっています。
「どっちかっていうとプラスな、自分でいうのも何なんですけど、発散とか、熱、熱さ、そこは一切雁字搦めにして、演出家にも“僕の十八番は全部止めてくれ”と。なので、今、相当悪戦苦闘中でもがき苦しんでます。50歳になってもっと新しい自分に会いたいんですよね。それを見てもらいたいし。川平慈英はこういう面もあるけど、役者として違う面も強いんだなって、思われるような強い役者にまだまだなりたいんですね。」とおっしゃっていたので、今回の舞台ではいつもの元気なイメージの川平さんとは一味違う川平さんが観られる。。。かも?!
気になった方はチェックしてみてくださいね。

Report

[ 2013/05/23 update ]

ゲストは・・・キノコホテルのマリアンヌ東雲さん

今日は、キノコホテルの支配人、マリアンヌ東雲さんにお越しいただきました。

マリアンヌ東雲さん、イザベル=ケメ鴨川さん、ファビエンヌ猪苗代さん、ジュリエッタ霧島さんの4人で活動中のキノコホテル。
今月1日にミニアルバム「マリアンヌの逆襲」がリリースされました。60年代から80年代の日本のロックをカバーしている今回のアルバムなんですが、
「始めた当初は60’sから70年代頭にかけての雰囲気にどっぷりだった時期もあったけど、そこから変貌を遂げて、今のキノコホテルの最新形を打ち出したくて。ベーシストが昨年末に交代したんですよ、その子が結構ソリッドなプレーヤーなので、そういうのも考えて、今のキノコホテルでやることで新鮮に化けてくれるんじゃないかしらっていう基準で選んだけど、カバーとなるとやりたい曲がたくさんあるのよね、そこから絞るのが大変だったけど。。。キノコホテルのコンセプトとしては、日本語のロックというか、日本語の曲がやりたいというのがあるので、邦楽の中から選びました。」とおっしゃっていました。

そんなマリアンヌ東雲さんのLoveなものは・・・体にフィットする服
「基本的に家でいるときはキャットスーツを着て、ぼんやりうつろな目でシャンパンを飲んでおります。包まれてる感が心地良いのよ。通気性は非常に悪いです(笑)
だから、Loveはぴったりした素材に包まれること。
宅急便もそのまま出ます。たまに、お洋服を全く着ていないときに来ちゃうときも全然出ちゃいますけどね(笑)
キャットスーツいいわよ。確かにきゅっとして、また脱いだ時の解放感というか、包まれたいんだけど、そこから解放された時もまた別の気持ちよさがあって、気持ちよさを2回味わえるっていうか。」と語っていただきました〜。

現在“実演会”真っ最中のキノコホテル、東京公演は終わってしまったんですが、
「サロン・ド・キノコ〜淫力魔女の生贄・梅田編」が明後日、5月25日土曜日に大阪で行われる予定となっています。
そして、今月末には渋谷のオールナイトイベント「真夜中のヘヴィロック・パーティー」に出演が決まっているということですので、キノコホテルの最新情報は公式HPをチェックしてみてくださいね。

Report

[ 2013/05/22 update ]

ゲストは・・・原口あきまささん

今日は、原口あきまささんにお越しいただきました。

原口さんといえばモノマネ!ですが、原口さんのモノマネの必須アイテム“歯”は、全部で7種類お持ちだそう。明石家さんまさんのモノマネをする時にいつもつかってらっしゃる歯は、今のもので8代目になるとか。。。

モノマネというと骨格で似る人が変わるという印象がありますが、原口さんは一度見た人のモノマネはすぐに出来るんだそう…すごい!
「声を似せようとすると時間がかかるんです、中々。誰かがやってて僕もやってみようっていうのは、例があるからやりやすいんですけど、誰もやってないものをやろうとする時に、何から入るかって行ったらやっぱり動きとか、雰囲気ですよね…人の話を聞いてる時の立ち居振る舞いとか、喋ってる時の手のしぐさ、顔の表情とかから入るんですよね。
それがずっと発展してないのが柳葉敏郎さんですよね(笑)
モノマネ自体がリスペクトなんですよ。だから、好きにならないとできない。テレビ見てて“この人の発言笑っちゃうな”とか“この人の存在すごいおもしろいな”って思ったら、やってみようかなってなっちゃうんです。あと“誰もやってないなこの人”とか。あと、見てると“この人は他の人がやったほうがおもしろくなりそうだな”っていう見方をしちゃうんです。だから、好きな人の中でも、自分に合う人をやってます。」というお話、していただきました〜。なるほど。。。

