Orico presents FIELD OF DREAMSOricoFIELD OF DREAMS

この番組では、「夢に向かって頑張っている人を応援する」をコンセプトに、夢をかなえ活躍する方々をゲストに迎え、そこに向かうまでのプロセスや、努力、苦労、そしてかなえたときの喜びを深く掘り下げていきます。

パーソナリティ 川田裕美プロフィール


*
『Orico presents FIELD OF DREAMS』では、夢を叶えた方、今まさに夢に向かって突き進んでいる方をゲストに迎え、その人生のターニングポイントに迫っていきます!

今週のゲストは、先週に引き続き、シンガーソングライターであり、俳優としてもミュージカルなどで活躍されている中川晃教さんです。

中川さんの第1のターニングポイントは、2001年。18歳の時。
『I Will Get Your Kiss』でデビューし、ミュージカル『モーツァルト!』の主演に抜擢された年でした。

今週は中川晃教さんの、その後の人生に起こる第2のターニングポイントについてお話を伺いました。



●どん底から這い上がる


川田「2001年にシンガーソングライターとしてデビューされて、すぐにミュージカル『モーツァルト!』の主演に抜擢された中川晃教さん。その後は、舞台のお話がひっきりなしに飛び込むんですよね。
2013年は、1年間に9作品も舞台に出演されています。そうなると、お稽古や公演がかぶっていくわけですよね。どういう風に切り替えるんですか?」

中川「切り替えは、だんだんできるようになってきたんですよね。僕は食べるのが大好きなんですよ。気軽に切り替える方法は食べる、飲むなんですけど」

川田「今も舞台に出続けてらっしゃるわけですけど、そんな中川さんの人生に起こる第2のターニングポイントは、いつ、どんなことになりますか?」

中川「2009年、孫悟空の物語『SUPER MONKEY』という公演が中止になったときです。ようやく、こうやって初めて自分の口でお話出来てる、新鮮な感覚なんですけど。
幕が開く2週間前くらいにプロデューサーの方々が稽古場に来て、『今回いろいろな理由があって、この公演が中止になりました。今日でこの稽古場は解散です』と言われたときに、みんな震えてたし、怒りを通り越して、”どうすればいいんだろう”ってなっていましたね」

川田「そういうことは、あるんですか?」

中川「ないですね、あってはいけないですよね。なぜ、このお話をしようかと思ったかと言うと、前の年は音楽だけに集中した年なんですね。翌年の『SUPER MONKEY』に全てをかけようと準備をしていたんです。
思いもたくさんあったんですけど、いざ中止になった時に、どん底に落ちた感じになったの。公演が中止になったショックの中に、感情が飲み込まれて、そんな時にある演出家の方から、『中川くん、やらない?』と言ってもらったのが、『女信長』という舞台だったんですよね」

川田「そうだったんですね」

中川「この舞台に抜擢していただいたときに、”言われたことはなんでもやろう!”って、気持ちが変わったんだよね。
この経験をきっかけに”とにかく、しのごの言わずにやる!”と、決めたんですね。どん底まで落ちたら、あとは這い上がるしかないだろうと、思わせくれたんだよね」

川田「それまでは、自分の中で作られていたわけなんですね」

中川「やっぱり、本当の意味で自信がなかったんでしょう。いろんなチャンスをもらったし、いろんな役をもらってきたし、それに120%応えようとやっていたけど。果たして、周りがどこまで見れていたか分からないよね。
”座長って、本当の意味でなに?”っていうのも分かってなかったかもしれない。
その中で一生懸命やってきてたけど、実際に舞台が中止になって、自分を見つめ返したと思うし、声をかけてもらった、それに対して全力で応える、そこに最終的に結果がついてくるだろうと、そうやって思えた。
『SUPER MONKEY』の後に、NHKのドラマが初めて決まったり。そして、香川照之さん、鈴木省吾さん、ラサール石井さん、そして僕、の4人の芝居、『7Days Judgement -死神の精度-』脚本・演出が和田憲明さん、この方と出会ったことで、芝居の面白さに気付いたし。
もっともっとできると思えた自分がいたから、景色が全部変わったんですよ。
2009年は、どん底から、一気にいろんな人との出会いに恵まれ、そこに自分自身が挑んでいくことで、いまの2016年の自分に繋がってるターニングポイントでしたね」


●『フランキーヴァリという役と出会ったことが、第3の声といってもいいくらいですね』



中川「第1の声が、デビュー曲の『I WILL GET YOUR KISS』そして、ミュージカルと出会ったことで第2の声。表現というものが、広がって深まっていった。自分の人生と重なって、歌というものに命をかける、生きる事イコールになっていきました。
まさに、フランキーヴァリという役と出会ったことが、第3の声といってもいいくらいですね。
この声を出せて、それが自分の中でフィットしていて、お客さんから見ても違和感がなくて。というのが、役になりきる上でマストなわけですよ」

