Orico presents FIELD OF DREAMSOricoFIELD OF DREAMS

この番組では、「夢に向かって頑張っている人を応援する」をコンセプトに、夢をかなえ活躍する方々をゲストに迎え、そこに向かうまでのプロセスや、努力、苦労、そしてかなえたときの喜びを深く掘り下げていきます。

パーソナリティ 川田裕美プロフィール


*
『Orico presents FIELD OF DREAMS』では、夢を叶えた方、今まさに夢に向かって突き進んでいる方をゲストに迎え、その人生のターニングポイントに迫っていきます!

今週のゲストは、伝説のロックバンドのボーカリストであり、最近ではバラエティ番組にもご出演されている、ロックミュージシャンのダイアモンド✡ユカイさんです。
今月、カバーアルバム『Respect 掘戮鬟螢蝓璽垢気譴燭个りです。

今週と来週は、ミュージシャンとして、また、3人の子育てに奔走されているパパとしてのダイアモンド✡ユカイさんに、 人生のターニングポイントを伺っていきます。


●ロックスター!!!


川田「ダイアモンド✡ユカイさんといえば、最近ではバラエティ番組で活躍する姿を目にしている人も多いかと思いますが、伝説的のロックバンド・RED WARRIORSのボーカリストでいらっしゃいます。
そんなダイアモンド✡ユカイさんのターニングポイントは?」

ダイアモンド✡ユカイ「24歳の時 ロックスターデビュー!!」

川田「最初に音楽に興味を持ったきっかけは何だったんですか?」

ダイアモンド✡ユカイ「それは骨折です(笑)」

川田「え!?骨折ですか?」

ダイアモンド✡ユカイ「小学生の頃から音楽とか疎かったんですよ。どっちかっていうと嫌いな方で」

川田「当時は何をやってらっしゃったんですか?」

ダイアモンド✡ユカイ「サッカー、野球、水泳、マラソン、全部選手でしたね」

川田「ロックスターとスポーツって相反するものな感じがするので、イメージはなかったですね」

ダイアモンド✡ユカイ「中学の時に野球部に入って、デッドボールをくらっちゃったんですよ。当たりどころが悪くて、足のかかとにヒビが入っちゃったんですよね。
1年くらい運動ができなくなっちゃって。不良っぽい仲間が、レコードをいっぱい持ってきてくれたんですよ。その中の1枚がビートルズだったんです」

川田「なるほど、なるほど」

ダイアモンド✡ユカイ「ビートルズは解散してたんですよ。チープトリックとか、エアロスミス、クイーン、キッスとか流行ってたの。とにかく音楽に疎かったんですよ。だから、一番古典的なビートルズ、これがいいんじゃないかなって。
そしたら、聴いてるうちに体が弾んできちゃって、ジョン・レノンが歌う『ツイスト・アンド・シャウト』っていう曲があるんだけど、それ聴いたときに一緒に歌っててね。”ビートルズになりたいな!”って思っちゃったんですよ」

川田「まったく興味がなかったのに、すごいですね」

ダイアモンド✡ユカイ「そこからが大変で、ギターを買ってもらったはいいが雰囲気が違っていて(笑)。近くのお兄さんがギター弾けるから、”教えて貰えばいいじゃん”ってことで教えてもらってたの。弾いてるうちに、暗くなってくるんだよね。
それが『禁じられた遊び』だったんですよ(笑)」

川田「ビートルズとは全然違いますよね」

ダイアモンド✡ユカイ「後で知った話が、それがガットギターだったんですよね。ビートルズとは程遠い。
しょうがねーやと思って、それでコードを覚えて。ガットギターでビートルズを弾いてましたね」

川田「一気にのめり込んでからは、音楽一本ですか?」

ダイアモンド✡ユカイ「とにかくハマりこんじゃって、家に帰ってくると、ずっとガチャガチャ歌いまくってる。うちのお袋なんかは”この子、頭おかしくなっちゃったんじゃないか…”みたいな」

川田「心配になりますよね」

ダイアモンド✡ユカイ「それでも歌い足りず、夜中に家抜け出して近くに陸橋があるんですよ。電車の操作上みたいなのが、明るい光を照らしてくれるような。スポットライトのような明かりで、そこに向かって、『ネクスト・サウンド・イズ・ヘルプ!』とか言いながら、一人ででかい声で歌っていたら、近所中で問題になっちゃって(笑)」

川田「ちょっと、話題になっちゃいますよね」

ダイアモンド✡ユカイ「ご飯食べたら、すぐ歌う。トイレ入っても、すぐ歌う。歌うことしかなくなっちゃってるくらいでしたね」

●伝説のバンド


川田「RED WARRIORSは、わずか1年でのメジャーデビュー。人気絶頂の中、デビューから3年で解散となりますよね」

ダイアモンド✡ユカイ「俺たちは、つけ上がってたからね(笑)」

川田「濃い3年ですよね」

ダイアモンド✡ユカイ「濃かったね。しかも、自分たちは好きなことをやっていただけなんですよ。やってるうちに、どういうわけか武道館に行って……」

川田「デビューして1年で武道館ですもんね」

ダイアモンド✡ユカイ「人がやるなっていうことをやってたの。自分が芸能界と思ってなかったんだよね。挨拶とかしきたりとか、あるじゃない?そんなのは、唾ひっかけて歩いてたからね(笑)。
それが、自分でロックを体感してたというか、”俺の目指すものはここじゃないから”みたいな感じで、好き勝手やってたんですよ。
テレビで『歌謡曲をぶっつぶつ』とか言ったり、でも、本気でそう思ってたんですよ。