そんな原口さんのLoveなことは・・・息子さんと遊ぶ時間!
「僕はそんな思わないんですけど、嫁さんが言うにはうちの子は天才だって言います(笑)リアクションとかすごいんですよ、もう。オフの日に、桃太郎さんとか金太郎さんとか 童話の読み聞かせとかするんですけど、なんかモノマネ入れないと僕も気がすまなくて。で、「さまぁ〜ずの三村さんの犬がやってきました」とか言ってやると、それを見て息子がキャッキャ笑うんですよ。大人とツボが一緒だったりするんですよ。で、それをすぐ真似てみたりとか。すごいんです。
俺がいない間に覚えてる言葉とか多くて…俺が休みでずっと家にいた時に、テレビ見てると、さんまさんのCMとか見ると“パパ”って言うんですよ。さんまさんは僕に見えてて、いつの間にかCMのフレーズを覚えてたりとかして「この後“ホンマや”っていうよ」とか、その発見がすごいなと思って。
今はさんまさんを僕だと思ってるので、さんまさんがテレビ映るときに“パパ”って言うので「うん、パパだよ」って(笑)さんまさんが出てるときは僕がまねをして出てるとずっと思ってるので、だから、それこそ僕はさんまさんだったり、とんねるずの石橋貴明さんだったりのモノマネのクオリティを下げれないんです。常に僕は勉強しとかないと駄目なんだなと思って。」とおっしゃっていましたが。。。二人目のお子さんが生まれたらダチョウ倶楽部さんの真似を・・・?!ともおっしゃっていましたね〜。

原口あきまささんが出演されるモノマネライブ【スペシャルものまねライブ「変人 vol.2」】は6月13日、14日に渋谷で開催予定となっています。
チケットなどの詳細は原口さんの公式HPをチェックしてみてくださいね。

Report

[ 2013/05/21 update ]

ゲストは・・・ギャル曽根さん

今日は、ギャル曽根さんをお迎えしました!

ギャル曽根さんと言えば大食いのイメージですが、小さいころからご家族揃ってたくさん食べるお家だったんだそう。
食べることも大好きなギャル曽根さんですが、実は調理師免許ももっているというお料理上手な一面もお持ち!
3月に新しいレシピ本「もっと大食いHAPPYダイエット」を出版されています。
こちらの本の帯部分には、旦那様とのお写真も掲載されているんですが、旦那様は半年で15kg、ギャル曽根さんも産後ダイエットで10kg痩せたんだそう。すごい!
一生結婚することはないと思っていたギャル曽根さんですが、旦那様と付き合って1年半で結婚されたというお話にぐいぐい食いついた坂本美雨でした。

そんなギャル曽根さんのLoveなことは・・・食べること?
「食べてる時が一番幸せなんです。でもやっぱり、息子が生まれてからは息子といる時間が一番幸せだなと思う時間に変わりましたね。
基本、主人が食べたいものをメインに考えていて、主人に“何食べたい?”って聞いてそれを作ってから、自分の食べたいものを別に作ったりとか。おかずは3品〜5品は作るようにしていて、おかずをメインに食べてほしいなと思っているので。
例えば、お米のカロリーを落とそうと思ったら、乾煎りした白滝をみじん切りにして一緒に炊きこんだりとかすると、半分こんにゃくでも全然わかんないんですよ。それだけでもご飯1杯だけでもカロリーダウンできるんです。とか、カルボナーラだったら、パスタを半分抜いて、白滝を半分足したり、生クリーム使わないで低脂肪牛乳で、コクを出すのにベーコンとコンソメ使ったりとかしてカロリーダウンしてます。そうやって考えながら試行錯誤して…」というお話もしていただきました。
ギャル曽根さんおススメのカツ煮もチェックしたいですね。

ギャル曽根さんのレシピ本「もっと大食いHAPPYダイエット」は好評発売中となっています。気になった方は本屋さんなどでチェックしてみてくださいね。

Report

[ 2013/05/20 update ]

