Orico presents FIELD OF DREAMSOricoFIELD OF DREAMS

この番組では、「夢に向かって頑張っている人を応援する」をコンセプトに、夢をかなえ活躍する方々をゲストに迎え、そこに向かうまでのプロセスや、努力、苦労、そしてかなえたときの喜びを深く掘り下げていきます。

パーソナリティ 川田裕美プロフィール


*
『Orico presents FIELD OF DREAMS』では、夢を叶えた方、今まさに夢に向かって突き進んでいる方をゲストに迎え、その人生のターニングポイントに迫っていきます!

今週のゲストは、天真爛漫で個性的なキャラクターから、
今、バラエティ番組などのオファーが殺到しているタレントの紅蘭さんです。

紅蘭さんは、俳優・草刈正雄さんの長女。
ダンサー、そしてスポーツのパーソナルトレーナーとして活動される一方、タレントとしてもご活躍中です。

明るくパワフルな紅蘭さんの、人生のターニングポイントについてお話を伺いました。


●父との関係


川田「最近は草刈正雄さんと親子で共演される機会もありますけど、本当に仲がいいなと思います。小さい頃からそうですか?」

紅蘭「仲はいいですけど、2人でショッピングに行ったこともなければ、外にご飯も1年に3回くらいしか食べに行かず。
そういうの仲の良さというよりは、真剣に話し合って、何でも話せる仲の良さなのかなって思いますね」

川田「大事な場面とか、何か決めなきゃいけないという時は相談するんですか?」

紅蘭「父に相談したことはないんですけど(笑)。
逆に父が相談してくるので、”この仕事受けた方がいいかな?”とか、”この時の演技どうしたらいいかな?”とか、優柔不断なんです」

川田「え〜〜!(笑)」

紅蘭「私が相談したら落ち込んじゃうと思います(笑)、母には相談しますけどね」

川田「逆にお父さんから相談された時は、ビシビシと答えるんですか?」

紅蘭「そうですね。例えば、”この役が来た、俺はしっくりきてなくて”とか、いろいろあるじゃないですか?
『お金稼いできてください!』みたいな(笑)」

川田「せっかくオファーが来てるんだから、やった方がいいと(笑)。
紅蘭さんも、小さい頃から芸能界に入ってみたいなと思ってましたか?」

紅蘭「小さい頃はまったく思ってなかったですね。
父に、歌を習え、演技のレッスンの先生が来る…すごい言われてたので、親から”これやれ”がすごい嫌で、”私はダンスがいい!”みたいな、父が習わせる習い事はやらなかったですね」

川田「体を動かしたりするのは小さい時から好きだったんですか?」

紅蘭「好きですね。小さい時から体動かす遊びしかせず、ずっと好きでしたね。
木登りとか、ターザン作ったりアクティブな感じで、ゲーム機を手に取ったことがないですね」

川田「ダンスに興味を持ったのはいつだったんですか?」

紅蘭「小学校くらいの時からで、常に草刈家ではMTVとかよく見てて。
最近流行っているプロモーションビデオが流れたりとかして、ビヨンセとか流れるじゃないですか?”めっちゃかっこいい!”って思ってましたね。
小さい時に見てたMTVのおかげかな?”パパこれやりたい!”って言ってましたね(笑)」

●憧れのアメリカ


川田「紅蘭さんに訪れた第1の人生のターニングポイントはいつのことですか?」

紅蘭「私が16歳の時、2005年くらいですかね?アメリカにダンス留学した時です」

川田「この留学のきっかけは?」

紅蘭「中学校の時から、ずっと日本でダンススクールで習ってました。
部活とかせず、学校終わったらすぐにダンスレッスンを受けてという日々を過ごしてて。その時からバックダンサーとかやらせてもらったりしてたんですけど、やっぱり本場で学びたいと思って。
高校入ったらすぐ留学しようと決めて、親に相談しなかったですね、ネットで調べたら『ダンス留学』っていうのがあったんですよ」

川田「はい」

紅蘭「ロスに決めて。そこからダンススクール、語学学校、ホームステイなのか寮なのか……と、プランを組み立てて。
”そろそろ入金してください”っていう時にママに書類持って行って『学校決めたし、寮で生活するから、メトロで30分かけてダンススクールに通って。何時には帰って何時に寝る……これに行きたいんですけど、いいですか?』と言って、母はそこまで自分でしたんだったら『いいよ』と言ってくれて。
母が父にいつ言おうか?みたいになってしまって、”紅蘭が行くってなったら、ショックすぎるだろうな”って(笑)」

