Report

[ 2016/06/30 update ]

ゲストは…渡辺正行さん


本日は、ビートルズの武道館公演から50年!
ということで、ビートルズフリークで知られる
渡辺正行さんをお迎えしました〜!
「小学生の時、ハッピを着て来たんですよね。映像だけはすごく覚えてます。その頃から、好きでしたね。」とおっしゃっていました。

そんな渡辺さんが選んだ一曲は、「If I Fell」
「中学校でバンド組んで、ハモリとかも練習してやろうとしたんだけど、当時はエレキギターを弾いちゃいけないっていう時代だったんです、エレキは不良みたいな(笑)だから、練習しても発表できなかったんです。」というお話もされていました。

そして、渡辺正行さんのLOVEな事は…剣道!
「中学高校でやってたんですけど、56歳から剣道やってて、この間剣道五段になったんです。それで去年のシニア大会で、準優勝して、
この歳になって、一生懸命身体を動かせて夢中になれるっていいものと出会ったなと思いますね。」

渡辺正行さんは7月8日に開催される舞台
「中島啓江メモリアル・オペレッタ公演 喜歌劇『こうもり』」に
出演されます。
詳しい情報は、
公式HPをご覧ください。

Report

[ 2016/06/29 update ]

ゲストは…宮沢和史さん


今日は、4度目の再来ディア!
宮沢和史さんをお迎えしました〜!

宮沢和史さんは、今年の1月に歌唱活動の休業を発表されました。
このことについては、
「急に思いついたわけではなく、前から考えていたんですけど、なかなかお伝えするタイミングが無くて。子供の頃から、歌うことが日常だったので、一度マイクを置いてみようかなと。身体を壊したこともあるし、色々なことが重なって、自分の見る景色を整理してみようかと。」とおしゃっていました。

これからは、若い人たちに未来を与えるインフラを作りたい、とおっしゃっていた宮沢さん。
現在は、沖縄の芸術大学で非常勤講師をされています。
「大学には月一回で、特別講義みたいな感じ。沖縄のローカルな音楽に特化した授業をやるんです。僕の授業は他の学科の人も受けられるようにしていて。芸術大学なので沖縄の古典的な音楽の授業はあるんですけど、僕はもう少しくだけた民謡の授業をやっていて、そういうのは大学には無いので、新鮮だったみたいですね。」というお話をされていました。

「まあでも、音楽が好きなのでまた歌いたくなるから。歌いたくなったらためらいなくマイクを持つでしょうけど。」というお話もされていました。

そして、宮沢和史さんの歌唱活動休業前、最後のコンサートの
ライブDVD&ブルーレイ『Miyazawa Kazufumi Concert Tour 2016 MUSICK』が6月1日にリリースされています。

詳しい情報は、
公式HPをご覧ください。

Report

[ 2016/06/28 update ]

ゲストは…T-SQUAREの安藤正容さん


今日は、初登場!
T-SQUAREの安藤正容さんをお迎えしました〜!

T-SQUAREは、今年で結成40年!
バンドの結成については、
「まだ僕学生だったんですけど、演奏しないかというお話を頂いて、それでバンドを組んだんですよね。当初はマディソンバッグが流行っててそこにマディソン・スクエアって書いてあったんですよ。スクエアって四角だし、4人だし、スクエアでいいんじゃない?という思いつきで決まりましたね。」とおっしゃっていました。

そして、T-SQUAREの42枚目のオリジナルアルバム
「Treasure Hunter」がリリースされました。
冒険や、聞いた人に勇気を与えられるような音楽がテーマになっています。
メンバー内ではどういったやりとりがあったんでしょうか、という質問には、
「まったくやり取りはなく(笑)みんな勝手に曲を作ってきて。いつもそうなんですけど、デモテープを作ってきて、多数決で決めるんです。」というお話もされていました。

