Orico presents FIELD OF DREAMSOricoFIELD OF DREAMS

この番組では、「夢に向かって頑張っている人を応援する」をコンセプトに、夢をかなえ活躍する方々をゲストに迎え、そこに向かうまでのプロセスや、努力、苦労、そしてかなえたときの喜びを深く掘り下げていきます。

パーソナリティ 川田裕美プロフィール


*
『Orico presents FIELD OF DREAMS』では、夢を叶えた方、今まさに夢に向かって突き進んでいる方をゲストに迎え、その人生のターニングポイントに迫っていきます!

今週のゲストは、お笑いコンビ・キャイ〜ンの天野ひろゆきさんです。

お笑い芸人であり、映画監督であり、お料理のレシピ本や資産運用の本などもリリースされている多才な方です。
天野さんがウド鈴木さんとキャイ〜ンを結成されたのは1991年、21歳の時。

2週に渡って、天野ひろゆきさんの人生のターニングポイントについてお話を伺っていきます。



●気持ちの変化は


川田「1991年にコンビを結成されて、その頃に第1のターニングポイントを迎えるわけですね」

天野「1991年の21歳、デビューしてすぐの頃に『オールスター水泳大会』に出場したんですね。中山ヒデさんが司会で、アイドルの人たちが集まって行う水泳大会なんですけど、デビュー当時、ウドちゃんのインパクトが強くて、ウドちゃんで仕事をもらっている感覚も自分の中であったんですよ。
その時に言われた仕事が、アイドルの女の子達が発泡スチロールを渡る、それを支えるっていうだけの役目だったんですよ」

川田「リポーターとかではなく、ですか?」

天野「そうですね。競技に出るわけでもなくて、ウドちゃんは幾つか競技があって、天野少年は傷つくわけですよ。尾崎豊も聴いていたので、『俺は、こんなことをやるために果たして来たのか?』っていうことで(笑)。
ウドちゃんへのジェラシーもあったと思います。そういうのが全部からまって、『俺はいかない!』と、当時のマネージャーさんに言って、そんなの若手ではあり得ないんですけどね」

川田「あんなに大きな番組ですから、行くことに意味があるというか…」

天野「しかも、先輩が司会をされている番組でね。マネージャーも『いやいや、困るよ』と言って…。ただ、マネージャーもどこかで、漫才やネタをやりたくて、これ自体を望んではないということを理解してくれていましたけどね。
ま〜、若い頃の僕はひどかったですね。今思えば、何をやるにも自信が無かったんだと思いますけどね」

川田「結局、行かなかったんですか?」

天野「やらなかったんですよ。散々マネージャーとやり取りして、一つ終わって…テレビつけたら、ウドちゃんがノリノリで発泡スチロールを持っていたんですよ(笑)」

川田「それを見て、どう思うんですか?」

天野「随分、方向性の違う人と組んじゃったなって(笑)。ウドちゃんはアイドル水泳大会とか、出たくてしょうがなかったんですよ。今思うと、与えられた場でいかに面白くやるかってことも大事だなとも思います」

川田「今、後輩が同じことを言ったらどうですか?」

天野「『何言ってんだバカ、やれ!』って言いますね(笑)。帰りのバスで、悔しくて僕は泣いてましたね、情けなさもあったんだと思います」

川田「かなり苦労の時代があったんですね」

天野「ウドちゃんは、なんで俺が泣いてるのか、よく分からなかったと思いますよ(笑)」

川田「それがまた、ウドさんの良さだったりしますよね(笑)」

天野「ただね、どうでもいいプライドかもしれないけど。”次呼ばれる時には、もっとちゃんとしよう”とか、”もっと自分のやりたい事が出来るように頑張ろう”と思ったんですよね。『嫌だ』と、言うだけは簡単じゃないですか。そこから気持ちは変わりましたね」

