Report

[ 2017/01/31 update ]

ゲストは…KREVAさん


今日は、KREVAさんをお迎えしました!

5回目のご登場!リアルフレンドのKREVAさん。
2年半くらいぶり。お久しぶりです〜!

NEWアルバム『嘘と煩悩』2月1日発売されます。

「まず皆さんに説明したいのは、わたくしKREVAは<908>クレバ…9月8日にデビューして、9月8日にイベントを数々してきたりして、その功績が認められまして日本記念日協会から<9月8日はKREVAの日>と認定されている男であると。ここがまず大事。そこを踏まえてNEWアルバム『嘘と煩悩』に戻りますと、嘘っていうと<嘘八百>と、煩悩の数<108>、800と108合計すると、908。クレバ、俺!そういうアルバムです!」


後半は、ラブなものの話・・・

「ここ何年かで気づいたんだけど。自分でもビックリしてるんですが。俺は白い箱が好き。箱!箱!箱!俺ね、白い箱が好きな自分がいると思わなかったんだけど、例えばお菓子とかの白い箱、空き箱にしとくには勿体ない硬さの時あるじゃないですか。あれ全部とっといてる。(中略)しかもそれがね、引き出しの中にハマった時の快感。箱作ってる皆さんにリスペクトです。」


▼ツアー情報
KREVA CONCERT TOUR 2017『TOTAL 908』
2.03(金)埼玉 戸田市文化会館 〜 06.18(日)東京 TOKYO DOME CITY HALL


詳しい情報などは、
KREVAさんのオフィシャルサイトをご覧ください。


Report

[ 2017/01/30 update ]

ゲストは…ACIDMANの大木伸夫さん


今日は、ACIDMANの大木伸夫さんをお迎えしました!

現在、ACIDMANは結成20周年イヤー真っ最中。
2月8日NEWシングル「愛を両手に」をリリースされます。

「ACIDMANというかたちになったのが、97年。ゾッとしてますね!(笑)本当にあっという間です、そんな経ってる気が未だにしないですね。それぞれ目標を更新してるので音の成長っていう感覚は無いですけど、近年うちのベースの佐藤くんの老いが著しいです(笑)」

「愛を両手に…サウンドプロデュースを小林武史さんにやってもらいまして。自分とは違う世界の人だと思ってたんです。音楽は昔から好きだったんですけど、きっと嫌なやつなんだろうな、かっこつけてたりするんだろうなって思ってて(笑)お会いしたら全然違くて。気さくで面白いし自分の宇宙観と非常にリンクする方でした。」


後半は、ラブなものの話・・・

「数年前から、キャンプが好きで。メンバーやマネージャーや友達と行くんですけど。グランピングじゃなくて、もっとシンプルなキャンプが好きですね!とは言いつつガスコンロとか持ってっちゃうんですよ。本当は炭火で焚火でやりたいんですけど。…ベースの佐藤くんは、アメニティがしっかりしてないと駄目なんで彼は行かないです(笑)地元・埼玉の秩父の方には行った事ないので、行ってみたいですね。」


▼ツアー情報
ACIDMAN 20th Anniversary 2man tour
2016.11.16(wed)-2017.06.03(sat)

今後の活動情報などは、
ACIDMANのオフィシャルサイトをご覧ください。


Report

[ 2017/01/26 update ]

ゲストは…高橋克典さん


今日は、初登場、高橋克典さんをお迎えしました!

高橋さんといえば、ドラマ「特命係長 只野仁」が約5年ぶりに復活!
AbemaTVにて全5話。(土曜夜11時〜)


そして、高橋さん昨年12月7日に、
13年ぶりとなるNEWアルバム『SINGS〜Cover Theme Songs〜』をリリースされました!