安藤正容さんのLOVEなことは…F1の中嶋悟選手!
「F1の放映が始まった時に、中嶋悟さんというドライバーの方のファンになって、トークショーに行ったりとか。
あと、プライベートでイギリスに行った時、当時中嶋さんはイタリアに拠点を持ってて。テレビで見た家の外観だけを頼りに、探しに行ったこともありました(笑)一度、イタリアのグランプリの時、3位のチームがリタイアして、とうとう表彰台に上がれる、というレースがあったんですけど、中嶋さんもリタイアしちゃって…ちょうどその時T-SQUAREのツアー中で、あまりの落胆で次の日のコンサートのやる気がゼロになった時がありました(笑)」とお話されていました。

T-SQUAREのNEW ALBUM「Treasure Hunter」は現在発売中です。
ツアー情報など、詳しくは公式HPをご覧ください。

Report

[ 2016/06/27 update ]

ゲストは…寺岡呼人さん


今日は、再来ディア!
寺岡呼人さんをお迎えしました!

今年、20回目のゴールデン・サークルが開催されます!
今回は、Mr.Childrenの桜井和寿さんとのおふたりだけの出演となります。
桜井和寿さんとはデビュー前の頃から交友があったそうで、
「割と初期の頃に、遊びで作ってみようか…なんて断片みたいな曲があって、それを僕が歌ってみたりとかしてて、随分曲があるんですよね。」というお話もされていました。

そして、8月3日には寺岡呼人さんのNEW ALBUM「COLOR」が発売されます!
このアルバムには桜井和寿さんをフィーチャリングした、「バトン」が収録されています。
「二人の声が入っているのはこれだけですね。2年前くらいに作った時に、歌詞を一部書いてもらったんですけど、その時に譜割りをちょっと歌ってもらったデモテイクが出てきて。一発録りなんですけど、これがすごく良くて。本人に聞かせたら『こんなのいつ録ったっけ?』って言ってましたけどね(笑)」というお話もされていました。

NEW ALBUMの制作について、寺岡さんは
「自分のアルバムを作るときに自分で締め切りを決めるんですけど、自分で決める時って守らないことが多いじゃないですか。でも今回ゴールデン・サークルが7月8月くらいにあるなと思って、やろうとおもったんですけど、1月2月は全くできず…3月に曲作りを始めて、そのままレコーディングまで。だから曲作りから含めて2ヶ月位で作りましたね。自分の中で、そういう短い時間でアルバムを作れるんだとお思い込んで、気合で作りましたね。」とお話されていました。

ライブ「寺岡呼人presents Golden Circle 第20回記念スペシャル 〜僕と桜井和寿のメロディー〜」は、
7月5日(火)日本武道館
8月2日(火) 大阪城ホール で開催です。

詳しい情報は、公式HPをご覧ください。

Report

[ 2016/06/23 update ]

ゲストは…安蘭けいさん


今日は、初登場!
元宝塚のトップスター、安蘭けいさんをお迎えしました!

1991年に宝塚歌劇団に入団後、ベルサイユのばらやエリザベートなど、様々な作品に出演されていました。
「中学生から目指していて、4回目にようやく合格したんです。
私の場合、2番手の時代がすごく長くて、16年目にトップというのは遅めなんですよね。」とお話されていました。

トップだった時代は3年間、2009年に退団されました。
退団を決断したきっかけは?という質問には、「トップになれたら、辞めよう。一作でもなれたら本望だと思っていました。でもなってみたら、一作では辞められないなと(笑)それで3年続けました。」とお答えいただきました。

7月14日には、安蘭けいさんが出演されてきたものや、有名なミュージカルの楽曲を歌うコンサート
『安蘭けい ドラマティックコンサート 愛の讃歌』が開催されます。

そして、10月19日からは、舞台「スカーレット・ピンパーネル」に出演されます。この作品は、ベルサイユの薔薇とは逆の立場を描いた物語で、フランス革命の貴族の物語となっています。
安蘭さんは、
「すごく思い入れがある作品ですね。もちろん女優として、奥さん役で出演するんですけど、ファンの人達は男性の役をやってほしいって言ってて(笑)」というお話もされていました。

公演情報など、詳しくは公式HPをご覧ください。

Report

[ 2016/06/22 update ]

ゲストは…CANTUS


本日、坂本美雨 with CANTUSのミニアルバム「Sing with me」のリリース!ということで、
聖歌隊CANTUSをお迎えしました〜!