ゲストは・・・岡村孝子さん

今日は、岡村孝子さんにお越しいただきました。
1982年に“あみん”でデビューして今年が30周年Yearの岡村さん。

3月に17枚目のアルバム「NO RAIN,NO RAINBOW」をリリースされているんですが、
「音楽って、自分にとって絵日記のような存在で、後で聴き返してみると「このころはこんな事を感じてて、この曲を書いた日はそういえば空の色がこんな色で風の匂いがこういう感じだったな」っていうのを自分はすぐ思い出せる存在なんですね。
絵日記みたいなワードで残していけたらいいかなって思うんですよね。最近は育児をしながら曲を作っているので、、、子供が小さい時は子供が寝ているベッドの横でとか、今は子供が学校に行ってる間にとか、そんな感じで日常の中で書いてます。」とおっしゃっていました。

そんな岡村さんのLoveなことは・・・ハワイ?!
「ハワイが好きで、疲れ果ててしまった時に充電と放電をしに、昔、アルバムを作る毎に行ってたんですけど…最近、12年ぶりに娘と母と一緒に行ってきました。
ハワイ島なんですけど、私が泊まったホテルは全然変わってなくて、いい空気が流れていて…ちょうど、ホテルの敷地の中に世界3大パワースポットがあるんですね。フィッシュポンドっていうのがあって。昔はそこがパワースポットだって全然知らなくて行ってたんですけど、確かにアルバムを書いて抜け殻のようになってスタッフのみんなと行ってて、みんなでそこでボーっとビーチを見てたりとかしてるだけで元気になって帰ってきてたんですけど。。。
今回は、本を見て、パワースポットがあるらしいということで、探検しようと思って「どこですか?」って聞いたら「そこです。」って。いつも見てたじゃないっていう(笑)」というお話をしていただきました〜。

そして、岡村孝子さん、もうすぐ全国ツアーが始まります!
「岡村孝子コンサートツアー2013"“T's GARDEN SPECIAL 〜NO RAIN, NO RAINBOW〜 ”」、今週末の5月25日千葉から始まり、8月30日の京都まで続きます。
そしてそして!アルバム「NO RAIN,NO RAINBOW」の発売と同時に、ライブDVD「OKAMURA TAKAKO PREMIUM LIVE 2012 CHRISTMAS PICNIC ENCORE 察廚皀螢蝓璽垢気譴討い泙垢里如⊂楮戮浪村さんの公式HPをチェックしてみてくださいね。

Report

[ 2013/05/16 update ]

ゲストは・・・緒川たまきさん

今日は、綺麗なお姉さん!女優の緒川たまきさんをお迎えしました。
今月22日から26日まで銀座博品館劇場で公演予定の音楽劇「大西洋レストラン」に出演される緒川さん。
舞台で活躍されているイメージが強いですが…
「舞台は…嬉しい。このお仕事はなんでもゼロからのスタートのものですよね。特に舞台に関してはゼロから100になっていく過程を全部見れるっていうそこのおもしろさっていうのは胸がときめきますよね。幸せの瞬間も、苦悩の瞬間もありつつ。。。でも大好きです。
演劇の、何を感じたらいいのかなっていう自由さって、音楽以上に“これは嫌い”っていう不の感情も含めて、ほんとに受け取り手の自由さがあるものかな、なんて思いますね。」
とお話いただきました。

そんな緒川さんのLoveなものは・・・やはり猫!
「(ごみちゃんとの出会いは)美雨さんちのサバ美ちゃんとちょっと似ていて、里親募集の写真を見て、この子だわ!って。写真の一目惚れから始まって。
前飼ってたネコさんは17年半で亡くしてしまったんですけど、ずっと一緒にいたネコとの別れの後の次のネコさんとの出会いって、あまり自分から能動的に動けなくて。
野良ちゃんとそのうち出会うだろうって天のお導き任せだったんですけど。知り合いに“ネコいない?”って声かけるのもなんか違う感じで。
自分にとって、ネコのいない生活って一度も無かったので、ネコと一緒に生活してない=自分が半分無いような気持ちがあって、何か体半分で生きてるような寂しさと、一緒にネコと暮らせば、どこかで出会うべくして出会うネコが待っている感じっていうか、そういう中途半端な気持ちが有って、どうしようって。
直接出会えばその子がたとえどんな性格でも、自分と何かが通じ合うって思えたらその子をカバーすることも出来るだろうって判断できるけど、写真の出会いって、写真からわかる情報と、人が“この子こんな子ですよ”っていうエピソードが頼りだから、そこでピンとこなかったらたじろいじゃいますよね。
出会うべくして出会うっていうこと以外の出会いって無いんだなって。

