Report

[ 2013/11/28 update ]

ゲストは・・・渡辺貞夫さん

今日は、再々来ディア!ですね〜。渡辺貞夫さんにお越しいただきました。

今年5月、「OUTRA VEZ〜ふたたび〜」というアルバムをリリースされた渡辺さんですが、こちらのアルバム、なんと、25年ぶりにブラジルでレコーディングを行ったものなんだとか。
「行くまでも大変でした。エアラインのバリーグっていうのが無くなっちゃって、NYからユナイテッドで行く予定だったのに、自分の荷物PICK UPして、ターミナルが変わって。それで行ったらユナイテッドのカウンターが無いの。「ユナイテッド探してんだけど」って言ったら、親切に連れていってくれて、TAMっていうカウンター、人が並んでる一番前に僕を連れてってくれて。TAMっていうのが今のブラジルのエアラインらしい。変わってたんですよね。それで、そこでチェックインするときにもうボーディングの15分前なんですよ。こっちは焦っちゃって、あわててゲートまで行ったらエアラインが1時間半くらい遅れてたので乗れましたけど。そんなとこから始まったので。」と、レコーディング前から大変だったというお話をしていただきました。

現在、ツアー真っ最中の渡辺貞夫さん。オーチャードホールでは12月14日に公演予定となっていますが、
「Bebop The Nightって言っちゃったものですから、50年代、60年代のみんなの知ってるいい曲ってたくさんあるんですよね。選曲はホントに苦労しちゃって、まだ明確には決まってないですけど、やっぱし皆さんが懐かしい曲聞きたいでしょうし、僕もやりたいんですけど、僕は自分のBebop、オリジナル曲をどうしてもやりたいので、そうするとそっちの方が多くなってくるんですよね。まだ完全には決まってません、後から後から出てくるので(笑)」とおっしゃっていましたね〜。
「Christmas Gift Vol.21 SADAO WATANABE Bebop The Night」は12月14日、Bunkamura オーチャードホールで公演予定となっています。
その他、「SADAO WATANABE Bebop The Night」ツアーもまだまだ各地で公演予定となってますので、チケットや公演についての詳細は渡辺貞夫さんの公式HPでご確認ください。

Report

[ 2013/11/27 update ]

ゲストは・・・GLAYのTAKUROさん

今日は、GLAYのTAKUROさんをお迎えしました!

本日、49枚目となるトリプルA面シングル「DIAMOND SKIN/虹のポケット/CRAZY DANCE」がリリースとなるGLAY。
表題曲となっている「DIAMOND SKIN」は、GLAYといえばやはりこの方、佐久間正英さんなんですが、、、
「佐久間さんと前のアルバムを作ってたのが2年くらい前で、その時に「DIAMOND SKIN」を最後に作って、絶対これはベストなタイミングでと思ったんだよね。で、ずっとチャンスを待ってたんだけど、なかなか「DIAMOND SKIN」にはまるものがなくてずっと取っといたら、佐久間さんの事があって。。。で、2013年、佐久間サウンドを音楽業界に鳴り響かせたいなと思って。佐久間さんの胸の奥々まで聞こえる位、鳴ればいいなぁと思って。それで、リリース予定なんか全く無かったんだけど急きょリリースすることにして…意地と気合と愛情で持って押してみました。リーダーのわがままですよ。」とおっしゃっていましたが、正に佐久間サウンドここにあり!という作品に仕上がっていますね〜。

さて、そんなTAKUROさん、プライベートでは“昭和のお父さん”といった感じですごしてらっしゃるということなんですが、今でもギターの練習はされているそうで…
「40歳になるときに、このままじゃやばいなと思ったんだよね。で、もう一度1からギターをやってみようと思って楽器屋さんに行ったの。で、ギターの教則本を買ってきたのね。今、うちには幸いな事にHISASHIという素晴らしいギタリストもいるけれど、やっぱり彼も立ち止まって自分を振り返りたい時があったりして、1から彼のPLAYを彼自身が見直そうとした時に、相方である俺が何の引き出しもありませんっていうのは失礼というか、バンドとして後退に繋がるなと思ったので、1回全部やってみようと思って。でもね、やるとホントに昨日弾けなかったフレーズが弾けたりするんだよね。それが嬉しくて嬉しくて。ハマってしまいました。」というお話もしていただきました〜。

GLAY、初のアコースティックライブツアーが始まりますね〜。
「GLAY CHRISTMAS SHOW 2013 ACOUSTIC MILLION DOLLAR NIGHT」、12月2日(月)EX THEATER ROPPONGIから始まり、名古屋、大阪、北海道、と回って12月22日(日)仙台公演まで続きます。一部の公演はGLAY MOBILE会員限定ライブとなっていますので、チケットなど詳しい情報はGLAYの公式HPでチェックしてみてください。

そして、本日11月27日、トリプルA面シングル「DIAMOND SKIN/虹のポケット/CRAZY DANCE」のリリースと同時に、今年7月に行われた初の野外大規模ライブの模様を収録したDVD&Blue-rayも発売となります。こちらも気になった方はお近くのCDショップなどでチェック!してみてくださいね。

来年はデビュー20周年を迎えるGLAY!
大きなパーティーが。。。計画されているというお話もされていましたね〜。楽しみ!
そして是非、またディアフレンズにお越しいただけるのをお待ちしてます!

