Report

[ 2014/11/27 update ]

ゲストは・・・かりゆし58の前川真悟さんと新屋行裕さん

今日は、かりゆし58の前川真悟さんと新屋行裕さんにお越しいただきました。

先月、NEW ALBUM「大金星」をリリースされましたが、
「元々はお相撲さんの言葉なんですけど、明らかに目上の相手をやっつけるとか、みんなの予想を大どんでん返しで座布団が飛び交うような大勝利を“大金星”と言ったりするんですけど、それとはちょっと違ってて。友達のラーメン屋からもらった名前なんですよ。ジャケットは、その友達のラーメン屋の暖簾をかりゆし58のメンバー4人が背負ってるっていうジャケットなんですけど。30超えて、世の中的にいい年って言われるような年になって、ホントに自分のやりたい事に嘘がつけないな、ってなって、仕事も全部やめて、裸一貫で始めた小さいラーメン屋なんですけど・・・でも、そこで「大金星」って名前をつけてるその人のセンスが好きで。黒星として、白星として、どっちで自分の中にあるものを数えるかでこんな変わるな、みたいな。」という、アルバムタイトルに込められた思いもお話していただきました。

かりゆし58のNEW ALBUM「大金星」は、現在発売中となっています。
気になった方はお近くのCDショップなどでチェックしてみてください。

そして、現在ツアー真っ最中のかりゆし58。
全国を回って、来年2月まで続きますので、詳しい情報はかりゆし58の公式HPをご覧下さい。

Report

[ 2014/11/26 update ]

ゲストは・・・佐藤美希さん

今日は、ラジオ親善大使の佐藤美希さんにお越しいただきました。
昨年の11月から、1年間ラジオ親善大使として活動してきた佐藤さんなんですが、
「全国で民放ラジオが101局あるんですけど、この1年で20県位、都道府県を回ってきて、50局、約半分位出させていただいて。北は岩手、南は鹿児島まで回ってきたんですけど、スタジオの雰囲気も違いますし、AMさん、FMさんそれぞれ違くて面白かったです。全国を回ってきて、最初はホントにラジオって難しい、とか、ラジオってどういうものなんだろう、っていうことから始まって、いろいろ番組ださせていただいて、ラジオっておもしろいなって徐々に気づくことができたんですよ。だから、自分の話したい事を伝える事ができるので、ラジオパーソナリティというか、自分の番組を持てたらいいなと思うようになりました。」というお話もしていただきました。

佐藤美希さん、来年のカレンダーが発売されます。
12月23日(火)には、カレンダーの発売を記念してのイベントも開催されるそうですので、詳しくは佐藤さんの公式HPなどをご覧ください。

Report

[ 2014/11/25 update ]

ゲストは・・・湘南乃風のSHOCK EYEさん

今日は、湘南乃風からSHOCK EYEさんをお迎えしました。

現在、アリーナライブ真っ最中の湘南乃風。
ライブのタイトルが「風nation2014〜男気ハンパねぇ!!不良少年パワースポット〜 supported by カーセブン」なんですが、、、
「男気っていうのはRED RICEが「男気じゃんけん」のレギュラーなので、で、ハンパねぇ!っていうのはHAN-KUNが最近流行らそうとしてるセリフなんですよ。で、不良少年はご存じのとおり若旦那、で、パワースポットっていうのが、僕、ゲッターズ飯田さんに占ってもらった時に「今まで数万人見てきた中で、2人目の“歩くパワースポット”、強運の持ち主」って言われて…それこそ、待ち受けにしたら運気が上がるレベルっていう風に言われて。それからじわじわと僕の周りとかファンの方の間で盛り上がってて。で、“歩くパワースポット”っていうことで。みんなそれぞれの代名詞みたいなのを繋げた感じなんですけど。」ということでこのタイトルになったんですね〜。

湘南乃風のアリーナライブ
「風nation2014〜男気ハンパねぇ!!不良少年パワースポット〜 supported by カーセブン」
次は12月21日(日)、名古屋 日本ガイシホール、
そして12月28日(日)はさいたまスーパーアリーナで公演予定となっています。

チケットや公演に関する詳しい情報は、湘南乃風の公式HPをご覧ください。

Report

[ 2014/11/24 update ]