●漫才がやりたくて


川田「おふたりは、どういう芸人さんを目指していこうと思っていたんですか?」

天野「漫才から始めたんですけど、漫才がすごく楽しくて。ネタはちゃんとやろうという気持ちはありました」

川田「天野さんが作られたものを、ウドさんはどうやってアレンジしていくんですか?」

天野「アレンジというよりは、時折忘れながら、余計な事を言いながらで(笑)。僕は大体、ネタが8割で、ウドちゃんが120%にしてくれてるみたいな。ウドちゃんなりの変な返しがあったりとかして、そのとき、他の方が面白く見えちゃうみたいなボケがあったり…。
ネタで書いて、実際にウドちゃんとやることで完成するという感じです。それで、ウドちゃんは寝ると忘れちゃうので(笑)。毎回、新ネタをかけてるみたいなドキドキ感、本当はいらいなんですけどね(笑)」

川田「それはドキドキしますね〜(笑)」

天野「初期の頃なんかは特に心配だから、俺がまず最初に喋る、で、ウドちゃんがボケる。ひたすら交互に(笑)。そうすると、俺のきっかけで”これを言われたら、これを言う”というように、覚えるじゃないですか。
でも、そうすると単調になっちゃうから、あるとき変えると、ちょっと忘れる時があって…(笑)。ウドちゃんが忘れるのは、俺は頭の中にあるから戻せるけど、俺が飛んだ場合はもうダメですね」

川田「そういう場合はどうするんですか?」

天野「そうすると、ウドちゃんがちょっと覚えてるじゃないですか?自然に教えてくれればいいじゃないですか。ウドちゃんは、耳打ちしちゃったりするから(笑)。『天野くん、今ここだから』って(笑)。そういう時、何かテクニック出せよって(笑)。助け舟が泥舟なんですよ(笑)」

川田「天野さんも、何が返ってくるかわからないっていう怖さと面白さがあるんですね(笑)」



>>来週は天野ひろゆきさんの第2のターニングポイント、そして、レシピ本をリリースされるほどお料理上手な天野さんに、幸せになるレシピを教えていただきます。
*
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 136 | 137 | 138 |...| 168 | 169 | 170 || Next»

感想・メッセージのご応募はこちら

Message

夢をバックアップする素敵なプレゼントも用意しています。ぜひ番組をチェックして、ご応募ください

ご応募はこちら

AIR TIME

AIR-G'(FM北海道)
(日)07:00〜07:25
エフエム青森
(土)12:30〜12:55
エフエム岩手
(土)12:00〜12:25
Date FM(エフエム仙台)
(土)12:30〜12:55
エフエム秋田
(土)12:00〜12:25
エフエム山形
(土)08:30〜08:55
ふくしまFM
(日)09:30〜09:55
FMぐんま
(日)07:00〜07:25
TOKYO FM
(土)12:30〜12:55
RADIO BERRY
(土)12:30〜12:55
FM-NIIGATA
(土)08:00〜08:25
FM長野
(土)12:30〜12:55
K-mix
(土)08:30〜08:55
FMとやま
(土)08:00〜08:25
エフエム石川
(土)09:00〜09:25
FM福井
(土)12:30〜12:55
@FM(FM AICHI)
(日)08:00〜08:25
FM GIFU
(土)12:30〜12:55
FM三重
(土)11:30〜11:55
FM滋賀
(土)09:30〜09:55
FM OH!
(日)07:30〜07:55
Kiss FM KOBE
(土)09:00〜09:25
エフエム山陰
(土)09:30〜09:55
FM岡山
(土)11:00〜11:25
広島FM
(土)09:30〜09:55
エフエム山口
(土)11:30〜11:55
FM香川
(土)12:00〜12:25
FM愛媛
(土)07:30〜07:55
FM−TOKUSHIMA
(土)12:30〜12:55
エフエム高知
(土)09:00〜09:25
FM FUKUOKA
(土)08:00〜08:25
エフエム佐賀
(土)09:00〜09:25
エフエム長崎
(土)09:30〜09:55
エフエム熊本
(日)08:30〜08:55
エフエム大分
(土)12:30〜12:55
エフエム宮崎
(土)12:30〜12:55
エフエム鹿児島
(土)09:00〜09:25
FM沖縄
(土)08:30〜08:55

page top