Report

[ 2014/07/30 update ]

ゲストは・・・高橋幸宏さん

今日は、坂本美雨にとってはお父さん的存在!再々来ディアとなりました。
高橋幸宏さんにお越しいただきました。

昨年のライブの為に結成されたバンド「高橋幸宏 & METAFIVE」、メンバーは小山田圭吾さん、砂原良徳さん、TOWA TEIさん、ゴンドウトモヒコさん、LEO今井さんなんですが、
「こんなに長く続くことになるとは思わなかったんだけど、いろんなところからお声がかかって、今年いっぱいは活動がありそうなので、じゃあアルバム出しちゃおっか、ってことで決めました。年内にまずは細野さんと坂本くんが一緒にやって、僕がゲストっていうのがあったので、後はゆっくり考えよう位に思ってたんだけど、いや1月にもやってくださいってことだったので、じゃあもう考えとかなきゃと思って。In Phaseで自分のルーツミュージックを探ったので、もうひとつのルーツである、当時の音をそのまま再現してみようかなと思って、誰がいいかなと思ったら、小山田くん、マリン、TEIくんっていう3人が一緒に活動してるっていうのがわかってたので、ちょっと声かけてみようと思って。」というバンド結成のお話もしていただきました。

高橋幸宏さんの新しいバンド“高橋幸宏&METAFIVE”のライブアルバム「TECHNO RECITAL」、そして“高橋幸宏 with In Phase”のライブ映像作品「PHASE」は、両方とも先週、7月23日にリリースとなっています。
気になった方はお近くのCDショップなどでチェックしてみてくださいね。

そして、今年ももうすぐ!開催されますね〜。
高橋幸宏さんがキュレーターを務めるフェス「WORLD HAPPINESS 2014」は、8月10日(日)、東京・夢の島公園陸上競技場で開催されます。
出演者やチケットについてなど、詳しくはWORLD HAPPINESSの公式サイトをご覧ください。

Report

[ 2014/07/29 update ]

ゲストは・・・ericaさん

今日は、“告うた”のカリスマ、シンガーソングライターのericaさんにお越しいただきました。
“告うた”とは、“告白ソング”を略した言い方。ericaさんは、この“告うた”をメインに歌われているということなんですが、
「インディーズの時とかは、告白ソングだけを歌うっていう感じじゃなかったんですけど、路上ライブで自分でCDを1,000枚作って売り切った時に、新しい事を始めたいなと思って。たまたまその時が春だったので、春の歌と、自分も生まれ変わるという曲を兼ね合わせた告白ソングを一曲作ったんですよ。それをYoutubeにUPしたらすごく反応が良くて、お手紙とかもたくさん来るようになって。告白したいのに出来ない子が多いんだなと思って、じゃあ、この子達だったり、自分の今までの恋愛だったりを掘り下げていって告白ソングに特化した曲を作っていこうかなということで、そこからずっと“告うた”を歌う、という事になってるんですけど。。。」と、告白をメインに歌うことになったきっかけもお話していただきました。

ericaさんの“告白”が詰まったアルバム「告うた〜あなたに贈る歌〜」は、5月にリリースされています。気になった方はお近くのCDショップなどでチェックしてみてください。
そして、ericaさん、8月3日には「夏サカス」でのライブも有りますので、詳しくはericaさんの公式HPをご覧ください。

Report

[ 2014/07/28 update ]

ゲストは・・・服部克久さん

今日は、大、大、大先輩!作曲家の服部克久さんをお迎えしました!!

今年は、77歳・喜寿、そして音楽活動を始めて55周年というAnniversary Yearの服部さん。喜寿と音楽活動55周年を記念してのアルバム「77-55 〜Past, Present & Future〜」が先月リリースとなりました。

まさに日本の音楽界を創ってきたお一人の服部さんですが、
「僕は、名刺にも作曲家とか一度も書いたことないんですけど、自分が何か後ろめたくて。こういうものをお金にしていいのかっていう気持ちもあったし、大体、私は作曲家ですって言ったって、相手が認めてくれないと成立しないですよね。だから、作曲家辞めるって言っても、始めてたのかな、いつの間に…という位ですから。要するに、音楽で飯を食うという概念が無かったので、、、家業と言ったら変だけど、親とか周りがやってたから自然と音楽を始めた…で、そこでダークダックスのときに初めてお金を頂いて、「こうやって生活できるんだ」ってふっと思った位ですね。ただ、お金をもらうということをわかってからは、お金をもらうんだから、それにきちっと、相手を満足させる仕事をやろうと。」というお話もしていただきました。