「ひとりまたひとりと心許せるスタッフに改めて出会う事が出来て。話していたら、俳優として出たドラマの主題歌のカバーをしたら?という。それは他の人は出来ないことだから。アレンジのイメージは出来ていて、もういい年だから、しっとりというか。でも俳優のイメージは引っ張ってきたくなかったので、歌は歌で本当に再デビューみたいな形でレコーディングしたかったんです。なので、俳優のイメージを近づけないような声で歌いました。」

西内まりやさんとのデュエット曲「愛してる」も素敵でしたね〜。


後半は、ラブなものの話・・・

「わりと趣味が変態っていうか、マニアックみたいで。自分では思ってないんですけど。音楽離れていた時期に、音楽への憧れやリスペクトはすごくあって。ある時にオーディオマニアのスタッフに薦められて、秋葉原の店に好きなCDをもっていったんですよ。視聴質で聴いたらハマっちゃったんですよ。ライブ音源で、ひとりひとりの立ち位置が分かるんですよね!息遣いと、もう聞こえるっていうか見えるんですよ!こりゃすごいと思って。僕なんか初心者レベルでやめたんです(笑)これはキリがないって。あ、家に電柱はあるんです。我が家にオーディオ用の。」

そんなびっくりなお話まで飛び出てきました!



今後の活動情報などは、
高橋克典さんのオフィシャルサイトをご覧ください。


Report

[ 2017/01/25 update ]

ゲストは…鬼束ちひろさん


今日は、鬼束ちひろさんをお迎えしました!

6年ぶりのNEWアルバム「シンドローム」が2月1日にリリースされます!

「テーマはないんですよね。残念なことに(笑)いま36なんですけど、素直な今の自分が出せればいいなっていう。あとはディレクターさんに総合的なことはお任せして。すごい引いてみると、前はもっと攻撃的っていうか、メッセージ性がすごい高いものが多かったんですけど。今回のアルバムとか特に曲いっこいっこ、全体の雰囲気っていうのを大事にしてる気がしますね、作るときに。今作ってる曲とかは、20年30年経っても歌いたいなっていう気持ちを頭に置いて作ってる気がします。前は衝動に突き動かされていたみたいな感じです。」


後半はラブなもの・・・猫ちゃん!

「しゃもじとなべっていう。メインクーンなんですけど。曲のタイトルとかもそうなんですけど、ぴーんと来たんですよね。猫飼うならって。3匹目飼うなら、こたつっていう。あ、美雨ちゃん本出してません?猫吸うやつ。私、うちのボッサボサの猫を吸ってみたんですけど。結構大変なことになりましたよ(笑)」

「わたしPCとか使えないので、曲作りの時に携帯のボイスでとるんですけど、いい感じでとれてるって時ににゃーって鳴くんですよ(笑)あんまり鳴かないのに。それですごい怒るっていう(笑)」


twitterにしょっちゅう写真が載せられているということなので、そちらも是非チェックしてみて下さい!


▼LIVE情報
コンサートツアー『シンドローム』
4月13日(木)川崎 CLUB CITTA‘〜7月12日(水)東京 中野サンプラザホール


その他詳しい情報は、
鬼束ちひろさんオフィシャルHPをご覧ください。


Report

[ 2017/01/24 update ]

ゲストは…MUCCの逹瑯さん、ミヤさん


今日は、初登場、MUCCの逹瑯さん、ミヤさんをお迎えしました!

MUCCは、今年結成20周年!
おめでとうございます!

そしてNEWアルバム「脈拍」を明日、25日にリリースされます。
こちら、全体のプロデュースは、L'Arc〜en〜CielのKENさん。

逹瑯さん「始めた頃は高校生…美雨さんと初めて会ったのはハタチとか?ほぼMUCCと美雨さん19年くらいの付き合いだよね。昔と比べて人間的に丸くなったかなぁ。自分を見ておもう。特に20代前半とか。とにかく今も優しくないけど、今以上に優しくなかったから(笑)ひねくれてたし、ねじれてたし、こじらせてたし。ちょっとずつ真っすぐになってきた感じするなぁ。」

ミヤさん「なんかね、当時の感じを思い出すと別の人間と一緒にいるような感覚。メンバー全員そう思いますよね。…大人になるってこういう事なんすかね(笑)なんも考えてなかったと思うんすよ。当時は。なんも考えてないなりに適当にやってたっていうか。」


後半はラブなものの話・・・猫ちゃんとわんちゃん!