美雨さんの“ネコ吸い”って私すごい納得できて。たとえば赤ちゃんって寝てるときにアルファー波が出てるって言いません?ネコも、明らかにアルファー波が出てて、私はそれを“ネコファー波”って呼んでるんですけど、それを浴びれば、自分がちょっと辛いことがあったとか、カリカリしてるときとか、何か不安になってるときとかでも、スーッと不の空気から何かもっとうんと和やかな空気に染め替えてくれるんですよね。その瞬発力がネコファー波は・・・破壊力がすごいんですよね(笑)」などなど。。。ネコトークが盛り上がっていました〜。

緒川たまきさんが出演される音楽劇「大西洋レストラン」は、今月22日から銀座博品館劇場にて公演予定となっています。
チケットや公演の詳細については大西洋レストランの公式HPをチェックしてみてくださいね。

Report

[ 2013/05/15 update ]

ゲストは・・・スピッツの皆さん

今日は、スピッツのみなさんにお越しいただきました。豪華!

実は本日、2年8カ月ぶりのNEW SINGLE「さらさら/僕はきっと旅に出る」のリリース日!待望の新曲ということですが、活動休止していたわけではありません!

とても仲のいいイメージのスピッツですが、実際は・・・ホントに仲がいい!
“今日は一緒にいるのやめようってパーティとかで決めるんですけど、気づいたら一緒にいる。大体みんなさみしがり屋だよね。”とおっしゃっていました。

今回のシングル、両A面なんですが、両方とも亀田誠治さんがプロデュースされています。
亀田さんといえば、早起き!ということで、最近はスピッツのレコーディングも早くなってきて、普段も朝から起きているというメンバーのみなさんですが、草野さんだけは夜型のまま、というお話もしていただきました。

そんなスピッツのみなさんのLoveなものは・・・どうぶつの森?!
「ここ10年くらいゲームやんなかったんですけど、去年の年末くらいにちょっとおもしろそうだと思って買ってみたらハマっちゃって。今のゲームってお互い通信で行ったり来たり出来るでしょ?そういうのも含めてすごいなって。みんなで示し合わせて買ったわけじゃないんですけど、それだけ人気なゲームっていうことでもあるのかも。
音楽もすごいんですよ。俺、今一番注目してる“とたけけさん”っていう人がいるんですけど、戸高さんっていう人が作ってらっしゃるみたいなんですけど、クオリティ高いなと思って。」と、ゲームの魅力を語っていただきました。
ちなみに、ゲームの中でみなさんが一番仲のいい動物は、
草野さんはネズミ、田村さんはペンギン、崎山さんはクマ、三輪さんは・・・村の人に冷たいからいない?!ということでした〜。本当に仲良しですね!

スピッツの皆さんが出演されるライヴイベント「亀の恩返し 2013」は、今週末、5月18日、19日の二日間、日本武道館にて開催されます。
詳細は『亀の恩返し 2013』公式HPでチェックしてみてください。

そして、草野マサムネさんと坂本美雨のインタビューも掲載されているオムニバスインタビュー完全版「14歳」はエムオン・エンタテインメントから出版されています。

そしてそして!本日リリースのスピッツのNEW SINGLE「さらさら/僕はきっと旅に出る」は全国のCDショップで手にとってみてください。スピッツの今後の情報は公式HPを随時チェック!してくださいね。

Report

[ 2013/05/14 update ]

ゲストは・・・スコット&リバースのお二人

今日は、スコット&リバースのお二人にお越しいただきました!
weezerのG,Voのリバース・クオモさんとALLiSTERのスコット・マーフィーさんがユニットを組んで日本でデビューされたんですが、今回リリースされた1stアルバム『スコットとリバース』は全て日本語で歌詞を書かれているんです!

3〜4年前からこのアルバムを作り始めたということなんですが、
「結婚して、日本の番組をたくさん見ていて、日本の音楽は転調やコード進行が複雑で、やってみたいと思ったけど僕は日本語がうまくないので、スコットに連絡しました。家内は最初心配していましたが、最初の曲『HOMELY GIRL』が出来た時、「心配しないで、すごくいい曲。」って。」とリバースさんがおっしゃっていました。奥様の影響だったんですね・・・!