服部克久さんの最新アルバム「77-55 〜Past, Present & Future〜」は、現在発売中です。
そして、喜寿と音楽活動55周年を記念してのコンサートも決まっています。

【「THE FEAST」 〜喜寿 / 55周年記念コンサート〜】は、
9月23日(火) 大阪 森ノ宮ピロティホール
10月3日(金) 東京 東京国際フォーラム
となっています。

チケットや公演についての詳しい情報は、服部克久さんの公式HPをご覧ください。

Report

[ 2014/07/24 update ]

ゲストは・・・DJ和さん

今日は、J-POP DJとして活躍している、DJ和さんにお越しいただきました。

7月2日にノイタミナ10周年を記念してのMIX CD「ノイタミナ10th Anniversary BEST」をリリースされた和さん。
当初は、洋楽のMIXをしていたそうなんですが、
「当時は特に、クラブでほとんど洋楽しかかからなかったんですね。日本語の曲がかかるっていうのが、タブーじゃないですけどかけにくい状況にあったんですけど、みんなかける曲も同じだし、歌詞もわからないまま踊ってるっていうのを側から見てて、もうちょっと面白い事できないかなと思ってる中で、日本であれば日本の曲をかけて日本語の曲でみんなで踊る方が楽しいよなって思ったりしてて、洋楽プラスJ-POPをかける時間みたいなのも、自分の中で分けてやったりして、その時に、J-POPの方が洋楽よりはるかに盛り上がったんですよね。絶対これをやった方がみんな楽しいなと思って、日本語しかかけないって決めて今に至るっていう感じですね。」という理由でJ-POP DJとしての活動を始めたんですね〜。

「ノイタミナ10th Anniversary BEST」は現在発売中です。
気になったかたはお近くのCDショップなどでチェックしてみてくださいね。

DJ和さん、今年の夏はいろんなイベントやライブへの出演が決まっていて大忙し!
ライブ情報など、詳しくはDJ和さんの公式HPをご覧ください。

こちら、特別に作られた法被!の背中です〜。一点ものだとか・・・!

Report

[ 2014/07/23 update ]

ゲストは・・・TK from 凛として時雨さん

今日は、ようやくお迎えすることができました!
凛として時雨から、TKさんにお越しいただきました。

実は、TOKYO FM系列のゲストとしてお越しいただくのも初めてというTKさん。今日はソロとしてお越しいただいたんですが、
「曲を作ってる時とかも、僕が最初にデモを作って、バンドでやるときは3人でやって、ソロの時は、いつも大体5人くらいで楽曲重ねていくんですけど、バンドの時の方が、わりとデモに忠実に音を作るので、ライブも含めて、自分の純度がすごく高いというか。普通はソロの方が純度って高いんだと思うんですけど、意外とソロの方が…例えば、ピアノだったりヴァイオリンだったり、その人の感性でいろんな音を重ねてもらって1つの作品が作られるっていうところが多いので、普通のソロ活動と逆というか、時雨の方が自分にとってやっぱり自分がそのまま投影されてる、という感じで。ソロは逆に、そこから派生して、さらにカラフルにしたような印象がありますね、自分の中で。」というお話もしていただきました。

本日リリースのNEW SINGLE「unravel」は、TOKYO MX他で放送中のアニメ「東京喰種 トーキョーグール」のオープニングテーマとなっています。
気になった方はお近くのCDショップなどでチェックしてみてください。

TKさん、8月にはアルバムのリリースも控えていますね〜。楽しみです!
10月からは今年3本目となるツアーも始まります。
「TK from 凛として時雨 TOUR 2014」、
10月8日(水) Zepp Divercity TOKYO
10月16日(木) 仙台Rensa
10月22日(水) 名古屋ダイアモンドホール
10月23日(木) なんばHatch
となっています。
チケットや、ライブについての詳しい情報は、TKさんの公式HPをご覧ください。

Report

[ 2014/07/22 update ]