ゲストは・・・JUJUさん

今日は、再々来ディア!JUJUさんをお迎えしました。

今年、デビュー10周年を迎えられたJUJUさん。
「ホントにあっというまだったっていうのが一番率直な感想で、10年どうですかって聞かれるとホントにずっと首の皮一枚だったんですよ。2004年にデビューして、最初2枚のシングルが8月と11月に出したものの、誰にも届かなくて、そこからニューヨークに行って、2006年にようやく3枚目のシングルを出すことにはなったものの「このシングルがだめだったらもう契約終了しましょう」というお話だったので、首の皮一枚という状態から、でも、その曲によっていろんな方に聞いていただく機会が増えたり、私も、聞いてくれてる誰かがいるって知りながら歌うことってこんなに幸せなことなんだなって思って以来、歌う概念も変わったりとか、それがきっかけで10年続いてきたので、首の皮1枚から、皆さんに救っていただきながらきた10年だなと思うととても感慨深いけど、ホントにあっというまだったなと思います。」というお話もしていただきました。
JUJUさんの2ndカバーアルバム「Request供廚12月3日にリリース予定となっています。気になった方はお近くのCDショップなどでチェックしてみてくださいね。
そして、JUJUさん、来年もツアーが決まっています!
【10th Anniversary Act #06「JUJU ARENA TOUR 2015 -ジュジュ苑 10th Anniversary Special-」】
2015年6月6日(土)、日本ガイシホールから始まって、7月18日(土)のマリンメッセ福岡まで続きます。
チケットや公演についての詳細はJUJUさんの公式HPをご覧ください。

Report

[ 2014/11/20 update ]

ゲストは・・・毬谷友子さん


昨日行われました
「ディアフレンズ LIVE Vol. 3
 welcomes 平原綾香 Supported by あ・う・て」にお越しいただいたみなさま、ご来場ありがとうございました。
トーク&ライブの模様は、12月4日(木)のディアフレンズでO.A.致します。是非、お聞きください。


そして、今日は、坂本美雨とは猫友達!元・宝塚歌劇団で女優の毬谷友子さんをお迎えしました。

明後日、11月22日(土)から公開の映画「日々ロック」に出演されている毬谷さん。
「私は、宇田川咲ちゃんを作り上げた、敏腕プロデューサーっていうか、そういう人の役なんだけど、自分で努力してってバンバン世の中に何かを作り出していくっていう鉄のような冷たい心を持った女なんですけど・・・だから、拓郎達のバンドなんていうものが許せなかったりするわけですよ。でも、若いときって、演劇とかもそうだけど、やりたい思いだけで、自分達だけで一生懸命やってる時期があって、それがあるときプロになっていって、みんなのためにやっていくっていう風に、みんな変わっていくじゃない。そういう、まだ夢を見てるひよこ達に対して喝を入れる、みたいなね。いっぱい傷ついて努力もしてきて今の地位があるからこそ、許せないことは許せないみたいな。私も、演劇やってて、若い子達見てるとなんかもっと・・・!って、自分の若い頃とこの役が重なるところもありましたね。」というお話もしていただきました〜。

毬谷友子さんも出演されている映画「日々ロック」は、明後日!11月22日(土)から全国公開となります。

そして、毬谷さん、明日から舞台も始まります!
【豊島区 テラヤマプロジェクト ファイナル ミュージカル青ひげ公の城】は、
11月21日(金)から11月30日(日)まで、
豊島公会堂にて公演予定となっています。

毬谷友子さんの最新情報など、詳しくは毬谷さんの公式HPをご覧下さい。

Report

[ 2014/11/19 update ]

ゲストは・・・清竜人さん

今日は、謎の多いアーティスト、清竜人さんにお越しいただきました。

17歳のときにバンド選手権でグランプリを受賞して、その年のROCK IN JAPAN FESに最年少出場された清さん。
「その頃はどちらかというとアコースティックな、ちょっとサーフっぽかったりとか、っていうものが多かったですかね。元々は鍵盤だったので、鍵盤とアコースティックギターとっていう感じでしたね。(ギターは)ウチの親族が拾ってきたものに弦を張って使ってましたね、今も曲作る時は使ってますけど。明確に、こういう音楽をやりたいとか、こういう音楽性が好みとかっていうものがなかったので、多分その都度好きだったものをやってたと思うんで、学生の頃聞いてたものとか、そういうのをやってたんじゃないかなと。」というお話もしていただきました。