女性9人によるコーラス・グループで、
東京少年少女合唱隊のOGで結成されています。
聖歌隊と言っても、宗教などは問わずに、世界の民謡やコーラスなどを歌われています。
合唱隊のころは体育会系な環境だったとのことで、
「小学校1、2年生から入隊していたんですけど、すごく厳しい年功序列なので、4つ上の私とはおいそれとは話せない環境でしたね。合宿の時は2段ベッドの上でダメ出しするんです。」とおっしゃっていました。「個性を出すと叩かれるので、みんな個性を消します。自分たちが前に出るよりも、歌い手さんと溶け合う事のほうが楽しいよね。」というお話もされていました。この厳しさからコーラスの響きが生まれてくるのかもしれません。

そして、本日、坂本美雨がCANTUSと歌ったミニアルバム
「Sing with me」がリリースされました!
3月11日に配信限定でリリースされた「pie jesu」を含む4曲収録されています。

このアルバムは子守唄をテーマに、
子どもと一緒に歌えたり、子どもに対して歌えたりするアルバムとなっています。
「今回美雨さんとpie jesuを歌うときには、隣の人に届く様なレクイエムにしたいと思っていたので、原曲よりもキーを下げて、
地声に近い声で歌ってもらったんです。」これに対して美雨さんは、
「子どもに対して穏やかな気持ちで、自分の話している声の延長線上で歌うっていうのはすごくこの曲にとっても自然なことだと思うし、今回のプロジェクトには大事なキーポイントだったと思います。」というお話もされていました。

坂本美雨 with CANTUSのミニアルバム「Sing with me」は本日リリースです。お近くのCDショップでお手に取ってみてください。

詳しい情報は公式HPをご覧ください。

Report

[ 2016/06/21 update ]

ゲストは…森山直太朗さん


今日は、森山直太朗さんをお迎えしました〜!
毎年お正月には直太朗さんをお招きして、新年会を行っていましたが、今年は活動をお休みされていたということで、お久しぶりの登場となりました。

お休みの間、何をされていたのか…というと、
「休みに入ってから、何をしようかなとか…具体的な目的はなかったんだけど、じたばたしてましたね。昔から念願だった、秘密基地的なものを山の麓に購入したりとか…もう何もないところで、山しかなくて、テレビとかの環境も整えなかったから、本当にのんびりしてましたね。でも日々やることはあって、そのルーティーンが終わったら、圧倒的な退屈の時間の中に身を置く、みたいな…」とおっしゃっていました。

そして、6月1日にNEW ALBUM「嗚呼」をリリースされました!
アルバムについては、「お休みに入る時、覚悟を決めてやらなきゃなと思ったので、そこは変わりました。デビューした時の初々しさというのも感じましたね。」とお話されていました。

アルバムの中の「金色の空」について、直太朗さんは
「お休み中、どうしても手持ち無沙汰で曲を作っちゃったりとかして…そうすると、ダウンな感じじゃないですけど、退屈と圧倒的な孤独に苛まれて…そこを通過すると、問題がすっきりしてくるというか。そんな中から、すっと曲が出てくるんですよね。これはキャッチしないとなって慌ててギター持ちだして作りましたね。」とおっしゃっていました。

森山直太朗さんのNEW ALBUM「嗚呼」は現在発売中です!
詳しい情報は、公式HPをご覧ください。

Report

[ 2016/06/20 update ]

ゲストは…DAIGOさん


今日は、再来ディア!
DAIGOさんをお迎えしました〜!