Report

[ 2013/11/26 update ]

ゲストは・・・BOOM BOOM SATELLITESのお二人

今日は、BOOM BOOM SATELLITESのお二人にお越しいただきました!

昨年末、川島さんが脳腫瘍の治療に入られるということで、ツアーを一旦中止されていたBOOM BOOM SATELLITESなんですが、今年5月、日本武道館で復帰されました。
復帰までがとても早かったなあと思うんですが、
「その目標があったから、そこを目指して頑張って来れたっていうのがあったので、この武道館公演をやることに決めて良かったと思います。
この現場でリハビリをするような感じで、声出しからリハーサルに入ったりとか、レコーディングで新曲を作ったりとかっていう実践的な事を繰り返すことでリハビリ感覚と言うか。手術後は全然手足とかは平気だったので。
こういう場所が有ったっていう事をもう一度思い知ることができてよかったなっていうのが第一に思い浮かんで、じゃあ今日この場をどう最後まで聞かせようかとか、お客さんと対峙していこうかっていうことに集中して、冷静でいようとした瞬間でしたね。すごくうれしかったんですよ。」と川島さんがおっしゃっていましたね〜。

そんなBOOM BOOM SATELLITESのお二人にLoveなこと、伺いました!
お二人のLoveなことは。。。わからない?!
「川島君もLOVEが希薄な人だから…言葉に熱が無かったりね、、、川島君は3回脳腫瘍やってるので、僕も、手術から戻ってくる度にどういう風に変化してるか、性格変わる人もいたり…で、ホントに脳を摘出してるので、川島君の変化っていうのはずっと見て来てるんですよね。大学生の時から付き合いが始まって、一緒に仕事するようになってもう20年経つんですけど、その間ずっと見て来て、ホントにLOVEが希薄な人だなと(笑)だんだん希薄になってきてるなっていう。新たに知ることもあるので、それを川島君に聞いたりとか。いろいろ一緒に長い時間を過ごすんですけど、不思議な事とか言ったりするので、言葉づかいも独特なので、それを質問してみたりすると僕と全然思考回路が違うし、情の持ち方とか、人に対してとか物に対してとか言葉に対してとか、あらゆるめんで僕とホントに違うので、川島君はこういう人なんじゃないかって僕が分析して説明すると納得したりする。自分で新たに発見して感心したりしてるもんね。僕も人の事言えないと思うけど…」というお話もしていただきました!クールな印象のお二人ですが。。。意外ですね〜。

BOOM BOOM SATELLITESの日本武道館公演が収録されたライブ盤「EXPERIENCED供EMBRACE TOUR 2013 武道館−」は好評発売中です。お近くのCDショップなどでチェックしてみてください。
さてBOOM BOOM SATELLITES、ライブが盛りだくさん!ですね〜。明後日、11月29日(金)は「THE ROCK FACTORY Vol.5」に出演されます。そして年が明けて1月4日(土)には日本初のEDM系フェス「electrox」にも出演される予定となっています。
その他にもイベント有りますので、チケット情報など、詳しくはBOOM BOOM SATELLITESの公式HPをご覧ください。

番組中にも話題になっていた“皮シャツ”でお写真いただきました〜!

Report

[ 2013/11/25 update ]

ゲストは・・・THE RiCECOOKERSの廣石友海さん

今日は、THE RiCECOOKERSの廣石友海さんをお迎えしました。
THE RiCECOOKERSといえば、2010年に放送されたテレビドラマ「SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜」の主題歌が印象的ですが、実は、THE RiCECOOKERSのみなさんと一緒に仕事をされていたプロデューサーとSPECの監督・堤幸彦さんとお知り合いだったことから、主題歌を歌うことになったんだそう。

バンド自体は結成して約10年ということなんですが、ニューヨークを拠点に活動されているんですね〜。
メンバー全員がバークリー音楽大学出身ということなんですが、
「僕は、最初は先生になりたくて、音楽の。それでバークリーがコンテンポラリーな教え方をしてたので、そこで先生の勉強をしようかなと思っていたところで彼らに出会いって、バンドとかやるようになって。教えるのも未だにやりたいんですけど、自分のやりたい音楽をみんなに聞いて欲しいなというのがでかくて。
ドラムの大山草平とかは、ちっちゃいころから和太鼓とかいろいろやってて、ホントはジャズを勉強しに来たらしくて。まあでも僕たちは誰もがジャズをそんなにしなかったっていう(笑)」とおっしゃっていました。

