番組内容

 ここは、どこにでもある商店街の、どこにでもある不動産店、『緑山不動産』。通りを歩くひとを、今日も『ハトマーク』が優しく見守っています。
 お客様が暮らしやすい部屋を、心を込めて探す!そんな想いで仕事に向き合っているのは、最近店を継いだ三代目の緑山鳩子、29歳。彼女に不動産店の在り方を教えるのは、先代から勤める番頭さん的存在の不動三太郎、35歳。
 さてさて、鳩子さん、今日はどんなことを学ぶのでしょうか?

登場人物

緑山鳩子(優香)

29歳。最近『緑山不動産』を継いだ三代目。お客様が暮らしやすい部屋を、心を込めて探す!そんな想いで仕事に向き合っている。

不動三太郎(藤井隆)

35歳。不動産店の在り方を鳩子に教える、先代から勤める番頭さん的存在。

バックナンバー

第3話「読み方が大切!」

不動産広告で一戸建て3,780万円と書いてあった場合、これは消費税は込みなのでしょうか?
また、間取り図の方角は、上が必ず北なのでしょうか?
鳩子は今回、価格や間取り図など、不動産広告の読み方を三太郎から学ぶのでした。



・大げさなキャッチコピーの禁止
「特選」「厳選」「最高級」「格安」などといった表現を不動産広告において使用することは禁止されています。

・二重価格表示の禁止
例えば、「3,500万→3,000万」のように、2つの価格を同時に掲載することを二重価格表示といいますが、一定の条件を満たさない限り禁止されています。

・おとり広告の禁止
存在しない物件を広告したり、すでに成約済みとなった物件を広告に掲載し続けることは「おとり広告」として禁止されています。

・不当な比較広告の禁止
競合する他のものと比較して実証される事項もなく、優良、有利であるかのように誤認させるような広告は禁止されています。

不動産広告でわからないことは、地域の不動産店を訪ねましょう!
放送日から7日間、radikoタイムフリー機能で番組が無料でお楽しみいただけます。
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!
12月23日(土)OA分の放送はこちら

PAGE TOP