逹瑯さん「猫はもう何歳だ?14?15?元気。だけど背骨がね、やっぱ撫でるとおばあちゃんになったんだねって。すごい甘えん坊になってるから。めちゃくちゃかわいい。とても元気だから、下手したら死なねーんじゃないかなって思ってるんだけどね(笑)ちっちゃい頃の写真がないのがねぇ。名前はテトちゃん。」

ミヤさん「うちの犬は13歳なんで。ひげが白髪になった。最後の一本だけ残ってたんだけど、こないだ白髪になってた。名前はギズモ。」

地元・茨城での動物トークも大盛り上がりでした。
是非radikoのタイムフリーでお楽しみ下さい!


▼LIVE情報
ツアー「MUCC 20TH ANNIVERSARY 97-17 羽化 -是朽鵬6極志球業シ終T脈殺-」
2月4日@TSUTAYA O-EAST〜4月15日@Zepp DiverCity Tokyo

5月4日
結成記念日スペシャルLIVE「家路 〜Happy Birthday to MUCC〜」
@茨城県立県民文化センター大ホール

6月20日、21日
「MUCC 20TH-21ST ANNIVERSARY 飛翔への脈拍 〜そして伝説へ〜」
@日本武道館



その他詳しい情報は、
MUCCオフィシャルサイトをご覧ください。


Report

[ 2017/01/23 update ]

ゲストは…映画監督の橋本一さん


今日は、初登場、映画監督の橋本一さんをお迎えしました!

橋本監督は、「相棒」シリーズをてがけていらっしゃいます。
『相棒-劇場版IV-』いよいよ、2月11日(土) に公開されます!!


「今回の映画・・・言えるとこまで言いますと、発端が、7年前のイギリスで起こった凄惨な毒殺事件があって、その時の唯一の生き残りの少女をめぐって起きていく事件がまず一つあって。プラス、国際的犯罪組織が日本に潜入してきているっていう話と絡み合っていって、クライマックスに向けて走っていくという話になっています。」

「(大がかりなロケがありましたよね?)北九州市の小文字通りで行ったんですが、銀座に見立てて撮影しているんですけど。300mに渡ってバスの路線も通ってる通りなんですが、警察の方や地元の方、色んな方のご協力を得まして、一日封鎖して頂いて行いました。地元の方3000人の方にエキストラとして協力頂いて。僕がこれまでやってきた中でも最大規模のロケになりました。もう声が通らないので、コンピューターで通りの図面を入れて全部こういう人物配置になってってCGで作り上げて指示を出し合ってやったんです。」

ちなみに、右京さんの好きなところは「どんな時も乱れないオールバックの髪形」と「メガネの奥にきらりと光る透き通った目」ということです(笑)


後半は、橋本監督について詳しく・・・

「小学・中学と映画が大好きで。高校の時に文化祭で映画を撮って、病みつきなったんですね。そのときは時代劇をとって。こんなの今は見られません勘弁して下さいってなる(笑)ドラキュラの古い映画を父親とみて、泣き叫んでました(笑)今でもホラー映画大好きです。相棒とかでホラーっぽいのがあると俄然こっちものっちゃって(笑)やらなくてイイことまでやっちゃって。でもホラーそのものってのは無いですね。あと、小学生の時にちょうどスターウォーズがきましたんで、今でもSF映画大好きですね。ときめきますよ。」


映画について詳しい情報は、
『相棒-劇場版IV-』公式HPをご覧ください。


Report

[ 2017/01/19 update ]

ゲストは…SKY-HI(日高光啓)さん


今日は、初登場、SKY-HI(日高光啓)さんをお迎えしました!

SKY-HIさん、昨日、3rdアルバム『OLIVE』をリリースされたばかりです。

「LIVE、生きることに寄り添うアルバムを作りたくて。OとIをひっくり返すとI LOVEになるんですけど。結果なんか、すごく愛にあふれた作品になったのは、2016年くらいの自分の身の回りが愛に溢れていたからだろうなって思うと、悪くないなって思いました。波乱万丈で本当に。喉の手術して。もう大丈夫です、モーターとか新しくして、ギアとかも全部取り替えて。…すみません、冗談を言ってしまって(笑)」