川田「なるほど」

中川「デモテープを送って、本国からOKをもらうという流れの中で、最初歌った中に『Sherry』という曲があったんです。
このミュージカル『ジャージー・ボーイズ』の虜になっている関係者って多くて、僕よりも熱い人がいっぱいいて、『中川にやってほしい』って言ってもらったところから始まってるんですよ。
実際にやりましょうってなってから、”やばい、この曲難しい!なに?”って思ったんですよ(笑)」

川田「最初、女の人が歌っているのかと思ってしまうくらいの…」

中川「”天使の歌声”って言われてるくらいですからね。音域としては出していても、この発声法では出してなかったですね。
発生の違いをコントロールすることが、この役に必要だったということと、そのOKをもらうための、テープを送るっていう審査ということが後にわかり。これで、本国からノーって言われたら出来ないってことじゃん!って(笑)。真剣にやって、見事獲得しました(笑)」

川田「本国に送って聴いてもらうっていうことで言うと、いろんな方に認めていただけなければ、決まらなかったわけですよね」

中川「世の中、いろんなことがありますけど。この作品に関してはそうですね」

川田「中川さんの、これからの夢を聞かせていただけますか?」

中川「いろんな経験が、この33年の人生の中にありますけど、2つあります。まず、オリジナルのミュージカルを作らないといけない、そんな気持ちになっていますね」

川田「オリジナルですか!」

中川「もうひとつ、ミュージカルをやりながら音楽活動をやっていく。ミュージカルって、やっぱりエンターテイメントだと思っているんです。どんな人が足を運んで、劇場に訪れて、その瞬間を観て、必ず劇場を去る時に”感動した、楽しかった。なんだろう、この感覚?”って、日常がひとつも、ふたつも変わる。
エンターテイメントの持つ力、どんなに苦しいときも、エンターテイメントはなくなってほしくないですね。そう思えるのは、この仕事に携わることができてるからだと思います。
音楽をやることで、エンターテイメントの世界の中での新たな道、誰も歩いていない道、中川晃教が歩いてる道というのが、しっかりと残せたらなと思っています」





>>来週は、映画プロデューサーの川村元気さんをお迎えします。
お楽しみに。

*
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 111 | 112 | 113 |...| 168 | 169 | 170 || Next»

感想・メッセージのご応募はこちら

Message

夢をバックアップする素敵なプレゼントも用意しています。ぜひ番組をチェックして、ご応募ください

ご応募はこちら

AIR TIME

AIR-G'(FM北海道)
(日)07:00〜07:25
エフエム青森
(土)12:30〜12:55
エフエム岩手
(土)12:00〜12:25
Date FM(エフエム仙台)
(土)12:30〜12:55
エフエム秋田
(土)12:00〜12:25
エフエム山形
(土)08:30〜08:55
ふくしまFM
(日)09:30〜09:55
FMぐんま
(日)07:00〜07:25
TOKYO FM
(土)12:30〜12:55
RADIO BERRY
(土)12:30〜12:55
FM-NIIGATA
(土)08:00〜08:25
FM長野
(土)12:30〜12:55
K-mix
(土)08:30〜08:55
FMとやま
(土)08:00〜08:25
エフエム石川
(土)09:00〜09:25
FM福井
(土)12:30〜12:55
@FM(FM AICHI)
(日)08:00〜08:25
FM GIFU
(土)12:30〜12:55
FM三重
(土)11:30〜11:55
FM滋賀
(土)09:30〜09:55
FM OH!
(日)07:30〜07:55
Kiss FM KOBE
(土)09:00〜09:25
エフエム山陰
(土)09:30〜09:55
FM岡山
(土)11:00〜11:25
広島FM
(土)09:30〜09:55
エフエム山口
(土)11:30〜11:55
FM香川
(土)12:00〜12:25
FM愛媛
(土)07:30〜07:55
FM−TOKUSHIMA
(土)12:30〜12:55
エフエム高知
(土)09:00〜09:25
FM FUKUOKA
(土)08:00〜08:25
エフエム佐賀
(土)09:00〜09:25
エフエム長崎
(土)09:30〜09:55
エフエム熊本
(日)08:30〜08:55
エフエム大分
(土)12:30〜12:55
エフエム宮崎
(土)12:30〜12:55
エフエム鹿児島
(土)09:00〜09:25
FM沖縄
(土)08:30〜08:55

page top