日本語がスラスラと喋れる廣石さんですが、実は生まれ・育ちはメキシコ!といことで、日本に住んだことは一度もないんだとか。
日本語は小学校3年生で止まっているという事もお話されていましたが…それにしてもお上手ですよね〜。
日本で注目され、現在は日本でツアーやアルバムリリースなど、精力的に活動されていますが、
「日本はホント楽しいし、日本には来続けると思うんですけど、やっぱり自分たちの音楽を試したいのはアメリカであって、そこから日本とは限らず世界中いろんなとこに飛びたいので、アメリカ拠点っていうのは変わらないと思いますね。
僕が憧れてきたミュージシャン、メンバーもそうなんですけど、アメリカ出身か、アメリカで成功したか、そこから世界に飛び立った人が多いので、自分たちが憧れたミュージシャンと同じ土俵で自分たちがどこまでいけるのかっていうのが、ミュージシャンをやってて試したいところっていうか、自分たちの音楽はどうなのかなっていうのはそこでやらないとわかんないのかなっていうのがあるので…」ということで、これからもアメリカを拠点に活動されるとおっしゃっていましたね〜。

そんなTHE RiCECOOKERSのNEW ALBUM 「parallax」は明後日、11月27日にリリースとなります。気になった方はお近くのCDショップなどでチェックしてみてくださいね。

そして、先月、ライブが終わったばかりのTHE RiCECOOKERSですが、年が明けてすぐ、ツアーが始まります!チケットや公演情報など、詳しくはTHE RiCECOOKERSの公式HPをご覧ください。

Report

[ 2013/11/21 update ]

ゲストは・・・BiSのプー・ルイさんとファーストサマーウイカさん

今日は、BiSのリーダー、プー・ルイさんとファーストサマーウイカさんにお越しいただきました。

BiSとは。。。プー・ルイさんが立ち上げた“新生アイドル研究会”。「Bland-new Idol Society」の略で“BiS”なんですが、実は、先日、JKこと世界的ファッションデザイナーのコシノジュンコさんがメンバーに正式加入されたんですが、、、
「オーディションに来ていただいて、極秘に受けていたんですけど、圧倒的な存在感を放っていたので2次、3次をすっ飛ばしての合格ということで…入ったんですけど、ニュース出して実感したんですけど、ほんと凄い人だったので、一緒に活動はちょっと難しそうだなということで、お忙しいし。。。なので、終身名誉メンバーになっていただきました。BiSをずっと見守り続ける、みんなの心の中にいるメンバーとして。」ということで、現在、JKことコシノジュンコさんはBiSの終身名誉メンバーとなっているんですね〜。

さてそんなBiS、今回ディアフレンズにお越しいただいたのは、大変な事態になっているから!12月から全国ツアーが始まるんですが、これが...ホテル代、食事代が支給されず、バン一台で車中泊をしながら全国11か所を回るという大変なツアー。
「最近BiSが調子に乗ってるんじゃねぇの?ちょっと売れてきちゃったりして、昔やってた「やってやる精神」足りないんじゃねぇの?みたいなお話から、初心に戻りましょうという事で過酷なツアーが決まったんです。
最初は西日本なんですけど、終わった後は東北の方を回るんですよ、2月…でも、このツアーの為に各地のラジオ局とかに自分で営業かけてるんですけど、BiSって名乗っても知らない人の方がほんとに多くて。全然わかってもらえなくて、まだまだだなって。武道館を目標にツアーを回るんですけど、これくらい過酷な事やらなきゃだめだなって思いましたね。
やってみたら楽しいんじゃないですか?」というお話もしていただきました。
お話が盛り上がる中、プー・ルイさんが“差し入れも禁止にしたら?!”という発言もしてらっしゃいましたが…どうなるんでしょうか…!

BiSの全国ツアー「BiS after all」は12月3日(火)、広島から始まります。
公演の詳細やチケット、詳しくはBiSの公式HPをご覧ください。
ツアー以外にもたくさんイベントの出演なども控えているということですので、気になった方はこちらもチェックしてみてくださいね。

Report

[ 2013/11/20 update ]

ゲストは・・・My Little Loverのakkoさん

今日は、My Little Loverのakkoさんをお迎えしました。

今月28日に初の絵本「はなちゃんのわらいのたね」を発売されるakkoさん。
「私、いっつも笑いの連鎖とかっていう言葉を使うんですけどすっごい笑ってる楽しそうな人がいると、その隣に居る人もついつられて笑っちゃう。それって、どんどん連鎖していくんじゃないか、それだったらその笑い始める人になればいいんじゃないって思って。笑いの種って誰もが持ってるから、それを育てるのは自分次第で、その種は笑えば育つんですよ。笑えば笑う程綺麗な花が咲いて、いずれ綿帽子になってたんぽぽの綿毛みたいになって、飛んでいくっていう。で、悲しい、泣いてる子のところにも届くからどんどん笑ってねっていう話なんですけど。それは最初にあって、そこから具体的に掘り下げていった感じですね。」とおっしゃっていましたが、元々お話は考えられていたんですね〜。