「療養中、ギター始めたりしましたね。曲作りのときも鍵盤が多くて。バンドメンバーに指示を出す時も、元々ドラマーなので、ドラムとかには具体的にいうのに、ギターには、指示も抽象的で、なんかすげぇエモい感じで、とか(笑)自分のDNAにちゃんと無いからだなと思って、ちゃんとやろうと思って。」


▼ツアー情報
「SKY-HI HALL TOUR 2017 〜WELIVE〜」
3月4日「新潟県民会館大ホール」スタート
群馬、名古屋、仙台、青森、大阪、
広島、福井、愛媛、島根、鹿児島、福岡を回って、
5月2日・3日「日本武道館」


詳しい情報は、
SKY-HIさんのオフィシャルサイトをご覧ください。

)%>

Report

[ 2017/01/18 update ]

ゲストは…ヴァイオリニストのAyasaさん


今日は、初登場、ヴァイオリニストのAyasaさんをお迎えしました!

Ayasaさんといえば、エクスペリアCMに登場して「美人すぎるヴァイオリニスト」として一躍話題になりました。
そんなAyasaさん、1月25日にベストアルバム『BEST I』をリリースされます。

「学生の頃は、クラシックしかやった事がない感じでした。一回、大学生のころにロックのインストバンドをやっていた時があって。コンサート、ではなく、ライブの楽しさを知って。クラシックの残り香はありつつも、弾き方やパフォーマンスは、ロックやポップスのいわゆるバンドのボーカリストと同じように出来たらいいなと思いました。私はいま五弦ヴァイオリンを使っていて、低い音が出るので、ギターとリフを弾きあう時とかすごくいいです」


そして、後半はLOVEトーク。
愛猫の「どや」ちゃん!(スコティッシュフォールド)

「かわいいかわいい男の子と同棲しておりますー。超可愛いんですよ!」
と言いつつプラ加工されたお写真を見せて下さいました・・・!
「いつもヴァイオリンのケースに入れてまして。猫のためにインスタグラムを解説致しました。親ばかなんですけど」

アカウント名は【doyastagram0611】!みなさんもチェックしてみて下さい!


▼LIVEイベント情報
1/27(金) ワンマンライブ「Ayasa Theater episode 2」
【開場 /開演】
1回目 17:30 / 18:00
2回目 20:00 / 20:30
【会場】恵比寿CreAto

その他、たくさんのイベントに登場しますよ!


詳しい情報は、
Ayasaさんのオフィシャルサイトをご覧ください。

)%>

Report

[ 2017/01/17 update ]

ゲストは…土岐麻子さん


今日は、リアルフレンド、土岐麻子さんをお迎えしました!

土岐さんは、美雨さんがお休みを頂いていた間に代演を務めて頂いていました。
ありがとうございました!

そんな土岐さん、ニューアルバム「PINK」を来週水曜、25日にリリースされます!

「情熱だけでぶつけるように作ってた若い時代とは違って、じっくりと作品と向き合ってみたいと思って。1年間制作していて、すごく楽しかったです。こんなに時間かけていいのかな?っていうくらい作品と向き合う事って初めてだったので。若い時には出来なかったかなって。(サウンドプロデューサーにトオミヨウさんを迎えて…)トオミさんは、私よりも少し若い世代のミュージシャンなんですけど。これまでも何作か作曲やアレンジをして頂いていて。いつか1枚じっくり仕事したいなぁと思っていて。タイミングが合ったのでお願いしました。」

そして、土岐さんといえば新婚さんでもいらっしゃいますよね!?

「毎日が、穏やかに過ぎていくことが嬉しいですね。ひとりの時の方が良くも悪くも、上がり下がりが激しかった気がして。彼の落ち着きというものは、私にはあんまりないもので居心地が良かったのと…色んなものに嘘がない。ちっちゃい嘘はつくんですけど、食べたのに食べてないとか(笑)仕事に対する姿勢とか生き方に嘘がないなって。私もこの人といると、色んな事に正直にいられるような気がするって、思ったんです。」


▼ツアー情報
【TOKI ASAKO LIVE TOUR 2017 “POP UP PINK!”】
4/14 仙台darwin
新潟、東京、広島、福岡、大阪、愛知を回って、
ラストは、5/16 札幌cube gardenです。

詳しい情報は、
土岐麻子さんのオフィシャルサイトをご覧ください。

)%>

Report

[ 2017/01/16 update ]

ゲストは…クラムボンの、原田郁子さん


今日は、リアルフレンド、クラムボンの、原田郁子さんをお迎えしました!