清竜人さんのベストアルバム「BEST」は11月12日(水)に発売されています。
そして、同じ日には清さんの新プロジェクト!清竜人25のデビューシングル「Will♡You♡Marry♡Me?」も発売されています。
こちらのユニット、来年2月には「清 竜人ハーレム♡フェスタ2015 Vol.3」への出演も決まっています。

詳しい情報は、清竜人さんの公式HPをご覧ください。

Report

[ 2014/11/18 update ]

ゲストは・・・ホリエアツシさん

今日は、4回目のご登場、番組準レギュラー!の、ストレイテナー、ホリエアツシさんにお越しいただきました。

先月、8枚目のNEW ALBUM「Behind The Scene」がリリースとなったストレイテナー。
“Behind The Scene”は「舞台の裏側」という意味があるんですが、
「the sceneって「舞台」とはいえ、表に見えてるものじゃないですか、演劇であったり、僕らがやるライブだったり、表に見えてるものが“scene”だとしたら、裏側にあるいろんな人の思いとか、努力みたいなものってすごく大事だと思うし…もちろん、その作品としてとか、表面に、みなさんに届けられる結果も大事なんだけど、そこに至るまでの経緯とか、そういうものをすごく大切にしたいなというか、ちゃんと見据えて本質を掴み取りたいなっていうことをテーマにして。色んな曲があるんですけど、曲によって歌ってる場面とか、シーンが違うんですけど、それぞれの曲の裏側っていうか、もちろん、キツイこともあるんですよ。裏を知れば知るほど苦しくなる事もあるんですけど、そういうのも含めて知っていきたいなという思いで付けました。」とおっしゃっていましたね〜。

ストレイテナー、もうすぐツアーがありますね〜。
【Swimming City Flying Circus TOUR】は、
11月22日(土)が広島クラブクアトロ
11月24日(月・祝)が梅田クラブクアトロ
11月25日(火)は名古屋クラブクアトロ
11月28日(金)は渋谷クラブクアトロ

となっています。
そして!来年2月からは全国ツアーも始まります!
詳しい情報は、ストレイテナーの公式HPをご覧ください。

Report

[ 2014/11/17 update ]

ゲストは・・・渡辺貞夫さん

今日は、4回目のご登場!毎年この時期に来てくださいますね〜。
渡辺貞夫さんにお越しいただきました。

12月14日(日)に毎年恒例のクリスマスライブを開催される渡辺さん。
「今年はビッグバンドをやろうということになりまして。17年前にビッグバンドやったんですよ、日本のミュージシャン達で。そのミュージシャン達が、仕事場で会ったりすると「またビッグバンドでやってください」って話がありますし、去年、国立のNew Tideっていうビッグバンドと一緒にステージやったりしたんで、まあビッグバンドもいいかなと。それで今年はビッグバンドやるんですけど、リズムセクションはアメリカからビッグバンドのリズムを得意にしてるピーター・アスキンっていうドラマーとラッセル・フランテ、それからエドウィン・リヴィングストンっていうベースなんですが、リズムセクションだけ向こうから呼んで、後は日本の。やはり、ワンオブベストプレイヤーだと思います。」というお話もしていただきましたが、、、今年はどんなステージになるのか、楽しみですね。

渡辺貞夫さんの詳しいライブ情報は、公式HPをご覧下さい。

Report

[ 2014/11/13 update ]