ゲストは・・・米林宏昌監督

今日は、先週公開されたばかりのスタジオジブリ最新作「思い出のマーニー」の監督、米林宏昌さんにお越しいただきました。

原作はイギリスが舞台となっているんですが、映画では北海道になっています。
「原作は、イギリスが舞台なんですけど、日本の北海道に舞台を移して、“湿地”がメインの場所になるんですけど、実際にロケに行って、とても美しい湿地を見て来たんですけども、その美しい湿地を、どうやって画面に再現できるかなというところを意識して作りました。実際に足を踏み入れて、水の冷たさとか、ぬかるんだ感じとか、そういうものを体感してきたんですけど、そういうものをアニメーションの中で再現することによって、主人公の杏奈が湿地の中に歩いていく感覚みたいなものが再現出来たらな、という風に思っていて。潮の満ち引きがあるんですよね。引いてる時と、満ちてる時の風景が全然違う。そういうのもロケで見てきて、これは面白い設定になるなと思って。ある時は潮が引いていて湿地屋敷の方に歩いて渡れるんだけど、ある時は潮が満ちていて行けないとか、杏奈とマーニーの関係みたいな感じで、そういうものを描けるんじゃないかと思って、そういう舞台を設定してます。」というお話もしていただきましたが、監督のお話を聞いてから映画を観るとより「思い出のマーニー」の世界に入り込めそうですよね〜。

スタジオジブリ最新作「思い出のマーニー」は、7月19日から全国ロードショーとなっています。
興味のある方、お近くの映画館に足を運んでみてはいかがでしょう。

そして、今週末、7月27日(日)からは、江戸東京博物館にて「思い出のマーニー」の美術監督を務める種田陽平さんによる展覧会「思い出のマーニー×種田陽平展」が開催されます。詳しくは「思い出のマーニー」公式HPをご覧ください。

Report

[ 2014/07/21 update ]

ゲストは・・・稲川淳二さん

ディアフレンズ、怪談、はじめました・・・

ということで、今日は2年ぶりの再来ディア!稲川淳二さんにお越しいただきました。
今週末から始まる稲川さんのツアー、今年で22年目となりますが、
「22年間、スタッフの方もファンの方も、トラブルが1回もないんですよ。変な事はあるんですよ、いろいろ出ますからね。そういうのはあるんだけど、ないの。なぜかと思ったら、みんな幽霊のせいにしちゃうの。人間関係まで全部。上手くいくんだこれが。
毎年新しい話で、ただ、新しいと言ったからといって、去年あったとか、そういうのではなくて、元になる話が15年くらい前にあった話もあれば…怖い話の破片は見つかるんですよ。でも、形にしていく段階で結構時間を取ってしまうし、ある話にとっては、5年くらい経つともっと状況が分かって「あ、こういうことなんだな」ってなってきますからね。考古学で言うと、「これは壺なんだろうか、それとも器だろうか」っていうところがだんだん形になってきて、どうしても破片が見つからないところは「おそらく向こう側がこういう柄だから、こっちもこうなんだろうな」っていう感じで仕上がっていくのかな。」というお話もしていただきました。

番組後半では、今年の新作怪談話も披露していただいた稲川淳二さん。
今年の「MYSTERY NIGHT TOUR 2014 稲川淳二の怪談ナイト」は、
今週末、7月26日(土)、埼玉・三郷市文化会館から始まり、全国を回って10月24日(金)、CLUB CITTA'まで続きます。
そして、今年は“稲川怪談新聞”も発売されます!稲川さんのツアーでも販売されますが、全国の花火売り場のあるローソンでも購入できるそうですよ。
そして、稲川さん、9月には映画も公開になります。
ツアーに関しての詳細や、映画についてなど、詳しくは稲川さんの公式HPをご覧ください。

Report

[ 2014/07/17 update ]

ゲストは・・・柳家三三さん

今日は、坂本美雨のディアフレンズとなってから初めてお迎えする職業・落語家の柳家三三さんにお越しいただきました。

今月、40歳を迎えられた三三さん。26日には独演会も予定されているんですが、
「昔から40っていうと“不惑”って言って、この年である程度生き方とか、自分の軸足みたいなものを決めて、定まっていくんだよ、みたいな、そんな年だって言われてるんですけど、まだまだそんなんじゃないだろうっていう感じなんですよね。節目って言えば節目になるので、そういう年に、普段やってる落語とはまた違う、場所も、ネタもですよね。そういうものに挑戦してみようかなと思って、企画というか、やってみようと思いましたね。僕、ラーメンズが大好きで、ラーメンズだったり小林賢太郎さんのソロの舞台を何度も観てるうちに、グローブ座でやる機会が結構多いので、「こういうところで自分が何かを演ずる機会を持ちたい」って、それが、このグローブ座を選んだ唯一ですかね。」というお話もしていただきました〜。

