Orico presents FIELD OF DREAMSOricoFIELD OF DREAMS

この番組では、「夢に向かって頑張っている人を応援する」をコンセプトに、夢をかなえ活躍する方々をゲストに迎え、そこに向かうまでのプロセスや、努力、苦労、そしてかなえたときの喜びを深く掘り下げていきます。

パーソナリティ 川田裕美プロフィール


*
『Orico presents FIELD OF DREAMS』では、夢を叶えた方、今まさに夢に向かって突き進んでいる方をゲストに迎え、その人生のターニングポイントに迫っていきます!

先週に引き続きお迎えするのは、動かせる指が10本のうち、わずか7本。そんな障がいを抱えながらもニューヨークで勝負し続ける日本人ピアニスト・西川悟平さんです。

●突き動かすものは


川田「1989年、15歳でピアノを始め音大のピアノ科を目指し、その後、見事短大に合格することができたのですが、4大への編入試験には3度失敗。ピアノの練習を続けながらも、生活のことを考えて和菓子屋さんに就職されたんですよね」

西川「僕ね、甘いものが好きなんですよね。店員になると割引がきくんですよね(笑)。当時は、ただ好きな曲を弾いてましたね。調理師さんに『悟平くん、よー練習してるな〜。これだけ練習してるなら、ニューヨークのジュリアード音楽院で教えていたピアノの教授が来るから、前座で弾かないか?』と言われたんですよ。僕は、和菓子屋も繁忙期で『時間内から、やめとくわ』と言ったんです」

川田「え!?断ったんですか!」

西川「そしたら、『時間がないんじゃなくて、自信がないだけやろ?』と言われて、それで”キー!”となって(笑)、出るわ!と言いました。その時にショパンの『バラード1番』という曲を弾いたんです。
弾いた後に、デイビッド・ブラッドショー先生というアメリカの巨匠の先生に『仕事は何してるの?』と聞かれて、『和菓子屋の店員です』と言うと、『いいね。でも、それは君が本当にしたいことなの?』と言われて、『もし君が自分の人生について、ピアニストとしてシリアスに思っているなら、ニューヨークに来い』と言われたんです」

川田「それは、すごい事ですよね!」

西川「でも、僕は3ヶ月間、連絡すらしなかったんです。ある日、仕事から帰って家で吉本新喜劇を見て笑ってたの、その瞬間に”僕、なにやってんねやろ…”と思ったの。
次の日に先生にメールしたんですよ。すぐに『早くおいで』と、返信が来て。滞在出来る90日間丸々来いと言ってくれたんです。そして、25歳で、1999年にニューヨークに行く事になりました」

●希望の光


川田「ニューヨークにスカウトで行って、練習出来る環境があって、コンサートも成功させて…。しかし、そこでジストニアという病気を発症してしまうんですよね」

西川「ニューヨークに行かせていただいたんですけど、僕は基本的に、ピアニストを目指して英才教育を受けて来たサラブレッドじゃないんですね。そこでメッキが剥がれたというか、もともと、この曲を弾きたいと練習をしていた僕が、今度は世界のひのき舞台に立って、批評される側に立つんですね。
そうすると、自分の表現でやりたいと思っていた事が、”みんなに受けるように弾かないと悪いことを言われるかな”とか、ネガティブな思いを持ちながら練習していました」

川田「なるほど」

西川「そうしていくと、どんどんプレッシャーがかかって、そういうものに押しつぶされてしまったんだと思います。病院では、原因は分からないと言われていますけどね…。
精神的なものがあって、そこへ、詰め込んだ練習をやりすぎた。それで神経がパンクしたんだと思います」

川田「今は7本動かしていらっしゃいますけど、発症した当時はどれくらい動かなかったんですか?」

西川「ほぼ、グーの状態です。親指とかは動きますけど。その時しんどかったのが、毎日毎日365日 10年間やってきた演奏の方法が、出来なくなって来た事が一番怖かった。最終的にお医者さんから、プロとしては一生弾けないだろうと言われて。今までの人生でやってきた3万時間をドブに流すと思ってしまいました」