ゲストは・・・U-zhaanさん

今日は、再来ディアですね〜。
タブラ奏者のU-zhaanさんをお迎えしました。

先月、ソロ名義として初めてのアルバム「Tabla Rock Mountain」をリリースしたU-zhaanさん。このアルバムには全9曲収録されていて、豪華なゲストのみなさんを迎えて作られているんですが、
「“俺の小宇宙”を録る前に、ジム・オルークさんと一緒に録音があって、それはジムの曲じゃなくてエンジニアリングをしてくれてたんだけど、その時に、チューニングのやり方を教えてくれたというか…もちろん当然の事なんだけど、チューナーに全く頼らずに自分の耳だけを頼りにチューニングするっていうか。だから、ジムさんが聞いてずれてるって思うところをどんどん直していってくれてたのね。その音が、チューナーに全然合ってなかったとしても、ジムさんの耳でチューニングしてる音の方が圧倒的に綺麗にチューニングできてて。それを見て、チューナーを使うのをやめようと思って。だから、本当に自分の事を信じてチューニングするようにしたら、すごい綺麗な音になったっていう感じですね。だから、参加してないけどジム・オルークにすごい感謝してるんですよね。」という収録時のお話などもしていただきました〜。

U-zhaanさんのアルバム「Tabla Rock Mountain」は、好評発売中です。
気になった方はお近くのCDショップなどでチェックしてみてくださいね。

U-zhaanさん、この後も色々とイベント出演なども決まっているということですので、詳しい情報は公式HPをご覧ください。

ちなみに初回限定盤はこのような感じ…!

Report

[ 2014/11/12 update ]

ゲストは・・・倉木麻衣さん

今日は、再来ディア!倉木麻衣さんにお越しいただきました!!

本日、15周年YEARアニバーサリーベストアルバム「Mai Kuraki BEST 151A -LOVE & HOPE-」がリリースとなった倉木さん。
「15周年、そして「一期一会」に掛けてるんですけど、15年、1人1人に“A”が“ありがとう”という思いを込めてタイトルを付けさせていただいたんですね。この「LOVE」と「HOPE」っていうのが、私が今までとても大切にしてきたテーマでもあって。音楽ってこの2つのテーマが詰まっているものなんじゃないかなっていうのを、この15年の中で感じて来れたので…特に、ライブだったり正に一期一会で色んな人と出会う中で、支えられることもたくさんありましたし、その中で、いつも応援してくれるファンのみなさんの愛を感じ、そして自分の曲を聞いて、励まされて頑張れるよ、という風に伝えてくださったみなさんに、希望を与えてるんだなという所も感じてこれているので、自分自身もこの15年様々な事があったけど、その辛かったり大変だった時に、側で支えてくれて、前進させてもらったのが音楽だなという風に感じてきたので、言い切って「LOVE」と「HOPE」というタイトルを付けさせていただきました。」と、タイトルに込められた思いもお話していただきました。

倉木麻衣さんの15周年YEARアニバーサリーベストアルバム「Mai Kuraki BEST 151A -LOVE & HOPE-」は、本日リリースです。
気になった方はお近くのCDショップなどでチェックしてみてくださいね。

そして!倉木さん、15周年の集大成ともいえるスペシャルライブがありますね〜。
【15th Anniversary Mai Kuraki Live Project 2014 BEST “一期一会” 〜Premium〜】
12月6日(土)、日本武道館で公演予定となっています。
チケットや公演に関する詳しい情報は、倉木さんの公式HPをご覧ください。

Report

[ 2014/11/11 update ]

ゲストは・・・成底ゆう子さん

今日は、沖縄出身のシンガーソングライター、成底ゆう子さんにお越しいただきました。

元々、オペラ歌手を目指していたという成底さん。
「声楽家を目指して、東京の武蔵野音楽大学に進学して、イタリアの方にもちょっと行かせてもらってたんですね。声楽を目指してイタリアに行ったんですけど、実はいろんなプレッシャーがあって、歌う声を失ってしまったんですよ。全く歌う声が出なくなってしまって、それでオペラ歌手の夢はあきらめて、いったん東京に帰ってきたんですよ。小学校の頃から合唱団に入ったりして、自分の夢はオペラ歌手になるっていうので東京の大学にも行って、イタリアにも行ったのに、まさか憧れのイタリアで自分の声を失うとは思ってなかったからすごいショックで…でも、東京の音楽大学にも出してもらって、イタリアにも出してもらった両親になんて言ったらいいかわからなくて、それでとりあえず東京に帰ってきて。両親は、なんとなく「あの子悩んでるね」っていうのは気付いて、手紙をくれたりしたんですよ。その時に電話でもしてみようかなと思って電話したら何も言えなくなって。向こうはやっぱり気づいてて。「多分色んな事があって苦しいと思うけど、あんたの歌は世界一だよ」っていう言葉をもらったの。そしたら、その翌日から歌う声が出たの。」というお話もしていただきました。