実はこのHOMELY GIRL、出来上がったのは一番最初なんですが、全てレコーディングし終わった後に聞いてみたら、自分たちの日本語が拙くて恥ずかしくなってもう一回録り直したんだとか。スコットさん曰く、
「選曲した時は、日本人に受けそうかとか、自分たちがいいと思うかっていうのを大事にしてて、色んなジャンルのものがあるから、アメリカでは出来ないものになったと思う。日本人のミュージックファンの方が、もうちょっとオープンだと思う。アメリカではロックが好きな人はロックしか聞かない、とかだけど、日本人は“いい曲はいい曲”っていう感じがする。」とおっしゃっていました。

スコットさんもリバースさんもとても流暢な日本語で、本当に通訳さんが必要ありませんでしたね〜。
スコット&リバースのアルバム『スコットとリバース』は好評発売中となっています。
気になった方はCDショップなどでチェックしてみてくださいね。
スコット&リバースの今後の情報は、公式HPをご覧ください。

Report

[ 2013/05/13 update ]

ゲストは・・・エミ・マイヤーさん

今日は、シンガーソングライターのエミ・マイヤーさんにお越しいただきました。

先月、NEW ALBUM「Galaxy's Skirt」をリリースされたエミさん。
1曲目のタイトルにもなっているんですが、
「ちょうどこの時期にスーフィー(イスラム神秘主義)の詩人を沢山読んでたんですよね。曲をいっぱい書くと、最初のころのふわっと降りてくる、みたいな曲の作り方が懐かしくなるんですよ。昔の純粋な感じを取り戻したくて、今だったらどうやってその曲が書けるのかなって思ってたんですよ。それだったらたぶん毎日の生活の中で成長しなきゃいけないなと思って、、、色んな新しい事をやってる時だったんですよね。その中でいつも発見があって嬉しいなと思ってたんですよ。そういうことについてもスーフィーの詩人は歌ってるんですよね。世界とか宇宙を恋人にたとえてラブソングにしたり、だからこのGalaxy’s Skirtはそういうもう少し巨大なミステリアスなものをもっと身近なガールフレンドの女性に例えて歌いたかった。
小さなところから大きな発見がある、というのがこのアルバムを作ってるときのテーマでした。」とおっしゃっていました。

そんなエミさん、番組後半では生演奏も披露してくださいました!
今回のアルバム「Galaxy’s Skirt」にも収録されている“New York”を演奏していただいたんですが。。。ソウルフルな歌声…聴き入ってしまいますね〜。坂本美雨もNew Yorkが懐かしくなってしまいました。

エミマイヤーさん、日本でのツアーも決定しています。
今月19日、横浜で行われるGREENROOM FESTIVAL'13への出演から始まるTour "Galaxy's Skirt" 2013、東京公演は7月4日のShibuya O-EASTとなっています。
ツアーの詳細はエミさんの公式HPをチェックしてみてくださいね。

Report

[ 2013/05/09 update ]

ゲストは・・・DCPRGの菊地成孔さん

今日も、昨日に引き続きDCPRGの菊地成孔さんにお越しいただきました。

今週末、日比谷野外大音楽堂にてライブを予定されているDCPRGなんですが、こちらの公演、DCPRGだけではなく在日ファンク、SIMI LABも出演するということで。。。どんなステージになるのか気になりますね〜。
3〜4割ほどが計算されたもので、リズム以外はほぼ作らない、と菊地さんがおっしゃっていたDCPRGの音楽パフォーマンスを見るのも一つの楽しみかもしれませんね。

そして今日は、菊地さんのLoveなこと、伺いました〜。
菊地成孔さんのLoveなことは・・・ディナー?!
「祭りですよね。僕、すごい長くディナー取るので、大人数で。長い時で23時から翌日の朝9時までとか。毎日一回お祭りをやってるような感じだと思うんですけど。
私の人生の目的は演奏で、演奏が出来てれば何でもいいんです。演奏の為に生きてるというか、演奏しかダメなんですね、演奏してるときがホントの自分で、あとは適当というか。
それで、演奏以外に何があるだろうってなった時に、夜、食事に行くっていうことですよね。
お酒と合わせるのが好きですね。女性とかもいっぱい食べる方がいい。「いっぱい食べるな〜。」って思うときは嬉しいですね。女性がたくさん食べてるの見るとホント嬉しいです。」とおっしゃっていました。途中からお見合いのような雰囲気になってしまいましたが・・・(笑)