そんなakkoさんにLoveなもの、お聞きしました!
akkoさんのLoveな事は…グッズ関係で出会った人達
「同じような事を考えている人たちがものすごい集まっていて、いろんな思いを持ってる人達なんですけど、考え方が近いんですよ。今回、グッズで巾着を、岩手の被災したエリアのお母さま方に縫ってもらったりとか、指輪を作るんですけど、指輪の工場の人とか、、、全く違う人達と出会ってるんですけど、すごい近いんですよね。「同じ匂いするね」みたいな。」というお話もしていただきました。
グッズと言っても手作りのものが多いということなんですが、実は、先週リリースされたばかりのMy Little Loverのミニアルバム「acoakko gift」、こちらは配信限定となっているんですが、このアルバムのジャケットも手作り!こだわって作っているんですね〜。

さてMy Little Lover、12月にはツアーが待っていますね〜。
「My Little Lover Live#10 acoakko gift」、12月8日(日)、福岡から始まって愛知、大阪と回って12月21日(土)の東京・SHIBUYA-AXまで続きます。

チケットについてやMy Little Loverの最新情報など、詳しくはMy Little Loverの公式HPをチェックしてみてくださいね。

Report

[ 2013/11/19 update ]

ゲストは・・・二階堂和美さん

今日は、二階堂和美さんをお迎えしました!

今週末公開の映画「かぐや姫の物語」の主題歌を担当されている二階堂さん。
この主題歌と、これまでジブリで高畑監督が関わった作品の楽曲をカバーしたものなどが収録されているアルバム「ジブリと私とかぐや姫」が明日、11月20日にリリースとなります。
「ホントはかぐや姫のイメージで1枚アルバムを、っていう話で最初有ったんですけど、私が、育児も含めて、遅々として曲を出してこないものだから、助け舟として…高畑監督が「にじみ」以来のファンで居てくださったっていうのもあって、主題歌に限らず挿入歌とかもなんですけど、「これらの曲を二階堂さんが歌うのを聞いてみたいな」みたいな話で、向こうから選曲をいただいて、それをやらせていただいたんですけど。」とおっしゃっていました。

二階堂さん、現在はご実家の広島で暮らしているんですが、そのご実家ではミュージシャンの他に“僧侶”としてのお仕事もされているんです!
ご実家に帰って作ったのが、高畑監督が二階堂さんのファンになったきっかけでもある前回のアルバム「にじみ」なんですが、
「僧侶の資格そのものは10年以上前に取ってたんですけど、実際に実家に帰って暮らし始めてから作ったのがこの「にじみ」というアルバムだったので、出てくる言葉が変わってきたし、どこに向いて歌うのかというか、歌手としての自覚みたいなものは、仏教を拠り所に生きている自分っていうものがずっと後ろ盾に有った上で出来たアルバムでもあるなと。そこから先の事はすべてそういう気がしてます。」というお話もしていただきました。

アルバム「ジブリと私とかぐや姫」は明日発売です!そして、「にじみ」のデラックスエディション盤も、実は明日、リリースとなっているんですね〜。こちらは楽曲は変わりませんが、DVDが付いてくる、ということですので、気になった方はお近くのCDショップなどでチェックしてみてくださいね。

二階堂和美さんのライブや最新情報など、詳しくは公式HPをごらんください。

Report

[ 2013/11/18 update ]

ゲストは・・・藤あや子さん

今日は、“ジャズシンガー”の藤あや子さんをお迎えしました。

今年でデビュー25周年を迎えられた藤さん。先月、ご自身初のジャズ・アルバム「THE SHOW TIME」をリリースされたんですが、実は、藤さんのルーツはロックで、ご自身がジャズを歌われるとは思っていなかったそう。
「今年の3月位にジャズアルバムを作ってみませんか?って言われた時には、なんでジャズなの?!って。聞いたら、日本のウェット感のある日本らしいジャズのアルバムを作りたいと思ってる方がいて、日本のウェット感のあるジャズボーカリストを探してたんですって。中にあるものは熱いんだけどカラッとしてない、日本の風土みたいな、ちょっとしっとり感があるというか、そういう情念ぽいものがエッセンス的に入った方が日本らしいジャズができるんじゃないかって、歌手を探してたんですって。それが、昨年の11月で、その11月の時にたまたまその方が入った食事するお店で私の「雪深深」という歌を聞いてくださって「この人だ!」って、そこからスタートだったんですって。」というきっかけでこのアルバムが生まれたんですね〜。