柳家三三さんの独演会
「男、四十にして…惑う。」は、7月26日(土)、東京グローブ座にて、昼公演と夜公演の2回行われます。
そして、三三さんは他にも毎月、公演を行っているということですので、気になった方は柳家三三さんの公式HPをチェックしてみてください。

Report

[ 2014/07/16 update ]

ゲストは・・・島谷ひとみさん

今日は、1年ぶりの再来ディア!
島谷ひとみさんをお迎えしました。

今日、NEW ALBUM「本日、都内、某所」をリリースされた島谷さん。
「今年の7月28日で、デビュー丸々15年を迎えて、16年目に入るんですね。15周年って、自分の中ですごく大きな節目で、ここから先15年ってまた大きく変わってるって思うと、15年っていう節って大きいなっていうところから、、、もし私がこの仕事をしていなかったらこんな人生もあったのかな、とか、いろんな事を想像してみて。10人の“しまたにひとみ”っていうキャラクターを作って、1つのアルバムにしたんですよ。プロフィールが、歌詞カードのブックレットに写真付きで付いてまして、それを照らし合わせて演じてると言いますか、、、一つ一つのドラマを曲と共に楽しんでいただけたらいいなというアルバムになってますね。」とおっしゃっていた通り、十人十色の島谷さんが楽しめるアルバムとなっていますね〜。

島谷さんの最新アルバム「本日、都内、某所」は今日、リリースです。
気になった方はお近くのCDショップなどでチェックしてみてくださいね。

そして、島谷さん、地元・広島でのライブや、今回のアルバムリリースを記念してのイベントなども決まっています。
詳しい情報は、島谷ひとみさんの公式HPをご覧ください。

Report

[ 2014/07/15 update ]

ゲストは・・・真鍋大度さん

今日は、真鍋大度さんをお迎えしました。

真鍋さんといえば、最近はPerfumeのライブ演出でも注目されていますが、
「演出自体はMIKIKO先生っていう、彼女達の振り付け家であり演出家の方がベースでやってて、僕らはその中の大体1シーンをやるんですよね。でも、1シーンをやるのに、プロトタイプってなんとなくテストを始めるのとか含めると、実は半年くらいかけてやってるっていう感じで。。。やっぱり、いきなり大きい本番はむずかしいので、最初は小さいライブハウスみたいなところでやって、その後、ミュージックビデオの中に入れたりして…ちょっとずつやっていって、これはもう使えるかもしれないってなって、Perfumeのライブでやるというか。ドームでやったりするじゃないですか。紅白とかもそうなんですけど、絶対失敗できないけど条件がそんなにいいわけでもないというか。」とおっしゃっていました。

さて、真鍋さん、今週末、7月19日(土)から始まる“札幌国際芸術祭 2014”にも参加されます。
坂本龍一さんのとの特別展示「センシング・ストリームズ」はモエレ沼公園、札幌駅前通地下歩行空間(チ・カ・ホ)などで見られます。
その他、いろいろな作品展示やプログラムがありますので、詳しくは札幌国際芸術祭2014の公式HPをご覧ください。

Report

[ 2014/07/14 update ]

ゲストは・・・井上昌己さん

今日は、井上昌己さんにお越しいただきました。

今年、デビュー25周年を迎えられた井上さん。
5月には25周年記念BEST ALBUM「「Welcome to my home」もリリースされましたが、このベスト盤には、「イヤリングのはずしかた」、「忘れてあげない」のデモ音源も収録されているんです。
「今までの中で、未発表曲の何かがないかとメーカーの方に言われまして、家中探したところ、デビュー前に弾き語りをしている音源がカセットテープで見つかったんですね。でも、音質的にも、カセットだし、大丈夫なのかなと思ったんですけど、“こういうのがファンの方は聞きたいんじゃないか”という風に言っていただいたので、まあいいかなと思って。2曲ばかり入れてみました。今聞くと恥ずかしいんですけど。歌が、何でここまで自信満々に歌ってるんだろうっていう、ちょっと自分でも鼻につくような感じで歌ってて、若さってすごいなぁと。」というお話もしていただきました。

