番組内容

 ここは、どこにでもある商店街の、どこにでもある不動産店、『緑山不動産』。通りを歩くひとを、今日も『ハトマーク』が優しく見守っています。
 お客様が暮らしやすい部屋を、心を込めて探す!そんな想いで仕事に向き合っているのは、最近店を継いだ三代目の緑山鳩子、29歳。彼女に不動産店の在り方を教えるのは、先代から勤める番頭さん的存在の不動三太郎、35歳。
 さてさて、鳩子さん、今日はどんなことを学ぶのでしょうか?

登場人物

緑山鳩子(優香)

29歳。最近『緑山不動産』を継いだ三代目。お客様が暮らしやすい部屋を、心を込めて探す!そんな想いで仕事に向き合っている。

不動三太郎(藤井隆)

35歳。不動産店の在り方を鳩子に教える、先代から勤める番頭さん的存在。

バックナンバー

第4話「現地見学の必需品!」

大晦日の大掃除をしていると、鳩子の祖父である先代が愛用していたの七つ道具が出てきました。

方位磁石、メジャー、間取り図と周辺の地図、デジカメに筆記用具、チェックシート。

不動産は図面じゃ全部わからない、自分の足で物件を見ておく、それが流儀の鳩子の祖父は、そのための七つ道具を携えていたのです。



気になる物件が見つかったら、まずは物件情報を提供している宅建業者へ連絡をして現状を確認し、見学の日程を決めましょう。特に中古住宅の場合には、売主の都合なども確認しなければいけません。
見学の日程が決まったら、さっそく現地へ行ってみましょう。百聞は一件にしかず!です。


中古住宅を見学する場合、「他人の家の中をじろじろと見て回るのは、ちょっと気が引ける・・・」という人もいるようですが、マナーを守って積極的な見学をするようにしましょう!例えば、普段の買い物先や交通の便など生活に関連する情報は、そこに暮らす人(=つまり売主)しか知りえないことが沢山ありますので、見学中にどんどん売主に聞いて、情報収集をすることが大切です。


放送日から7日間、radikoタイムフリー機能で番組が無料でお楽しみいただけます。
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!
12月30日(土)OA分の放送はこちら

PAGE TOP