そんな藤あや子さんにLoveなもの、伺いました〜。
藤さんのLoveなものは…猫?!
「ずっと可愛がってた猫が、みうちゃん。アメリカンショートヘアーで、ずっとうちの娘が猫を飼いたいって言ってて、でも「ダメよ」ってずっとNGを出してたんです。2年くらいずっと娘に言い続けてて、ある日、娘と散歩してる時にちょうどウィンドウに猫ちゃんが何匹か居て、1匹だけずっときっちり座ったままこっちを見てたんですよ。他の猫ちゃんはにゃーにゃー鳴いて動いてるのにその子だけずっと動かず、賢い顔して。「この子連れて帰んなきゃ可哀想」と思って。娘にあれほど言ってたのに「ちょっと、この子連れて帰ろう」って言って。娘は「えー!今までの何だったの?!」って(笑)そんな出会いってあるんですね。まさしくLoveで、愛おしいと思ったの。」とおっしゃっていました。

藤あや子さん初のジャズアルバム「THE SHOW TIME」は好評発売中です。
気になった方はお近くのCDショップなどでチェックしてみてくださいね。

藤さんの最新情報などは公式HPやブログなどをご覧ください。

Report

[ 2013/11/14 update ]

ゲストは・・・沖仁さん

今日は、フラメンコ・ギタリストの沖仁さんをお迎えしました!

今年9月に色んなアーティストの方と競演したNEW ALBUM「Dialogo[ディアロゴ]〜音の対話〜」をリリースされた沖さん。
この“Dialogo”、スペイン語で「対話」という意味で、コラボレーションされた皆さんとその場限りの音の対話を紡いでいくというコンセプトで作ったアルバムなんだとか。
中にはディアフレンズにも以前お越しいただいた玉置浩二さんとのコラボもされていますが、
「玉置さんは。。。フラメンコの歌の伴奏って、フラメンコの究極の形だといわれてて、一番真髄だって言われてるんですね。難しい、ともいうんだけど、僕がどうしてもわからなかった鍵みたいなのを、玉置さんが差し出してくれたんだよね。
簡単に言っちゃうと「歌い手って孤独なんだな」って思ったのね。すごい人になればなるほど、淋しいんだなって思って。皆が理解できない領域に行っちゃうから。そうした時に「一人じゃないんだよ、僕がわかってるよ」って言ってあげるのがギタリストの役割だと思ったのね。それを、玉置さんの伴奏をしてわかったんだよね。あ、こういうことかって。」というお話もしていただきました。

今日は沖さんのLoveなもの、伺いましたよ〜。
沖さんのLoveなものは・・・カメラ?!
「フィルムカメラが好きで撮り続けてるんだけど、今年初めて写真展やらしてもらえて。
それがすごいうれしいんですけど。
全部スペインで撮った写真なんだけど、ポートレートが多いんだけど、ギタリストとしての僕からの目線っていうかね。やっぱりただ観光客として行って写真撮らせてくださいっていうんじゃなくて、僕はギタリストでスペインのフラメンコを弾いてるんだって言って目の前で弾いて、その上で写真撮らせてもらうと全然違うんですよね。
だから、その時の笑顔がすごいステキだったり。」とおっしゃっていました〜。

今日はスタジオで即興生演奏もしていただきましたが、、、
生で、沖さんの演奏を見られる機会がありますね〜。現在、ツアー真っ最中ということで、
「沖仁 CONCERT TOUR 2013-14"Guitarra Flamenca 〜Dialogo〜"」、
近いところは11月23日(土)名古屋・ZEPP NAGOYA、24日(日)大阪・サンケイホールブリーゼ、そして12月15日(日)は東京・Bunkamuraオーチャードホールで公演予定となっており、来年も続きます。
チケットなど詳しい情報は沖さんの公式HPをチェックしてみてくださいね。

Report

[ 2013/11/13 update ]

ゲストは・・・グランジの五明拓弥さんと遠山大輔さん

今日は、グランジの五明拓弥さんと遠山大輔さんをお迎えしました。
普段は佐藤大さんを含めてお笑いトリオとして活動されているグランジ、本日大事な日を迎えられました。

本日11月13日に発売となるDVD「グランジ BEST NETA LIVE」が、半年で1万枚売り上げないと、事務所解雇となってしまうということなんですが、、、
「今年の8月24日、単独ライブやって。DVD収録するっていうのも決まってて、カメラももちろん何台も入って。終わって、記者会見するっていうのも決まってて。で、終わって、どうもありがとうございましたって出てったんですよ。そしたら、そこに僕ら一切聞いてないのに、僕らのチーフマネージャーが突然現れて。話を聞いたら、DVDを出すのもいいけど、それなら条件を出させてくれと。という事を上の方で話し合って決めました、その内容とはこちらです、ドーン!って出たら正にこの「半年間で1万枚売り上げないと吉本を解雇」っていう。。一応判断は委ねられたんですけど、「乗らなかったら別に出さないですよ」っていう。そこも瞬時に3人で考えて、ココが勝負なんだろうなって思って、誓約書にもサインして、拇印押して、今に至るっていう。」という経緯でこの状況になっているんですね〜。。。