スタジオでの生演奏も披露していただきましたね〜。
そんな成底ゆう子さんの生の歌声を体感する機会がありますね。
【結歌(ゆんた)ツアー ありがとう2014〜30代最後の誕生日ですけど・・・何かっ?〜】
12月11日(木)、渋谷 duo MUSIC EXCHANGE でライブの予定となっています。
詳しくは成底さんの公式HPをご覧ください。

そして、成底さんの3枚目のアルバム「生まり島」は現在好評発売中です。
気になった方はお近くのCDショップなどでチェックしてみてくださいね。

Report

[ 2014/11/10 update ]

ゲストは・・・小池徹平さん

今日は、女子力が高そう・・・な、小池徹平さんをお迎えしました。

今年、俳優デビュー12年となった小池さん。
2005年には、ウェンツ瑛士さんとのユニット・WaTでメジャーデビューもされており、俳優、ミュージシャンとして活躍されていますが、
「はじめは曲が少なくて、路上ライブとか1時間も持たないから「じゃ2週目いきまーす」みたいな感じで同じ曲を繰り返しやったりとかしながら、曲を増やしてやってきた感じですね。僕、結構緊張しぃだったんで、ストリートライブとかでも力入っちゃって、弦とか切っちゃうんです。当時はギター1本しか持ってなかったので、自分で弦を替えるしかないんですよね。だから、替えてる間にウェンツがお客さんをトークで繋ぐわけですよ。僕、ウェンツが喋り上手いのは僕のおかげだと思ってますから(笑)」というお話もしていただきましたね〜。
来年デビュー10周年を迎えるWaT、何かお祝いしたいですよね〜。

さて、小池徹平さんが出演される舞台「キレイ−神様と待ち合わせした女−」は、12月5日(金)からBunkamuraシアターコクーンにて始まります。
チケットや公演に関する詳しい情報は、公式HPをご覧下さい。

Report

[ 2014/11/06 update ]

ゲストは・・・D-LITEさん

今日は、再再来ディア!3回目のご登場となります、BIGBANGのD-LITEさんをお迎えしました。

先月、宴会企画mini Album「でぃらいと」がリリースされたD-LITEさん。
「今年の僕のツアーで、「ナルバキスン」と「古い日記」を歌ったんですけど、反応も良かったし、僕も本当に楽しかったし…それで、そろそろ忘年会の時期なので、みんなで歌ってほしいなと思って、この企画でアルバムを作りました。「ナルバキスン」って、意味は特にないんですけど、“キスン”というのが人の名前なんですよ。それで、“ナルバ”が「僕を見て」という意味で。それで「僕は本当に君が好きだから僕を見て」って言いながら、キスンさんに踊りながら歌う。。。」といったお話もしていただきました。

D-LITEさんの宴会企画mini Album「でぃらいと」は、現在発売中です。
そして、今年行われたD-LITEさんのツアーの模様を収録したDVD&Blu-rayも先月発売となっています。
気になった方はお近くのCDショップなどでチェックしてみてくださいね。
また、このツアーのアンコールツアー【Encore!! 3D Tour [D-LITE DLive D'slove]】が、来年1月31日からスタートします。

そして!!BIGBANGとしてはもうすぐドームツアーもスタートしますね〜。
『BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2014〜2015 "X"』は、11月15日(土)、16日(日)の名古屋ドームから始まります。

詳しい情報は、BIGBANGの公式HPをご覧ください。

Report

[ 2014/11/05 update ]

ゲストは・・・赤い公園の佐藤千明さんと津野米咲さん

今日は、人気急上昇中のガールズバンド・赤い公園の佐藤千明さんと津野米咲さんにお越しいただきました。
赤い公園といえば、津野さんがSMAPに提供した「Joy!!」で一気に全国区になったイメージがありますが、
「もともと、POPSが大好きで、SMAPさんも大好きで聞いていて、「こんな歌歌ってほしいな」っていうので…いつも自分のバンドで作るマインドとはそんなに変わらずに、すごく個人的に好きな音楽を作ってみたところ、みなさんが「いいね」って言ってくださったのですごい楽になりました。赤い公園は、ちょっと独特な事をしなきゃいけないんじゃないかとか、どこかで無意識にきっと思ってたんですけど、そんなことないなと思って。」といったお話もしていただきました。