メジャーからインディーズに変わったクラムボンの気持ちについて、お話を伺いました。

「2015年がちょうど20周年で、武道館でライブをさせて頂いて、そのタイミングでレコード会社を離れて、自分たちで事務所『tropical』っていうのをやってたんですけど。音源の制作もリリースも宣伝も、ぜーんぶを自分たちでやってみようっていう。荒波に飛び出てみようということにしました。」

「直接できたばっかのCDを手渡しするという。直売って呼んでたんですけど。一番届けたいリスナーの方に直で渡せるとしたら、どういうことが起きるんだろうって。私たちもまだ始めたばかりなんですけど。顔を見れたり、握手をするとか、直接手で触れたりするっていうのは「実感する」っていうことだなぁって思って。その受け取ったものはとっても大きかったので、楽曲制作にすごく影響があると思います。」

「完全にメジャーを否定しているわけじゃなくて。ツアーでものすごくMCを長くしたんだけど。これまでを否定しているわけではない。勿論メディアに沢山出させてもらったり、沢山のスタッフに手伝ってもらったり、ショップの皆さんとか。そういうことが無かったら知ってもらえなかったから。でも、今の時代もあると思う。個人が個人につながる事が20年前より簡単に出来るようになったらから。より濃密なものを作る方が、届くときの力も力強くなるんじゃないかって。考えてます。」


▼情報
Blu-ray『clammbon 20th Anniversary 「tour triology」2015.11.6 日本武道館』1月25日にAmazon.co.jp限定販売



その他詳しい情報は、
clammbon official websiteをご覧ください。

)%>

Report

[ 2017/01/12 update ]

ゲストは…INABA / SALAS


今日は、初登場!INABA / SALAS、B'zの稲葉浩志さんと、ギタリストのスティーヴィー・サラスさんのユニットをお迎えしました!

1月18日(水)ニューアルバム『CHUBBYGROOVE』をリリース!
その作品を携え、1月25日(水)から「INABA / SALAS “CHUBBY GROOVE TOUR 2017”」を行います。


スティーヴィー・サラスさん「自分自身、黒人系のミュージシャンとの交流があるんだけど、彼らの中ではすごい良いものを、"That's fat!"っていう。太ってるっていう意味じゃなくて、太くていいよね!みたいな。それを、自分流に"CHUBBY"ていってて、さらにイイのは”CHUBBYPLUS”って言い方に変えてて(笑)今回のアルバムもCHUBBYだよねってところから、CHUBBYGROOVEというタイトルにしたんだよ。」

稲葉浩志さん「20年以上前に彼がデビューして、日本に来た時にライブを見に行ったり、うちの松本さんが一緒にプレイしてたりして。LAに行ったときには食事行ったりして。いわゆる普通の友達というか。そのうち、お互いがやってるプロジェクトにゲストで参加し合う関係になっていて。時間があいたら一から作りたいって話してたんですよ。でもなかなか実現が出来なかったんですけど、今回タイミングがあったんで、僕の方から声かけて、もうやっちゃおう!ってすぐスタートしたんですよね。」


そして・・・サラスさんから「ヘッドフォンで二人(稲葉さんと美雨さん)の声を聴いてると、ものすごくセクシーだよ!」という話もあったり(笑)とても素敵な時間でした〜。


▼LIVE情報
「INABA / SALAS “CHUBBY GROOVE TOUR 2017”」
2017/1/25(水) [名古屋] Zepp Nagoya スタート!


詳しい情報は、
稲葉浩志さんの公式WEBサイト「en-zine」をご覧ください。


Report

[ 2017/01/11 update ]

ゲストは…コアラモード.


今日は、初登場!コアラモード.の、あんにゅさんと、小幡康裕さんをお迎えしました!