そして、井上さんのLOVEな事も伺いましたが、、、
井上昌己さんのLOVEな事は…お料理?!
お酒が好きという井上さん、その時飲むお酒に合わせた料理を作るのがお好きだそう。
トマトソースに生クリームを足したピンクソースとか、気になりますよね〜。

井上昌己さんの25th Anniversary PRIVATE SELECTION、「「Welcome to my home」は現在発売中です。
そして、25周年記念ミニアルバム「MELODIES 」も6月にリリースされているので、気になった方はお近くのCDショップなどでチェックしてみてくださいね。

井上さんのライブ情報など、詳しくは井上昌己さんの公式HPをご覧ください。

Report

[ 2014/07/10 update ]

ゲストは・・・高嶋ちさ子さん

今日は、高嶋ちさ子さんにお越しいただきました。

7月2日にNEW ALBUM「COLORS〜Best Selection〜」をリリースされた高嶋さん。
こちらのアルバム、1曲目の“オーシャン・ブルー 〜ORCA〜”を含めて4曲のオリジナル曲が収録されているんですが、実は、この“オーシャン・ブルー 〜ORCA〜”は、高嶋さんが考えたシャチの物語に沿って作られた楽曲なんだとか。
「今まで出してきたアルバムは、ヴァイオリンの音色を美しく聞かせたいっていう、、、ストラディバリウスを買ったのが7年位前なんですけど、それくらいから「ストラディバリウスっていい音ね」って思ってもらいたいっていう気持ちで、そういう美しい曲を入れる事が多かったんですけど、友人の木佐彩子から「あんた性格きついのに音優しいよね」って言われて。その辺に皆さんギャップを感じてるのか、って思って、今回は、性格がきつく、情熱的な部分もあるというところを解禁してですね、非常にそういう、陽気な曲だったり、活気あふれる曲だったり、そういう楽曲をたくさん入れてみました。」というお話もしていただきましたが、、、確かに、カルメンなどはまさしく、といった感じですよね〜。

高嶋さんの最新アルバム「COLORS〜Best Selection〜」は、好評発売中です。初回限定盤には、“オーシャン・ブルー 〜ORCA〜”の元となった高嶋さん原案のシャチの家族の物語の絵本も付いてくるということですので、気になった方はお近くのCDショップなどでチェックしてみてください。

そして、高嶋さん、コンサートがいろいろと決まっています。
「ドルチェッロ〜debut Concert〜」は、
7月28日(月)渋谷セルリアンタワーホテル JZ Brat
となっています。

そして、9月からは長いツアーも始まります!
チケットや公演の詳細については、高嶋ちさ子さんの公式HPをご覧ください。

Report

[ 2014/07/09 update ]

ゲストは・・・GLAYのTAKUROさんとHISASHIさん

今日は、GLAYのTAKUROさんとHISASHIさんにお越しいただきました。

今年、デビュー20周年を迎えたGLAY。ということで、今年は大忙し…!
そして、本日、記念すべき50枚目のシングル「『BLEEZE』〜G4・掘繊廚リリースとなりました!
こちらは、TERUさんの作詞・作曲された初のシングル!ちょっとタイトルが気になるんですが…実は、TERUさんが“R”と“L”を間違えたとか…
「レコーディングって、何回もテイク重ねるでしょ?今って、データでやりとりするんだけど、ある時期から“R”が“L”になってるんだよね。だから、俺とかHISAHIがそのデータを受け取った時には、何か深い意味があって、っていうのを勝手に解釈してたんだけど、どうやら…どっかで打ち間違えた(笑)最終的には気付いてたんですけど、このまま行こうということで。らしいじゃないのと。
で、僕らは、20周年は東北でEXPOをやろうっていうのを決めていて、東北のテーマ曲を書くんだったらTERUが一番いいなと思ってたんですね。震災後、なによりも現地の事を思って足を運んでいたのはTERUなので、東北でやるEXPOのテーマは一番身近でその気持ちを見てきたTERUが一番いいんじゃないかっていう風に。そしたら、最初は「荷が重い!」って断られたんだけど、しばらくして「やっぱりやる!」ってなって…この曲が出来てきたときに、この曲をひとめぼれスタジアムで歌いあげられたら、人々の何かしら勇気だったり希望だったりになるような、そういうきらめきがあるなぁと思いましたね。」というお話もしていただきました〜。