そんなグランジの運命を握るDVD、これまで8年間グランジが披露してきたネタの中から選び抜かれたものとなっているんですが、
「2005年に僕ら3人になったんですけど、2005年とか2006年に作ったネタも入ってたりとか、今年に入って単独ライブで1回しかやってないようなネタとか。何百回もやったネタもあれば1回しかやったことないのも。
だから、ホントに如実にデータとして表れてるのが、その1回しかやった事ないネタをこのBEST NETA LIVEでやったんですよ。これだけはちゃんとスベッてました(笑)是非見てほしいです。後半何か、声もちっちゃくなってると思います。」というお話もしていただきました。

半年で1万枚売れないと事務所を解雇になってしまうグランジのDVD「グランジ BEST NETA LIVE」は本日発売、2014年5月12日までが期限となっています。
詳しくはグランジの公式HP、Twitter、Facebookなどチェックしてみてください。

Report

[ 2013/11/12 update ]

ゲストは・・・GRANRODEOのお二人

今日は、GRANRODEOのKISHOWさんとe-ZUKAさんにお越しいただきました。

先月リリースされたNEW SINGLE「The Other self」は、現在放送中の大人気アニメ「黒子のバスケ」第2期のオープニングテーマになっていますが、ボーカルのKISHOWさんはなんと、アニメの本編の方にも“氷室辰也”役として出演中!
というのも、KISHOWさんは元々声優さんで、たまたまe-ZUKAさんと一緒にお仕事をする機会が有って、そこからバンドを組んだそうで、KISHOWさんは
「元々、歌が歌いたいなっていうのはぼんやりあって。声優にはなってはみたけど、いつかそういうチャンスもあるだろうなっていう風に10年くらい過ごしてたらそういうお話が来たので、ここぞとばかりに今歌わしてもらってるんですけど、やっぱり真逆といえば真逆なんですよね。声優って、仕事としては完全に裏方ですから。。。その反動っていうんじゃないんでしょうけど、自分がフロントマンとしてどーんと出るっていうのも、不思議な感じなんですが、それはそれでバランスが取れてるというか。おもしろがりながら日々やらせてもらってますけどね。」とおっしゃっていました。

そんなGRANRODEOの曲作りはどうやって進めているのか、気になりますが、、、e-ZUKAさん曰く、
「大体監督さんとかからご要望いただくので。。。大体言われるのが「明るくて元気なやつ」とか(笑)この作品に関してはこれで3曲目なんですけど、毎回同じこと言われる(笑)なんですけど、もちろん作品のことも考えるんですけど、GRANRODEOとして新しい曲で出す時に常にフレッシュなもの、新しいものを出していきたいなと思うので、そこはバランスですね。たまたまGRANRODEOの曲として有ったのが作品に合ってたので使われました、みたいなイメージでも大丈夫なようにというか。」と、自分のやりたいこととのバランスが難しい、といったこともお話していただきました〜。

さて、GRANRODEO、ワンマンライブが決まっていますね〜。
「GRANRODEO LIVE 2014 G9 ROCK☆SHOW」、
来年、2014年1月5日(日)はさいたまスーパーアリーナ、そして2月16日(日)は大阪城ホールで公演予定となっています。
そして、GRANRODEOのデビュー日、11月23日(土)には「ANIMAX MUSIX 2013」にも出演予定となっています。
その他にもライブ情報ありますので、詳しくはGRANRODEOのHPをチェックしてみてくださいね。

Report

[ 2013/11/11 update ]

ゲストは・・・竹中直人さん

今日は、竹中直人さんにお越しいただきました!

今週末、11月16日から映画「天心」が公開になるんですが、竹中さんは主役の岡倉天心役で出演されています。
岡倉天心といえば、日本近代美術の父と言われ、現在の東京芸術大学の前身・東京美術学校の創始者。なぜ今“天心”を映画化しようということになったのかは竹中さんもよくわからない、ということでしたが、
「明治時代にもうこういう男が居たっていうか、気骨をもった男…その男をまた新たにこの時代に知るっていうのは素晴らしい事なんじゃないかっていうことがあるんじゃないかと思いますけどね。
茨城県の五浦っていうところでずっと撮影したんだよね。初めて五浦の海って言うのを見ましたけど、綺麗だったですよ。すごい色の海で。何とも言えない色で、創作意欲が駆られる場所としては天心がここを選んだのも分かるような気がするなんていうのも思ったりしたよね。
魅力的な人物でしたよ、岡倉天心。僕も演じてみていろんな事感じましたけど、やはりその天心の一途な思い、人を愛する思いっていうか、日本画を愛する思いっていうのが。」と、岡倉天心その人の魅力もお話していただきました。

さて竹中さん、12月には舞台も始まります!
「直人と倉持の会 Vol.1『夜更かしの女たち』」ということなんですが、出演者のみなさんが豪華!
「とにかく今回の舞台は女性がうごめいてる感じにしたいって言うところから始まって、それで理想的なキャスティングを一人ずつ考えてたんですね。
それで、二人でイメージ的な話をしてて、駅の待合室がいいなっていうのが自分の中にあったので、それは伝えたんですよね。まあ後は倉持さん好きにお願いします、みたいなことは伝えたんですけどね(笑)」とおっしゃっていましたが。。。いったいどんな舞台になっているんでしょうか…