2013年結成。2015年デビュー。
ボーカルのあんにゅさんと、サウンドクリエイターの小幡康裕さん、お二人からなる、横浜出身の男女二人組ユニット。

1stアルバム「COALAMODE.」が、2月8日にリリースされます!


あんにゅさん「バンド名は、私が高校の時にぼーっとしていたのでみんなにコアラみたいだねって言われて(笑)動物占いもコアラで。でも"コ"が"CO"から始まるんですね。なのでカンパニーという意味で、アラモードが洗練されたという意味があるので、洗練された音楽を作る会社っていう意味もこめてます。」

小幡さん「最後の"."は、インディーズ時代にまだ点が付いてなかったとき、あるラジオ番組に出演させて頂いたときに占いでもう一画あったほうが良いって言って頂いて。考えた結果、コアラモードだぞ!っていう決意みたいな点をつけたんです。そのあとにCD出せたりメジャーデビュー出来たりいい運気がきました。」


さて、では後半には、お互いのアーティストとしてのLOVEなお話を聞いてみました。

小幡さん「最初に歌声を聴いたときに、赤ちゃんがおぎゃーって泣いてるときみたいな、説明が必要ない声そのものに説得力を感じたんですよね。歌詞とか楽曲そのものの説得力もいるんですけどそれを高める相乗効果があるなって思いましたね。」

あんにゅさん「楽器が好きなんだなぁって感じがしてますね。出会った時からドラム・ギター・ベース弾いていましたし。会うたびに違う楽器を弾いていて、さらにずっと楽器屋にいる。移動中もケータイで楽器を探してたり(笑)楽器が生きがいの人であり、音楽の先輩って感じですね、とても頼りになります。」


▼LIVE情報
全国ツアー“THIS IS COALAMODE.!!2017 〜春らんらんツアー〜”
3月25日横浜BAYSIS からスタート。
仙台、福岡、神戸、名古屋、東京を回って、
ラストは、4月23日大阪・大丸心斎橋劇場。

詳しい情報は、
コアラモード.の公式HPをご覧ください。

)%>

Report

[ 2017/01/10 update ]

ゲストは…有村竜太朗さん


今日は、初登場、Plastic Treeのボーカル、有村竜太朗さんをお迎えしました。

今年、Plastic Treeはメジャーデビュー20周年!おめでとうございます!
なんですが、今回はPlastic TTreeとしてではなく、ソロとして起こし頂きました。

昨年11月にリリースされた、初のソロアルバム、個人作品集 1996-2013「デも/demo」。


「プラ用でもあったし、なかなか曲として成立しなかったものがあって。折角だからちゃんと発表してあげたいなと思って。まだ全部じゃないんですけど抜粋して作っていったって感じですね。一人の世界で追及していったほうが曲として正解だなって思う曲とか。あとはプラは4人揃っていいね!ってなんないとすぐボツっちゃうんで。(曲を聴いて・・・)いやもう初ソロかわいくってね。こんなにかわいいんだなって。初孫みたい(笑)」


後半はラブな事で、猫ちゃんトークへ!

「うちの黒猫のクロは元気です。9歳になりました。もう僕を超えてきましたねー。ともに生きてきたなって。白髪が増えた!脇とかおなかとか。あといっかいね、ハゲた。眉毛のとこ。お医者さんに連れてったら何かのストレスですねって、あんまり家に帰れてなかったからかも。すぐ治ったけど。いやーもうね、俺より長生きして欲しいんすよねぇー。できれば。」

そして、旧友である美雨さんの自宅にあったというイラストサイン色紙!
過去のファンクラブ、雑誌の連載時の原稿なども・・・!
以前同じレーベルだったので、その宣伝隊と仲良しだったのでそのつながりで、美雨さんの手にあったようです(笑)
今回、有村さんの手にお返しいたしました〜。長い月日を経て・・・。


▼LIVEツアー情報
有村竜太朗 Tour 2017「デも/demo」
12日(木) 大阪梅田AKASO
13日(金) 名古屋ボトムライン
23日(月) 品川ステラボール


詳しい情報は、
有村竜太朗さんの公式HPをご覧ください。

)%>

Report

[ 2017/01/09 update ]

ゲストは…俳優の、育之介さん


今日は、初登場!俳優の、育之介さんをお迎えしました!