今年、結婚を発表されたDAIGOさん。
2年ほど、結婚を前提とした付き合いをされていたそうです。
「なんか感じるものがあって、もっと話したいなってとこから始まって。でもやっぱりお互いに引き寄せ合う何かがあったのかもしれないですね。」とおっしゃっていました。

そして、披露宴の際にサプライズで歌ったプロポーズソング
「KSK」が、リリースされました!
この曲についてDAIGOさんは、
「そもそも去年プロポーズした時に、「KSK」ってプロポーズして、
奥さんがよろしくお願いします。って言ってくれたんだけど、
その時に奥さんがアルファベットで返せなかった事をすごく後悔してて…その話を聞いてたので、改めて披露宴でプロポーズソングを作って、アルファベットで返してもらって、後悔なく進んでいこうという思いで作りました。」とお話されていました。

歌詞の中に出てくる「交換日記」は、付き合っている時に実際にされていたそうです。
「奥さんの提案で、言ってきて。忙しくて会う機会も少なかったので、交換日記にお互いの事を書いて、会った時に渡す、みたいな。メールとかもいいけど、人間味が出るというか、いいですよね。社会人の交換日記も、なかなか良いですよ(笑)」とおっしゃっていました。

DAIGOさんのプロポーズソング「KSK」は現在発売中です!
詳しい情報は、公式HPをご覧ください。

Report

[ 2016/06/16 update ]

ゲストは…Charaさん


今日は、
YEN TOWN BANDのグリコさんとして、Charaさんをお迎えしました〜!

YEN TOWN BANDは、岩井俊二監督の映画「スワロウテイル」に登場した架空のバンド。
Charaさんはそのボーカル、グリコを演じられていました。
そして、昨年から20年ぶりに再活動!
プロデューサーの小林武史さんが、
新潟のアートフェスの中でYEN TOWN BANDを演奏したいというお話をきっかけに、再結成されたそうです。

小林武史さんのプロデュースについては、
「実は、Charaのプロデュースはされたことなくって。で、YEN TOWN BANDの時も、他の人をプロデュースするより面倒なアーティストだと思う(笑)同じ鍵盤弾きだし…。
私はバンドっていう意識というか、同じ音を作る仲間みたいな感じでやっていたかな。」とおっしゃっていました。

そして、YEN TOWN BAND のNEW SINGLE「my town」が
6月22日にリリースされます!
今作はKjさんをフィーチャリングされています。
「誰かコラボとかいいんじゃない?って話があって。小林武史とかCharaにビビっちゃう人も嫌だから、タフな人って誰かなって思って。そしたらKjだな、Kj最高だなって思って。」とおっしゃっていました。

詳しい情報は、YEN TOWN BANDの
公式HPをご覧ください。

Report

[ 2016/06/15 update ]

ゲストは…G.LOVEさん


今日は、初登場!
G.LOVEさんをお迎えしました!

サーフミュージックの第一人者として活躍されているG.LOVEさん。
音楽を始められたのは、8歳のころだそうです。
「やっぱりまだ子供だったので音楽の事はわからなかったけど、15歳ではじめての曲を書いて、そこで自分らしさっていうものができたと思います。僕は音楽があって凄くラッキーで、曲作りができるようになってから、それが自分の使命だと思っています。」とおっしゃっていました。

サーフミュージックはどうやって始まったのですか?という質問には、「若い時にそうやって考えて作ってた訳じゃないんですけど、サーフィンをしたあとに音楽をすることが多かった。ジャック・ジョンソンと一緒に音楽を作るようになって、サーフシーンを盛り上げることができたと思います。」とお答えいただきました。