川田「それは、想像を絶しますね」

西川「僕は自殺未遂をした時期があったんですね。10代から夢に向かってやってきたのに、それがすべて無駄になること…。落ち込んだけど、痛かったんですよ、僕は根性無いから(笑)。
死ねる痛さに耐えられるなら、精神的痛さに耐えられるんじゃないかと思って、もう一回挑戦しようと思ったの。それで、掃除夫になって、いろんなところを掃除して回ったりして…」

川田「そういう事もされていたんですね。

西川「ある日、お屋敷みたいな所でパーティーがあったんです。そこにアメリカ人のピアニストが雇われて、ショパンとかを弾いていたんですよ。僕は掃除夫として雇われていて。お屋敷の人にピアノの下に、犬と猫が催したから、片付けてくれと言われて…。
処理するのは簡単なんですけどね、ピアニストが弾いてる下に入って片付けたの。そしたら、みんなが”汚い”と僕を避けたんですよ。その時に、”もう一度舞台に立つ”と決めたんです」

川田「すごい体験ですね」

西川「僕は子供が大好きなんですけど、幼稚園の掃除に行っていて、子供達の前で1本指、2本指で「きらきら星」を弾いたら、子供達が喜んで踊ってくれたんですよ。
今までは、きちんとした指使いを気にして、こだわって、そのように弾けない事で挫折感を味わってきたけど。動く指が一本でもあれば、その鳴る音で音楽を表現すればいいじゃん、という事がわかったの」

川田「そこに気付いたんですね」

西川「十何年かけて築いて来た知識、テクニックを一回ゼロに戻して、一からもう一回始めたんですよ」



>>来週のゲストは、人気と実力を兼ね備えた注目の落語家・春風亭一之輔さんです。

*
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 135 | 136 | 137 |...| 152 | 153 | 154 || Next»

感想・メッセージのご応募はこちら

Message

夢をバックアップする素敵なプレゼントも用意しています。ぜひ番組をチェックして、ご応募ください

ご応募はこちら

AIR TIME

AIR-G'(FM北海道)
(日)07:00〜07:25
エフエム青森
(土)12:30〜12:55
エフエム岩手
(土)12:00〜12:25
Date FM(エフエム仙台)
(土)12:30〜12:55
エフエム秋田
(土)12:00〜12:25
エフエム山形
(土)08:30〜08:55
ふくしまFM
(日)09:30〜09:55
FMぐんま
(日)07:00〜07:25
TOKYO FM
(土)12:30〜12:55
RADIO BERRY
(土)12:30〜12:55
FM-NIIGATA
(土)08:00〜08:25
FM長野
(土)12:30〜12:55
K-mix
(土)08:30〜08:55
FMとやま
(土)08:00〜08:25
エフエム石川
(土)09:00〜09:25
FM福井
(土)12:30〜12:55
@FM(FM AICHI)
(日)08:00〜08:25
FM GIFU
(土)12:30〜12:55
FM三重
(土)11:30〜11:55
FM滋賀
(土)09:30〜09:55
FM OH!
(日)07:30〜07:55
Kiss FM KOBE
(土)09:00〜09:25
エフエム山陰
(土)09:30〜09:55
FM岡山
(土)11:00〜11:25
広島FM
(土)09:30〜09:55
エフエム山口
(土)11:30〜11:55
FM香川
(土)12:00〜12:25
FM愛媛
(土)07:30〜07:55
FM−TOKUSHIMA
(土)12:30〜12:55
エフエム高知
(土)09:00〜09:25
FM FUKUOKA
(土)08:00〜08:25
エフエム佐賀
(土)09:00〜09:25
エフエム長崎
(土)09:30〜09:55
エフエム熊本
(日)08:30〜08:55
エフエム大分
(土)12:30〜12:55
エフエム宮崎
(土)12:30〜12:55
エフエム鹿児島
(土)09:00〜09:25
FM沖縄
(土)08:30〜08:55

page top