育之介さんは、おじいさまが永六輔さん。
作務衣(さむえ)を羽織っていらっしゃいました。

「これはもともと祖父が着ていたのですが、行く手がなくなって僕が着ているという感じですね。祖父がやろうとしていた事や、やりのこした事を僕がやる使命があるのかなと勝手に感じているので、鎧というかお守りのような感じで着ています。」


「祖父は明るいこと面白いことをやるという印象だったと思うんですけど、家では打って変わって、とても寡黙な人でした。書斎に向かっていたり。あまりワイワイ一緒にやったりとかはなかったですかね。僕が俳優になるという時に相談はしなかったんですが、報告をしに行ったんですね。否定的に言われるかと不安になりながら。そしたら。あ、そう。じゃあ楽しんで。って(笑)軽く言われて(笑)あの人も楽しみながらやってからやってたんだなぁって、自分が楽しめてなかったら誰かを楽しませる事はできないんだって言う事を伝えてくれたんだって今は思います。」


▼イベント情報
『歌い、継ぐ』〜永六輔さん追悼コンサート〜
1月20日(金)開演19:00
1月22日(日)開演15:00

@KAAT神奈川芸術劇場(ホール)

【出演】※敬称略
育之介
デューク・エイセス
大友良英
Little Glee Monster
大友良英スペシャルバンド

【スペシャルゲスト】
さかいゆう(1月20日のみ)
大竹しのぶ / 山崎まさよし(1月22日のみ)


詳しい情報は、
KAAT 神奈川芸術劇場の公式HPをご覧ください。

)%>

Report

[ 2017/01/05 update ]

ゲストは…Bamboo Flute Orchestra


今日は、初登場!Bamboo Flute Orchestra、辻本好美さんをお迎えしました!

「Bamboo Flute Orchestra」とは…尺八奏者・辻本好美さんによるソロ・プロジェクト。
東京芸術大学を尺八専攻で卒業。昨年メジャーデビュー。女性のソロ尺八奏者のメジャーデビューは史上初ということ!

そんな辻本さんのデビューアルバム、「SHAKUHACHI」現在発売中です。
洋楽のカバーアルバムになっています。

「尺八は、そのままの竹になっていて。色合いとか模様もそのまま、シンプルな楽器なんです。16歳くらいから吹いていて。父親が尺八をやっていたので、小さいころから楽器には触れていたんですけど。私の中で人があまりやっていない特別なもの、そして音色が好きで追及したいなと思ったのがキッカケですね。伝統のものって堅苦しかったりそれだけ聞いてたら分かりにくいものだと思うので、皆さんが知ってる曲の中に尺八の魅力を入れてみたら、聞いて頂けるかなと思ってやっています。」


▼LIVEイベント
「音和座-OTOWAZA-」
1月21日(土) 開場18:00  開演19:30
料金5000円(ワンドリンク込み)
ご予約:六本木クラップス

今後の活動情報など詳しい情報は、
Bamboo Flute Orchestraの公式HPをご覧ください。

)%>

Report

[ 2017/01/04 update ]

ゲストは…Little Glee Monster


今日は、初登場!
Little Glee Monsterの、芹奈さん、manakaさんをお迎えしました!

リトグリは、2ndアルバム『Joyful Monster』を1月6日にリリースされます。


お二人に、歌のルーツをお聞きしました。

芹奈さん「私の母がR&Bが好きで小さい頃から耳にして育ってきていて、中学1年生の時にクリスティーナ・アギレラ主演映画『バーレスク』を見たときに、きらきらしたステージに立ってみたいって思ったし、歌手になりたいっていう思いが芽生えました。影響を受けたのはクリスティーナ・アギレラです。あとはちっちゃい頃、ビヨンセやジャネットのライブ映像見ながらテーブルの上で踊って真似したりしてましたね(笑)」

manakaさん「ビートルズが本当に大好きで。60年代の音楽をたどったりするようになったり、ビートルズから色んな音楽に広がっていきました。もともと音楽収集が好きで、友達とビートルズを聴きあさってた時があって。最初は音楽の授業がきっかけだったんですよ。イマジンを聴いて。レノンみたいにいつかは自分でも作曲したいんですけど、まだ今は勉強中です。」


LIVEの前は緊張をほぐすために、みんなで背中をたたきあってるというリトグリの皆さん。もう間もなく、武道館でのライブが行われます!