昨年11月には最新アルバム「LOVE SAVES THE DAY」がリリースされています。
そして、今年、5年ぶりにFUJI ROCKに出演されます!
5年ぶりのFUJI ROCKについては、
「長過ぎますね(笑)本当に嬉しく思っています。
エキサイティングなフェスだし、日本でFUJI ROCKに出るんだって自慢できます。」とお話されていました。
G.LOVEさんの出演はFUJI ROCK2日目 7月23日(土)です。

G.LOVEさんの最新情報は、
公式HPをご覧ください。

Report

[ 2016/06/14 update ]

ゲストは…キャンディス・スプリングスさん


今日は、アメリカからのゲスト
シンガーソングライターでピアニスト、
キャンディス・スプリングスさんをお迎えしました〜!

ナッシュビル出身、現在27歳
小さい頃から音楽に触れ、ノラ・ジョーンズを聞いたことから歌手としての道を目指されたそうです。
「10歳の頃ピアノから始めたんですが、父に勧められてピアノだけじゃなくて歌った方がいいと言われて。最初は泣きながら歌ってたんですけど、ノラ・ジョーンズを聞いて、今の道に進んだんです。」とおっしゃっていました。

そして、デビュー・アルバムが7月1日にリリースされます。
キャンディスさんの歌声は、プリンスが
「雪さえも溶かすほどの歌声』と大絶賛されています。

プリンスはどんな影響を与えてくれましたか?と言う質問には、
「私のサポートをしてくれて、私自身の存在を見出してくれた人。心から歌いなさいって言われたの。自分自身に忠実であれって言われました。」とお答えいただきました。

今後は、ソウルだけでなく、ジャズとのクロスオーバー的なもの
オリジナリティを持ったサウンドを作っていきたい、というお話もされていました。

今年の秋頃には、日本での公演も予定されているそうです。
詳しい情報は、
公式HPをご覧ください。

Report

[ 2016/06/13 update ]

ゲストは…BOOM BOOM SATELLITESの中野雅之さん


今日は、BOOM BOOM SATELLITESの中野雅之さんをお迎えしました。

6月22日にリリースされるNEW EP「LAY YOUR HANDS ON ME」でBOOM BOOM SATELLITESの活動は最後となります。

活動を終了することについて中野さんは、
「できることをできるだけ、頑張ってやってきたんですけども、川島くんの体の状態が進行していて。
ライブができないことがわかっても、まだできることがある。
アーティストとしては一曲でも多く残せることに生きがいと喜びを感じるので、辛いことよりも毎日音楽に取り組めていたことが、
本当に、いい時間を過ごせたんだと思います。やれるだけのことをやってきて、音楽的なトライも諦めないでやってきて、産み落とされた曲達です。」とお話されていました。

今回の曲づくりについては、
「なんとなく作り始めて、時間はかかっちゃったんですけど。
今までは、ご飯食べながらとか話すことはあったんですが、今回は振り返ってみると不思議なくらいそういう話はしてないですね。
話してないけど、川島くんから出てくるものを捉えるのも自分の仕事かなって。川島くんの事を、カメラマンがシャッターを切るように捉えていくような感覚でした。」とおっしゃっていました。

BOOM BOOM SATELLITESのNEW EP
「LAY YOUR HANDS ON ME」は6月22日に発売です。

詳しい情報は、公式HPをご覧ください。

Report

[ 2016/06/09 update ]

ゲストは…ジェッジジョンソンの藤戸じゅにあさん


今日は、初登場!
ジェッジジョンソンの藤戸じゅにあさんをお迎えしました!