GLAYの記念すべき50枚目のシングル「『BLEEZE』〜G4・掘繊廚亘榮、発売です!気になった方はお近くのCDショップなどでチェックしてみてくださいね。

そして、GLAY、10年ぶりのEXPOが9月に開催されますね〜。
「GLAY EXPO 2014 TOHOKU」
9月20日(土) ひとめぼれスタジアム宮城
16時30分スタートとなります。
チケットなど、詳しい情報はGLAYの公式HPをご覧ください。

Report

[ 2014/07/08 update ]

ゲストは・・・浅倉大介さん

今日は、浅倉大介さんにお越しいただきました。

明日、7月9日に1年ぶりとなるNEW SINGLE「Vertical Innocence」をリリースするaccess。
「音楽の発想としては色んなきっかけがあったりするけど、今回のシングルは、個人的なイメージは、丁度、七夕が昨日だったじゃないですか。彦星とおり姫様のお話があるじゃないですか。15光年離れてるんですけど、そんな中でも強い思いがあるんじゃないか、みたいなのを、サイバートランスエレクトリックミュージックで表現したらどうなるのかなっていうところから作りだしたのがこのシングルです。電子音で表現したら、僕なりにはこうなるのかな、みたいな。星の瞬きとか、塊を音にするとこういうギラギラしたものになるのかなっていう。」というイメージで作られたというお話を聞いてから曲を聞くとまた違う印象になりますね〜。

さて、access、今週末からはツアーが始まります!
access TOUR 2014 Vertical Innocence
7月12日(土)、埼玉から始まり、東京、兵庫、愛知、と回って、8月24日(日)の追加公演まで続きます。
チケットや公演について詳しくはaccessの公式HPをご覧ください。

Report

[ 2014/07/07 update ]

ゲストは・・・真琴つばささん

今日は、真琴つばささんにお越しいただきました。

来年、宝塚での初ステージから30周年を迎える真琴さん。
来年にかけて30人のゲストとトークライブをするという、トークライブツアーを企画されているんですが、初回は8月22日(金)〜24日(日)、草月ホールにて開催されます。毎公演違うゲストの方をお迎えするということで、この回では東儀秀樹さん、小林幸子さん、ダイアモンド☆ユカイさん、加藤登紀子さん、辻口博啓さん、江原啓之さんというLINE UP。
「(辻口さんは)もちろん、歌ってもいただきたいなと思ってるんですけど。歌って踊れるパティシエってアンケートに書いてあったんですけど。それとは別に、彼がする、あーティスティックな所作に自分の歌を重ねたりとか。江原さんは同級生なんですよ。同い年。だから同い年トークができるなと。(ダイアモンド☆ユカイさんは)ユカイさんが、テレビ番組で“歌に必要なものは何か”っていう質問に“+α”って答えたんです。技術とか、心じゃなくて、+αだよって。それをじっくり聞いてみたいなって。あと、ユカイさんの曲にも挑戦したいし。タイトルが面白いの。“輝くロッカーと羽ばたく魔女のユカイな饗宴”。全部にちゃんとタイトルも考えたから。それで、全部来ると、スタンプでなんか・・・素敵なことが待ってるらしいので・・・」というお話もしていただきました〜。素敵なもの・・・も、気になりますが、何よりどんなトークライブになるか楽しみですね〜。

真琴つばささんの30周年へ向けての記念企画「X-TALK」は、8月22日(金)から始まり、これから1年にかけて30人のゲストとトークを繰り広げていくということですので、お楽しみに!
詳しくは、真琴つばささんの公式HPをご覧下さい。

Report

[ 2014/07/03 update ]

ゲストは・・・武井壮さん

今日は、“百獣の王”を目指す男、武井壮さんをお迎えしました。

武井さんがスポーツ選手になろう、と思ったのは中学生の頃だったそうなんですが、とても負けず嫌いな性格だったということで、トレーニングの事を考え始めたのは小学校3年生の時だったんだとか。
「その頃は全然おもしろさがわかんなくて、やってもやっても結局疲れるんだっていう事が分かったんですよ。楽しくなってきたのは、5年生の時に友達と野球やってて、何で全打席ホームラン打てないんだろうっていう…みんな「打てるわけないじゃん」っていうんですけど、じゃあなんで打てないのって、理由を誰も答えてくれないんですよ。それが不思議でしょうがなくて。頭の中では、あそこに打球を飛ばしたい、と思ってるのに、全然違う結果になるんですよ。そんなことあっていいのかと。悩みに悩んで、ふとしたことで気づくんですよね。父親にビデオ撮られてて。僕は、野球選手の真似をして打ってたんだけど、全然フォームが違ったんですよ。僕が、頭で思ったことと全然違うフォームで打ってたんですよ。あ、これだ!と思って。僕は“こうしたい”と思ってるんだけど、出来てない、やってないんだって。僕は、自分の体の見えてないところでは、自分の思った通りに動かせてないんだって、そこに気づいて。そこから直していかないとスポーツは上手くいかないんだなっていうのを気づき、そこからですね、自分のトレーニング理論をノートに書いたりしだしたのは。」と、武井さんの原点となったお話もしていただきました。