舞台「直人と倉持の会 Vol.1『夜更かしの女たち』」は12月13日(金)から東京公演が始まります。こちらは下北沢の本多劇場で、12月29日(日)まで続きます。
その後、全国6か所、大阪・愛知・香川・高地・長崎・福岡を回られます。
そして、映画「天心」は今週末から公開となります。詳しくは映画の公式HPをチェックしてみてください。
そして!実はもう一つ、公開中の映画があります!『ケンとメリー 雨あがりの夜空に』は11月9日から公開となっています。気になった方はチェックしてみてくださいね。

Report

[ 2013/11/07 update ]

ゲストは・・・ドレスコーズの志磨遼平さん

今日は、再来ディア!ドレスコーズの志磨遼平さんをお迎えしました!!
昨日、11月6日にNEW ALBUM「バンド・デシネ」がリリースされたドレスコーズ。この“バンド・デシネ”、フランス語で「漫画」という意味があるそうなんですが、
「bande dessinéeっていうのは、日本の漫画に比べて写実的な…テクニックだったり割と実験的な作品があったりとか、そういう所と、でもやっぱり結局は漫画なので、大衆文化であるっていうね。大衆的なものでありながら芸術的にもそういう、実験性みたいなものも非常に高いっていうのは、なんとなくこのアルバムに、ひいてはドレスコーズにすごい似合うじゃない、と思って、このアルバムのタイトルにしようって途中でね。最初は“バンド・デシネ”っていう曲を最初書いてたの。で、これはもしかしたらアルバムのタイトルでもいいかなと思って付けました。あと、日本語にも聞こえてちょっとぎょっとするじゃない?ダブルミーニングです。」と今回のアルバムタイトルに決まった経緯をお話していただきました。

アルバム1曲目に収録されている「ゴッホ」、中に「やっぱりゴッホじゃ やなんだ」という歌詞があるんですが、
「例えば、おっきいCD屋さんの在庫を全部再生したらどれくらいかかるんだろうねと思って。もしかしたら、すごいおっきいお店の在庫のCDだったら、人の一生分くらいかかるんじゃないかと思って。それでもお店一つ分くらいじゃん。そしたら、世界中の良い音楽だけ聞くことすら僕らは叶わず死ぬじゃん。まあゴッホは自分の芸術に一生を費やして、他の事何もしなかったそうだし。僕らはこの人生をいったい何のために棒に振ろうっていうような。棒に振るだけの価値があるようなことはこの世にありすぎるの。たくさんありすぎる僕らの人生をどうやって終えようっていうのを、全部肯定したくて。ゴッホは悲劇の人みたいになってるけど、僕らはもっともっと素晴らしい事も知ってて、それを全部欲しがって手に入れて、何なら全部飽きてってもいいの。っていう、僕らはもっと欲望を愛でるというか…」という思いが有って作られた楽曲だったと知ってから聞くとまた違う印象になりますね〜。

さてドレスコーズ、まもなくツアーが始まります!
「More Pricks Than Kicks TOUR」、
11月21日(木)新潟GOLDEN PIGS RED STAGEから始まり、仙台・札幌・名古屋・高松・福岡・大阪と回って12月7日(土)の東京・渋谷AXまで続きます。
チケットやドレスコーズの最新情報など詳しくはドレスコーズの公式HPをチェックしてみてくださいね。

Report

[ 2013/11/06 update ]

ゲストは・・・寺岡呼人さん

今日は、寺岡呼人さんをお迎えしました!
本日、ソロデビュー20周年記念ベストアルバムがリリースとなる寺岡さん。
20年分ともなると、選曲も大変だったのではと思いますが…
「悩むときりがないなと思ったので、すぐ決めました。
結構辛い作業なんですよね。あまり昔のものに興味がないっていうのが本音っちゃあ本音なので、だから、せめて録り直そうかな、みたいな。
20代の頃は、ソロになって全く右も左もわかんなかったので、そのころの試行錯誤のあたりはあまり楽しい記憶がないというか、恥ずかしいっていうのしかないですね。
特にここ数年というか、3,4年、ライブでやってるような曲を基本的に選んだので、当時歌ってた時よりも馴染んでるっていう意味では物足りなさはないっていう。これが、今の自分ができる全てかな、みたいな部分はあるので、そういう意味では後悔はないですね。」
とおっしゃっていました。

ソロデビュー20周年となる寺岡さん、その記念すべきソロデビューの日、11月17日には、渋谷のMt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREで記念ライブも行われます!
さらに、そのすぐ後、11月23日(土)からは全国ツアーも始まります!
今週末、11月9日(土)、10日(日)はGolden Circleの日本武道館公演、そして13日、14日には大阪城ホール公演も控えてらっしゃいます。
そしてそして!来年、2014年1月11日(土)にはJUN SKY WALKER(S) の日本武道館公演も待ってますね〜。まさにライブ尽くし…!!
「大きいイベントが有った後って、割と自分がもぬけの殻と言いますか、余韻がでかすぎることもあるので、こうやっていろいろライブとかあると徐々にクールダウン出来るかなと思いますね。」といったお話もしていただきました。

ライブのチケットや寺岡呼人さんの最新情報など、詳しくは寺岡さんの公式HPをチェックしてみてくださいね。

Report

[ 2013/11/05 update ]

ゲストは・・・稲垣潤一さん

今日は、稲垣潤一さんをお迎えしました!