そんな菊地さんの名著「服は何故音楽を必要とするのか」が昨年、文庫化されて現在発売中ということなんですが、音楽とファッションの関係性について、
「ファッションショーの音楽って、ちょっと気が緩むと単なる伴奏とかBGMに思われることが多いじゃないですか、とはいえ、結構その場を支配するんですよね。映画も、音楽があるとないとじゃ全然違うし、なんで、もうちょっと音楽にフォーカスを当てて見たり聞いたりすると面白いですよっていう。」というお話などもしていただきました。なるほど・・・

DCPRGの野音ライブ『DCPRG YAON 2013』は、今週末、5月12日(日)に日比谷野外大音楽堂にて公演予定となっています。
当日券も発売されるということで、こちらは6,000円となっているそうです。
ライブの詳細などはDCPRGの公式HPをチェックしてみてくださいね。

菊地成孔さん、二日間ありがとうございました!

Report

[ 2013/05/08 update ]

ゲストは・・・DCPRGの菊地成孔さん

今日は、DCPRGの菊地成孔さんにお越しいただきました。
いい香りのする、男子力の高い菊地さん。様々な活動をされていてなんと紹介したらいいのかという程多才な方ですが、昨年、DCPRGのNEW ALBUM“SECOND REPORT FROM IRON MOUNTAIN USA”がリリースされました。

こちらのアルバム、ボーカロイドの兎眠りおんさんも参加しているんですが、実は選考段階では坂本美雨のボーカロイド「Mew」も候補に上がっていたんだとか。
是非、次回はよろしくお願いします!

元々、色んなものをミックスすることが好きだったという菊地さん。
「なんでも混ぜてしまうのが自分にとってナチュラルだったというか。
例えば、プラモデルって、色んな時代の色んなものがありますよね。大きさも違うじゃないですか。純血の人は、ちゃんと同じ時代の同じものを並べて再現したがるんですけど、私は城がある隣に電車がいて、馬がいて、っていう。すごく綺麗に行っちゃうとポップアートみたいな、コラージュみたいな、、、そういうことよりももっとどろどろしたものですけどね。
ファミレス行くとドリンクバーで、普通なんですけど、コーラだけ出して、グイって飲んで“はい2杯目”ってコーラいく人信じられないですね。あれだけ出口があるんだから、どんどん混ぜてって・・・。
私は幸か不幸か生物学的にも国籍的にも純血ですけども、小さいころから混血文化ばっかり好きで、これは純血っていうのが駄目だったんですよね、息苦しくて。純血は素晴らしいと思うんですけどね、守っていこうとするところとか。」とおっしゃっていました。
小さいころから“混ぜること”がお好きだったんですね〜。

菊地さんにまだまだお話伺いたい!ということで、明日もお越しいただけることになりました!
お楽しみに!!

Report

[ 2013/05/07 update ]

ゲストは・・・吉川晃司さん

今日も、吉川晃司さんをお迎えしました。
先月、NEW ALBUM「SAMURAI ROCK」をリリースされた吉川さんですが、実は、一昨日からツアー“SAMURAI ROCK BEGINING”も始まっています。
吉川さんと言えば、ダンスが特徴的ですが
「心模様を音で伝え、体で体現するというのが思うところでパッションみたいなものを形にしようとしたら両手があがっちゃったみたいな。逆に“みんなと一緒”ができない。」とおっしゃっていました。

そして今日は、吉川さんのLoveについても伺いました。
吉川さんのLoveなものは・・・ギター
「今、20本ちょっとありますかね。これはもうどうしようもないですね。私は全部弾きます。楽器は弾いてなんぼですよ。僕はいい音出してくれるので古いものが好きなんですけど、自分の好きなようにやっちゃうので・・・価値は無くなっていくらしいんですけど、それで楽器は喜んでくれてると思うけどね。
今、ジャズマスターにハマってしまって困ってますね。」ということでした。