川田「それはすごいですね(笑)」

ダイアモンド✡ユカイ「気付いたら日本武道館やって、西武球場やってる自分がいて”自分勝手にやってただけなのに、おかしいな”みたいな。そんなになってたのよ。

川田「気づいたらそうなってたという感じですか?」

ダイアモンド✡ユカイ「しかも、ブルージーでロックで、みんなが嫌がるようなことをやってたから、俺たちみたいなバンドは売れちゃいけないバンドだったのよ。ヒールの中のヒールだから、どんどん自分もおかしくなってちゃって、目標はロックスター、アメリカに行こうと思ってやっていたんですよ」

川田「そうだったんですね」

ダイアモンド✡ユカイ「結局は既成のものとか、しきたりとかルール、そういうのがあると、みんなぶち壊す反逆精神を糧に、バンドやっていたんだよね。気づいたら小さいけど、ロックのお山の大将みたいになっていて。みんなが『いいね』って言ってくれるから、反逆する場所が、つまんなくなっちゃったんだよね。

川田「自分が今までは潰して本流というのは、気づくと、それになっていたんですか」

ダイアモンド✡ユカイ「つけあがっていたもんだから、『もう、やんなくていいんじゃないの?』みたいな感じで、バンドのメンバーも嫌いになってたし、もっと上手いメンバーとやりたいなとかさ(笑)」

川田「みんなに惜しまれながらの解散ということだったのですが、そのあとはソロで活躍されますよね。最初は順調に「いきました?」」

ダイアモンド✡ユカイ「最初からつけ上がってたソロデビューだったからね。『世界の女は俺のもの』みたいなね、そういうタイトルのアルバムだったので」

川田「番組などでは、『ギラッチだった』と仰っていますけど、どんな感じだったんですか?」

ダイアモンド✡ユカイ「エイトデイズ・ア・ウィーク時代とかね。女の子を1週間、8人の女性と付き合ってたりとかね」

川田「1人多いですね(笑)」

ダイアモンド✡ユカイ「1人は補欠だったりしてね、交換要員とか作ってたり。テレビを観てるじゃないですか”この子かわいいな〜”と思ったら、気が付いたら自分のベッドに寝てたりね

川田「ということは、女優さんだったり、タレントさん、歌手だったりするわけですよね。それで満たされている自分がいるわけですか?」

ダイアモンド✡ユカイ「満たされてはいないんですよ。当時は何をやっても刺激が足りないみたいなね」

川田「そうやって、順調にはいかない時もあるわけなんですね」

ダイアモンド✡ユカイ「つけ上がったままいっちゃったもんで、気が付いたら、結婚もしたんですよ。
バンドも再結成したりとかしてね。気が付いたら離婚して、バンドも解散になっちゃって、そのあとマネージャーもいなくなっちゃって、気が付いたら一人ぼっちになっちゃってね」

川田「誰もが、そういう風になるとは想像しなかったような状況になるわけですね」

ダイアモンド✡ユカイ「一人ぼっちになるまで気が付かなかったっていうのがね。”俺って、もしかして成り下がりなのかな?”みたいなね」

川田「そこから、人生として、もう一度大きな盛り上がりを見せるわけですよね」



>>来週は、子育てに奮闘されているダイアモンド✡ユカイさんの人生のターニングポイントに迫っていきます。
*
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 110 | 111 | 112 |...| 160 | 161 | 162 || Next»

感想・メッセージのご応募はこちら

Message

夢をバックアップする素敵なプレゼントも用意しています。ぜひ番組をチェックして、ご応募ください

ご応募はこちら

AIR TIME

AIR-G'(FM北海道)
(日)07:00〜07:25
エフエム青森
(土)12:30〜12:55
エフエム岩手
(土)12:00〜12:25
Date FM(エフエム仙台)
(土)12:30〜12:55
エフエム秋田
(土)12:00〜12:25
エフエム山形
(土)08:30〜08:55
ふくしまFM
(日)09:30〜09:55
FMぐんま
(日)07:00〜07:25
TOKYO FM
(土)12:30〜12:55
RADIO BERRY
(土)12:30〜12:55
FM-NIIGATA
(土)08:00〜08:25
FM長野
(土)12:30〜12:55
K-mix
(土)08:30〜08:55
FMとやま
(土)08:00〜08:25
エフエム石川
(土)09:00〜09:25
FM福井
(土)12:30〜12:55
@FM(FM AICHI)
(日)08:00〜08:25
FM GIFU
(土)12:30〜12:55
FM三重
(土)11:30〜11:55
FM滋賀
(土)09:30〜09:55
FM OH!
(日)07:30〜07:55
Kiss FM KOBE
(土)09:00〜09:25
エフエム山陰
(土)09:30〜09:55
FM岡山
(土)11:00〜11:25
広島FM
(土)09:30〜09:55
エフエム山口
(土)11:30〜11:55
FM香川
(土)12:00〜12:25
FM愛媛
(土)07:30〜07:55
FM−TOKUSHIMA
(土)12:30〜12:55
エフエム高知
(土)09:00〜09:25
FM FUKUOKA
(土)08:00〜08:25
エフエム佐賀
(土)09:00〜09:25
エフエム長崎
(土)09:30〜09:55
エフエム熊本
(日)08:30〜08:55
エフエム大分
(土)12:30〜12:55
エフエム宮崎
(土)12:30〜12:55
エフエム鹿児島
(土)09:00〜09:25
FM沖縄
(土)08:30〜08:55

page top