武井壮さんのレギュラー番組武井壮しらべ 〜俺がやらなきゃ誰がやる!!」は、TOKYO MXで毎週金曜日、23時30分から放送しています。
その他、たくさん出演情報もありますので、詳しくは武井壮さんの公式HPや武井さんのTwitterなどをチェックしてみてくださいね。

Report

[ 2014/07/02 update ]

ゲストは・・・HYの新里英之さん

今日は、沖縄で活動を続けるバンド・HYの新里英之さんにお越しいただきました。

5月にNEW ALBUM「GLOCAL〜SPECIAL ASIA EDITION」をリリースしたHYですが、実は、こちらは2月にリリースされたAlbum「GLOCAL」のスペシャルパッケージとなっているんですが、
「GLOCAL、タイトルから始まっていってんですけど、LOCAL とGLOBALを合体させた言葉で。まず、自分達の生まれ育った地元を大切にして、そこでの音楽を世界に届けていきたい。また、自分達が行くとき、その世界での素敵な“LOCAL”を見つけてまたそれを吸収して沖縄に戻ってきて、反映していきたいっていう思いがあって。今回、初の台湾でのワンマンライブが決まって、せっかく台湾、世界に挑戦するんだったら、中国語でチャレンジしたいということで、練習しましてですね、今回のアルバム、中国語Ver.で歌った歌が入ってます。」ということで、“帰る場所”の中国語バージョンが、今回のアルバムには収録されています。

そして、今日は新里さんのLOVEなこともお聞きしました〜。
新里さんのLOVEなことは・・・釣り!
現在ツアー真っ最中のHYですが、ツアーの合間で沖縄に帰ると、船に乗って磯まで渡って釣りをする、というお話もしていただきました〜。

HYのアルバム「GLOCAL〜SPECIAL ASIA EDITION」は5月28日に発売されています。
気になった方はお近くのCDショップなどでチェックしてみてくださいね。

現在、ツアー真っ最中のHY。
「HY HAI-SAI GLOCAL TOUR 2014」、
近いところですと、明日、7月3日(木)が福岡・ 福岡市民会館、今週末7月5日(土)は長崎・アルカスSASEBO、東京は7月15日(火)、16日(水)の渋谷公会堂となっています。
そして、ツアーファイナルは地元 沖縄!8月16日、沖縄市民会館です。チケットや公演の詳細などは、HYの公式HPをご覧下さい。

Report

[ 2014/07/01 update ]

ゲストは・・・ももちひろこさん

今日は、福岡出身のシンガーソングライター、ももちひろこさんにお越しいただきました。

ももちというお名前は、福岡の地名“百道”が由来なんだそう。
ギターを始めたのは18歳の時。
「お父さんがフォークソング世代で。フォークギターを持っていたので、そのギターを勝手に借りて始めたのがきっかけでした。音楽を始める前の自分は、まさかこういう事をしてるとは何も想像してなかったんですけど、一番最初に、自分ってこれだって言えるものが作りたくて、いろいろやってみようと思った中で最初にやったのが音楽だったんですね。だから、特に“絶対音楽じゃなきゃ”みたいな、強い気持ちは最初は無かったんですけど、やり始めたらすごくしっくりきて。あ、これかも、私が求めてたのっていうので、今までやってきてましたね。」というお話もしていただきました。

ももちひろこさんの最新シングル「瞳のシャッター」は、好評発売中です。
本日スタジオで生演奏も披露していただいた楽曲「and I...」も収録されていますので、気になった方はお近くのCDショップなどでチェックしてみてくださいね。

そして、ももちさん、現在インストアライブもいろいろと回ってらっしゃいますが、ライブも決まっています。
チケットや公演の詳細は、ももちひろこさんの公式HPをご覧下さい。