そして、今回のアルバム“SAMURAI ROCK”について
「やっぱり日本人ってやれるんだぜ、とか、命には繰り返す力があるだぜ、とかね、そういう事を・・・俺だって不安になったり願う道を蛇行したりしてるわけですけど、だけどちゃんと踏ん張れるような立ち方をしてたいなと思う。
困った時は色んなものを借りてくればいいんじゃないって、借りれるものは全て借りてくればいいと思いますね。
俺、自信銀行って自分で勝手に決めててね、自信が無い時は自信銀行で自信3つ!みたいなね。そういう、自分で思い込めるか込めないかでいいんだよ。よく俺は借りに行って“来年分の自信は借りたから足りてるな”って思い込ませるってよくやりますよ。それでも何かちょっと開ければそれでいいじゃないですか。」とおっしゃっていた吉川さん。

吉川晃司さんのNEW ALBUM「SAMURAI ROCK」は好評発売中です。
そして、一昨日から始まった全国ツアー“KIKKAWA KOJI LIVE 2013 SAMURAI ROCK BEGINNING”は、8月17日の日本武道館まで続きます!!
ツアー、アルバムの詳細は吉川晃司さんの公式HPをチェックしてみてくださいね。

吉川さん、2日間ありがとうございました!

Report

[ 2013/05/06 update ]

ゲストは・・・吉川晃司さん

GWも最終日ですね〜。
今日も通常運営のディアフレンズでは吉川晃司さんをお迎えしました。


広島出身で、育った環境もあり自然に触れるのがお好きだということなんですが、吉川さんといえばサバイバルが得意・・・?!
あるテレビ番組で無人島に滞在する企画があって、そのときに過ごしたのがフィリピンの下の方の島。そこは台風が発生する場所で、10日間過ごした中で3,4日はすごい風だったという体験談を話していただきました。

先月、NEW ALBUM「SAMURAI ROCK」をリリースされた吉川さん。
「僕は、3月11日という日を機に、それまでに使われていた物差しは一切使えなくなったと思って、それまでの物差しは全部捨てました。そして、そこから新しい何か測るものを作らなきゃいけないんだろうなと。『SAMURAI ROCK』っていうタイトルつけたりするのも、何かこう“強く”とか“頑張って”とかいうと何かきついものも帯びるじゃないですか、だから何か滑稽なものの方がいいのかなと。
僕らがエンタテイナーとして“未来に向かって頑張っていこう!”っていうときに、ヒステリックにならなくて元気になるようなことってなんだろうなって、それはずっと考えてますね。
なんかやりながら考えたほうが俺は良いタイプ。血の巡りが悪いのかね(笑)
すごく慎重に物事を考える、頭の回転の速い人ほど留まりがちなんだろうなと、だから僕みたいなお調子者は動いてればいいんじゃないかと思いましたね。やっぱり、傷ついた方々に“頑張れ”というのはおかしいなと思ったんだよね。傷を免れた我々が頑張らないと。あの人たちには休んでいただかないと。
我々はあっという間に感じたけど、いろんな立ち位置の人がいろんなことをするので、まっすぐな情報が入らなくなる。何かを判断するには正しい情報が入手できたかどうかがkeyですから、それが手に入れにくい状況にあるというのが言えると思うので、よく目を凝らして見ないとと思いますね。」というお話を聞いてからアルバムを聞くとまた違った印象になるかもしれませんね〜。

吉川さんにお聞きしたいことがまだまだたくさんあるんです!
という事で、吉川晃司さん、明日もお越しいただけることになりました!
お楽しみに!

Report

[ 2013/05/02 update ]

ゲストは・・・由紀さおりさん

今日は、由紀さおりさんにお越しいただきました。

小さい頃から歌い続けてきた由紀さんですが、そんな由紀さんも懐疑的になる時もあって、歌じゃない人生を探そうと思ったこともあるんだとか。
でも、違う人生を探すという時になって、また歌う世界へ引き戻されるという現実があって、それから「これは神様から与えられた役割かもしれない」と思うようになり、それから本当の意味で“歌う事”に対座した、ということでした。

由紀さんと言えば、PINK MARTINIとのコラボが話題となりましたが、そのアルバムがリリースされて約1年半、新しいアルバムが完成、3月にリリースされました。
今回のアルバムは洋楽のカバーとなっているんですが、
「日本の歌謡史の中にはジャズシンガーだった方が歌謡曲を歌ったり、ジャズを日本語で歌ってくださったり、ひばりさんも“ジャズを歌う”というアルバムをお出しだし、そういう先輩たちがやってきたことを今度は私が担う事ができたらいいなと思って。」とおっしゃっていましたね〜。