美雨さんとの出会いは10代の頃、ということで、
20年近くの付き合いになるそうです。
当時、DTMをライブサウンドに取り入れたパイオニアとして知られています。

そして、ジェッジジョンソンのNEW ALBUM
「ストライク・リビルド【アッパー】」が5月25日に発売されました!アッパーとダウナーの二部作となっています。
今作は、ジェッジジョンソンのインディーズ時代の曲を、再構築して完成した一枚。
「インディーズの中でもアッパーな曲を集めました。ダウナーはまたマニアックになるでしょうね〜。」とおっしゃっていました。

文学的な歌詞が印象的なジェッジジョンソン。
「小説のようなストーリーですよね。あまり性別的なものを限定せず、聞いてくれる人が自分の今の境遇に合わせやすいように、登場人物を立たせています。」というお話もされていました。

アルバムには美雨さんがカバーした楽曲「オーパス&メイヴァース」も収録されています。
「あのメロディと世界観は崩さずに、今風の音で録り直したって感じですね。あとインディーズ時代よりボーカルがうまくなった(笑)」
というお話もされていました。

ジェッジジョンソンのNEW ALBUM「ストライク・リビルド【アッパー】」は、現在発売中!
これから、「ストライク・リビルド【ダウナー】」に加え、オリジナルアルバムも準備中、とのこと。

詳しい情報は、ジェッジジョンソンの公式HPまたは、Twitterをご覧ください。

Report

[ 2016/06/08 update ]

ゲストは…ハンバートハンバート


今日は、初登場!ハンバートハンバートの佐野遊穂さん、佐藤良成さんをお迎えしました〜!

今年でデビュー15周年を迎えるハンバートハンバート。
始まりは学生時代にバンドを組んだことだそうです。
その後、おふたりはご夫婦になり、音楽活動を続けていらっしゃいます。

そして、デビュー15周年を記念したアルバム「FOLK」が、
本日、6月8日にリリースされます!
今作はサポートなしで、おふたりだけの演奏となっています。
「ライブでは二人でやることもあるんですけど、実は二人だけで録音したことはなくて。
15周年だったら、二人だけで作ってみるのもいいかなーって。
それだったら、ずっとやってる曲とか、ライブでやってる曲も録り直したいねって言って。」とおっしゃっていました。

アルバムにはカバー曲も多数、収録されています。
中でも、高田渡さんの「生活の柄」は、
佐藤さんがバンドを始める前から高校生の文化祭で演奏されていた、
想い出のある曲だそうです。

ハンバートハンバートのNEW ALBUM「FOLK」は
本日発売です。

ライブ情報など、詳しくは
公式HPをご覧ください。

Report

[ 2016/06/07 update ]

ゲストは…郷ひろみさん


今日は約2年ぶり、郷ひろみさんをお迎えしました〜!

郷ひろみさんは、101枚目のシングル「IRREGULAR」を6月1日にリリースされました。
今作は、大黒摩季さんが作詞を担当されています。
「メロディもそうなんだけど、歌詞が大切だなと思って。キャッチーなフレーズを書いてもらえる人って考えた時に、大黒さんかなって。
作品になった時、100%納得した物ができたかなって思ってますね。」とおっしゃっていました。

そして、現在ツアー前ということでライブについてのお話も。
「なんとなくイメージしていたものを形にしていくっていうか。
映像チームも照明チームもそれぞれが自分のクリエイティビティを発揮して、最後の5日前くらいに、テクニカルリハーサルで全部ステージを再現するんです。
だから、初日から、及第点は越えていってるんだよね。」というお話もされていました。

ここまでキャリアを積んできたからやりたいことは?という質問には、
「レディー・ガガとトニー・ベネットのライブを見たんです。
トニー・ベネットはもうおじいちゃんなんだけど、あれだけ歌が歌えて、包み込むような大きさって素晴らしいなって思って。
僕自身も、できることならここにいきたいなって思いますよね。」とお答えいただきました。

郷ひろみさんの101枚目のシングル「IRREGULAR」は現在発売中です。

ツアーなど、詳しい情報は
公式HPをご覧ください。

Report

[ 2016/06/06 update ]

ゲストは…作詞家の岩里祐穂さん


今日は、初登場!作詞家の岩里祐穂さんをお迎えしました!