赤い公園のNEW ALBUM「猛烈リトミック」は、9月に発売されています。
お近くのCDショップなどでチェックしてみてくださいね。

そして!ただいまツアー真っ最中の赤い公園。
【赤い公園 マンマンツアー 2014〜お風呂にする?ご飯にする?それとも、リトミックにする?〜】は、11月23日(日)の六本木EXシアターまで続きます。

その他、様々なイベントへの出演や、年末には12月29日(月)に【COUNTDOWN JAPAN 14/15】への出演も決まっていますので、詳しくは赤い公園の公式HPをご覧ください。

Report

[ 2014/11/04 update ]

ゲストは・・・ポカスカジャンのみなさん

今日は、ポカスカジャンのみなさんにお越しいただきました。

ポカスカジャンといえば、ガリガリくんのCMソングでご存知の方も多いのではないかと思いますが、持ちネタ・・・?は実に700曲以上!今回はその中から、1回しか披露されていない幻の曲もたくさん披露されるライブが開催されます!
「ネタ帳見ると、こんなのあったんだ!っていう感じであるんですけど、やはり僕らはライブバンドなので、ライブ向きにネタを作ってるんで、それをテレビで出来るのって数えたら40くらいしかなかったり・・・で、やっぱり1回しかやってないネタとか曲がたくさんあって、その中で「こんな良いのあったんじゃないか。」っていうのがいっぱいあるんで、裏ベスト盤的な感じなんですよ、今回は。ただ、タイトルに「早起きは三文とガーファンクル」っていうタイトル付いてるじゃないですか。これ、タマちゃんがつけたんですけど、僕ら、サイモンとガーファンクルネタが1つもないんですよ。なのにこんなタイトルになっちゃったから、慌てて作りました。このライブで初披露!新曲もやります。」というお話もしていただきましたが・・・どんなライブになるのか、楽しみですね〜。

ポカスカジャンの単独ライブ
【WAHAHA本舗PRESENTS ポカスカジャン単独ライブ「20世紀〜21世紀アニバーサリー・早起きは三文とガーファンクル」〜二つの世紀にまたがり活動してきた中で闇に葬られた幾多の迷曲達。18年の歳月を超え今鮮やかに蘇る〜】は、11月6日(木)、7日(金)、六本木 C-LAPSにて開催されます。

その他、ポカスカジャンの最新情報などは、公式HPでチェックしてみてください。

Report

[ 2014/11/03 update ]

ゲストは・・・クリス松村さん

今日は、クリス松村さんをお迎えしました!

8月に『「誰にも書けない」アイドル論』という著書を発売されていて、邦楽、洋楽、クラシックと、ジャンルを問わず音楽に精通しているクリスさん。今や2万枚以上レコードをお持ちなんだそうですが、
「みなさんビックリされるんですけど、最初にレコードを買いだしたのが1977年なんですよ。そうすると、もう後何年かで、レコードを買い始めて40周年…それは自然に溜まっていきます。ジャケット1枚1枚に思い出があって。CDだとカップリングって なって、裏返す必要が無いじゃないですか。その、2曲目、3曲目の愛着感と、A面B面を裏返して針を落とす、1曲1曲の大切さ、ここが自分の中でちょっと違うんですよね。だから、もちろんCD化されてますよ、ほとんど、だけど、やっぱり全部取っといて…じゃけっとも紙質があるわけですよ、レコード会社によって紙質があって。レコード袋も、同じ会社でも時代によって違うんですよ。それが愛おしくて愛おしくてしょうがないんで、家では、その時発売された、ちゃんと曲名とかが載ったポスターに、レコード袋をちょっと引き出して、レコードジャケットもパネルに入れて飾ってます。」と、レコードに対する思いもお話していただきました。

クリスさんの著書『「誰にも書けない」アイドル論』は、小学館から発売されています。
お近くの書店などでチェックしてみてください。

そして、クリス松村さんの最新情報は、公式ブログなどをご覧ください。