番組内容

 ここは、どこにでもある商店街の、どこにでもある不動産店、『緑山不動産』。通りを歩くひとを、今日も『ハトマーク』が優しく見守っています。
 お客様が暮らしやすい部屋を、心を込めて探す!そんな想いで仕事に向き合っているのは、最近店を継いだ三代目の緑山鳩子、29歳。彼女に不動産店の在り方を教えるのは、先代から勤める番頭さん的存在の不動三太郎、35歳。
 さてさて、鳩子さん、今日はどんなことを学ぶのでしょうか?

登場人物

緑山鳩子(優香)

29歳。最近『緑山不動産』を継いだ三代目。お客様が暮らしやすい部屋を、心を込めて探す!そんな想いで仕事に向き合っている。

不動三太郎(藤井隆)

35歳。不動産店の在り方を鳩子に教える、先代から勤める番頭さん的存在。

バックナンバー

第2話「家も彼氏も見つからなければ、条件をゆるめよう」

物件がなかなか見つからないというお客様へ、何かいいアドバイスはないかと考える鳩子に、三太郎は条件を緩めることを勧めます。徒歩〇分以内を、1分ゆるめるだけで100件、物件が増えるかもしれません。


理想の住まいを見つけるためには、やはり多くの物件情報を集めることが大切です。そのためには、新聞折り込みチラシなどの広告をチェックしましょう。
また、ハトマークサイト「公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会(全宅連)が運営する不動産情報検索サイト」では、全宅連傘下の宅建業者から提供される物件情報をスピーディーに検索できます。


なかなか希望の条件に合うような物件が見つからない場合は、少し希望の条件をゆるめて検索してみましょう。



宅建業者を選ぶときに大切なのは、あなたのパートナーとして信頼できる宅建業者かどうかという点です。
理想の住まいを手にいれるには、資金計画や税金対策のアドバイス、売買契約をはじめとする諸手続きなど多くのことで宅建業者のサポートが必要になります。


住まい探しをするときには、日々の暮らしに欠かせない地域の生活情報なども集めることが大切です。生活関連の宅建業者からでなければ得ることができませんから、ぜひ、地域の宅建業者を訪ねてみてください。


全宅連に加盟している47都道府県宅建協会では、会員業者の育成や指導を行い、公益社団法人全国宅地建物取引業保証協会(以下、保証協会)では、消費者からの苦情相談や損害を弁済する事業などを行っていますので、宅建協会・保証協会へ加入している宅建業者であれば安心して取引を依頼できます。

物件が見つからないときは、財布は緩めず、条件をゆるめて。
放送日から7日間、radikoタイムフリー機能で番組が無料でお楽しみいただけます。
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!
12月16日(土)OA分の放送はこちら

PAGE TOP