第7話「水回りを綺麗に!」

自宅を売りに出すときこの水回りが重要です。
早く自分の家をいい条件で買ってもらう時にポイントとなります。
家やマンションを売るとき、家を買いたいと部屋を見学にやってくるひとに対しては、水回りを綺麗にしておくとで印象がアップします。


台所とその換気扇、風呂場、トイレ、洗面台などが汚れていると、いくら部屋がキレイに片付いていても、家全体の雰囲気が暗く、印象の悪いものになってしまいます。あまりにも汚れがひどい場合には、ハウスクリーニングなども検討してみましょう。


家を探している人にとって、その物件が購入の検討に値するかどうかは、第一印象で判断されるのが一般的です。したがって、いくら個人の売主とはいえ、買主となる「お客様」を迎える準備が必要です。
建物の内外部の清掃、整理整頓など、できる限り「商品」としての見栄えを良くしておきましょう!


見学は週末の日中がほとんどです。大切な「お客様」を逃さないためにも、なるべく週末は自宅にいるようにしましょう!


早期に、より良い条件で住まいを売却するためには、多くの人に物件を知ってもらえるような情報発信が必要です。そのため、仲介の依頼を受けた宅建業者は新聞折り込みチラシやハトマークサイト(全宅連が運営する不動産情報検索サイト)などの広告媒体を活用して幅広く宣伝活動を行っています。
また、購入物件を探している人が、週末の好きな時間に自由に見学ができるオープンハウス(オープンルーム)といった販売方法もあります。


放送日から7日間、radikoタイムフリー機能で番組が無料でお楽しみいただけます。
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

1月14日(土)OA分の放送はこちら