先月、カバーデュエットシリーズの第4弾となる「男と女4」をリリースされた稲垣さん。
これまでにも様々な名曲をカバーされていますが、
「基本的には僕が大好きな曲というか、曲に惚れないと歌えないっていう性質で、アマチュアの時代からそういうことだったわけですけど。とはいえ、基本的に女性が歌ってヒットした曲を、女性のお相手とデュエットで歌ってリメイクするということなんですけどね。」とおっしゃっていました。

さて、稲垣さんといえばやはりドラムを叩きながら歌うというスタイルが特徴的でしたが当初は“ハコバン”中心の活動だったそう。“ハコバン”というのは、ハコ=お店、バン=バンドという意味なんですが、
「70年代っていうのは、バンドの入ったお店って言うのがたくさんあった時代で、僕は高校卒業後、そういうところで9年間歌ってたんですよ。いろんなお店で歌ってて…とはいえ、キャバレーとかディスコとか、ダンスホールとか、そういうところでドラムを叩いて歌ってて。全曲ワンステージ僕がボーカル取ってたっていうわけではないんだけど…必ず、サックスとかペットとか、メロを取るインストの楽器を弾く人がいたので、そういう方がバンマスだったりしたので、時折僕がステージで歌ってて、そういうステージを4、5回重ねるっていうのを9年間続けてたんですよ。」というお話もしていただきました。

ハコバン時代のもっと詳しいお話が掲載されている、稲垣さん初の自伝本「ハコバン70‘s」は講談社から発売中です。
11月8日(金)には、この本の発売を記念して、パルコブックセンター渋谷店特設会場にて、握手会が行われます!!
そして、NEW ALBUM『男と女4-TWO HEARTS TWO VOICES-』と書籍『ハコバン70's 』の発売を記念して、ミニライブ&トークイベントも決まっています。
11月12日(火)、そごう横浜店9階・新都市ホールにて開催予定となっています。

チケットなど詳しい情報は稲垣潤一さんの公式HPをチェックしてみてくださいね。

Report

[ 2013/11/04 update ]

ゲストは・・・平井堅さん

今日は、平井堅さんにお越しいただきました!

先月、1年半ぶりの新曲「桔梗が丘」を配信限定でリリースされた平井さん。
“桔梗が丘”は平井さんの故郷ということで、今回は“家族”をテーマに作られた楽曲となっており、ミュージックビデオには平井さんのお母様も出演されていますが、
「もともとタイアップの話があって書き下ろした曲なんですけど、家のコマーシャルだったので“家族愛”というテーマでお題をいただいて。でも、僕は独身なので、自分の家族がないので、やはり僕を育ててくれた両親、故郷にいる家族が唯一の家族なので。。。自分が育った家や母を思って、で、父や母の曲を何曲か書いたことがあるので、逆に親目線で子を思う気持ちっていうのを思い描きながら、想像しながら書いたんですけど。」とおっしゃっていました。

1年半ぶりの新曲ということですが、配信スタートとなった10月23日をきっかけに、iTunesで今までにリリースされた全シングル、全オリジナルアルバム、シングル表題曲のMusic Videoの配信も解禁となりました!
そして、今年で15周年を迎えるKen's Bar、待望のアリーナ公演が決まりましたね〜。
12月7日(土)宮城・セキスイハイムスーパーアリーナからはじまり、大阪、徳島、北海道と回って12月23日(月)、24日(火)は神奈川・横浜アリーナとなっています。
そして!ツアー初日にはKen's Bar15周年記念フォトブック「Ken's Bar15th Anniversary Special」も発売開始ということで・・・もりだくさんですね〜。
「ぶっちゃけまだリハーサルも入ってないので、全然まだ考えてないんですけど、毎年年末、クリスマス近辺にKen’sBarやってるんですけど、今年もそういう、季節っぽいクリスマス曲も、で、これまでやってないクリスマス曲をこれから探そうかなと。。。とか言いながらやった曲になるかもしれないですが。。。これから選曲して、せっかくなので、独り身の方もカップルで来る方もロマンティックな気持ちになっていただける選曲にしたいなと思っています。」というお話もしていただきました。ますます楽しみですね〜。

平井堅さんの新曲「桔梗が丘」は現在好評配信中となっています。
ライブのチケットなど、詳しくは平井さんの公式HPをチェックしてみてくださいね。