川田「そうですよね〜(笑)」

紅蘭「じゃあ、ロスに着いたらパパに電話するわって言って『”留学来たんだけど…”って、そんな感じで言えばいいよね?』みたいな感じで言ったら『それしかないかな〜』となって(笑)。
出発する前の日に適当に荷物を詰めてたら、父がトイレに起きてきちゃって『どこに行くんだ?』みたいになって(笑)。
これ、重く真剣に話したら重く受け止めてしまうと思って、すごい軽いノリで『なんかさ〜、ロサンゼルスに留学しようと思ってさ〜。ちょろっと行ってくるわ!』みたいな感じで言ったらフリーズしちゃって、トイレ済ませて自分の部屋に戻ったんですけど。
”寝ぼけてたわ、ラッキー!”と思って、次の日外に出たら玄関の前で待ってて『ハグ』とか言われて、泣きながら」

川田「泣きながらですか〜」

紅蘭「『ぜってー負けんなよ!』って言われましたね。”頑張ってこいよ!”、”負けんな!”この2つは覚えてます」

川田「本当は止めたかったけど、止めなかったんですね」

紅蘭「昔から、私がやりたいと思うと父の意見を突き飛ばしてでも何かをやっていた自分がいたので、”こいつに言っても無理だ”と思ったのもあると思うんですよね(笑)」

川田「これをターニングポイントに挙げた理由は?」

紅蘭「16歳で1人で海外生活することによって、心も視野も広くなったというか、日本で生活してると、人の意見にのっかったりとか、誰かを嫌いと言ったら、みんな嫌いみたいな。
私に置き換えると、よく言われたりするのが、”草刈正雄の娘がこれ?”みたいな、”じゃあ、どうじゃなくちゃいけなかったの?”っていう。パパと私の違いを、アメリカでは理解できると思うんです。個々を見てるし、二世関係無しにしても1人の人間としても、すごい変な格好しても浮きもしないし、『いい感じじゃない?』ってなるし」

川田「自分ではすごく居心地のいい環境に感じたんですね」

紅蘭「そうですね」

null


>>来週も引き続き、タレントの紅蘭さんをお迎えしてお話を伺っていきます。
お楽しみに!
*
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 112 | 113 | 114 || Next»

感想・メッセージのご応募はこちら

Message

夢をバックアップする素敵なプレゼントも用意しています。ぜひ番組をチェックして、ご応募ください

ご応募はこちら

AIR TIME

AIR-G'(FM北海道)
(日)07:00〜07:25
エフエム青森
(土)12:30〜12:55
エフエム岩手
(土)12:00〜12:25
Date FM(エフエム仙台)
(土)12:30〜12:55
エフエム秋田
(土)12:00〜12:25
エフエム山形
(土)08:30〜08:55
ふくしまFM
(日)09:30〜09:55
FMぐんま
(日)07:00〜07:25
TOKYO FM
(土)12:30〜12:55
RADIO BERRY
(土)12:30〜12:55
FM-NIIGATA
(土)08:00〜08:25
FM長野
(土)12:30〜12:55
K-mix
(土)08:30〜08:55
FMとやま
(土)08:00〜08:25
エフエム石川
(土)09:00〜09:25
FM福井
(土)12:30〜12:55
@FM(FM AICHI)
(日)08:00〜08:25
FM GIFU
(土)12:30〜12:55
FM三重
(土)11:30〜11:55
FM滋賀
(土)09:30〜09:55
FM OH!
(日)07:30〜07:55
Kiss FM KOBE
(土)09:00〜09:25
エフエム山陰
(土)09:30〜09:55
FM岡山
(土)11:00〜11:25
広島FM
(土)09:30〜09:55
エフエム山口
(土)11:30〜11:55
FM香川
(土)12:00〜12:25
FM愛媛
(土)07:30〜07:55
FM−TOKUSHIMA
(土)12:30〜12:55
エフエム高知
(土)09:00〜09:25
FM FUKUOKA
(土)08:00〜08:25
エフエム佐賀
(土)09:00〜09:25
エフエム長崎
(土)09:30〜09:55
エフエム熊本
(日)08:30〜08:55
エフエム大分
(土)12:30〜12:55
エフエム宮崎
(土)12:30〜12:55
エフエム鹿児島
(土)09:00〜09:25
FM沖縄
(土)08:30〜08:55

page top