▼LIVE
Little Glee Monster Live in 武道館
1月8日(日) 開場16:00 開演17:00


詳しい情報は、
Little Glee Monsterの公式HPをご覧ください。

)%>

Report

[ 2017/01/03 update ]

ゲストは…ホリエアツシ(ent)さん


今日は、5回目のご登場、ホリエアツシさんをお迎えしました!

ストレイテナーのホリエさんとしてではなく、ソロのentとして。
1月11日(水)に5年ぶりのニューアルバム『ELEMENT』をリリース!

「2009年にentの1枚目は、テナーからは何もインフォせずにインディーのレーベルからひっそり出したんですよ。自分試しというか。ステージに立って歌って表現するっていうミュージシャン性ではなく、聞き手側としてこういう音楽が好きで、それを歌わなくてもいい、ただ聞いていたいっていうのが、entっていうプロジェクトなんですよ。」


後半はLOVEなこと・・・

「僕、大根おろしが大好きで。大根おろしって凄くないですか?(笑)自分でおろすところから好きだし。大根おろしをメインにしてシラスを乗っけて食べるのも好きだし、肉や魚に添えて食べるのも好きだし。おろした後に出る水も飲むんです。辛いのとか大好きで!かっら!って言いながら飲むのが好き(笑)辛味大根見つけたら絶対頼みます。昔は気にもしてなかったんだけど、なんだろう、さっぱりしたいっていうか、刺激もほしいし、メインもはれてサポート役にも回れるっていう感じが堪らないですね!」



詳しい情報は、
ホリエアツシソロプロジェクトent | ニューアルバム「ELEMENT」特設サイトをご覧ください。

)%>

Report

[ 2017/01/02 update ]

ゲストは…モデルの宮沢氷魚さん


あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

さ、新年最初のディアフレンズ・・・
今日は、再来ディア、モデルの宮沢氷魚さんをお迎えしました!

氷魚さんは「THE BOOM」のボーカル宮沢和史さんの長男でいらっしゃいまして、氷魚さんが生まれる前から、美雨さんは宮沢家と親交があったそうです。

昨年末には、氷魚さんと、小籔千豊さんの番組「金曜日くらい褒められたい」に美雨さんがゲスト出演もしました。
氷魚さんは、2016-2017年度「JR SKISKI」CMに出演。女優の桜井日奈子さんのお相手役!

後半は、TOKYO FM近くの甘味処「おかめ」さんのおしるこ、磯辺焼きを食べながら・・・。


「宮沢家は、お正月は家族5人集まって、お雑煮とかおせちをお昼に食べて、5人でテレビ見てます(笑)お父さんが結構お笑い番組が好きなんで。ダウンタウンさんとか。ナイツ大好きなんです。動画持ってきて見せてくれるんです(笑)お雑煮はお父さんが朝から作るんです。シンプルなお醤油ベースで、巨大なお餅がぼん!と入ってます。」

「2017年のカレンダーは、今年も去年に負けじと大人っぽいのからかわいらしいのまであったり。お肌の露出も(笑)ギター弾いてるのもあって。ここ半年くらいやってるんです。お父さんは教えてくれないんですよね。ギター渡されて、勉強しなさいって(笑)25年前くらいので、ライブ映像にも残ってるアコギです。今それで練習してます。撮影のアイディアは自分でも出しますね。テーマはこういうのがいいかなって。今一番いいときですね(笑)というかラクですね。少年っぽさと大人っぽさと、狭間にいるんで、どっちにも自然にいけるから。演技としては、自分とは正反対のキャラクターをやってみたいです。怖い役とか。」


▼プレゼント
宮沢氷魚さん「2017年卓上フォトカレンダー」をサイン入りで3名の方にプレゼント!


今後の活動情報など詳しい情報は、
宮沢氷魚さんの公式ブログをご覧ください。

)%>