岩里さんは今井美樹さん、ももいろクローバーZなどのJ-POPや、
アニソンなど、幅広い楽曲を手がけられています。
作詞家として35周年を迎えられました。

今までに作曲した数は880曲くらいとのこと…!
そして、35周年を記念したコンピレーションアルバム
「Ms.リリシスト」が発売されました!
今までに作曲された楽曲の中から、選ばれた33曲が収録されています。

その中でも、今井美樹さんの「PEACE OF MY WISH」については、
「奇をてらわない、シンプルな言葉でどう深く内面を掘り下げることができるかというところですね。」とおっしゃっていました。

「作詞家であっても、自分の作家性は込めたいと思うので、ひとつひとつ込めてる感じです。」というお話もされていました。

色々なジャンルを書くときにモードは変わるんですか?という質問には、
「いや、変わらないんですよね(笑)何を書くかというテーマを抽出して、聞いてくれる人の気持と合致させれば、何のジャンルで関係ない気がします。」とお答えいただきました。

岩里祐穂さんの作詞家生活35周年を記念したアルバム
「Ms.リリシスト」は現在発売中です。
詳しい情報は、
公式HPをご覧ください。

Report

[ 2016/06/02 update ]

ゲストは…シンガーソングライターの優河さん


今日は、初登場!
シンガーソングライターの優河さんをお迎えしました〜!

現在24歳。2011年ごろからシンガーソングライターの活動を始められました。
専門学校に通っていた時、渋谷にある「サラヴァ東京」のオープンマイクで歌ったことがきっかけで歌をやり始めたそう。

「もともとボイストレーニングだけはやっていて、専門学校に入った時は楽器も何もできなくて。先生に、自分で書いて歌ってみてと言われて、始めました。」とおっしゃっていました。

現在は、おおはた雄一さんと一緒にツアーを回られています。
「日々、毎回違う様なライブになるので、驚きながら刺激を受けている漢字です。」

そして、昨年11月にファーストアルバム「Tabiji」をリリースされました。プロデューサーにはゴンドウトモヒコさんを迎えています。

優河さんの独特の歌いまわしにはどんなルーツがあるんでしょうか
という質問には、
「アメリカとかのフォークシンガーはよく聞くんですけど、ビブラートとかだとアイリッシュの音楽がすごく好きで、そこから来ているのかなと。」とお話されていました。

「音楽をはじめるまであまり音楽を聞いてこなかったので、今せっせこ聞いているところです(笑)」とおっしゃっていました。

優河さんのアルバム「Tabiji」は現在発売中です。
詳しい情報は優河さんの
公式HPをご覧ください。

Report

[ 2016/06/01 update ]

ゲストは…映画監督の阪本順治さん


今日は、再来ディア!
映画監督の阪本順治さんをお迎えしました〜!

阪本順治監督の最新作「団地」が
今週末、6月4日から公開されます。

「昭和の5階建てエレベーター無しみたいな、僕の好きな下町情緒があって、いつかロケ場所として撮ってみたいなと思っていて。」

主演は、16年前「顔」で共演された、藤山直美さん。
団地に引っ越してきた主婦と隣人との人間模様を描いた作品となっています。

この映画は原作がなく、阪本監督自らが脚本を書かれています。
「藤山直美さんってなかなかスケジュールが空いてなくて、
たまたま奇跡的に空いてるってことで、
4日であらすじ書いて、1周間で脚本書きました。なんか、降りてきたんですよね。幼少時代の記憶とか、掘り起こしてやるんです。
そういうものが、しこりの様に残っていたんで、それを出していく様な感じ。」とおっしゃっていました。

次回作については?という質問には、
「前回のテーマが人類で、今回が団地でしょ。今度は、もっと遠くに行ってみようかなと思ってます。」とお話されていました。

阪本順治監督の最新作「団地」は、今週末6月4日から公開です。
公開劇場など、詳しい情報は映画「団地」の
公式HPをご覧ください。