レコーディングでは3回くらい歌うという由紀さん。
「何回も歌っちゃうと慣れてきて、やっぱりどこかゴツゴツしたとこが、滑らかに歌えばいいっていうもんでもないような。慣れちゃうっていうのがよくないなと思うので、3回くらいでOKになるように自分で持っていくという感じですね。」ということですが、、、なるほど。。。
「日本語ってやっぱり基本的にはリズムじゃなくてメロディ、旋律だから、そして句読点がちゃんとあるでしょ、英語にセンテンスがあるように。だからやっぱりそこがブレッシングになって欲しいんだけど、なかなか今はそういう歌が少ない、あえてそれをしないっていうトライの仕方もあるじゃない?でも、それだと私たちの世代の人は何言ってるかキャッチするのが難しいんですよ、句読点通りに息継いでくんないと、ね。だから、もちろん松尾さんの作品にはそういう事はないけど、やっぱリズムがすごい大事なんだな、っていうか強弱?それは言葉よりもそこに強弱をつけないとメロディとして聞こえてこないっていうのは私にはすごいチャレンジでした。これからはそこもクリアしつつ、日本の言葉の置き方を、そういう歌でもやりたいっていう気はすごくしてます。」とおっしゃっていた由紀さんにとってもチャレンジだった今回のアルバム、気になった方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

現在、スプリングコンサート真っ最中の由紀さおりさん。直近の5月11日は千葉で公演予定、そして、ドラマティックコンサート2013 PANDRAは6月18日から、赤坂ACTシアターで公演予定となっています。詳しいライブの情報は公式HPやブログをチェックしてみてくださいね。

Report

[ 2013/05/01 update ]

ゲストは・・・Sexy Zoneの佐藤勝利さんと菊池風磨さん

今日は、Sexy Zoneの佐藤勝利さんと菊池風磨さんをお迎えしました。
お二人とも学校帰りということで、佐藤さんは制服のまま、お越しいただきました〜。
坂本美雨、モジモジしております。

大学生になったばかりの菊池さん、サークルにはまだ入ってないそうですが、“花火師”のサークル?!があるらしく、そこに興味があるとおっしゃっていましたね〜。
そして、お二人が所属しているグループ“Sexy Zone”、やはりジャニーさんが付けたということなんですが、
「マイケルジャクソンのセクシーさを君たちで広めていって、5人で全力で歌って、踊って、っていう姿もセクシーなんだよ、そのセクシーを広めて。」というのが由来だったとか。
そんなSexy Zone、本日!NEW SINGLE「Real Sexy!」がリリースされました〜。
現在ツアー真っ最中ということなんですが、今回の曲に限らず、ライブのリハーサルも全員揃うのは1日しかないとか・・・振付も1週間前は当たり前?!というびっくりなお話もしていただきました。。。

そんなお二人のLoveなこと、伺いましたよ〜。
まず、佐藤勝利さんのLoveなものは・・・体作り
「中学の時に陸上部で部長をやってて、中学の時の方が今より体作りをしてたっていうか。今になったらライブでも動いたり、体を使うので、これから中学でもやってたみたいに体作りをして、カッコいい男になりたいなって最近思ってきて、気づいたら筋トレとかもするようにしてます。もっと本格的に続くように、これからやります。」とおっしゃっていました。ちなみに、野球は苦手で長距離走が得意、ということですよ〜。

そして、菊池風磨さんのLoveは・・・パソコンのタイピング?!
「ホントに死活問題ですからね。これさえできれば逆に単位がもらえるっていう・・・でも、小さいころからパソコンから逃げてて、小学校の授業とかもずっとゲームしてたり。
家でもそんなに使わないんです。大学に入って、必要だから買って下さいってなって、買ったはいいんですけど最初何も面白くなくて。ブログもケータイで、しかも最近スマートフォンになって全部スマートフォンで済んじゃうじゃないですか。」ということで。。。まずはブログをパソコンから更新することから、ですね〜。
そして、注目の“花火師”も・・・?!ジャニーズ初の花火師アイドルが誕生するかもしれませんね。

現在ツアー中のSexy Zone、明後日3日から、4日間、横浜アリーナで公演予定となっています。合計7公演というスケジュール・・・すごい・・・今後のツアーやシングルの詳しい情報は公式HPをチェックしてくださいね。